松風の門

 以前ニコニコ動画にアップされていた山本周五郎名言集を観て、読んでみたいと思った本。
・以前の記事:山本周五郎のことばをそばに


松風の門
山本周五郎/新潮社・新潮文庫

 表題作の「松風の門」他、13の短編が収められています。武家もの、下町もの、滑稽もの、切なく哀しい恋物語、さらには現代ものまで幅広い。山本周五郎と言えば武家もの、下町ものというイメージがあったのだが、それだけではない。物語の幅がこんなに広かったのかと思い知った。

 13の作品の中で最も心に響いたのが、以前観た動画でも気になっていた「鼓くらべ」。
 江戸時代、小鼓の打ち手であるお留伊はある老人と出会う。旅の絵師だというその老人は、お留伊の鼓を聴きに彼女の家へやってくるようになった。その頃、お留伊はお城で催される鼓のくらべ打ちに出るつもりであった。そのお留伊に、老人は鼓くらべに関するある話をするのだが…。
 音楽とは、芸術とは何なのか。何のために存在するのか。そして、芸術家はそれをどう扱うべきなのか。とても考えさせられる。動画でも引用されていた、この部分。
すべて芸術は人の心をたのしませ、清くし、高めるために役立つべきもので、そのために誰かを負かそうとしたり、人を押退けて自分だけの欲を満足させたりする道具にすべきではない。鼓を打つにも、絵を描くにも、清浄な温かい心がない限りなんの値打ちもない。(中略)音楽はもっと美しいものでございます、人の世で最も美しいものでございます
(41~42ページ)

 趣味で細々とピアノを弾く自分にとって、とても重い言葉だ。演奏する側だけへの言葉ではない。聴く側に対しても、この言葉は重く響くと思う。鼓くらべに出たお留伊が、もう1人の打ち手の表情を見てこの老人の言葉を思い出したシーンが印象的だ。音楽や芸術は、勿論作品そのものが美しいから、人々を魅了するのだと思う。しかし、それだけでは足りない気がする。作曲家であれ演奏家であれ、芸術家たちのその作品に込めた想いや、作品に対する謙虚で、真剣で真摯な姿勢があってこそ、より美しい、人々を魅了するものになるのではないかと思う。演奏家が「音楽と一体になっている」という言葉があるが、まさにそのような。芸術を追求することの楽しさや喜びを感じられるような演奏をしたい…とこの作品を読んで強く思う。

 「鼓くらべ」のほかにも、魅力的な作品ばかり揃っている。「失恋第五番」はこの短編集唯一の現代もの。戦後間もない時代を舞台に、男たちのハードボイルドな生き方がとてもカッコよく描かれている。でも、主人公の千田二郎は仕事は出来ないし、ふられてばかりだし…。どこか人間臭いところがまた魅力的だ。「砦山の十七日」は極限状況に置かれた者たちがどうなるのか、サスペンス風に描かれていてドキドキする。一方、「湯治」は下町の家族の想いが細やかに描かれていて、最後のシーンではとても切ない気持ちになってしまった。

 山本周五郎の短編には、人々の生き様と感情がぎゅっと詰まっている。そう感じた13作品でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2009-08-05 22:39 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索