涙のアリアさん 今週の「クインテット」

 フィナーレへ向かって、1回1回を楽しみたい「クインテット」です。今日の放送はリアルタイムで観ることができたのですが、オープニングテーマと映像を見ただけで、うるっと来てしまった。
 ちなみに、車を運転している時も、車内で流しているのは「クインテット」が8割強。聴いていて、この曲のドラマパートはこんなんで…、この曲のコンサートはここが見どころなんだよね、そんな「クインテット」もあと少しなのか…と思うと切なくなる。(運転中、危険です。

 さて、まずドラマパート。「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」(Zip-A-Dee-Doo-Dah/Ray Gilbert:作詞、Allie Wrubel:作曲)。訳詞は不明です。ディズニー映画「南部の唄(原題:Song of the South)」で歌われる歌。心はずむ気分という意味合いの言葉だそうです。この「南部の唄」が公開されたのは1946年。日本では1951年。結構古い作品です。「南部の唄」がどんな物語かと調べてみたら、物語そのものはいいのですが、背景が結構複雑です。白人の少年が家族とアメリカ南部の農場へ引っ越してきたが、家族は離れ離れに。さみしい思いをしていた少年を、農場で働いていた黒人のおじさんが、おとぎ話をして励ましてあげる、という物語。しかし、黒人差別問題が絡み、再公開やDVD化はされていないという…。
 この「南部の唄」でおじさんが話してくれるおとぎ話は、東京ディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」の題材となっていて、「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」も流れるそうです(乗ったことが無いのでわからない)。
 アトラクションの題材にもなっていて、音楽もいいのに、元の映画を観られないのは残念ですね…。

 いつものスタジオ。アリアさんが、真っ黒こげのケーキを前に落ち込んでいる。ケーキ作りに失敗してしまった。周りでは、スコアさんは俳句を練り、シャープ君は絵を描いている。アキラさんはいつものようにピアノを弾いている(演奏しているのは、アキラさんが音楽を担当したアニメ「風の少女エミリー」の主題歌「風の少女」。勿論アキラさんの作曲)。スコアさんは、いい俳句が出来たと喜んでいる。その喜んでいる様を見てアリアさん、いいなー…とため息。更に、フラットさんが喜んでスタジオに駆け込んでくる。クイズの抽選で大当たり、大福1年分!シャープ君も絵が完成し、満足の出来栄えに喜んでいる。ピアノを演奏するアキラさんも、嬉しそう、音が弾んでいる。私だけ最悪…ますます落ち込むアリアさんの一方で、「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」。シャープ君が陽気な声で、アリアさんも一緒に歌いましょうと近づいてくる。アリアさんもヴァイオリンを演奏しながら、元気に歌う。アリアさん、演奏して、歌って元気になったか?
 歌い終わって喜んでいる男性陣の一方で…アリアさんは、まだため息をついている。元気になれない時もあるよね。周りは元気だけど自分だけ落ち込んでいる場合、更に落ち込んでしまう時があるよね。わかる…と思いながら観てました。

 しかし、アリアさんは、ヴァイオリンも歌も上手ですが、料理は苦手なんですよね…(と言ったら怒られそうだ…)。
 あと、このドラマの冒頭で上述の通りアキラさんが「風の少女」を演奏しているのですが、何故に「風の少女エミリー」?
 「赤毛のアン」シリーズでお馴染みのモンゴメリの「エミリー」シリーズですが、小説と詩を愛し、創作も大好きな孤児エミリーが、母方の親戚である厳格なエリザベスおばさんに引き取られ、おばさんには小説や創作、夢見がちな性格を否定されてしまう。それでもエミリーは優しいローラおばさんや、新しい友達、エミリーの文才を認めてくれる先生と美しい自然の中で活き活きと育ち、エリザベスおばさんとも次第に打ち解けてゆく。そして、その文才も伸ばしてゆく…という物語。どことなく、「南部の唄」の物語に似ているところがあるような…?ないような…?
 ♪OP:元祖”アニソンの女王”堀江美都子さんの歌声が素敵です。何気に名曲だと思うのです、曲も歌詞も。うわー、また「エミリー」観たくなってきたよ。原作まだ全部読めてないよ…


 また脱線した…。すみません。

 パート3は、アリアさんの「楽器の話」。トランペット。崖の上に咲いたトランペット。お日様に向かって、そっちに行きたいよと望み話しかけるも届かない。泣き出したトランペット。夜になり、泣き疲れたトランペットが夜空に見たのは、夜空の鏡に映った自分の姿…。
 オーケストラでも、ジャズのバンドでも、吹奏楽でも、目立つ、花形のトランペット。音色も大きく華やかで、明るいイメージもします。が、その一方で孤高なイメージもあります。トランペットが哀愁を帯びたメロディーを奏でる時の切なさ、さみしさも、ストレートに伝わってきます。
 このアリアさん版のトランペットのお話は大好きです。

 コンサート前、ラジカセで音楽を聴いているスコアさん。ヘッドホンでノリノリで聴いています。「演歌は最高!」演歌のよう。そこへ、コンサートが始まると声が。するとスコアさん、「ベートーヴェンでもモーツァルトでもやってやろうじゃないの!」
 クラシック音楽も、演歌も、音楽。ベストCDの帯の「音楽はボーダーレス!」アキラさんの言葉を思い出します。

 コンサートは、アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」。アリアさんのヴァイオリンが切ない。歌・スキャットも切ない。それを支えるピアノ、チェロ、クラリネット、トランペットもいい。

 今日は、落ち込んで涙、トランペットの切ないお話と音色に涙、「ロンドンデリーの歌」のヴァイオリンと歌に涙…アリアさんと涙、うるうるしっぱなしの回でした。残り少ない放送を思うと、更に涙腺が…。

 「クインテット」最終回まで、あと7回。
(「宇宙戦艦ヤマト(2199)」の次回予告みたいだな…「地球滅亡まであと何日」というあれ。)


*****
 先日も告知しましたが、もう一度。
アクロス福岡:アクロス・ランチタイムコンサートvol.33 アキラさんから大人に贈る「お昼だって室内楽♪」
 「クインテット」コンサートの編成(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、クラリネット、トランペット、パーカッション、コントラバス)・編曲で、「クインテット」コンサートで演奏された楽曲を聴く、リアル「クインテット」コンサート!
 演奏はアキラさん・宮川彬良さんと九州室内合奏団の皆さん。
 2013年2月15日(金) 12:00より
 あと1週間、チケットはお早めに!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-02-09 21:26 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索