暴走もくじぃ&「おもいで書店」スペシャル 「フック ブック ロー」第4週+α

 「フック ブック ロー」も4週目。1か月分放送されました。

 今週のテーマは何だろうと考えたのですが、もくじぃがメインのことが多かったかな。あと、エンディング。

 月曜:予備校帰りのゴージ・ダツジに得意だった英語を教えることになったしおり。ゴージ・ダツジが歌うは「個人授業」…知らない。調べたら、フィンガー5の歌だそうです。ひと昔まえのアイドルを思わせる曲だなぁとは思ったのですが。歌のシーンで、背景に「フックブックロー」に関する英単語が並んでいた。英訳するとこうなるのかw

 火曜:不思議な缶詰のお話。「みどりのそよ風」、これは聴いたことがあるぞと思ったら「クインテット」でした。シャープ君が野球をしようとメンバーを誘う回。開けたら草原の草花の香りと空気が入っている缶詰なんて素敵です。最後に出てきた北極の缶詰は、クリスマスに開けようと言っていたのですが、クリスマスで回収されるのでしょうか、このネタ。
 四コマ迷作絵本で、再放送が来ました。一度オチを知ると、笑えないなぁ…。

 水曜:今流行の付録付きムックが日々はんせい堂に。いつから本屋は雑貨屋・おもちゃ屋になったのだと怒るもくじぃを、うまくなだめる傑作さん。傑作さんは、もくじぃの操縦がうまいのかもしれない。歌は「月のオルゴール」。オリジナル曲です。きれいだけど、寂しげな歌。そのうちフルが単独で来そうです。

 木曜:もくじぃがパニック!もくじぃが若き日に憧れたロックバンドが復活すると聞いて、当時のエレキギターを引っ張り出し、ロックバンドを組むことに。曲は「ロック・アラウンド・ザ・クロック」ですが、歌詞は「早起き時計」「かごめかごめ」「ないしょ話」。何故この歌詞に変える必要があったのかがわかりません…。原曲の歌詞を日本語訳(以前の「ヴォラーレ」みたいに)してもよかったのに。もくじぃのエレキ演奏操演は、リアルに近づけてあります。フルートは指が全然動いていなかったが、エレキギターはやる気があるらしい。ちなみに、ゴージはベース。しおりはキーボード。こいつら何でも演奏できる…のか?

 金曜:リリックがメイン。景気の悪い空気が漂うはんせい堂に、リリックが子猫を連れてくる。その子猫は、迷子で飼い主が探しているという情報をゴージ・ダツジが持ってきた。歌は「ウィンクでOK」オリジナル曲です。リリックがしっとりと歌います。これもそのうちフルが来そう。歌った後で、リリックが昔話を傑作に語る。リリックは色々と深いキャラですね。

 今週はエンディングの「おもいで書店」がフルで流れることが多かった。聴けば聴くほどしみる歌です。しかし、夕方に聴くのはいいのですが、朝に聴くとちょっとテンションが下がります。



******


 さて、今週で4週間。1ヶ月経ったので、私なりの感想をまとめてみます。まぁ、楽しく観ています。オリジナルソングで、ツボだった歌が4週間で結構あるのは凄い。山川啓介さんは元々作詞家(「おかあさんといっしょ」で”井出隆夫”名義でよく出てくる)のためかもしれない。

 ただ…、色々とよくわからない部分もあります。まず、この「フックブックロー」で何をしたいのか、「フックブックロー」だからこそできる何かが見えてこない。「ハッチポッチステーション」、「クインテット」に続くパペット音楽バラエティーと公式でも書かれているので、やはりこの2作品と比べてしまうのですが、どうも「フックブックローではこれがやりたいんだ!」というはっきりとした番組のコンセプトが見えてこない。
 「ハッチポッチ」のすさまじいノリ、グッチさんの洋楽パロディ。洋楽パロディは原曲を知らなくても、とにかく笑えて楽しかった。グッチさんの歌がきっかけで、知った・好きになった洋楽も沢山あります。
 「クインテット」はリアルさを追求した楽器演奏操演。パペットにこんな動きができるものなのか!と本当に驚いた。そして、アキラさんの超絶アレンジ。コンサートパートのアレンジはもちろんのこと、唱歌や懐かしい歌謡曲も取り上げられ、その歌を知らなくても、アレンジで歌詞が意味するもの、その歌が描いた情景が浮かんでくる。ミュージカル風のドラマも楽しみだった。

 これまでの2番組にはこのような、「ハッチポッチ」でしか出来ないこと、「クインテット」でしか出来ないことがある。では、「フック~」は?歌は物凄く巧い。本当にきれいにハモる。でも、歌だけ巧いなら他の番組でもできる。ドラマパートは「のんびりしている」「やさしげ」な一方で、「ゆるい」「メリハリがない」「曖昧」。歌も、知らない歌だと「知らない歌だなぁ」で終わってしまう。「ハッチポッチ」のように物凄い勢いの笑いの激流に飲み込まれる(いい意味で)こともなく、「クインテット」のように自然にその楽曲の描く情景に包み込まれることもない。楽器演奏操演にもチャレンジしているけれども…「クインテット」でもやったから続けてみているだけ、という感じがする。

 以前も書いたとおり、「ハッチポッチ」と「クインテット」は、下山啓さんが脚本・作詞を担当。そして、近藤康弘プロデューサーの存在も大きい。近藤プロデューサーは「おかあさんといっしょ」も手がけていた。現在はNHKを退職(「クインテット」が終わったのはこの影響もあるのだろうか?)。この2人の存在が大きかったのだなと思う。どちらの番組でも、それぞれの”よさ”、”個性”、”売り”を発揮する物語、構成で短いながらも濃い時間だった。また、主演のグッチさん、アキラさんが音楽も担当していたことも、番組・物語を作るうえで重要ではないかと思う。番組制作にも関わり、音楽を担当し、さらに演じる。物語、音楽、番組のコンセプトをはっきりさせることができる。一方、「フック~」は音楽は服部隆之さん、演じるのは傑作役・谷本賢一郎さん。分業してしまったことで、曖昧になっている…のかもしれない(そうではないといいのだが)。下山さん、近藤プロデューサーはいないけど、人気のあるシリーズなので続けてみよう、と色々な点を曖昧にしたままスタートしてしまったのではないか…。そんな不安を抱いています。


 まだ4週目。1年経ったら曖昧だったものがはっきりと見えてくるかもしれない。”化ける”かもしれない。歌も巧いのだし、オリジナルソングも味があるのだから、いいところを生かしつつ、「フック~」の”個性”を出していければいいなと思う。

 こうやって書いてみると、「ハッチポッチ」「クインテット」は兄弟番組でも(「クインテット」で「ハッチポッチ」メンバーから花束が届いたり、ハッチポッチメンバーらしいキャラが登場したりした)、「フック~」は違うのかもしれない。以上、私なりに「フック~」がどこへ向かうのか、考えてみました。厳しいことも書きましたが、「ハッチポッチ」から大好きなシリーズなので、「フック~」にも伸びていって欲しい。そんな想いも込めました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-05-13 23:50 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索