宇宙兄弟 20

 「宇宙兄弟」もついに20巻。単行本の出るペースが速くて…。この20巻も2月に出たのに、感想が今頃になってしまいました。


宇宙兄弟 20
小山宙哉/講談社・モーニングKC/2013

 ビンスらCES-62クルーの乗ったロケットが打ち上げられ、オリオン宇宙船は月を目指す。今回、ピコが開発を指揮した新型の着陸船で月面に着陸するのだが、その着陸船にビンスとピコは「RICK(リック)」と愛称をつけた。子どもの頃、炭鉱の町で共に宇宙を目指し、事故で死んでしまった親友・リックの名前だった。CES-62の控えのクルーの六太は、CAPCOMとして地上でビンスたちを支える。ビンスは宇宙飛行士として月へ、ピコは技術者として宇宙船をつくり、六太が管制官として地上から見守り支える。管制官になりたかったリックのことを、打ち上げ前にビンスとピコは六太に話す。リックのことを知り、ビンスとピコの宇宙への強く熱い想いに触れた六太は…。


 表紙がこれまでと雰囲気が違います。あたたかな、やわらかな絵。いつものようにキラキラしているのだけれども、ただのキラキラではなく、どこか懐かしいような、でも誇りに満ちた輝かしさ。20巻は表紙からして違います。

 20巻を一言で言うなら、「realize(リアライズ:実現する)」。

 ビンス、ピコ、リックの3人の宇宙への夢。炭鉱の町で、炭鉱に生きていた町の人々から見ればまさに雲の上のような存在の宇宙。しかし、3人は本気で宇宙を目指していたが…周囲の意見や町の現実に、ビンスとピコは宇宙への夢を諦める。憤るリック。そしてその後リックは、事故で死んでしまう…。リックの死で、リックの宇宙への熱い想いを受け止め、もう一度宇宙を目指し始めたビンスとピコ。ビンスは宇宙飛行士に、ピコは技術者に。このあたりは11巻をどうぞ。
◇私の感想:宇宙兄弟 11


 それから、いよいよピコの宇宙船で、ビンスが月に降りる時が来る。管制官はリックではないけれど、リックと同じように熱い想いを持ったムッタがそこに座っている。ムッタもリックの想いを受け継ぎ、月着陸の夢を実現する。CAPCOMの訓練を始めた頃は、日々人のこともあって落ち着きがなく、ミスばかりしていた。しかし、日々人が再び宇宙飛行、月へ行くことを諦めておらず、新しい道に進んだことで、ムッタも訓練に集中するように。また、ビンスの奥さんからビンスの人柄や性格について聞いたことが、ビンスとよりよいコミュニケーションが出来るようになる鍵になった。一見、クールを通り越した冷徹さ。どんなこともキッパリはっきりと話し、無駄なことは言わない。せっかち過ぎるほど、時間を有効活用しようとする。そしてあらゆることを想定していて、知識も豊富。こんなビンスとどう付き合っていったらいいのか。答えは、やる気を持って、その人がやるべきことに集中すること。そんな人の努力や熱意にはちゃんと気づき、手を差し伸べる。冷徹なイメージのビンスですが、チームワークを大切にする宇宙飛行士であることには変わりは無い。そしてムッタもCAPCOMとしてやるべきことに集中。見事にビンスとうまく付き合えるようになっただけでなく、ビンスの考えていることを先読みできるようにもなった…ムッタ、頼もしくなったなぁ。

 ビンス、ピコ、リック3人の合言葉と、挨拶のようにやっていた”誓い”のサイン。そこに、ムッタも入ることになる。このシーンの熱さに私もガツンと来ました。そして月面着陸のシーンも。ピコの表情も爽やかです。

 この漫画を読んでいて、時々落ち込むことがある。ムッタたちは宇宙を目指し、日々努力し、訓練をこなしている。一見冴えない感じのムッタだが、周囲をちゃんと見ていて、勘も鋭く、集中力も体力も根性もある。アスキャンの頃も、落ちこぼれのようで、一番難しい訓練をやってのけた。一癖ある教官や技術者とも親しくなれる。ムッタのその才能と努力、精神力と、宇宙へのあくなき想いに、打ちのめされてしまう。では自分は一体なにをしているのだろう、と。この20巻は、そんなムッタの強さ、ムッタだけでなくビンスやピコ、日々人、せりかと絵名、シャロンも夢を実現しようとしている強さがストレートに表現されている。それが眩し過ぎると感じてしまって、読めない、読むと落ち込むことも少なくなった。

 それでも、夢を実現しようとする人の真摯な姿に惹かれて、読んでしまう。実現する、「realize」する力。煌びやかで眩しいけれども、その分の挫折や失敗、不安や焦りもある。それを乗り越えて、実現しようとする。そこに惹かれている。

 後半のせりかさん、シャロンの奮闘しながらも実現しようとする姿にも惹かれます。シャロンの病状は進行するばかり。それでも、諦めていない。「諦めない」ことも、「実現する・realize」に繋がってゆく。
 ムッタの宇宙への道はまだまだ険しい、障害がたくさんあるけれども、乗り越えていって欲しいなぁ。


 アニメは、土曜夕方5時半に移動。観やすくなりました。日曜朝は、起きれないという意味ではなく、他の番組と被ってしまって混戦状態で大変でしたw
 ちょうどアスキャンのサバイバル訓練中。ビンスも冷徹ぶりを通しています。最初は何だこの怖い鬼教官は…と思っていたのですが、その後どんどん変わりました。20巻ではかなり好きなキャラに。アニメでのビンスにも注目です。
 
 しかし、ビンスさん、何故ゾンビの本なんて買ったんですか…私も問い詰めたいw
 そしてビンスさんの奥さんと息子さんが可愛いw厳しいお父さんがいない間の自由…うんうんw

・前巻19巻:宇宙兄弟 19
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-04-23 23:08 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

ラハティ シベリウス音楽祭2..
at 2017-11-09 23:03
「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索