初夢がんじつクインテット 「ニューイヤイヤコンサート」&「ぼくのカゲ」再放送

 昨日元日のNHK教育(Eテレ)「クインテット」リクエスト再放送。番組の放送は終わったのに、年初めから40分間も、普段の4倍も「クインテット」を楽しめて最高でした!
・予告記事:【予告】2014年は「クインテット」ではじめよう 再放送決定!

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 この2件の再放送リクエストに応えての再放送でした。「ニューイヤイヤコンサート」は2009年の放送。当時まだVHSビデオで、HDに保存できたのが嬉しい。
 放送されたのは、予告どおり2009年1月2日放送の新年特番「ニューイヤイヤコンサート」(30分)と、2010年6月21日放送のドラマ「ぼくのカゲ」回。「ぼくのカゲ」はお願いどおり、ドラマで来ました。パート3の歌PV版ではありません!リクエストどおりの再放送、ありがとうございます!

・「ニューイヤイヤコンサート」当時の感想記事:あけましてクインテット ニューイヤーコンサート
・「ぼくのカゲ」は新作の回でした(この感想は翌週の再放送の時のものです):チャレンジング・クインテット&レイア様SP! 今週の教育テレビ


 まず、「ニューイヤイヤコンサート」。上にも書きましたが、1月2日の放送だったんです。元日ではなかった。でも、今回元日に再放送。この再放送の後に、本家ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートもあり、「クインテット」とウィーンフィルの両方を元日に楽しめることになりました。元日に「クインテット」の新年特番があればいいなぁと思っていたんです。それが、放送が終了した再放送で実現するとは…!まさに初夢です!

 オープニングはいつものテーマ曲ではなく、コンサート形式で「一月一日」(作詞:千家 尊福、作曲:上 真行)。コンサート形式で歌うのも珍しい。歌は、1893(明治26)年に文部省より出た「小学校祝日大祭日歌詞並楽譜」に掲載されたもの。作詞の千家尊福(せんげ・たかとみ)は出雲大社の宮司さんだったそう。そんな歴史のある歌なんですね。まさに元日にぴったりな歌。

 新春時代劇「鞠と殿様」。歌はCD「エッ!センス?」にも収録されています。冒頭、「ていへんだていへんだー!」と走ってくるシャープ君の背景、「五人囃し」とある。「クインテット(Quintet)」は日本語訳すると「五重奏」ですが、より日本語らしく「五人囃子」…おお!これには初めて気がつきました!「鞠と殿様」のインパクトのある低音が好きです。アコーディオンもいい。
 更に新春大神楽、新春かくし芸、クインテットかるたとミニコーナーと、フラットさんの寝正月など寸劇も盛りだくさん。クインテットかるたでは、フラットさんの口笛「口笛吹きと犬」、シャープ君のにらめっこも。おおう…!パート3の各キャラクターコーナーが。特にシャープ君のにらめっこは久しぶり、放送終了前でもあまり放送されてなかったはず。また、アリアさんがベートーヴェン「交響曲第7番」第1楽章から一部分を披露。全曲聴きたい!と思う華麗な、つややかな音色でした。さすがアリアさん!アキラさんはピアノで新年のご挨拶。このアキラさん・宮川彬良さんがピアノ演奏だけで表現していた「クインテット」、今となっては貴重になったのかなぁ。音楽担当舞台では演奏に徹しているから、そこでは観られるか。ただ、全国区のテレビ放送という場の影響力は大きいからなぁ。

 コンサートは4曲。当時新曲だったヴィヴァルディ「四季」より「冬」第2楽章、チャイコフスキー「くるみ割り人形」、ヨハン・シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ」、「美しく青きドナウ」。「くるみ割り人形」は獅子舞付きの特別バージョンです。また、舞台にもお花を飾っている(ように見せて)、ウィーン・フィル・ニューイヤーを完全に意識。「美しく青きドナウ」を本家の前に聴けるなんて、何たる至福。元日から「クインテット」コンサートを4曲も堪能して、幸せだ幸せだ…とひたすらつぶやいてましたw(元日のツイート参照)

 最後は、これも当時新曲「ことしこそ」。元日からこの歌詞wこの「クインテット」のノリ、ユーモア、「あるあるw」というところをついてくる痛切さが大好きです。「目はおこってる」「おわびのスキャット」「ただいま考え中」などなど。脚本・作詞の下山啓さんのセンスが大好きです!

 そしてこの「ニューイヤイヤコンサート」の見どころは、あの「ハッチポッチステーション」との夢の共演。普段からもハッチポッチメンバーからお花が届いたり、影がうつったりしていましたが、はっきりと確認できるほどに出演したのはこの回ぐらい(クリスマス回などでちらりとうつったりもしてましたが)。「ハッチポッチ」も作・脚本は下山啓さん。そして数々の教育テレビの子ども向け番組を生み出した近藤康弘プロデューサーも、「ハッチポッチ」、「クインテット」で下山さんとタッグを組み続けました。このお二方の存在無しに、「ハッチポッチ」も「クインテット」は生まれませんでした。伝説とも言えるこの2作品を生み出してくださったことに、感謝感謝です。

 エンディングは冬テーマ。1月の放送なので冬テーマです。でも、映像は今回のダイジェスト。スタッフエンドロールの仕方もいつもと違います。ここ重要。

*****

 さて、もう1本。ドラマ「ぼくのカゲ」回。上記当時の感想では、ドラマのことについては詳しく書いてなかった。再放送2年間の間も、ドラマは再放送されなかったので。書いておきます。
 手影絵をして遊んでいるクインテットメンバーたち。フラットさんもスコアさんもアリアさんも、手で色々な動物の影絵を作って遊んでいる。アキラさんも真似をしてみている(この表情がコミカル)。シャープ君は感心して見ている。シャープ君の作った影絵は…巨人。スクリーンに近づくと普通の大きさなのに、ライトに近づくとシャープ君の影が大きくなって巨人のよう。影って面白い!と話す4人。
 ここで「巨人」に吹きましたwはい、巨人…「進撃の巨人」。前日の紅白で主題歌のLinked Horizon「紅蓮の弓矢」が歌われたばかり。紅白は完全にアニメ「進撃の巨人」の演出・アニメ映像でしたね。シャープ君が巨人化…シャープ君なら立体機動に最初は苦戦してもいつの間にか器用に操ることが出来そうw巨人化しても結構強そうな気がする。「クインテット」メンバーで一番強そうなのは、怒ったアリアさんだと思う…w(但し人類側にも被害が及ぶ危険性大)すみません「クインテット」から脱線しました!!w

 話を「クインテット」に戻して、歌。オリジナル曲「ぼくのカゲ」、映像はシャープ君振り付けのダンス。シャープ君が振り付けしました。そして踊るシャープ君。間奏ではアリアさんも一緒に踊ります。楽器演奏の操演だけでもリアリティを追及している「クインテット」ですが、ダンスでも操演の巧みさはリアル。歌詞も何度聴いても深い、哲学的だと感じます。自分本体と影。両方があって存在する。この存在とは何だろう、と。

 パート3は、「ニドネノサンバ」アニメ。シャープ君の歌を堪能できます。こちらはゆったりと。二度寝、お正月にぴったりですね。アニメではピンクのくまさんが踊っていますが、この歌でもシャープ君振り付けのダンスが観たいと思いました。

 そしてパート3もう一本。おたよりイラスト紹介コーナー「展覧会の絵」。えっ!!再放送で「展覧会の絵」!!?再放送2年間の間、ルールが2つありました。ひとつ、「展覧会の絵」は無い。ふたつ、エンディング無しの回も無い。その法則が破られました!放送終了したから法則なんて無いけど…でも驚きです。「クインテット」のイラスト紹介は、絵も得意なシャープ君がトランペットで「展覧会の絵」プロムナードを演奏しながら、届いたイラストを紹介する。シャープ君がしゃべることは無い。朗々としたトランペットの演奏と、最後に「素敵な絵をありがとう!」と言わんばかりのジェスチャーのみ。そう、アキラさんと同じ。言葉を言わず、言葉を使わず、音楽だけで表現し伝えようとする音楽番組である「クインテット」ならでは、「クインテット」らしい演出に、いいなぁと思っていました。他の番組では絶対に真似できない。

 コンサート前、鏡の前にいるフラットさんとシャープ君。フラットさん、「痩せていい顔になったと思わない?」と話しかけてくる。いや、いつもと同じだと思う…。シャープ君もいぶかしげ。そんな態度に怒ったフラットさん、ならば多数決。「フラットさんが痩せていい顔になったと思う人~!」と聞いて、自分で手を挙げる。ひとり、ふたり…鏡に映ったフラットさんも入れて2人。えええ!?wそんなの無いですよフラットさん!wしてやったり、ドヤ顔なフラットさんでした…。

 コンサートはグリーグ「ペール・ギュント」第1組曲より「山の王の宮殿で」。おお、久しぶりです。イプセンの戯曲「ペール・ギュント」の劇付随音楽として作曲され、後に組曲に。「山の王の宮殿で」は、魔王の娘に結婚を申し込んだ主人公ペール・ギュントが、魔王に合うために山の宮殿に行くのですが、そこで魔王の手下のトロル(北欧神話に出てくる妖精…風貌は怖い)たちに追われ、娘に結婚を申し込んだことで魔王は怒り…大変なことに。劇付随音楽原曲では、男声合唱が入ります。
 「クインテット」版も、緊迫感のあるピアニッシモからフォルテシモへ、おどろおどろしいメロディーが迫力満点で演奏されます。この緊張感、迫力、グロテスクでダークな雰囲気にビリビリ来ます。殺気、狂気に満ち溢れたフォルテシモの部分はスリルも満点。管弦楽版の迫力にも劣らない。「クインテット」コンサートの本気です。

 エンディングは無しのまま終了。えっ!上述した再放送の法則、二つ目も破られました。異例。本当に珍しい形の再放送です。驚きました。せっかくだからエンディング(6月なので夏テーマ)も聴きたかったのですが…仕方ないので自分で歌ってましたw


 あっという間の40分でした。40分も観られると思っていたら、あっという間だった。音楽も演奏も歌も寸劇も次々とやって来て、密度の高い40分でした。ああもっと観たい。また再放送してください!
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。
 クリスマス回「リトルドラマーボーイ」の再放送要望が、まだ検討中なんですね。これの実現をお願いします!投票、応援コメントはまだまだ受付中です!

 あと、コンサートでは、ああこのヴァイオリンが、チェロが、クラリネットが、そして表にはいないけど裏にいるコントラバスが…とアンサンブル・ベガのコンサートのことを思い出していました。放送は終わったけど、「クインテット」の元であり、演奏にメンバー数人が参加している「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」のコンサートは今年も各地で開催予定。まずは明日3日、兵庫でニューイヤーコンサート。5日日曜にも新潟であります。今度は生で、リアル「クインテット」ミュージック(サウンド)を楽しんでみてね。

 本当にいい初夢でした。いや、夢じゃないね現実だったね。この”夢のつづき”また観たいなぁ。観たい。また再放送してください。このままお蔵入りなんて、残念過ぎます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-01-02 23:09 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索