この音楽の中に自分がいる 宮川彬良&大阪市音楽団「欲望という名の電車」

 先日「お願い!編集長」にお願いした、舞台「欲望という名の電車」(脚本:齋藤雅文、監修:花柳壽輔、演出・振付:花柳輔太朗/2008)。お願いするきっかけになったのが、このCDでした。
「お願い!編集長」でお願い! 創作舞踊「欲望という名の電車」(芸術劇場)

欲望という名の電車

宮川彬良/大阪市音楽団/ フォンテック/2012



 昨年11月の、大阪市音楽団の定期公演ライブCD。公演前からこのバレエ音楽「欲望という名の電車」が気になっていて、公演後コンサートに行った方々の感想をtwitterで読んで、ますます聴きたくなった。そのうちCDとして出る、と聞き、発売を今か今かと待っていました。待ってました。

 CDはその定期公演がまるまる入った2枚組。1枚目では、アキラさん・宮川彬良さんお得意のユーモア溢れるトークも収録した(!! まさか収録されるとは!)「リロイ・アンダソン勉強会」が目玉。2枚目に、表題曲であるバレエ音楽「欲望という名の電車」が。CDが届いて、真っ先に聞いたのはやっぱり2枚目、「欲望~」でした。

 テネシー・ウィリアムズ原作の戯曲であり、舞台、映画化、海外でも日本でもスタッフやキャストを変えて何度も舞台化されている作品。凄い作品なのだなと思う(と思いながら原作を読んでいる)。ところが、以前「お願い!編集長」の記事でも書いたとおり、この脚本:齋藤雅文、監修:花柳壽輔、演出・振付:花柳輔太朗、音楽:宮川彬良の「欲望~」は、舞台は大正時代の日本に、バレエではあるけれども日本舞踊で表現しているという、原作とはちょっと異なる作品(舞台そのものを観ていないので、何ともいえないのが悔しい)。また、このCDでのバレエ音楽「欲望~」は、舞台の音楽から8曲を選び、吹奏楽版に編曲している。もともとの舞台である「欲望~」とは、また異なる。長くなりましたが、ということで「欲望という名の電車」舞台のための音楽、というよりは、それを主題とした「音楽作品」として聴いています。(舞台を観たら変わるかも)

 第1曲「鏡~回想」はミステリアスなピアノの和音から始まり、静かで物々しいサックスから殺気迫る強い和音、第2曲「街」へと続いてゆく。この「街」が、この作品の主題とも言うべく、あちらこちらで形を変えて出てくる。ピアノの物悲しい旋律、吹奏楽だからこそ出せる地の底から這い上がってくるような深い音色、迫力。舞台音楽として聴けば、「欲望~」の主人公である女性・ブランチやニューオーリンズの街(この「欲望~」では大正時代の日本)をイメージするけれども、それ以上にこの音楽を聴いていると胸が締め付けられるような気持ちになる。苦しい、切ない、何か心の中に押し込めているものを叫びたい。心の中にうごめいている様々な感情、不安、欲望がむき出しになりそうになる。自分がブランチになった…ような…? いや、これはブランチに置き換えなくても自分自身の苦しみ、もがき、不安…それらを自分が生きているという”舞台”で、自分自身が演じている。その音楽のように聴いています。「ここのメロディが好き」「この部分の迫力にしびれる」という、普段音楽を聴いていて「いいな」と思うのとはちょっと違う(そう思う箇所もいくつもあります。例えば、第3曲「孤独」から第4曲「博奕」への流れ。「博奕」の迫力、変拍子は病み付きになります。第7曲「迷宮」の最後の方、開放的な音から暗いワルツへ、ここも好きだ)。
 他の音楽作品でもそう感じることはあるのですが、自分がその音楽作品の中にいる、もしくは音楽作品の世界を観ている。このバレエ音楽「欲望~」からはそんなことを思うのです。

 音楽だけを聴いているのもいいのですが、映像でも観て、聴きたい。指揮・ピアノの宮川さんと、市音のメンバーの表情を観て聴きたい。撮影はしてあるそうなので、何らかの形で観れたらいいなぁ。いや、この作品は生演奏を聴きたい。是非コンサートで聴きたい。その時、ここに書いたことと同じことを思うのか、また違うことも思うのか。自分の反応が気になる。

 とは言え、やっぱり「欲望という名の電車」の元舞台が観たい、原曲が聴きたい。Eテレ「お願い!編集長」でリクエストしています。投票は以下NHKのサイトでお願いします。コメントも是非ともお願いします。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「芸術劇場」で2008年に放送した「創作舞台“欲望という名の電車”」(脚本:齋藤雅文、監修:花柳壽輔、演出・振付:花柳輔太朗、出演:花柳寿美、藤間紫、他)の再放送をお願いします。…




 1枚目にもバレエ音楽が。チャイコフスキー「白鳥の湖」から序奏~情景。いつもはオーケストラによる原曲の演奏ばかり聴いている。吹奏楽版を聴いたのは初めて。弦楽器が無いとどうなる?と思っていたのですが、繊細且つ迫力がある。吹奏楽版もいいな。
 「リロイ・アンダソン勉強会」は演奏で楽しみ、トークで笑う。これは生で、コンサートで聴いたら楽しかっただろうなと。映像でも観たくなる。「トランペット吹きの休日」の原題は「BUGLER'S HOLIDAY」。「BUGLER」の意味に、なるほどと思い、宮川さんの解釈にニヤリとし…w なんて楽しいコンサートなんだろう。

 1枚目の最後は、組曲「宇宙戦艦ヤマト」。宮川さんと市音のコンビの他の演奏も聴いたのですが、今回は勢いがあると感じました。誰もが知るお父様である宮川泰さんの作品。現在、オリジナル第1作のリメイクである「宇宙戦艦ヤマト2199」で音楽担当となった彬良さん。この時、「2199」の制作は進行中。でも、音楽担当が彬良さんであることが、年明けになってから発表。そして現在、順次劇場にて上映中。「2199」と合わせて楽しみたい演奏。
 …しかし、このコンサートの時、「2199」は制作していたけど内緒にしていたのかと思うと、「ヤマト」の物語そのものを思い浮かべます。ガミラスにばれないように、イスカンダルからの支援により、かつての戦艦大和を宇宙戦艦に改造する(「2199」だと戦艦大和に偽装していた)。ちなみに、私、「2199」第1章はネット配信で観ました。DVDでも観る。第2章も楽しみです。全部観るよ!(近くに上映館が無い…残念である。)

 アンコールの2曲も楽しい。「シャル・ウィ・ダンス」は、彬良さんの編曲。原曲はミュージカル「王様と私」の代表曲。映画にもなった有名なあの曲。優雅なワルツのはずが…1950年代のダンスホールの雰囲気!!お洒落!バンドの生演奏に合わせて、軽快に踊る。音楽・演奏そのものも”踊って”ます。この編曲にはやられました。「見上げてごらん夜の星を(ファイブ・サックス・コンチェルト)」も、原曲の少し寂しげな雰囲気が…小粋に。「ファイブ・サックス・コンチェルト」とあるように、バリトン、テナー、アルト、ソプラノがそれぞれソロパートを持ち、変奏曲に。まさかの編曲です。

 ちなみに、宮川さんと大阪市音楽団の関東公演が秋にあります。「欲望~」もやります。さらに「ヤマト」音楽についても。行きたい…。
東京芸術劇場:東京芸術劇場presents ブラスウィーク2012
 10月16日。

【追記】
 上記のコンサート、行っちゃいました!生で、この目で演奏を観て聴いてきました。
コンサートという名の「舞台」 宮川彬良と大阪市音楽団 コンサートレポその2
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-06-28 23:27 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索