ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記

 今日は春分の日。国民の休日の意味としては、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日なのだそうだ。

 春分の日は、天文学上の呼び名では「春分日」。地球が、「春分点」を通過する日。地球は太陽の周りを公転していますが、ここで仮に地球を中心にして太陽がまわっていると考えます(あくまで仮にです)。太陽の天球上の通り道のことを「黄道」と呼びます。一方、地球の赤道を天球上に延長したものを「天の赤道」と呼びます。黄道は天の赤道に対して、23.5度傾いています。この黄道と天の赤道が交わった2つの点を「春分点」「秋分点」と呼びます。「春分点」は太陽が赤道の南から北へ向かって横切る点のほう。赤経・黄経は共に0度。はじまりの点。ちなみに、毎年少しずつ西に移動していて、今は黄道上ではうお座に位置しています。

◇参照:国立天文台:質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの?
 暦は、国立天文台の大事な、私たちにとって一番身近なお仕事です。

 …という天文学上の暦の話をしてしまいましたが、春分・夏至・秋分・冬至の日は、特に暦を意識します。ということでこの本を読みました。

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記
おーなり由子/新潮社/2006

 366日、一日1ページに、短い文とイラストで描かれた歳時記。暦と季節と自然の移り変わり、天候や気温、その時期の植物や生き物、野菜、料理、「何の日」とおーなりさんの思い出…毎日やさしくあたたかい言葉と絵で語られます。

 読んでいて、毎日、同じ日は二度とないのだなと実感する。地球は太陽の周りをまわり続け、季節は、身の回りの自然や風景、天候・気温は僅かずつ変化する。二十四節気があり、七十二候もある。毎日何かの行事があり、記念日で、誰かの誕生日で、御命日で、思い出のある日。旬のものも季節とともにめぐる。そんな毎日が愛おしくなる本です。何気なく過ごしている毎日は、こんなにも豊かな季節感に溢れていて、毎日何かが起こっている。

 この本では、おーなりさんの住む関西がベースになってはいますが、他の地方のことも書いてある。日本は狭いようで広く、季節・気候に幅があると実感する。実際、私の地域は今日は冷たい雨の降る日で、今夜は暴風雪。一方関東ではもう桜が咲いていて、あたたかい。まだこちらは積もりに積もった雪がまだまだ残っていて、コートを着ないと寒い、モノクロの風景なのに…。でも、一足はやく雪が消えた地面には、緑の芽が。春は近づいているのだなぁと思う。

 毎日その日を開くのもいいし、最初から読むのもいい。目に付いたページを読んでいくのもいい。季節のお料理レシピもあって、作りたくなります。今の季節は、「なのはなサンドイッチ」。菜の花のことではないんです。春を待ちながら食べたいなと思いました。宇宙天文好きとしては、季節の星空・星座の話も出てくるのが嬉しい。しかも、おーなりさんは結構天文にお詳しいのかな?と思うほど(ライカ犬の乗ったのは「スプートニク2号」ですが…ここは残念)。

 歳時記は、歴史でもあると感じました。暦も、「天地明察」の渋川春海(安井算哲)をはじめとして、様々な人々が日本の季節に合う暦を作ってきた。その季節ごとの行事や風習も、古来の人々がつくってきたもの。つくってきたものが積み重なって、現代でも行われている。古来の人がどんな思いで、どんな願いをこめてこの行事や風習をつくり、続けてきたのだろう。そして、歴史に刻まれたひとつひとつの記念日の出来事と意味と重み。そんなことを思いながら読んでいたら、いつの間にか目頭が熱くなっていました。まさかこの本で涙腺が緩むとは思わなかった…。

 こんな歳時記を自分でも書いてみたいなと思いました。私の地域の、私の歳時記。おーなりさんが見た毎日の歳時記とは違う、自分の歳時記。歳時記は生きている記録とも感じました。しかし、短い文でも毎日の暦の知識・教養がないとこれは書けないなと思います。おーなりさん、凄い。簡単に書けるものではない。でも、いいなぁ。

 巻末に、天文学での暦や二十四節気の解説もあり、本格的です。今、旧暦や七十二候に関する本が色々と出回っていますが、いわゆる「スローライフ」視点でのものが多く、暦や七十二候がどうやって出来たのかについても、つくった渋川春海らの名前も書いていないのが残念だと思っていたのです。これはいい本だと思いました。

 開くのが楽しみな本です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-03-20 22:50 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索