”心地よい”を求めて 「フィンランドのくらしとデザイン展」本編

 本編まで、前置きが長かった…。青森県立美術館特別展「フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活展」の展示内容について書きます。以前の記事で、4月7日の初日のトークセッション、展示そのものは4月中旬と先日観てきました。書いていることは、2回の観覧が混ぜてあります。

青森県立美術館:フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活展

f0079085_21573866.jpg

 後ろにフィンランド国旗でも掲げてあるかと思ったけど、無かったよ。

f0079085_21581622.jpg
f0079085_21582398.jpg

 上が4月、下が先日の写真。4月は中旬でも、まだ雪があった青森。今は風が清々しく、緑が麗しい。

f0079085_21594841.jpg

f0079085_21595818.jpg

 この白い建物は、いつ観ても大好きです!この建築そのものが展示、芸術ですよ。入り口のところの屋根の曲線が好きです。

f0079085_2204411.jpg
f0079085_2205195.jpg

 4月に行った時は無かったもの。駐日フィンランド大使のヤリ・グスタフソンさんも以前いらっしゃった。その時、青森県知事にプレゼントしたものがエントランスに展示されていました。サイン入りの図録。
 ちなみに、駐日フィンランド大使館といえば、公式twitterが話題になってますね。「全て把握しております。」私も愛読してます。

 展示を観る時、音声ガイドを借りることもできます。借りて聞いて見ました。ナレーションは、アニメ「楽しいムーミン一家」のムーミン役・高山みなみさん。所々で、「ムーミン」原作の一説を朗読する部分もあり、ムーミンと一緒に展示を観ているかのよう。ちなみに、私にとってのアニメムーミンはこの「楽しい~」。現在BSプレミアムで放送中。しっかり録画してます。
 さて、展示ですが、まず現在世界中で愛されているフィンランドのデザイン・プロダクトができる発端となった、19世紀末~20世紀初頭のフィンランドのナショナル・ロマンティズムについて。アクセリ・ガレン=カレラを中心に、この時代のフィンランドの画家達が描いた”スオミの風景”の絵が展示されています。日本では滅多に見られない作品ばかり。ガレン=カレラと、エーロ・ヤルネフェルト(ジャン・シベリウスの妻・アイノのお兄さん)ぐらいしか知らなかったのだが、こんなに沢山。描かれているのは、雪景色や湖、森。まさに”スオミ”の風景。青森でも、私の住む地域でも、観られる・似ている風景に親近感を持ちました。

 次が、フィンランドのナショナル・ロマンティズム、そして”スオミ”の文化・精神の源流ともいえる民族叙事詩「カレワラ」について。ガレン=カレラが「カレワラ」の挿絵を描いていて、その原画に魅入った。雄大な「カレワラ」の世界を、独特のタッチで描いている。そして、ヴァイナモイネンとアイノの絵…勿論フィンランドからこの展覧会のために持ってきた作品…これを日本で観られることに感動。この「カレワラ」は、ガレン=カレラだけでなく、フィンランドの多くの芸術家に影響を与えた。代表的なのが、シベリウスの作曲作品。「トゥオネラの白鳥」をはじめとする「レンミンカイネン組曲」、「クレルヴォ交響曲」、交響詩「ポホヨラの娘」「ルオンノタール」などなど。交響詩「タピオラ」も、「カレワラ」に関連する作品かな(「カレワラ」に出てくる森の神・タピオのいる森を表現した作品)。このシベリウス他、ヘルシンキ郊外・トゥースラ湖のほとりに住んでいた芸術家たちと、彼らの家の紹介も。シベリウスの家・アイノラのところでは、食い入るように観てましたwここで、音声ガイドで、「フィンランディア」等シベリウスの作品が流れればよかったのになぁ。

 エリエル・サーリネンの建築にも興味を持ちました。ヘルシンキ中央駅など、実際に行ってじっくり観てみたいなぁ。

 このナショナル・ロマンティズムを前提に、フィンランドのプロダクトデザインは花開いていきました。カイ・フランクのイッタラの食器。古いものから新しいものまで展示が凄い。次はアルヴァ・アアルトの椅子の数々。このアアルトの椅子の展示では、何と展示に触ってよし、座ってよし、写真撮影もOK!なんと!
f0079085_22282451.jpg
f0079085_2228304.jpg

 黒い椅子が、有名なパイミオ・サナトリウムで生まれた”パイミオ・チェア”。
 こんな感じで、自由に座れます。これまで、アアルトスツールに少しだけ座ったことが合ったが、こんなにアアルトの椅子を目の前にしたのは初めて。そして実際に座れるなんて。全部座ってきました。白樺のやわらかい曲線の手触りが心地いい。そして座り心地も、しっかりしていてゆったりと座れる。座り比べもできます。
f0079085_22304599.jpg

 スツールの裏には、アルテック社のロゴが。
f0079085_22311169.jpg

 一番気に入ったのが、このアームチェア。座り心地抜群。落ち着きます。家に欲しい…。
 アアルトの作品は椅子だけでなく、白樺で作ったパネルも。これはスツールに使う部品のあまりで作ったのかな?なんてものもありました(実際どうなのかは不明)。

 そのそばに、トーヴェ・ヤンソンの「ムーミン」の挿絵原画が。また、初期のムーミンも。トークセッションで、ヤンソンは「ムーミン」の作者、ではなく、画家であると紹介されていたのですが、そのヤンソンの油絵も。若い頃の自画像と、抽象画。ヤンソンはこんな絵を描いていたんだ、こんなイメージを頭の中で描いていたんだ…。色使いがカラフルでした。

 次はマリメッコ。青森県立美術館は、内装も白を基調としているのですが、その白い展示室にマリメッコのテキスタイル、衣服の数々がずらりと展示されている。映える!マリメッコの彩り、鮮やかさがより強調されていました。でも、派手過ぎず、くどすぎない。耳の部分にある「MARIMEKKO SUOMI/FINLAND」の文字もしっかりと確認してきました。本当に華やかだ。着ている人を幸せにする。

 イッタラ・アラビアの食器にしろ、アアルトの椅子にしろ、マリメッコの服や小物にしろ…使う人を幸せにするデザインだなと感じました。使っていて心地いい。楽しくなる。観ていて心が和やかになる。しかも丈夫、しっかりしている。長く使える。世界中で愛される理由ですね。

 そして、現在、フィンランドではデザインや暮らしはどう変わってきているのか…最後に少し展示がありました。森・自然とともに生きるため、エコ住宅をデザインするアアルト大学。公共鉄道、フィンランド郵政・イテラ社の取り組み。若いデザイナーの育成。アルテック社の椅子を、長く使うための工夫…。興味深い内容でした。フィンランドの切手の数々の展示には魅入りました。シベリウス切手が特に。直筆のスコアがデザインされた切手もあったのですが、何の曲だったんだろう?書いてなかった。
 さらに、同じ北国として、青森での取り組みも。風力発電の風車がありますが、地吹雪に見舞われる青森。その環境に合わせた風車の展示も。うちわで扇いで、実際に発電させることもできます。普通の風車だと雪がついたり、折れたりしそう。北国の暮らしには、工夫が必要。

 自然とともに生き、暮らし、厳しい環境に身を置くフィンランドの人々。彼らが生み出したデザイン、暮らしが見せてくれる、心地よく生きるということ。自分の身の回り、暮らしを振り返り、見直したいと感じました。イッタラやマリメッコをただ単に「素敵」と表現していないところがよかった。それらを使えば「素敵」「心地よい」というわけではない。実際、使ってみると「素敵だな」「長く使いたいな」と思うのですが、その想いが先にあって、イッタラもマリメッコも生まれた…という点がよかった。更に、その背景には、ガレン=カレラやサーリネン、シベリウスら芸術家たちによる、フィンランドそのものを見つめ、絵画や建築、音楽で表現した、ということも。いい展示でした。

f0079085_22534561.jpg

 というわけで、図録を買いました。結構ボリュームがあります。ガレン=カレラなどの絵のポストカードもいっぱい買っちゃいました。
f0079085_22545371.jpg

 初日、あのサルミアッキ入りのチョコレートがあり、その時は買えなかったので今度買う!と思っていたら、無くなっていた…。がっかり。フィンランドのお菓子メーカー・Fazer社のチョコレートを購入。美味しいです。日本のチョコレートより、若干甘い。けれども、そんなに差はないかも。

【過去関連記事】
自然と暮らしが生んだもの 「フィンランドのくらしとデザイン展」トークセッション
自然も空気も味もスオミ気分 フィンランドのくらしとデザイン展・序章
この土地で生きてゆくという意志の”design” 「フィンランドのくらしとデザイン展」を観て


 常設展も観てきました。常設展と言っても、シーズンによって展示内容は変わります。棟方志功の板画(志功は「版画」ではなく「板画」と表記していました)の力強さ。ガレン=カレラのカレワラの挿絵に通じる点があるかも。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-05-31 23:08 | フィンランド・Suomi/北欧


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索