船に乗れ! 2 独奏

 音楽青春小説「船に乗れ!」の2巻です。
・1巻:船に乗れ! 1 合奏と協奏

船に乗れ! 2 独奏
藤谷治/ポプラ社・ポプラ文庫ピュアフル/2011
(単行本は2009年ジャイブ)

 津島家のホームコンサートで北島先生とのトリオを演奏して以来、サトルと枝里子の距離は縮まり親しくなっていった。2人でオペラを観に行き、喫茶店や電話で音楽のことを語り合う楽しい日々。そして、2人で藝大を目指すこと、これから2人でどんな曲を演奏したいか、将来についても語り合うのだった。
 2年になり、サトルたちは新1年生の演奏技術のレベルの高さに驚かされる。これまでは中等部からはエスカレーター式に進学できたのが、出来なくなったらしい。練習室である”長屋”で練習していると、レベルの高い演奏があちらこちらから聴こえてくる。焦りながらも、今年のオーケストラ演奏曲が発表された。リストの交響詩「プレリュード」。昨年の「白鳥の湖」よりも格段に難しくなった。しかもサトルはチェロのトップ(首席)に。鮎川もコンマスの隣のトップ、枝里子も第2ヴァイオリンのトップになった。今年も”カミナリ”と鏑木先生の厳しいレッスンが始まった…。
 そんな中、サトルはドイツに住む叔父の整と妻でヴァイオリニストのビアンカから手紙を貰う。夏休みにドイツに短期留学しないかという誘いだった。ビアンカが所属するオーケストラのチェリストの指導を受けられる、という。サトルはドイツに行くことを決めたが、枝里子と離れるのが気がかりだった…。


 2巻は物語が大きく動きます。サトルと枝里子はお互いにとって特別な存在になる。負けず嫌いの枝里子の向上心は物凄い勢いで、サトルも刺激を受ける。2人が音楽では刺激し合い、一方で距離を縮めてゆく様がまさに青春。2人でモーツァルトのオペラ「魔笛」を観に行くシーンも、こんな風に気が合う、しかも音楽が好きな者同士でオペラを観に行けたらいいなぁ…と思っていました。1巻感想でも書いた通り、この物語は大人になったサトルが高校生の頃を回想して書いている。昔はオペラに字幕は無かったのか…大変だなぁ。オペラ初心者の枝里子のために、サトルが作ったものがとてもいい。全幕作るのは大変だが、好きなオペラならやってみてもいいかもしれない。…時間があれば。

 2年に進級したサトルたち。佐伯先生のチェロのレッスンも、オーケストラも、どんどん難しいものに進んでいきます。チェロのレッスンではバッハの無伴奏チェロ組曲、さらにフォーレ「エレジー」も登場。フォーレを集中して聴いている現在、これは嬉しい登場でした。フォーレとチェロはよく合う気がする。
 オーケストラは、学校の方針が少し変わったのを示しているような難しい曲に。リスト「プレリュード」…好きな曲です。が、これを演奏する…オーケストラ経験が無いので何とも言えないのだが、悪戦苦闘するサトルたちを応援せずにはいられない。”カミナリ”先生も鏑木先生も1巻以上に厳しい…!!

 そんな中、サトルにドイツ留学の話が。サトルにチャンス到来。しかし、枝里子が気にかかる…。ましてや負けず嫌い、しかも音楽を志すには不利な家庭環境。枝里子がかわいそうに感じました。私が枝里子だったら、きっと同じように思う…かもしれない。サトルは音楽一家に生まれ、しかも祖父は新生高校の創設者。留学も叔父さんと妻のビアンカさんのコネ。きっと私も羨ましがるなぁ…。

 そんなドイツ(ちなみに、この時まだドイツは東西に分かれていた)での留学は…サトルの自信が一気に崩れるものだった。佐伯先生だって(この物語では)N響の楽団員のいい腕のチェリスト。しかし、ドイツでのチェロの先生・メッツナー先生は、サトルにチェロをゼロから始めさせる。これまで積み上げてきたものは何なんだ。更に、これまでのように哲学書を読んでも、「自分は何もわかっていなかった」ことに気付いてしまったサトル。一気に落ち込んでゆく…わかる。成長の過程で避けては通れないけど、なるべくなら気付きたくないもの…「本当は何もわかっていなかった」「わかった・できたフリをしていた」「持っていた自信は別の視点から見れば大したことの無いものだった」サトル、完全に挫いてしまった…。それでも、メッツナー先生のレッスンで、変化したサトル。これがいい刺激になれば、と思ったのだが…。

 帰国後、サトルは更なる困難にぶち当たる。枝里子が…。こんな展開になるなんて…。ワイワイ騒ぐ仲だった鮎川ともギクシャクした関係に。もはやオーケストラ発表会どころじゃなくなった…。枝里子に何が起こったのか、知った後のサトルが更にとんでもないことに。金窪先生の熱心さが、この時のサトルにとって逆効果になってしまった。確かに信じられないような現実に向き合うことになり、サトルがあまりにも混乱していて、周囲はそれを知らず…もう私も読みながら混乱していた。そのとんでもないことの鍵となるのが、サトルの担任で祖父の弟子でもある久遠先生。久遠先生は、サトルの言葉を信じただけなのが、ますます辛い。サトルの行動も、混乱しているのはわかるけど、でも…。混乱しているサトルにとって金窪先生は、力強い味方になってくれそうな存在だったのに…。サトルや鮎川、枝里子がこれほどの目に遭わなければならない理由って何だろう、とも考えてしまった。いくらなんでも、救いが無い、無さ過ぎる。

 終盤で、北島先生と演奏することになったサトル。その演奏が少しは救いになっただろうか。でも、現実は変わらない。その音楽はその時にしか無く、二度と同じ演奏は出来ない。そう思うと、ますますやるせない。これも音楽、なのだろうか…。音楽以外の要素があまりにも強烈過ぎて、どうしたらいいのかわからない…というのが読後の感想です…。

 最終巻となる3巻も読み始めています。サトルはどうなってしまうのか。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-08-06 22:58 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索