心の中にあるものという”引き出し”から

 昨日、twitterでぼそりぼそりと書いていたことを、深めてみようと思います。このまま、日付やタイムラインに”流して”しまいたくない想いも込めているものなので。まずは引用します。きっかけは、ピアノの練習を久しぶりにしたら、全く弾けない状態になっていてショックだったことでした。


久しぶりにピアノの練習を。しかし、全く弾けない状態になっていた。12月は練習時間を作るのが厳しいなぁ。(このまま、遠ざかってゆくのだろうか…)
posted at 2011.12.14 17:12:18



(自分の心の中にあるものを、取捨選択、仕分けなんて出来ないよ。どれも大事だ。どれも大好きだ。)
posted at 17:16:04

(その時によって、特に集中して取り組むものはある。それで、他のものには興味がなくなったように外から…客観的に見た自分からは見えると思う。でも、心の中にはあるんだと、実感する時が必ずある)
posted at 17:18:36

(ツイート続き。自分の心の中にあるものを、簡単に取捨選択、仕分けできない理由。どれも大事でどれも大好きであると同時に、それらをきっかけに知り合えた・出会えた・親しくなれた方々がいて、その方々もかけがえのない存在・繋がりだから。もし自分から切り離したら、その縁も途切れてしまう)
posted at 21:17:52

(全てがいい出会いだったとは限らない。苦い、思い出すとモヤモヤする、あまり思い出したくないものもある。でも…好きなものをきっかけに会話して楽しかった思い出もある。ただ、この点については、思い出の中では生きてはいけないので、複雑ではある。)
posted at 21:21:23

(それから、そうだとは断定したくないけれども、かつては楽しく対話していたけど、今現在疎遠になりつつある方もいる。悲しいことに、既に疎遠になってしまった方もいる。非常にかなしい。その方々の都合なら、仕方ないけど…)
posted at 21:24:56

(辛いこと、苦い思い出、かなしい縁の途切れ…。そんなこともあるけれど、自分の心の中にある沢山の大事な、大好きなものを持ち続けること、そしてそれに付いて誰かと語り合えることは、本当に有難いことだと思っています。完全に独立して存在しているものなんてないと思う、きっと。以上失礼)
posted at 21:28:57


 以上が、該当する昨日のツイート。私は、本当に何にでも興味を持ち過ぎる。それは、ボジティヴに考えれば好奇心旺盛。ネガティヴに捉えると、気が散りやすい。興味を持って、実際に取り組んでみるのはいいけれども、自分という器から溢れ出してしまっているような状態になることも。自分が出来ることには限界がある。やりたいこと・趣味も新しいものを取り入れるためには、今までのものを捨てなければならない…という文章を時々見かける。その通りだとは思う。でも、私は捨てられない。大掃除の時に要るものと要らないものを仕分けて、要らないものはゴミ袋にポイポイ入れるようなことは出来ないよ!と感じている。

 時間は限られている。自分の出来ることもそんなに多くない(と限定・断定してしまうことはあまりしたくない。「可能性」というものがあるから)。また、その時、重点的に取り組みたいものはある。例えば、先日の皆既月食なら、久しぶりの皆既月食の観望チャンスを逃すわけにはいかない。他のやりたいこと・好きなこともあるけれど、皆既月食は先日12月10日に観られる日が限られている。だから、月食の観測・観望に集中する。自分の中の、宇宙天文の部分の引き出しを開ける。音楽を聴く時は、音楽の部分の引き出しを。引き出しと言っても、それぞれが独立しているわけではない。例えば、読書の引き出しを開ける時、その本は何の本か。他の引き出しも一緒に開ける。また、ある音楽作品を聴いて、その作品が何かの映画に使われているとか、何かの影響があって作曲されたものだとかいう場合も、他の引き出しも一緒に開ける。そして、それぞれの引き出しは奥のほうで、他の引き出しと繋がっていることもある。他のものが混ざったら引き出し…仕切る箱じゃないだろうと思われるかも知れない。でも、きちっと仕切り、仕分けたいわけではないので、それでいい。寧ろ、ひとつの引き出しを開けたら関連するものが一緒に出てくる方が楽しいし、便利でもあると思う。

 最近は、ピアノの引き出しをあまり開けていない。そのため、久々に開けて練習してみたらひどいことになった。この忙しい12月は、ピアノの引き出しを開けることは難しいだろう。外から自分を見ると、その引き出しがなくなったように感じるかもしれない。でも、私の中には、ピアノの引き出しは確実に存在している。「ピアノを演奏する」引き出しを開けることは無くても、「ピアノ曲を聴く」引き出しを開けることで、「ピアノを演奏する」引き出しの中にあるものが一緒に出てくる。完全ではないけれど…。落ち着いて、心に余裕を持って鍵盤に向かえるようになったら、「ピアノを演奏する」引き出しを開けよう。その日を楽しみにしていよう、と思っている。


 そして、その引き出しは自分のものだけではない。それらの引き出しを持っていることで、同じ引き出しを持っている人と知り合い、親しくなる。引き出しを共有することも出来る。そうなると、その引き出しそのものも大事なのだが、一緒に共有できる人・存在がいることも、とても大事な、かけがえのないものになる。その引き出しをなくしたら、その繋がりも一緒に途切れてしまうと不安になることもある。だが、引き出しを共有し続けてゆくことで、人間関係も広がり、深まる。”引き出しだけ”の繋がりの存在ではなくなる。これは、本当に有難いことだと思っている。

 その中で、時に辛いことや、苦い思い出もある。一番辛い、かなしいと思うのは、疎遠になってしまうこと。これは本当にかなしい。自分や相手の都合・生活の変化など、仕方のない場合もある。だが、疎遠になりたくないからコンタクトを取ろうとする。その時どうコンタクトを送ったら、取ったらいいか、わからない。ちょっとしたメールや手紙で近況報告をしたら、押し付けがましいと思われないだろうか、嫌だと思われないだろうか、などと考えてしまい、手が止まってしまうことも少なくない。もう途切れてしまった繋がりもある。これが自然の流れで仕方がないと思うけど…いつかまた、何らかの形で、語り合えたら、引き出しを共有できたらいいなと希望は持っている。持っていたい(”しがみつくような希望”ではなく)。

 自分の心の中にあるたくさんのものは、自分の中の様々なものと繋がり、他の誰かとも繋がっている。完全に独立して存在しているものなんてないんじゃないかな、と思います。それらを心の中に持ち続けること。少しずつでも温め続け、磨き続けること。そして、それらについて誰かと”語り合うこと”(会話・対話であり、”一方通行な話”とは違う)・”共有すること”、”共感すること”が出来たら、とても嬉しい。有難い。

 そう思うので、やっぱりポイポイと仕分けは出来ません。こうなったら、自分のこの性格・習性を思いっきり楽しんで、追求してみようか。

・関連記事のようなもの:温め続けて、諦めないで
 ↑ピアノ練習について、こんなことを考えた記事がありました。忘れていた…。読み返して、元気が出てきました。失ったわけじゃない。今は見えにくくなっているだけなんだ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-12-15 22:28 | 日常/考えたこと


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索