スコアさんの悠々な日々 今週の「クインテット」

 今朝の「ハピリーくらしっく」は凄かった…w「音鉄」なアキラさん。京急のいわゆる「ドレミファインバーター」も、アキラさんの手にかかると…凄い方向にwヴァイオリニストの奥様・由利子さん(「クインテット」の演奏にも関わってました。CDの演奏者リストを見てね)も参加して、どんどん”音楽”、更に「ムーンライト・セレナーデ」も混ざって…なんだこれ、凄い!朝から爆笑してましたw
 という、「クインテット」に関係あるんだか無いんだかな、今週の「クインテット」始まりです。


 ドラマパートは、シューベルト「ます」(堀内敬三訳:)。ピアノ五重奏曲として有名な楽曲ですが、元は歌曲。バリトンからソプラノまで、幅広く歌われています。ドイツ語でのものも、ドイツ語がわからなくてもその発音・響き・歌声に聴き入ります。色々な歌手で聴きたいな。でも、聴いているとドイツ語で歌ってみたいとも思うのです…。発音が怪しい…。
 日本語訳は堀内敬三訳のものが古くからありますが、新訳も色々出ているみたいです。スコアさんには、堀内敬三訳のが合いますね。
 普段はピアノで伴奏のこの歌曲ですが、「クインテット」編曲だと、ヴァイオリンやトランペット、チェロにクラリネットも加わってちょっと華やかです。ピアノが原曲の伴奏の、波打つようなメロディーを残しているところに注目ですね。

 いつものスタジオ。スコアさんが、今日はこの曲を演奏してくださいと楽譜を配っている。楽譜は「ます」。ます…豆まきで使う枡?いいえ、と「ます」を演奏。シューベルトの歌曲。スコアさんが歌います。歌った後で、「魚のマスか!」と皆納得。スコアさんは、明日マス釣りに行くのでこの曲を演奏したかった、と。皆さんも行きませんか?と誘うも…シャープ君は朝早起きして山まで行くのが大変だから、フラットさんは釣るよりも食べる方がいいから、アリアさんは釣ってきたマスをお料理します、と遠慮して行ってしまう。フラットさんとアリアさんは最後に「ます」と強調して。洒落ですなwアキラさんは…とっくにどこかへ行ってしまった。アキラさん、したたかですwひとり残されたスコアさん。釣りのたのしさを知らないなんて…とぼやき、釣りざおをえいっと振ると、何かがかかった!引いてみると…シャープ君でした。「ぼくはマスとは違います!」シャープ君までwこの時、釣りざおのリールの音は、アキラさんがラチェット(カチカチカチ…と鳴る工具)で。あれ、戻ってきた。

 翌日、シャープ君はマス釣りに連れて行かれたのかもしれない。シャープ君なら、面倒だ何だと言いながら、すぐに釣りのコツをつかんで、ハマってそう。いや、コツはつかんだけど、肝心のマスが釣れない可能性も。スコアさんの結果はいかに。

 そういえば、この歌が初登場した時、スコアさん役の斉藤晴彦さんは、同じくシューベルトの歌曲集「冬の旅」を日本語訳で歌うこともしていた…と書きました(「N響アワー」に斉藤さんがゲスト出演した時に話していました)。シューベルトの歌曲は、「冬の旅」より「菩提樹」もアリアさんが歌う回がありますね。
・その時の記事(2008.5.4)「おわびのスキャット」まつり開催中 今週のクインテット

 パート3はアニメ「おわびのスキャット」。まさに社会風刺なユーモアと皮肉に溢れた歌。爆笑しつつも、あーあ…とため息をつきたくなります。謝る時は心から謝ろうね。形だけ謝ろうとか問題外。

 コンサート前、スコアさんがモーツァルトの楽譜を読んでいる。黄緑のふちのメガネ。そこへやってきたアリアさん、そのメガネに気がついて、カッコイイですね、お似合いですねと褒める。この褒め方が上品で、さりげない。弦楽器コンビの2人は落ち着いていて、安定しています。その褒め言葉に、いえいえ見えればいいんです、とさりげない返事を返すスコアさん。勉強の邪魔をしてすみません、とアリアさんが去った後、鏡を見て「かっこいい?えへへ…」とひそかに喜ぶ。可愛い、とっても可愛いスコアさんw

 コンサートは、ベートーヴェン作曲「ピアノソナタハ短調作品13 「悲愴」」。ベートーヴェンの「悲愴」ソナタ、第2楽章です。第1楽章、第3楽章は短調の激しい曲ですが、この第2楽章はその激しさの中のつかの間の穏やかさを感じさせる曲。でも、やっぱりどこか寂しげ。フラットさんのクラリネットの音が穏やかであたたかくて、なぐさめてもらっているよう。アリアさんのスキャットも美しい。途中、アキラさんのピアノソロ部分の指アップを注目してしまいました…やっぱり。ピアノの音色も優しいなぁ。ヴァイオリンとトランペットも、主張し過ぎてないこのバランス。チェロもゆったりと支えている。いいなぁ。このアレンジ、大好きです。
 コンサート後、拍手は割愛。拍手があったほうがいいなぁ、コンサートらしくて。

 今日はスコアさん回。そしてシューベルトにベートーヴェン、スコアさんが持っていた楽譜はモーツァルトといつも以上にクラシック分多めの回でした。でも、お固くならないのが「クインテット」。その中で、異彩を放つ「おわびのスキャット」…破壊力がw対照的というかなんというかw

【追記】
 放送日ではないですが、11月19日はシューベルトの御命日。もしかしたら、これに合わせての「ます」だったのかも。

 あと、大事なことを書くのを忘れていました。来年2013年お正月、1月3日に宮川彬良&アンサンブル・ベガ・ニューイヤーコンサート(&大阪市音楽団 …!? なんですと!! 第1部はアンベガ、第2部でアンベガと市音が共演、しかも演目は「欲望と言う名の電車」…どうなるんだこれは!!!全く予想がつきません!)があるのですが、その会場・兵庫県立芸術文化センターのニュース紙に、公演記事が。その公演記事に、アンベガが「クインテット」の演奏を担当することになった顛末が書かれています。アンベガ結成の顛末も。
兵庫県立芸術文化センター:公演の詳細
 ↑日時の上にあるバナーをクリックすると、PDFファイルが開きます。そこで読めます。

 「クインテット」構想から、彬良さんがOKを出すまでの顛末はコンサートスコア集1に書かれていますが、ここに書かれているのはそのあたり、演奏をどうするか。CDを聴いた近藤康弘プロデューサーの表情…想像できますし、気持ちもわかる気がする。あの演奏を聴いたら、興奮しますよねぇ。はぁ、生で聴きたいな。…って、このニューイヤーコンサート、どうなるんだ…。気になって仕方ない!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-11-17 22:07 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索