つくること、あじわうこと 対立ではなく多層

 「ほぼ日」こと、「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップにある、糸井重里さんによる日替わりエッセイ「今日のダーリン」を読むのが日課になっています。毎日、糸井さんの目の付け所、考え方が面白くて読んでいます。
ほぼ日刊イトイ新聞

 今日6月23日の分を読んだのですが、頷くところ、考えるところが沢山ありました。明日には消えてしまう(ログも無い)ので、以下引用します。
ジャムをつくりはじめたときも、砂糖を少なくしました。
「甘すぎない」のをつくってやれ、と思ったのです。
そっちも、うまくいきませんでした。
いまは、ジャムには材料の50%の砂糖が必要だと思います。
梅干しにしても、ジャムにしても、
食べる立場だけでいたら、いまでも、
減塩だの低糖だのとえらそうに語ってたかもしれません。

「つくる」と「あじわう」は、
わかることがちがうんですよね。
「つくる」だけの人がわからないこともあるし、
「あじわう」だけの人にわからないこともある。
そして、実際に「つくる」人の数のほうが、
圧倒的に少ないというのが、現実の地図ですよねー。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
実際の「やる」「つくる」は、ほんとうに学ばせてくれる。


 ジャムに入れる砂糖の量のところで、梨木香歩「西の魔女が死んだ」を思い出しました。まいとおばあちゃんが野イチゴのジャムを作っている時、おばあちゃんは沢山の砂糖を用意する。それを見たまいは、こんなに砂糖を入れたのを食べたら病気になっちゃうよ、と。おばあちゃんは何故ジャムに砂糖を沢山入れるのかを話し、また、ジャムは一気に沢山食べないから大丈夫、とも。この部分に、ジャムをつくったことのない自分はなるほどそうなのか、と思いました。私もつくるなら、砂糖は控えめにするなと考えたに違いない。

 話を本題に戻して、「つくる」ことと「あじわう」こと。
 両方体験してわかることがある、頷きました。先ほどのジャムの話もそうですし、例えば、ピアノでもある。聴いている分にはそんな難しそうに聞こえないのに、楽譜を見て愕然とする曲は沢山ある(シューマン「ユーゲントアルバム」とか。モーツァルトのピアノソナタも、聴いていると難しくないように思えるけど、弾いてみるととても難しいとよく聞きます。)実際難しくないはずなのに自分にとっては何故か難しいものもある(ソナチネ7番第1楽章…何故だ、何故難しいんだこれは…)。そして、自分で弾いてみて、はじめて表現についてじっくり考える。自分の楽器がピアノなので、他の器楽曲や管弦楽曲・交響曲などでは聴く側=「あじわう」側にしか立てないことが残念なのですが、それでも、ピアノだけでも一応「自分の楽器」があるのはいい。それに、弾く・弾けないのどちらかで、「つくる」「あじわう」に分けられてしまうのも残念に思える。「自分の楽器」は無いけど、「つくる」ように音楽を聴くことが出来る人だっているはず。深く読解しながら。

 つくってみて失敗するのも大事だと思う。ジャムの話のように。失敗して、その理由に気づくのは大事だ。

 それから、よく思うのが、「つくってみたい」けど自分の技術やつくるために必要なものが無くて、つくれないものも沢山ある。精巧できれいな絵・イラストとか、手描きのアニメ、きれいな写真、難しい料理、面白い文章、やってみたい仕事…。頭の中ではイメージはどんどん膨らんでいるのに、形に出来ないこのもどかしさ。頭の中のイメージを、形に出来る機械とかあればいいのにと何度思ったことか。

 でも、それでいいのかも、とも思う。何でも簡単にはつくれない。つくるための基礎知識を学んだり、道具の使い方・扱いを練習したり、つくっては壊して…案を出してはボツにしての繰り返し。難しいけど夢中で作業したり…そんな”生みの苦しみ”があるからおもしろいのだと思う。苦労して努力する、なかなか思ったものが出来上がらない辛さも、「つくる」ための過程。

 ここまで書いて、今の自分のことを省みた。今の自分は「あじわう」方が圧倒的に多い。糸井さんが仰るように、「実際に「つくる」人の数のほうが、圧倒的に少ない」…まさに。ただ、「つくる」ものは、プロの仕事だけとは限らないし、大きなものだけとも限らない。日常の些細なことでも、いつの間にかつくっていると思う。

 いつの間にかつくっているもの。つくりたくて、つくっているもの。意識してみるとおもしろいかも。

 あと、つくりたいものの中から、実際につくるものを選ぶことも必要になってくる。つくりたいもの全部はつくれない。よほどの才能が無いと難しい。何をつくりたいか。それを選ぶのは、自然にいつの間にかこうなったことが多いのでは無いかと思う。

 「つくる」にも色々ある。「あじわう」だけだったはずがいつの間にか「つくる」側にもなっていた。そんな多層的な考え方も出来るんじゃないかなと思いました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-06-23 23:44 | 日常/考えたこと


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索