音楽が生まれて、還るところ 「宮川彬良のショータイム」第8回(最終回)

 先日、2月18日(これ重要)放送のBSプレミアム「宮川彬良のショータイム」第8回、そろそろ感想を。はい、最終回です。

 その前に、ふと思ったことを。第6回の犬ミュージカルで、ささきいさおさんがゲスト出演。年老いた元警察犬役、かっこよかった…。その後、この放送日の2月18日に彬良さんが音楽を務める「宇宙戦艦ヤマト2199」のイベントがあったのですが、ここでささきいさおさんがオープニングテーマを歌うことが発表されました。おお!!観るのが楽しみです。
 …まさか、第6回のミュージカルにささきさんが出演したのは、この「ヤマト2199」つながり、予告だった、とか…?

・第6回:その想いをミュージカルで代弁します 「宮川彬良のショータイム」第4・5・6回感想まとめ
・第7回の総集編:”枠”から外れてみる、無くしてみる、違う”枠”に入ってみる 「宮川彬良のショータイム」第7回
 ↑どちらの記事でも「ささきいさおさん、そのまま、アキラさん指揮新日本フィルの演奏で「宇宙戦艦ヤマト」歌ってください!」と書いてあった。この2人が共演したら、そうなるでしょう!


 話を元に戻して、第8回。最終回とあって、ボリューム満点でした。90分の番組なのですが、2時間スペシャルにしちゃえばよかったのに!ってぐらい。

 オープニングテーマは、モーツァルトへの手紙。250年で、世界は、様々な技術で様変わりしました。もし現代にモーツァルトがやってきたら、はしゃぎまくるんじゃないだろうか。音楽の世界も、様変わりしました。でも、「ああだったらいいな、こうだったらいいな」、何かを求めようとして作曲するのは、変わらない、のかもしれない。

 「すてきな物語」、フランス語の歌詞に驚きました。しかし、歌詞がなんという最終回仕様。2人は別々の道へ…なんて。

 「アキラの館」は2曲続けて。1960年代アメリカのテレビドラマの音楽ということで「奥様は魔女」&「スパイ大作戦」。「奥様は魔女」で魔法をかける時の効果音、これだったんだ。青木さんが、魔法をかけているというより、呪っているような…w
 「スパイ大作戦」は、新日本フィル・フルート首席の荒川洋さんがソロを。カッコイイ!冒頭と最後のテープの演出も、「スパイ大作戦」そのもの。冒頭のテープでアレンジについて語ろうとしたところでぶった切って演奏へ。えーっ!アレンジについてのお話は聞きたかったのに…。
 2曲続けて聴いて、アレンジについてのお話も聴きたかったけど、演奏そのものを楽しめばそれでいい、そんな気がした。楽しいから!

 「U-12こどもハナウタ選手権」、最後に強力な歌が次々と。「バス」の歌は本当にストレートで、「バス」の一言だけなんだけど感情がバシバシ伝わってくる。あと、こどもは大人をよく観ている。まさかと思うところをコピーしてくる。その通りだなと感じます。本当に鋭い。大人になっても、その鋭さを失いたくないなぁと思いました。
 そして最後にして最強の歌「痛風の歌」。タイトルも、歌詞も、曲も強烈です。ビールを目にした時、この歌が頭の中で流れましたw

 「音楽家VS音楽家」は未公開映像スペシャル。おや、スタジオセットが、見たことの無い部屋だ。
 興味深かったのが綾戸智恵さんの「お客さんがアレンジャー」というお話。その日のお客さんの年齢層などに合わせて、演奏はいつも異なるものになるという。通常のコンサートでも、生演奏は2度と同じ演奏は出来ない、そこがいい、と感じているので、綾戸さんのお話には納得。その日のプログラムに合わせるのではなく、自然に出てくると。
 さだまさしさんは、ヴァイオリンを始めたきっかけを。さださんのお父様がさださんのために楽器を買いに行ったが、ピアノは20万円。高い。一方、その隣にあったヴァイオリンは3000円。これで決定。そうだったのか…!その後のアキラさんのお話も興味深かった。さださんの歌は、ヴァイオリンだからこその歌い方、曲になっている。ヴィヴラートをかけて伸ばすのは、弦楽器にしか出来ない。もしさださんがピアノを弾いていたなら、全然違う音楽になっていただろう、と。確かに。
 アキラさんの暴露話も面白かった。こどもの頃はピアノの練習が嫌いで(「クインテット」の「練習だいきらい」か!)、ビートルズが大好きなロック少年だった。ピアノよりも、ギター。さださんのお話のところで、ぼそりと「ピアノつまんない」…えええええ!ムッシュかまやつさんのお話に関連して、テープを斜め切りしてフェードアウト、というのも凄いなと。

 「山口ともの街とセッション」、今回も楽しい。前半では、ダンボールで演奏。楽しい。NHKのロゴ入りダンボールが気になった。そして後半が強烈。町中で鳴る「遠き山に日は落ちて」に合わせて、一斗缶で作った楽器を演奏。しかも、ただ演奏しているのではなくて、楽器を身にまとっている…!!一見ロボット。通行人が凝視してるwでも、一回やってみたら楽しいだろうなぁとも感じました。
 ともとものこのコーナーも観られなくなる、演奏を聴けなくなるのか…。どこかで聴く機会が、あって欲しいなぁ。

 「コレなんの音」、今回は完敗です。いや、当てられた回は1,2回だった…。おそろしいよこのコーナー…。


 さて、最後のミュージカル。テーマは「テレビ」。ゲストは中村メイコさん。メイコさんは2歳で映画出演、NHK放送博物館にある展示物に、6歳の時に出演したドラマの写真があるほどの、長い長いテレビとの付き合い。

 今回のミュージカルは、テレビが生中継ばかりだった頃、昭和30年代がメイン。私にとっては、テレビは当時の映画と同じように、収録した番組もあるし、生中継の番組もあるもの。なので、「生中継しかないテレビ」というのがいまいちピンと来なかった。でも、考えてみると、生中継ができることって、凄いことだったと思う。メイコさんが語っていたように、映画のセットより雑で機材も性能が悪い、ハプニングが起こってもやり直し不可能、その場で何とかしなければならない苦労もあったけど、出演者も裏方も、全員がスタッフだった。全員で一丸となって、作る楽しさがあった。生放送だからこそ伝えられるものがあった。それは舞台に通じるものでもある。また、遠くと自分がいる場所の”今”が繋がるという、今は当たり前かもしれないけど、新しく、考えてみれば凄いことも可能になる。可能にしてくれたテレビ。

 上演後に話がありましたが、今は「テレビ離れ」もある。ちなみに、私はテレビが大好きだ(でもやかましい・作り過ぎているバラエティやワイドショーなどは苦手。観ない。)。大学の時、部屋にテレビがない、無くても平気、むしろ要らないという友達がいて、驚いたことがあった。今は、そんな人も多い。確かに、インターネットの方が魅力的なところもある。テレビよりも、ネット中継のほうが興味のあるものを放送していることもある。でも、それも、テレビがあったから、生まれたものなんじゃないかな。放送を受け取る側から、自分で作り放送することも出来る側への変化。テレビ放送が無ければ、無かったと思う。メイコさんが、テレビに必要なものは「臨場感」だと仰っていた。たとえ生放送じゃない番組でも、その場の臨場感を伝えられるもの。生放送なら、現場の雰囲気、人々の息遣いも伝えられるようなもの。テレビは、「生放送だけ」だった原点に戻ろうとしているのかもしれない。そう感じました。

 ミュージカル「宇宙から来たテレビ」も、まさにそんな物語。テレビ放送の最初の画面の「イ」を、インベーダーの「イ」、そして最後にもその形で持ってくるとは…下山啓さんさすがです。テレビの魅力と、苦労と、これからを見事に歌い上げた。最初の「インベーダー」の曲がツボでした。

 このテレビミュージカルを観て、もうひとつ、思ったことがある。アキラさんと、テレビというものについて。以前、twitterで話したことがあるのだが、アキラさんのお父様・宮川泰さんは、まさにテレビの黄金時代に、テレビというメディアを通じて、大ヒット作品を生み出し続けた。ザ・ピーナッツの歌の数々も、「ザ・ヒットパレード」、「シャボン玉ホリデー」、「ゲバゲバ90分」、「宇宙戦艦ヤマト」…などなど。アキラさんは舞台中心(演劇・ミュージカルだけでなく、コンサートも含む)だけど、「クインテット」を代表にテレビのお仕事も多い。ところが、来年度からは、アキラさんのテレビでのレギュラー出演番組が、無い(「クインテット」は再放送。出演番組とはちょっと違うけど「宇宙戦艦ヤマト2199」はテレビ放送も予定されているらしいけど、どの放送局でいつから放送するかはまだ未定)。宮川親子にとって、繋がりの深かったテレビ。ミュージカルの内容が、アキラさんご自身のテレビへの想い、そしてこれからをも含んでいるかな…と深読みしてしまいました。しかも放送が、2月18日だったなんて!アキラさんのお誕生日に、ひとつの終わりとひとつのスタート…ますます深読みが…。


 さて、いつもならエンディングなのですが、今回のエンディングはいつもと違います。最後の「アキラの館」。BGMはJ.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」より「アリア」。音楽の先生は、自然。それは誰でも会うことが出来る先生。自然から生まれる音楽…シベリウスみたいと感じた。思えば、自然は一番身近な存在。自然の中に、生活があり、そこから音楽も生まれる。そして、還って行く場所も自然…。「風のオリヴァストロ」(作曲:宮川彬良 新日本フィルとのコンサート「コンチェルタンテⅡ」のテーマ曲的存在の作品)最後を飾るのにふさわしいなぁ。
 この「風のオリヴァストロ」、よく聴いてみたら、ホ長調。ホ長調の作品は春の雰囲気や自然を感じさせる調。そして、「ソドレミ」ではないですか!美しいだけじゃなくて、かなしいほどきれい、切ない…。第2主題で短調に転調し、そのあと第1主題に戻ってきたところで金管ががっしりと支えているあたりがとても好きです。大地、木の根のよう。ああ、「コンチェルタンテⅡ」で、生で聴きたいです。CDも出ているのですが、コンサート会場か、新日本フィルのサイトでしか売ってないので、それならコンサートに行った時に買うと決めています。が、この演奏を聴いて欲しくなってしまった。ああー。
 ちなみに、私が聴いて、この曲の情景、どんな自然の風景なのだろうかと考えたが、思い浮かばなかった。いい意味で。「オリヴァストロ(olivastro)」はスペイン語で「オリーブ色の」という意味。だから、スペインや地中海地方のオリーブ畑かな?と思ったけど、他の風景でも当てはまる気がする。南フランスのひまわり畑でも、アフリカのサバンナでも、南米のアマゾンや東南アジア赤道直下のジャングルでも、北欧やドイツあたりの森でも、日本の森、私が生まれ育った地の四季の風景でも…。聴き手それぞれにとって、一番身近な「自然」が、この「自然」なのかなと感じました。うーん、コンサートで聴いたら、また違うことを思うかもしれない。深い。

 8回の放送…少ないといえば少ないですが、濃い番組だったなぁと思います。月1放送とは言え、テレビ番組でオリジナルミュージカルを作るなんて、この番組にしか出来なかったことだと思います。今まで無かったし、これからも無いかもしれない。ミュージカルというものが、ますます好きになった番組でもあります。個人的には、「どれみふぁワンダーランド」からずっと続けて観たかった(BSが無かったんだよ…再放送orDVD出してください)。毎回驚いたり、笑ったり、しんみりしたり…楽しい!その一言に尽きる番組でした。どうもありがとうございました!!

 なのだが、第7回とこの第8回の再放送がまだ決まっていない。されていない。今年度中に再放送切望!!

 あと、アキラさんのNHKでのレギュラー出演番組が来年度からは無くなるわけですが、アキラさん専用?ともいえるあの白いピアノはどうなるんでしょう?「クインテット」「どれワン」とずっと使ってきたピアノ。また、出番までお休み、かな。

 最後に、BS番組番宣での「BSで会いましょう」のアレ、アキラさんバージョンを観たかったです。はい。

 

 …随分と長文記事になってしまったー。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-02-28 19:39 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索