[人形劇関連本]NHKシャーロックホームズ 推理クイズブック

 毎週日曜はNHK人形劇「シャーロックホームズ」の感想…と行きたいところですが、今日放送の10話の感想はまだ頭の中で練っている最中なので、関連本の感想をどうぞ。


NHKシャーロックホームズ 推理クイズブック
NHK「シャーロックホームズ」製作チーム:編/主婦と生活社/2014

 児童向けの推理クイズ本です。最初、児童向け、クイズ本ならいいや、とスルーしてました(ごめんなさい!)。しかし、出版社の主婦と生活社の公式ツイッターや、この本の制作に関わった方々のツイートを読んでいたら、面白そうだなと思って、読みたくなった。そして買ってしまいました。

 内容は、放送している人形劇本編では出てこない事件が20件あり、それをホームズとワトソンたちと一緒に推理して解いてゆく、というのもの。「ホームズ」原作(正典)や、人形劇ノベライズと同じように、ワトソンが語り手、ワトソン視点で書かれています(一応人形劇本編もワトソンがナレーションを務め、語り手になり、ワトソン視点ではあるのだが、映像になるとそれが薄れてしまう)。人形劇本編は「ホームズ」シリーズの物語に基づいて脚色・演出してありますが、この「推理クイズブック」は「ホームズ」シリーズそのものには基づいていない。人形劇本編のスピンオフ、「ホームズ」もののパスティーシュ(模倣)と捉えていいと思います。

 児童向け、と書きましたが、ナメてかかると痛い目に遭います。それぞれの事件、出題の執筆は、「刑事コロンボ」の研究家の町田暁雄さん、「エラリー・クイーン」シリーズの研究家の飯城勇三さん、ミステリー作家の誉田(ほんだ)龍一さん。「ホームズ」研究家で小説家の北原尚彦さんも解説で参加。ミステリー・推理小説の専門家の方々が集結。専門家が本気出して、子どもも大人も一緒に本気で解いて楽しめる推理クイズ本をつくってしまった…のがこの本。大人の本気いいぞもっとやれ!w

 初級編、中級編、上級編とどんどんレベルが上がっていきます。どのレベルでも言えるのは、本文をよく読むこと。絵があったらその絵をじっくりと観察すること。ただ見るだけではダメです(3話のアドラー先生の言葉を思い出して)。わからなかったら、紙に図などを書く。本文をよく読んで、観察して、わかったことからイメージする。落ち着いて、諦めずに。そうすれば、きっと解けます。帰納法と演繹法、論理的思考、算数・数学的思考が必要な問題もあります。でも大丈夫。落ち着いて解いてみてください。

 本文をちゃんと読まずに先走ると、3話のホームズ状態になります。痛い目に遭います。私は何度か痛い目に遭いました。アドラー先生に言い諭されて来ます…。
 あと、ここまでは考え方は合っているのに、最後の結論で間違えているというのもよくあった。「ここまでは解けたのに!!」と悔しくなる。そういえば、学生時代も数学などでそんなことがよくあったなぁ…。自分の思考の弱点に気付けます。解けた場合でも、解く上での論理の筋道が合っているかどうかに注目する。ただ解けた、正解しただけで終わらない。考える過程が大事。いい頭の体操になります。大人も全力で本気出して解きましょう!

 推理クイズだけでなく、それぞれの事件も、ひとつの物語として楽しめます。誕生日ネタ、さらにラブレターネタが多くてニヤニヤしてしまったwホームズに匿名で挑戦状が来たり、ベインズも挑戦してきます。ワトソンのアクションシーン(!!)に、ワトソンが犯人になってしまった事件も!レストレードは正典の警部のように、生活委員として学園内の不正を取り締まり、事件が起これば容疑者に事情聴取し、結構活躍しています。アドラー先生も依頼に来ますし、人形劇本編ではホームズを目の敵にしているロイロット先生やノートン先生も依頼に来ます。ノートン先生の依頼は少し切ないなぁ。オルムシュタイン校長の「大人の事情」に笑い、モリアーティ教頭からの出題には思わず「意地悪!それはずるい!!」と叫んでしまいました…。祝日には制服ではなく私服も!?残念ながらイラストは無いので、読んで各々イメージしてください。事件後のホームズの言動は、まさに正典のホームズ。そうだよ、この雰囲気だよ!と思ってしまった。

 各問題の物語を読んで、「ホームズ」の世界の広さと深さを実感しています。元々人形劇で、しかもホームズとワトソンが15歳の学園ものという異例の「ホームズ」が成り立っていることが凄いのですが、その人形劇「ホームズ」の世界はもっと広かった!「ホームズ」の世界そのものは、人形劇「ホームズ」の世界も含み包み混んでいる。これが、「ホームズ」の世界の魅力なんだろうな。それに魅せられて、ホームジアン、シャーロキアンも世界中に増え、100年以上も前の作品でも今も愛され続けているのだろう。

 推理クイズの他にも、本の中にあるパラパラ漫画や、本の内容からのクロスワードパズルもあります。パラパラ漫画のパズルは、解いて感激しました…!素敵!クロスワードパズルは、感激すると共に思わずニヤリ。本そのものに仕組まれた仕掛けが巧い。巧くつくってあります。

 人形劇本編、さらに公式ガイド「冒険ファンブック」で明かされなかったビートン校の校舎についての説明も。アーサー・コナン・ドイルや「ホームズ」正典について、舞台となる19世紀後半のイギリスの社会・文化についての解説コラムもあります。「ホームズ」正典、ならびに映像化作品の入門書にもなります。児童向けなので、オススメしている正典は、講談社青い鳥文庫の児童文庫版。
 これは、子どもたちをシャーロキアンにする気満々ですね…。大人も勿論。

 登場するキャラクターは、6話と先行放送第6回(本放送11話)まで。人形劇本編では、さらに今後も活躍するであろう重要キャラクターが出てきているので、そのキャラクターたちのエピソード・事件も読みたいなぁ。第2弾希望です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-14 22:44 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索