宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

 新聞や書店の売れ筋ランキングに、この本が何週にもわたってトップ3、トップ5、トップ10内に入っていた。宇宙論の本がベストセラー?タイトルにある通り、「素粒子物理学」・宇宙論は天文・宇宙の話の中でも一筋縄ではいかない、難しい分野。それの本が、何故こんなに売れているの?気になって、私も読んでみました。


宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎
村山 斉(むらやま・ひとし)/幻冬舎・幻冬舎新書/2010

 内容は、宇宙はどうやって始まったのか、星や天体は何でできているのか、宇宙はこれからどうなっていくのかという未だ解けない謎を、極小の宇宙…素粒子のミクロの世界から読み解く研究がどう進んできたのか。何がわかって、何がまだわからないのか。それについて、解説した本です。著者の村山先生は、「東京大学数物連携宇宙研究機構(IPMU)」の初代機構長。IPMUでは、数学と物理学の垣根を取り払って、両者の側から宇宙の誕生・進化・未来の謎を解こうと研究が続けられています。

 ビッグバン宇宙論によって、宇宙が膨張していることがわかった。そして、遠くの天体・宇宙を観ることは、過去の天体・宇宙を観ることに繋がっている。更に遠くを観れば、宇宙が誕生した頃のことがわかる…けれども、遠くを観る技術には限界がある。そこで、ビッグバンの頃の宇宙は、ミクロの素粒子の世界だったことに注目して、素粒子物理学の側から、宇宙の始まりについてアプローチしていく。最近の身近な宇宙・天文の話題に始まり、ニュートリノ、ニュートリノの研究へ。そこからわかった宇宙全体の96%の重さのものはまだ観測できていない。その観測できていない「暗黒物質(ダークマター)」とダークエネルギー、波であり粒子でもあるという光の研究から始まった量子力学、そして陽子・中性子よりも小さくそれらを構成する素粒子・クォークの研究、そのクォークがどんな力に支配されて動いているのか、それらの力学をひとつにする法則はあるのか…と新書ですが、内容は本格的な宇宙論・素粒子物理学の本です。

 宇宙論の本は、何度読んでも飽きない。難しいので何回も読まないと理解できないというのもあるし、次から次へと出てくる謎と研究者たちの発想と計算、理論に興味津々。そして、実際に加速器などでクォークの存在が証明され、また新たな謎やわからないこと、見つかっていないけれどもそれが無いと今の宇宙は成り立たない物質を予想し、理論が組み立てられ、発見を待つ…の繰り返し。それにワクワクする。とてつもなく昔の、とてつもなく小さな世界を知るために、こんな研究がされている。それは、私たちの生きる宇宙を知ることであり、元をたどれば宇宙にあった物質で私たちの身体・生命も生まれた。素粒子は宇宙を、私たち自身を構成する物質の大本で、素粒子が無ければ、素粒子に働く力がなければ、私たちは生きてはいられない。そんなところにも魅力を感じます。

 アインシュタインの一般相対性理論と、光が粒子でもあり光がエネルギーを持つ粒子のかたまりだという「光電効果」から、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士や、南部陽一郎博士、そして小林誠・益川敏英両博士の研究内容も出てきます。読むと、当時は奇抜とも思える発想で、凄い研究をされていたのだな…と実感します。

 内容は、正直なところ難しいです。クォークの種類と特徴、4つの力の働き方について、以前も本で読んで勉強したのに、なかなか自分の中で理解できない。書かれている内容をひとつひとつ整理していかないと、難しいかと思います。しかし、難しいけど「もっと読みたい」と思ってしまう。内容は難しいけれども、書かれている文章・言葉が身近なことを例に挙げていたり、説明も順を追って丁寧にしてあります。もちろん初級~中級レベルの新書なので、これを読めば全部がわかるわけではないですが、宇宙論・素粒子物理学はこんなにも面白いんだよ!という興味のともし火を心につけてくれる本です。最後に、「何がまだわかっていないのか」で終わるのもいい。宇宙論・素粒子物理学はまだまだこれからが面白い分野。大型加速器で新たなクォークや反物質の発見、スーパーカミオカンデなどでのニュートリノの発見、ダークマターの観測。どれも発見・観測できれば、宇宙の謎にまた一歩近づける大発見です。IPMUで研究をしている方々をはじめ、世界中の研究者たちの手で、その一歩一歩が切り拓かれる日が待ち遠しくなります。もちろん、この本をきっかけに、宇宙の謎解きに参加することを目指すもよし!

 ちなみに、この本の印税はIPMUに寄付され、研究などの活動資金にあてられます。しがない文系の私でも、小さくても研究の力になれる。そして、その本を読んで勉強させてもらえる。新しい出版の形だなと感じました。

 で、結局、何故この本が売れているのか。…皆謎だらけの宇宙に興味がある、宇宙が好きだってことでいい、かな?(強引wでも、それならとても嬉しい。

 IPMUには非公式ブログもあります。
IPMU semi-official blog
 イベントも行われているので、興味のある方、お近くの方は是非どうぞ。千葉県柏市にある柏キャンパスでは、一般公開もあるそうです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-01-08 23:17 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索