国際宇宙ステーションとはなにか

 現在国際宇宙ステーションに長期滞在中の若田光一宇宙飛行士。滞在1ヶ月を過ぎました。そんな若田さんが、ISSとは、宇宙飛行士の仕事について語っているのがこの本。フライト直前に出版されました。これは長期滞在している間に読まないと。


国際宇宙ステーションとはなにか 仕組みと宇宙飛行士の仕事
若田 光一/講談社・ブルーバックス/2009

 ISSがどんなところなのか、どんなモジュールがあって、それぞれどんな機能・役割をしているのかについての解説から始まって、ISSに向かうためのロケット・宇宙船について、ISSで行われている実験について、ISSでの暮らし・衣食住について等読めばISSのあらゆることがわかります。そしてそれ以上にこの本で語られているのが、宇宙飛行士の仕事について。私自身、宇宙飛行士の仕事がどんなものなのか、実はよくわかっていなかった。ISSの建設をしたり、ISSやシャトルで科学実験をしたり…。でも、どのように?地上ではどんな訓練をしているの?そんな宇宙飛行士の仕事について、現役宇宙飛行士である(しかも執筆当時はISS長期滞在を目前に控えた)若田さんが書いている。若田さんご自身の訓練の体験談を元に書かれているので、具体的でよくわかります。

 この本でよく出てくる言葉が、若田さんが宇宙飛行士にとって最も重要な資質と言っている「運用のセンス」。「運用のセンス」とは、ひとつのシステムを使ってある作業をする時、安全で確実に、効率的に作業を遂行するためにそのシステムをよりよく運用して作業する能力のこと。ある機材を使って何かの作業をするにしても、持っている能力は個人個人で異なるため、運用の方法も異なる。これまで私は、宇宙飛行士がひとつのミッションをこなす時作業のやり方は誰がやっても同じだと考えていた。ところがそうではないらしい。ひとつのミッションを行う際、いつも条件は同じとは限らない。何かトラブルが起きるかもしれないし、周りの環境(ISSが昼と夜のどちらの状態にあるか、その時の他のクルーの作業状況など)もその時によって異なる。しかも、宇宙飛行士はひとりで仕事をするのではない。何人ものクルーがチームになって仕事をする。地上には管制官もいる。そのクルーや地上の管制官とのやりとりでも、また状況は変わってくる。その刻々と変わる状況の中で臨機応変に対応し、個々人の能力を最も発揮して作業をするためには、現在の自分と周りの状況をしっかりと把握していなければならないし、他のクルーや地上の管制官とのコミュニケーションが円滑に行わなければならない。そのために必要なのが、「運用のセンス」なのだそうだ。
 この「運用のセンス」は、宇宙飛行士の仕事だけでなく、私たち地上の一般の仕事にも当てはまる部分が多いなと感じた。この部分はビジネス書感覚でも読めます。

 宇宙飛行士の仕事は、宇宙でだけ行われるのではない。宇宙で仕事をするためには、その何倍もの訓練を地上で積まなければならない。地上での訓練も様々。2人乗りの戦闘機のようなT-38ジェット機に乗っての操縦訓練や、ロボットアームや船外活動の訓練。さらにグループでのリーダーシップ・フォロワーシップ・チームワークを磨くための夏山・冬山での登山訓練や海底施設での訓練もある。これらの若田さんの訓練体験談を読んでいると、宇宙飛行士の仕事は本当に多岐にわたっているのだなと感じる。それは、宇宙空間という一歩間違えば死ぬかもしれない過酷な環境で仕事するためのもの。いかに宇宙空間が厳しい世界か、実感させられる。

 有人宇宙飛行は、人間が行ってその体験を人間が語ることが出来る点がメリットだと考えていた。この本を読んで、宇宙機の機器を最大限に活用するために、その時の状況によってやり方をすぐに変えながらミッションを遂行していける点もメリットなのかなと感じた。勿論、そこは過酷な宇宙空間であることは忘れてはならないことではある。

 面白いと思ったのが、アメリカNASAとロシアの訓練方法の違い。以前、「月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡」を読んでその違いを実感したが、この本でも実感した。質実剛健なロシア宇宙開発は、訓練や試験でも表れます。ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(通称「星の街」)の教授たちのいかめしさ、かたくなさ、ひたむきさを想像したら厳しそうだけれども面白いと感じてしまった。やっぱりロシアはロシアだった。そんなロシア宇宙開発が大好きであります。

 宇宙飛行士や宇宙開発に関わる仕事を目指しているは勿論、国際宇宙ステーションや宇宙飛行士って凄そうだけど何が凄いのかよくわからない…そんな方にオススメします。是非若田さんが長期滞在している間に。帰ってきてからのISS長期滞在体験談が楽しみです。


******

 ISSに滞在中の若田さんから、ISS内解説ツアー動画が届きました。ISSの中を若田さんが日本語でガイドしてくださいます。宇宙日本食の紹介に、宇宙から見た日本列島もあるよ。以下JAXAのサイトからどうぞ。
JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター:若田宇宙飛行士のISSツアーを公開
[PR]
by halca-kaukana057 | 2009-04-24 22:11 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索