音楽に向き合う旅路

 最近行ったコンサートのことを。ピアニスト・舘野泉さんのコンサートに行ってきました。舘野さんのコンサートにはこれまで何度か行く機会があり(自分でも信じられない)、その度にその音楽・演奏に魅了されてきました。今回は数年ぶり。コンサートと言っても、息子さんでヴァイオリニストのヤンネ・舘野さんのコンサートのアンコールにサプライズ出演されるという形もあったので、舘野さんのソロをたっぷりと聞けるのは久しぶりでした。
 コンサートには、弟さんでチェリストの舘野英司さんも共演。これも楽しみでした。

【プログラム】
・J.S.バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌ
・間宮芳生:風のしるし より第2番・山にいて夜鳴く鳥の声
       5つのフィンランド民謡(ピアノとチェロ) より第3曲・家なきこじき
       風のしるし より第5番・フィンランド民謡によるミニ・シャコンヌ
       5つのフィンランド民謡(ピアノとチェロ) より第4曲・ミッキン・ペッコ(ミキの仔馬)
・吉松隆 :「平清盛」より
       遊びをせんとや
       海鳴
・モンサルヴァジェ:3つの肖像 モンポウ/オスカル・エスプラ/ルービンシュタイン
・coba:東京キャバレー(ピアノとチェロ)

【アンコール】
・スクリャービン:左手のためのノクターン op.9-2
・吉松隆編曲:カッチーニのアヴェ・マリア


 間宮芳生先生の作品は、左手のためのピアノ曲「風のしるし」と、かつて作曲したピアノとチェロのための「5つのフィンランド民謡」から2曲ずつを交互に演奏するというユニークな形。同じ作曲家の作品でも、作曲された年代の違い、編成の違いで雰囲気が少し変わるのだなぁと、面白く聴きました。

 個人的に楽しみにしていたのが、吉松隆先生が音楽担当の大河ドラマ「平清盛」より2曲。ドラマで聴いていた曲を生で聴けるとは嬉しい。「遊びをせんとや~」の最初の響きに「これだ!!」と一気にテンションが上がってしまいました。「海鳴」は、作曲したけどドラマでも未使用、サントラCD(通常盤2枚、コンプリートBOX、舘野さんのピアノ曲だけのアルバム)にも入っていないレア曲。なんとなんと…!!OPテーマ曲を、ピアノソロで演奏してしまったような曲です。「遊びをせんとや~」のメロディーから、OPの”清盛のモチーフ”を変奏しつつ繰り替えす。打ち寄せる波のように、弱くなったり強く激しくなったり。とても難しい曲です。でも舘野さん曰く「とても魅力的な左手のピアノ曲」と。今後もコンサートで演奏されるといいなぁと思う曲でした。

 cobaさんの「東京キャバレー」ですが、本来は5月のコンサートで世界初演されるはずの曲。それが、まさかの演奏…今回のコンサートは嬉しすぎます。世界初演のために、どんな曲かは伏せておきます。CDが出たらまたじっくり聴きたい曲です。

 アンコールは「待ってました!」と心の中で叫んでしまった2曲。スクリャービンのキラキラした高音…何度聴いてもたまりません。ただ、美しい。その言葉に限ります。「カッチーニのアヴェ・マリア」も、聴いていると「平清盛」ドラマでこの曲が使われたシーン(しかも毎回のクライマックスの部分)が頭の中で流れてきて大変なことになりました。アンコールでは目頭を押さえている人も散見。私もでした…。


 今回のコンサートで思ったことは、大きく分けると2つ。まず、左手のピアノ曲は作曲家の個性や作風がストレートに出やすいと感じました。ブラームス編曲のバッハ「シャコンヌ」はまさにピアノのための曲で、ピアノの音色を生かしている。間宮先生の「風のしるし」や、モンサルヴァジェ「3つの肖像」も。一方、吉松先生の曲はピアノソロでもオーケストラを意識していると感じました。というのは、「平清盛」で、オケ版をいつも聴いていたから。ピアノソロでも、あのオケの音・響き・迫力を表現しようとしている。
 左手だけの演奏だと、作曲技法にも工夫が要る。その工夫が、作曲家の作風や個性をストレートに表現しているのかなと感じました。

 思ったことのもうひとつ。
 コンサートとは、音楽家が日々向き合い演奏・練習して歩み続けている音楽の旅路に、ちょっとの間だけ同行させてもらっているようなものかな、と。

 舘野さんは普段はテレビでも観るとおりの温和な方なのですが、ピアノの前では、不屈に、ストイックに、そして真摯に音楽に向き合っている。真剣な表情、そのパワーと情熱、あくなき向上心・探求心。迫力のある低音もずしりと響き、かすかな弱音も、繊細な高音も、美しい響きも突き刺さるような鋭さを持っている。そんな舘野さんの姿、演奏に、叱咤激励、ばしん!と背中と心を叩かれた(いい意味で)ような気持ちになりました。

 これは、しばらくの間ずっと弱気・弱音を吐いてばかりで、言い訳ばかりで、受け身で、縮こまっていて、グダグダな状態の自分にとって、大きな衝撃でした。
 こんなところで倒れている場合じゃないだろう?弱々しいままで終わるのは本望ではないだろう?
 舘野さんの演奏は「左手のピアノ」を超越している…左手だろうが両手だろうが「音楽」であることには変わりは無い。ひとりのピアニストが、渾身の演奏をしている。音楽に真摯に向き合い続け、音楽を求め続けている。今もその旅を続けているんだ。その音楽の旅を、音楽で表現しているように感じました。

 音楽の面でもですが、それだけでなく、日々暮らすこと、仕事すること…生きることそのものに対して弱々しく、後ろ向きな状態の私にとって、いい刺激になりました。

【過去関連記事】
ピアノの可能性 舘野泉コンサートに行ってきた
ヴァイオリンの発見 ヤンネ・舘野コンサートに行ってきた
音楽で語る・振り返る「平清盛」
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-05-02 23:12 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

ラハティ シベリウス音楽祭2..
at 2017-11-09 23:03
「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索