宇宙飛行士の仕事力

 以前読んだ「宇宙飛行士の育て方」を大幅に加筆修正した新版が出ました。
宇宙飛行士の育て方


宇宙飛行士の仕事力
林 公代/日本経済新聞出版社・日経プレミアシリーズ/2014

 漫画「宇宙兄弟」などで、宇宙に関する仕事が注目されている。宇宙飛行士はその代表。選抜試験の内部にも取材が入り、訓練から飛行、帰還後まで、宇宙飛行士に関しての情報は随分と増えた。それでも、まだ「宇宙飛行士」という職業についての疑問も多い。さらに、若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)コマンダー(船長・司令官)を務めたことで、日本人もISSのコマンダーになれるという可能性も増えた。ISSのコマンダーってそもそも何?どんな仕事、役割をするの?コマンダーになるために、どんな訓練や課題があったの?
 「宇宙飛行士の育て方」の後、若田さんのISSコマンダーについての部分を中心に加筆されています。どこがどう違うのか、詳しくは私も読み比べてないのでわからないのですが…。「育て方」は2010年、4年も前の本だった。4年でまた大きく変わった日本と世界の宇宙開発。その後を追います。

 昨日、夏休み恒例NHKラジオ第1「夏休み子ども科学電話相談」を聴いていたら、「宇宙飛行士になるにはなぜホワイトパズルをやるの?」という質問があった。ホワイトパズル、真っ白なパズルのことです。古川聡・星出彰彦・山崎直子宇宙飛行士が選抜された第4期生の最終選抜・閉鎖環境試験で使われました。その次の第5期生の試験では、NHKスペシャルでも放送されたように折鶴になってます。これに、JAXA広報(8月からは国立天文台へ)阪本成一先生が答えていました。どんな環境でも落ち着いて根気強く課題をこなせるか。他の人たちとも仲良くして、協力することができるかを試しているんだ、と。子どもたちも、宇宙飛行士になるにはどんな試験があるのか、何をがんばればいいのか、よく知っているんだなぁ。そんな時代なったんだなぁと感じながら聞いていました。

 若田さんがコマンダーになるまで、また、若田さんがこれまで接してきたコマンダーたちについて書かれてあるのを読むと、宇宙飛行士でのリーダーシップは複雑だな、と感じます。宇宙飛行士に限らない。来年のフライトへ向けて訓練中の油井亀美也宇宙飛行士は元航空自衛隊のパイロット。その仕事でも、宇宙飛行士に通じるリーダーシップは養われ、選抜試験では試験官たちの目を引いた。
 ただグイグイ引っ張っていくだけではなく、ある時は他の人を支え、ある時は仕事を手伝ってほしいと頼む。ISSでのミッションは、科学実験からISSの保守管理、地上との交信、広報イベント、芸術分野での活動もある。何でもこなせるオールラウンダーが求められる。専門外のことにも興味を持ち、習得のために努力を続けられる。バランスのよさ、が強み。若田さんもはじめからコマンダーに向いているわけではなく、宇宙飛行士の訓練を続ける中で、養われていった。「育て方」でも書いた通り、最初から「宇宙飛行士」なのではなく、育っていくもの。コマンダーも同じ。

 こう読んでいると、「職業」「仕事」って何なのだろう、と思う。どんな仕事でも、最初からその仕事が天職のような人の方が少ないと思う。仕事を続ける中で、様々なことを学び見につけ覚えて努力して、育っていく。その一方で、即戦力を求めたり、派遣やアルバイト・パートとして与えられた仕事をこなせばいいだけとみなす仕事・企業もある。どんな働き方を望むか…その仕事で成長することなんて考えない、与えられた仕事だけこなして給料もらえればそれでいい、そんな考えで働いている人も少なくないと思う。それ以上を望みたいけど、会社に却下されてしまう、黙って働いていればいいんだという扱いをされて悩んでいる人もいると思う。その一方で、正社員の研修を充実させている企業もある。この二極化が進んでいるような気がする。宇宙飛行士なんて雲の上の職業に思えるけど、そうじゃない。地上の様々な仕事の延長線上にある、といつもこのブログで書いているのですが、仕事、働き方、仕事を通した成長、どう働きどう生きるか…このあたりも、宇宙飛行士に学ぶことはたくさんあるんじゃないかと考えています。

 あと、トラブルやピンチにどう対応するか、失敗した後どう切り替えてフォローするかについても注目して読みました。4年前「育て方」を読んだ時よりも、自分自身が打たれ弱く、失敗や悩んでいること、不安・心配をずるずる引きずってしまうことが気になっていました。何かに挑戦したくても、リスクや恐怖心が先行して一歩を踏み出せない。失敗するのが怖い。自分で後でコントロールできない失敗もあるから…。そんなことをずっと考えているのですが、この「仕事力」を読んでいて、打たれ弱くクヨクヨしやすくても、その度に立ち上がっていけばいいんだ。失敗しても、ゆっくりでもいいからフォローをし続ければいいんだ(スピード勝負の時もあるけど…これは厳しいなぁ)。そう思えるようになりました。

 読んでいて、コマンダーに注目が集まるのはわかるけど、コマンダーが宇宙飛行士の仕事の究極の形、というわけでもない、ということももう少し書いてあればよかったなと感じました。今年が初飛行から20年になる向井千秋さんは、医師であることを生かして、飛行ではずっと医学実験・科学実験を担当し、貫き続けた。現在、JAXAで宇宙医学を研究しつづけている。向井さんの時代はスペースシャトル、今はISSと変わってしまったのもありますが、コマンダーにならなくても宇宙飛行士は魅力的な仕事だということをもっと伝えてほしかったなと感じました。

 宇宙飛行士になりたい、宇宙飛行士を支える仕事がしたい人は勿論、ビジネス書、自己啓発書としても読めます。読み物としても読みやすいです。

・関連記事:宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方

 古川聡さん、宇宙飛行士自らが語る、宇宙飛行士の仕事と成長について。合わせて是非。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-07-23 22:31 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索