宇宙兄弟 24

 いつも感想が読んでからしばらく経ってからになってしまいます…。今頃になってしまいました、「宇宙兄弟」24巻です。


宇宙兄弟 24
小山宙哉/講談社、モーニングKC/2014

 六太たち「ジョーカーズ」CES-66の打ち上げが近づいてきた。しかし、カルロがいない。カルロがいなくなる前、カルロとエディが話しているのを偶然聞いてしまった六太。そして、カルロがいない間に、バックアップクルーのモッシュと一緒に訓練する「ジョーカーズ」。モッシュとカルロの交代が正式に決まろうとしていた…。
 一方、カルロは生まれ育ったイタリアにいた。父親であるリベリオの死期が迫っていた。リベリオは、マフィアの幹部で、刑務所に収監されている。カルロは16歳で家を出て、それ以来リベリオとも会っていなかった。カルロが宇宙飛行士になったことを知り、喜ぶリベリオ。そして、リベリオはいつもしていた指輪をカルロに手渡す。金庫の鍵にもなっている、というその指輪。金庫の中にあったものを観たカルロは、幼い頃のことを思い出した。

 23巻のラストで、いなくなってしまったカルロ。カルロに何があったのか。24巻で明かされます。そして、カルロの過去も。イケメンで軽い雰囲気だったカルロに、こんな過去があったとは。しかも、その過去も、あくまでカルロの主観によるもの。過去と父を否定し、名前も変えてアメリカに渡り、宇宙飛行士になったけれども…そこにはいくつもの、否定してきたものから繋がってきたルーツがあった。カルロの父の真実。否定してきたものが、本当は今のカルロに繋がるものだった。
「俺はもう何の心配もなく晴々と月へ行けるようになる」(#225)
「それで俺は―晴々と月へ行けるようになる」(#228)

 どちらもカルロの台詞です。真実を知る前と知った後、同じような台詞ですが、込められている意味が全然違う。

 後半はムッタが日本に一時帰国し、シャロンに会う話。シャロンは日本ALS協会のサポートを受け、同じ病気の人たちと仲良くなっていた。ALS協会の人たちに会うムッタ。同じALSでも、その患者によって症状は異なる。普通に話せないけれど、特殊な技術や専用の装置を使えば話せる。呼吸が出来なくなったら、人工呼吸器を使う。宇宙飛行士の交信や船外活動と似ている、というところになるほどと感じました。
 でも…やはり誰でも不安はある。あのシャロンでも。どんどん動けなくなっても、生きている意味はあるのか…。「尊厳死」にも関係する内容ですし、誰でも様々なことで「こんな状況に陥ってしまっても、自分は生きている意味はあるのか…?」と思ってしまうことは少なくないはず。私もあります。そんなシャロンに希望を見せてくれたのは、ALS協会の患者さんの仲間たち。何かの補助やサポートを受ければいいのなら、それを受け入れる。生きてさえいれば、それでいい。ALS協会の患者さんたちの姿勢に、私も励まされます。ここで、かつて子どもだったムッタがシャロンから受け取った言葉…
誰かに― "生きる勇気"を与えるために生きてるのよ
誰かに― 勇気をもらいながら
(#232)

 ネタバレになるかも知れませんが、この言葉を引用せずに話すことはできないと思い、引用しました。これまで、ムッタは様々な人たちから勇気をもらってきた。会社をクビになったが、子どもの頃に夢を見た、そして弟・日々人一緒にと叶えると誓った宇宙へ行くために、宇宙飛行士を再び目指した。宇宙飛行士になってからも、様々な挫折や困難があり、その度に乗り越えてきた。誰かに勇気をもらい、それが知らないうちに誰かに勇気を与えることにもなっていた。
 24巻前半のカルロの話も、そうだと思った。クールに振る舞っているカルロも、父の真実を知ることで、父から勇気をもらった。NASAに戻ってきたカルロの"変化"は、その父に勇気を与えるため、とも言える。
 本当に、この言葉、232話そのものがグッと来ます。私は、どうだろうか…。

 月へ行き、シャロン月面天文台を建設する。ムッタの想いも、もうすぐ叶う…が、カルロはどうなってしまうんだ…?このまま、カルロは「ジョーカーズ」に戻れないままなのか?帯にも書いてあるエディの言葉を信じています。カルロのいない「ジョーカーズ」なんてないよ…!

・23巻:宇宙兄弟 23
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-11-03 22:37 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18
流れ行く者 守り人短編集 /..
at 2017-05-09 22:51
北国の春 2017
at 2017-05-04 21:21
日本とデンマークの150年切..
at 2017-05-02 21:54
理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索