宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方

 宇宙開発関係の本も積読状態で…消化せねば…。まずは、古川聡宇宙飛行士のこの本。

宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方
古川 聡/マイナビ・マイナビ新書/2013

 外は真空の宇宙空間。窓から見える地球はとてもきれいで、無重力(微小重力)も慣れれば楽しい…が、命の危険と常に隣り合わせの国際宇宙ステーション。そこで科学実験などの任務をこなし、長期滞在して仕事をしている宇宙飛行士たち。想定外のことが、命に関わる大事故に繋がる可能性もある。また、閉鎖環境で違う国の宇宙飛行士と何ヶ月も暮らさなくてはならない。宇宙飛行士にとって、様々なストレスにどう対応するかは大事な課題。古川さんが訓練やISS滞在で実際に体験したことを元に、想定外のことやストレスにどう対応するかについて書いたのがこの本です。

 まず、とても読みやすいです。宇宙開発・宇宙飛行の専門用語や専門知識もわかりやすく解説されていて、文章も読みやすく、すっと理解できます。どうやったらわかりやすく伝えられるか。これも、宇宙飛行士に要求されること。記者会見、講演会などでの一般の人や子どもたちとの交流・質問、宇宙飛行士同士・管制や関係者とのコミュニケーション。あらゆる場面で、どんなに難しいことや専門的なこと、宇宙開発関係の身内にしかわからないようなことを、宇宙飛行士はどんな人にもわかりやすく伝えなければならない。宇宙飛行中、宇宙飛行士同士や管制、地上スタッフとの交信・コミュニケーションでも、ちょっとの勘違いや思い込み、伝達事項の不備が、実験の成功を左右したり、命の危険に関わることにもなってしまう。古川さんに限らず、宇宙飛行士の皆さん全員そうですが、インタビューや講演、著書を読んでもわかりやすい。すっと心に入ってきて、理解出来る。「宇宙飛行士に学ぶわかりやすい伝え方」なんて本も書けるんじゃないか…と思ってしまいました。

 では本題。読んでみて、思ったのが、ストレスにどう対応するか…それは、ストレスを自分でつくらない、ストレスとして抱え込まない。

 例えば、「配慮はしても、遠慮はしない」。何かを聞かれたり頼まれたりすると、「断りにくい」と感じて本当は断りたいんだけど断れず、ストレスになってしまう…。自分が何か相手に聞いたり頼んだりする時に、断りやすいような配慮をすることで、そのストレスを回避できる。「とりあえず聞いてみる」「ちょっと聞いてみただけだから」と、自分も相手も配慮はする。遠慮して自分の感情を潰すことがないような配慮もする。

 他にも、古川さんが、若田光一宇宙飛行士から学んだという、「分からないことでストレスを溜めない」。分からない…これもストレスの元となる。分からないことが増え続ければ、心に重くのしかかる。その前に、分からないことがあれば、何でも人に、経験者に聞く。ISSに着いた時は手順書を読むよりも、前から滞在しているクルーに聞いたほうが早いし、実際手順書とは違うことになっている時もある。人に聞くことで、コミュニケーションにもなる。人に何でも聞く…現実の仕事では、うるさがられたり、「見て覚えろ」なんて言われるんじゃないか…。また、プライドや恥ずかしさが先行して人に聞くのをためらってしまうことも多い。それでも、まずは何でも聞いてみよう。逆に仕事に積極的だ、やる気がある、と好感を持ってもらえるかもしれない。
 こんな風に、自分からストレスをつくってしまいそうになるのを防ぐ、ということが多く、なるほどと思いながら読みました。
 コミュニケーションを積極的にとる、というのも、私にとっては確かにそうかもな…と思いました。私は落ち込んでくると、心を閉ざして、人とコミュニケーションをとろうとしない癖がある。周りで楽しそうに話しているのを見て、どうせ自分は関係ない、どうせ自分は話には入れない、どうせ自分はうまく話せない、どうせ自分の話なんて誰も興味ない、どうせ自分はつまらない人間だ…と、どんどん自分を卑下し追い込む癖があります。そして自ら孤独を選んでしまう。そんな時、ふとしたことで何気ないことを話して、心が軽くなったことが何度もあります。ストレスを自分でつくっていた、自分をストレスに追い込んでいたんだな…と読んで思いました。

 その一方で、自分ではどうしようもないストレスもある。2003年、スペースシャトル・コロンビア事故が起き、スペースシャトルの飛行は凍結。古川さんもいつ宇宙に行けるのか見通しが立たなくなってしまった。そこで、JAXAはロシアのソユーズ宇宙船にも乗れるように、ロシアでの訓練も受けるようにした。ロシア語に、スペースシャトルとは全く異なるソユーズの仕組み。更に、訓練や試験もNASAとは異なるロシア式。そんな慣れないことをしつつも、宇宙にいつ行けるのか…。不安を覚え、ストレスに耐える日々だったそう。それでも、今自分ができることをする、自分にコントロールできることをする、少しでも成果があれば認める、何のためにがんばっているのか理由をはっきりさせる、分からなくなったら立ち止まる、「がんばること」を目的にしない、先が見えない時はプロセスを楽しむ…これらの点は、今まさに私が思い悩んでいることばかり。宇宙飛行士の中には、宇宙に行かないまま退職してしまう人もいる…。また、古川さんもスペースシャトルの訓練は受けたけれど、搭乗する前にシャトルは退役。ISSへ行ったのはソユーズ宇宙船。宇宙飛行士でも、全てのことを叶えられるわけではないのだな、諦めることもあるんだな…と複雑な気持ちで、でも、宇宙飛行士も私たち一般人と同じ所もあるんだなと感じました。

 予想外のことが起こったり、次々と起こる難題に対処し続けて周りが見えなくなり、訓練ではパニックに陥ることもある。以前、NHKスペシャルで若田さんがISSコマンダーに選ばれるまでの訓練のドキュメンタリーをやっていましたが、訓練では次々と起こるトラブルに対処しようと焦り慌てていて、あの若田さんもパニックに陥ることがあるのか…と観ていました。そんな時、一歩引いて俯瞰して見る、全体を見て自分の位置を確認する、第三者の視点で見てみる。これも大事だなと思いました。また、想定外のどうしようもできないことが起こってしまった時は、ユーモアにしてしまうのも手だということ。そのユーモアの話で出てくるビデオがこれです。
With Apologies to Guitar Players & Music Lovers Everywhere


◇続編:Space Station Blues - The Sequel


 これは本当に見事だなぁと思いました。

 宇宙飛行士も人間。私は、ISSも宇宙も地上の一般の仕事の延長線上にあると思っているし、今はまだ遠いけれども、そのうちその延長線も地上に近くなっていくのではないかと思っている。この本を読んで、宇宙飛行士のストレスへの対処法、心の持ち方も、地上の延長線上にあると感じました。仕事そのものよりはかなり近い。宇宙開発で生まれた新技術や新素材を日常生活に活用する「スピンオフ」がありますが、これら宇宙飛行士のストレス対処法や心の持ち方も、ソフト面での「スピンオフ」と言えると思います。


 この本を読んだら、関連本、次に読む本はこれ。積読状態です…。

宇宙飛行士の仕事力 (日経プレミアシリーズ)

林 公代 / 日本経済新聞出版社



【関連リンク】
 この本に関連した、古川さんのインタビュー。
マイナビニュース:宇宙飛行士・古川聡さんが語るリスクとストレスへの対処法 - 「待つ不安、そして想定外の事態に対応するには?」
マイナビニュース:宇宙で働くって、怖くないんですか? - 宇宙飛行士・古川聡さんに聞いてみた
マイナビニュース:宇宙という舞台での国を超えた協力、そして宇宙ステーションに起こった危機とは? - 古川聡さん
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-05-10 21:54 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18
流れ行く者 守り人短編集 /..
at 2017-05-09 22:51
北国の春 2017
at 2017-05-04 21:21
日本とデンマークの150年切..
at 2017-05-02 21:54
理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索