幸田文 旅の手帖

 図書館でふと気になって、幸田文のエッセイを読んでみることにしました。とりあえずこの本から。


幸田文 旅の手帖
幸田文:著/青木 玉:編/平凡社/2010

 これまで、幸田文さんのエッセイを読んだことはありませんでした。幸田露伴の娘さんであることは知ってはいましたが、幸田露伴の作品を読んだこともないダメ日本人です…。もっと色々な近現代の文学作品に親しみたいと思う今日この頃。


 という話は今は置いておいて、読んで、文さんの文章に惹かれました。この本は数多くある文さんのエッセイの中から、旅に関わるエッセイをまとめたもの。編者は孫の青木玉さん。最後の初出一覧を見ていると、様々な雑誌などに文章を書き続けていたのだなと思う。感じたことや思ったこと、考えたことを書くのは、楽しいけれども難しい。どんな言葉を使ったらいいか、感じたことを全て書くのではなくどの部分を切り取ったらいいか…それは、自分の感じたことを誤解なく、読んだ人も同じことを感じられるようにするためのこと。それが本当に難しいと思う。自分自身の覚書ならまだいいが、雑誌や新聞に載り、誰かが読むことが確実な場合、自分自身が文章へ求めることのハードルは高くなる。文さんはそれを自覚していたのかどうかわからないけれど、旅の情景が頭の中に浮かびあがってくる、みずみずしい文章で、すーっとその世界に入り込んで行けました。入り込む…というよりは、包まれる、という表現が合うと思う。読んでいると、その文さんの観た風景が、今私がこの本を読んでいる場所にふわりと近寄ってくるような感じ。

 年譜を読むと、文さんは随分と苦労をされた方だと感じた。父である露伴とのこと、病気も何度もしている。収められているエッセイの中にも、病気の療養のために温泉宿へ行く作品がある(「雨」)。収められているエッセイのほとんどは、50~70代でのものだ。今は、60・70代…それ以上でも海外旅行は珍しくはない。しかし、文さんの文章からは年代を感じさせない。文章の中に齢のことが出てくることもあるけれども、気にならない。寧ろ、「そうだったの?!」と驚いてしまう。身体的な年齢ではなく、心の年齢のためなのかもしれない。文さんの文章からは、旅を丁寧に味わい、楽しんでいる様が伝わってくる。

 特に気に入ったのが、「朝の別れ」。旅先でお世話になった雑誌社の人との別れのひとこまと、帰途での想いを書いた作品なのだが、読んでいるこちらまでさびしく、切なくなる。一人旅でも、誰かとの旅でも、途中で誰かと別れる時、同じようにさびしさや切なさを感じることがある。住んでいる土地に戻って、またいつもの生活が始まる。仕事にも行かなきゃいけない。旅は楽しかった。でも、いや、だからこそ、名残惜しくて、さびしさや切なさを感じるのかもしれない。

 また、「あられ」もとても気に入った作品。北陸への旅で、タクシーの運転手さんとの会話にまつわるエッセイなのだが、そのタクシーの運転手さんの言葉の表現の巧さにいいなぁ!と思った。日本海側の冬の、北陸の天候・気象について、運転手さんはポジティヴな、柔らかな表現で文さんに紹介する。日本海側の冬の気候といったら、私もまず「陰鬱」という言葉が出てくる。重苦しい、暗い、寒い…。北陸と私の住む土地の気候はまた少し違うけれども、似ているところは数少なくない。それを、ネガティヴな言葉を使わず、それでもその天候をイメージできるような言葉で表現してしまった。あられについても、チャーミングな表現を使っている。自然や物事をじっくりと見つめ、みずみずしい文章で表現する文さんは、言葉の表現の巧さに敏感なのかもしれない。巧い人だからわかる、表現の巧さ。そしてそれをまた巧い言葉で誰かに伝える。文さんが数多くのエッセイを遺してくれたこと、それが数多く出版されていることに感謝です。

 この「あられ」に興味深い一文がありました。
愚痴をいうひまに、おもしろがれ (163ページ)

 運転手さんからあられの話を聞いて、あられが降ってくるのを期待していたのに、翌日は雨。しかも、旅先での雨。でも、文さんはそれまでの経験から、雨でも構わないと書いている。この姿勢は是非見習いたい。愚痴を言うよりも、いいところを見つけよう。ひとつだけ、ほんのちょっとのことでもいい。それだけでも、気持ちが変わってくるなぁと感じます。

 幸田文さんのエッセイで読みたいものがまだあるので、読んだらまた書きます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-10-19 22:43 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索