すれ違う想いの着地点+踊る人形暗号の謎 人形劇「シャーロックホームズ」第13話

 毎週恒例、NHK人形劇「シャーロックホームズ」感想です。第13話「バスカーヴィル君と犬の冒険」(後編)。原作は引き続き「バスカヴィル家の犬」と「踊る人形」(「帰還」収録)
・12話・前編感想:どちらが本当?どちらが嘘?ワトソンの冒険 人形劇「シャーロックホームズ」第12話

 再びヘンリー・バスカーヴィルとメアリー・モースタンの前に現れたモンスタードッグ。張り込みをしていて、ワトソンとシャーマンも見た。しかも、シャーマンのイヌ語が通じない。シャーマンもモンスタードッグの言葉がわからない。

 そんな状況に、ホームズがようやく動き出しました。現場検証をするホームズ。「やっぱり君がいてくれないとだめだ」ワトソン、単独推理はやはり厳しかった。「あんな犬がこの世にいるとは思えない」とのワトソンの意見に、ホームズも「妄想ではない、でもモンスターでもない」。一体何なのか…そこでシャーマンが足跡を発見。動物の足跡だけど、イヌじゃない。ホームズも、後ろ足のほうが深い、下半身に重心がかかっている、と観察し推理。さらに、後ろ足だけで立っている足跡も。膝で立った跡もある。不思議だ。
 足跡を観察するホームズとシャーマンの一方で、ワトソンはバスカーヴィルとメアリーのもとへ。2度目も大の苦手のイヌを前に逃げ出してしまったバスカーヴィル、言い訳をw「いいんですけど、ちょっと残念です」メアリー、ズバリと言いますwそこへ再び、メアリーの幼馴染のジャック・ステイプルトンが。また化石発掘にやってきた模様。戻ってきたホームズに、ステイプルトンを紹介。ステイプルトン、ホームズを見るなり、「いい頭蓋骨をしていますね~特にこの前頭葉が僕好みだ…」とまたしても頭蓋骨マニアっぷりをwさすがのホームズも反応に困ってるw

 ステイプルトンが頭蓋骨マニアというのは、原作「バスカヴィル家の犬」では別の登場人物でのこと。ホームズを見るなり、同じようにマニアックな発言をw人物設定は変わってしまいましたが、原作を読んで、どこか不気味で奇妙だけれどもユーモラスでもあるこの頭蓋骨マニアを面白いなと思っていました。人形劇でも出てきて嬉しいですw

 ステイプルトンに会うなり、バスカーヴィル「君のせいで僕はえらい目に遭った」と。バスカーヴィルがメアリーとここに再び来たのは、メアリーの離れた心を取り戻すにはそれしかない、とステイプルトンに助言されたから。ステイプルトンを責めるバスカーヴィル。その時、何か臭い、とメアリー。何だろう…メアリーのバッグから、バスカーヴィルが探していた靴下が。バスカーヴィル、大ショック「もうだめだああああ~」と行ってしまう…あーあ…。「ひとつの恋が終わったな」ワトソン、その発言はちょっと腹黒さを感じるんですが…wあの心優しい、寛大なワトソンが…w
 そんなワトソンに、ステイプルトンが奇妙な質問を「何か苦手なものがあるの?」と。ワトソン「バナナ」えっ、意外。子どもの頃、バナナの倉庫に閉じ込められたことがあり、3日間バナナだけ食べてしのいでいた。それ以来、トラウマなんだと。バナナ…意外。それを聞いたステイプルトン
「人間って、いろんな問題を抱えて生きてるんだね」

 意味深な言葉です。

 221Bに戻ったホームズ、ワトソン、シャーマン。シャーマンが読んでいるのは、ロイロット先生が置いていった動物図鑑!!勿論、シャーマンはロイロット先生からの贈り物だとは知りません…。
 あれ、そういえばアガサがいない。アガサのことを話すと苛立つホームズ。そのホームズに、モンスタードッグが出る前に、山の向こうに人影を見たことを話すワトソンとシャーマン。そう言えば、ホームズに似てた…それは僕だ。あれ、ホームズは暗号のことでレストレードに会ったのではなかったの?ここで、その時の顛末を話すホームズ。
 暗号を前に、レストレードと話し合うホームズ。そこへ、アガサがハドソン夫人がお茶を淹れてくれたとやって来る。でも、まだ暗号が解けていない。あとちょっとで解けそうなのに…と粘るホームズ。暗号の気になる部分について考えている。しかも、最後の6文字は強い筆跡で書かれている、思い入れが強いもの…人の名前とか。そこへ割り込むアガサ「わかった、わかっちゃった!」そして解読。まさか!と書き込むホームズ…合ってる!何故読めた?と質問するも、じっと眺めていたら急に読めちゃった。前も、何とか博物館の何とかストーンを見ていたら急に読めちゃったことがある。ミルヴァートン先生もびっくりしていた、と。
 …ちょっと待った!!アガサ、天才ですかあなたは!しかも、何とか博物館の何とかストーン…大英博物館のロゼッタストーンですよねそれ!…アガサ、今すぐエジプト考古学、ヒエログリフを勉強しなさい。19世紀末イギリスではヒエログリフの研究も進んでいるから。そしてエジプトに行って遺跡や発掘した王墓のヒエログリフを読んできなさい!!と興奮気味で真剣に思ってしまったエジプト考古学好きがここに一名。…話がずれました。

 解読された暗号。それが、これ。
f0079085_2245850.jpg

 はい、前編の時点で解けましたよ。

 そしてやって来たベインズ。「ようやくたどり着いてくれましたね。私の尊敬するホームズさんなら、きっと解いてくれると思っていました」と。暗号は昔アメリカのシカゴでギャングをやっていた祖父が使っていたものを教えてもらった、と。暗号表をホームズに手渡す。ホームズに解いてほしかったのに、残念だなぁ~とまたネチネチと…。ホームズ、ベインズに2敗目…。惜しかったと言いつつ、笑いながら去ってゆくベインズ。悔しがるホームズ。アガサはマイペースで、解けたのを誉めてと言うが、ホームズの怒り、悔しさを逆撫で。暗号表を破り捨て、「君がいなければ僕にも解けたんだ。もう少しだったんだ。君さえいなければ、お願いだから僕の前から姿を消してくれ!」アガサ、悲しそうに去ってゆく…。
 ホームズが現場近くにいたのは、アガサに辛く当たってしまったから?言葉では名言されていませんが、そういうことなんでしょう。

 この暗号なのですが、疑問が。上の通り、解けたのですが、Vのところに「B?」と書いています。
f0079085_2214063.jpg

 正典「踊る人形」に出てくる文字と異なるんです!なので、最初あれ?と思ったのですが、文脈からBではなくVだとわかり、解けました。でも、まだ謎です。この正典とは違う暗号は一体どこから出てきたの!?
 検索したら、こんなサイトが。
踊る人形一覧表
桃仙堂:【落書】踊る人形の暗号一覧【ホムズ】

 「ホームズ」シリーズは既に著作権が切れているので、ネット上には自分で訳してみたものがたくさんあります。
コンプリート・シャーロック・ホームズ:踊る人形
 この訳でも、正典と同じ「踊る人形」暗号が。上の2つ、そして人形劇本編で使われた別の暗号は、一体どこから出てきたんだ!?検索して調べていますが、さっぱりわかりません。謎は解けてない!!

 話を人形劇本編に戻しまして、アガサのことはあとで何とかする、とホームズ。ホームズ、きつくあたってしまったことを反省している。仲直りしようとしている。…あのホームズが!!
 それよりも、モンスタードッグ。今度の日曜、ワトソンにメアリーをデートに誘え、と。はじめは照れているも、ホームズに言い諭されて、素直にデートに誘う、と決めるワトソン。がんばれ!場所は発掘現場。モンスタードッグではなく、もっと恐ろしいものをおびき出すため…。

 そしてデート当日。また霧が。怖くなんかない、とバスカーヴィルと同じく「森のくまさん」を歌うワトソン。あれ、普通にいい声、いい歌。あの9話「愉快な四人組」後編のラストの、「あなたは宝物」byワトソンバージョンの酷い歌声(ホームズ曰く「もはや暴力だ!!」)とは大違い。実は音痴でも何でもなかった、あの時はただ舞い上がっていただけだから?
 そこへ、「あれを見て!」出てきたのは…バナナ?モンスターバナナ!!?wなんじゃこりゃwww最初は驚き怖がるも、「来るなら来い!!」とメアリーの前に立ち、立ち向かうワトソン。バナナを投げられるも、「バナナ返し!!」と投げ返す。さすがは元ラグビー部員!ワトソンとモンスターバナナの闘いの途中、ホームズがやって来た!「もうその辺にしておけ、バナナ!」この台詞で吹きましたwバナナってwwwしかも正体はばれている、ステイプルトン!正体を暴かれ、逃げるステイプルトン…。

 ここから、ホームズの推理が明かされます。全てはステイプルトンが仕組んだこと。モンスタードッグも、シャーマンのイヌ語が通じなかった、理解できなかった、イヌじゃない。人間だった。足跡も、膝で立つところから人間が変装したものだと推理。バスカーヴィルをここにおびき寄せたのはステイプルトン。ステイプルトンは、メアリーを愛し慕っていたから。メアリーがバスカーヴィルとは付き合っていない、彼氏もいないと嘘をついたのは、そばにステイプルトンがいたから。ステイプルトンはメアリーに他の男を近寄らせたくなくて、バスカーヴィルが苦手な犬に変装、バスカーヴィルはそれを見て逃げ、バスカーヴィルの靴下を盗んでメアリーのバッグに入れておいた。メアリーがバスカーヴィルに幻滅するように。
 あれ、ということは、メアリーはバスカーヴィルに好意を抱いていたの?あら?ホームズ、またしても人の恋心を見抜きました。これで3回目か(ウィンディバンク、スモール、そしてステイプルトン)。
【加筆訂正】:ホームズが人の恋心を見抜いたのは4回目。ウィンディバンク、スモール、ロイロット先生、そしてステイプルトン。ご指摘ありがとうございます。
 
 メアリーは全てを知っていた。昔から、メアリーが男子と話していると、ステイプルトンは邪魔をしてきた。ボーイフレンドが出来れば、必ず横槍を入れる。
 ワトソンがメアリーに好意を抱いていたのも、メアリーもステイプルトンも知っていた。だから、バナナが苦手ということを聞き出し、モンスターバナナになって待ち伏せしていた。でも、ワトソンは逃げなかった。私を守ってくれた、立ち向かっていった。嬉しかった、と。ワトソンは無我夢中でよく覚えていない。とにかく、メアリーに何かあったらまずいから…ワトソン、紳士だよ。立派な勇敢な英国紳士だよ!!
 このメアリーがワトソンについて話すシーンで、9話で出てきたあのシロフォンのやさしい音楽。これはメアリーの恋のテーマなのかな。いい曲です。

 そこへ悲鳴が。ステイプルトンが、あの底なし沼にバナナの皮で滑って落ちてしまった。泥にはまって身動きできない。ホームズが指示して助けようとするも、アドバイスがお互いすれ違い、さらに沼に沈んでしまう。どうする!?ホームズ、論理的に一番いい方法を考える…と考える。そんなステイプルトンに訴えるメアリー。
私を大事に思ってくれる気持ちは嬉しいけど、お願いだからもう付きまとわないで!
私には私の人生があるの。
あなたは子どもの頃から仲良しだった。私にとっては大切な人だけど、恋人じゃない、ボーイフレンドでもない。
だってあなた、全然話を聞いてくれないじゃない!
でも、信じて。あなたは私の一番の友達よ

 このメアリーの切実な訴え…「私には私の人生がある」この言葉が特に印象に残っています。

 まだ助ける方法を思いつかないホームズ。考える考える…それを切り裂くワトソンの叫び声「僕の手につかまって!」近くにあった木をなぎ倒し、足場にして沼のステイプルトンに手を伸ばすワトソン。がんばれ!がんばって!!とステイプルトンに声をかけ励ます。そんなワトソンを「メアリー、この人は君が付き合った中で一番いい人だ」と、評価するステイプルトン。無事引き上げられたステイプルトン。ワトソン、よくやった!!メアリーもワトソンに駆け寄る。さすが元ラガーマン!ワトソンのポジションはフォワードでフッカーと1話でホームズに言われてしまいましたが、ラグビーでフッカー(背番号2)は、スクラムを組む際に一番前に位置する、がっしりとした体形で体力勝負のポジション。11話「まだら」回ではロイロット先生が捻じ曲げた火かき棒を元に戻すだけの力もある。考えるよりも、何とかしなきゃ。とにかく行動あるのみ!のワトソンの勇気ある行動。かっこいいよ、最高にかっこいいよワトソン!人形劇に限らず、正典、他の映像作品でもワトソン(正典はワトスン)好きとして嬉しいですよ!!ワトソン、本当にいい子だ。
 ステイプルトンが引き上げられてから「やはり人を呼ぶのが一番のようだ」とようやく結論を出したホームズ。…遅いよ。ホームズ、自分の世界に入ると周りのことが判らなくなるのは相変わらずです。

 221Bにはワトソンとメアリー。「大人だったらこんな時はワインで乾杯なんだろうけど」メアリー「楽しみは先に取っておきましょ」とミルクで乾杯。おお!!2人、とってもいい雰囲気!!「四つの署名」回「愉快な四人組」では報われなかったワトソンの恋、実ったか!?もう私も嬉しくて、この後牛乳で乾杯しましたw
 その一方で、ホームズが遅い、と。新しい助手を呼びに行った…と。
 ミルヴァートン先生の部屋。アガサはひとり黒いクマのぬいぐるみと一緒(あれ、このぬいぐるみ、いつ221Bから取り戻したんだろう?捜査から帰って来た後のシーンで221Bにあったよ?)。そこへ物音が。またいつものように悪い奴だったらどうしよう…と独り言を言いながら、ドアを開けると、誰もいない。壁にはあの暗号が。
AGATHA BE MY ASSISTANT SH
(アガサ 僕の助手になって SH)

 SH…シャーロック・ホームズ。喜ぶアガサ。それを見て頭をかくホームズ。照れて頭をかくホームズ!?いつもはワトソンがやることなのに!?何とまぁ…!アガサ、笑って嬉しそうにホームズの元へ。よかったね、仲直り、できたね。ホームズらしい仲直り方法です。しかもアガサだから通じる。

 221Bには、破った暗号表を張り合わせたものがありましたね。ホームズの心の成長がここまでくるとは!1話の時点では信じられませんでしたよ。自分から仲直りしようだなんて。ホームズがどんなことをしても、受け止め理解し、またホームズの足りないところを補ってくれる"親友"ワトソンと一緒に行動するようになった結果の変化なのだろうか。人間の心を、ただの心理としてもののように扱うのでは無く、自分の言動で喜んだり傷ついたりする、自分に関係のある友達の心として理解するようになって来た。ホームズがどんどん15歳の少年らしくなってゆく。これは最終回近くなったらどうなるんだろう。しかも、アガサを助手にした。アガサがホームズの推理にどう絡んでくるのかも楽しみです。一方のベインズ。このままネチネチとライバルとして挑戦し続けてくるのか?ホームズはベインズに勝てるのか?

 そういえば、前編で出てきたあの光る剛毛はなんだったのかね?回収してないよ?ノベライズを待ちましょう。多分書かれるはず。

 今回はワトソンメモは無し。シャーロッQ!はあります。今回もまた、どれもありそうな答えの選択肢。ブリキの缶詰が発明されたのは19世紀初頭だったんだ。しかも軍隊で用いられていた…昔からなんですね。それが、ピクニックにも使われるように。ホームズばりに缶詰ピクニック、春になったらやろうかねw

 次回はアドラー先生再登場!バーニコットが被害に。原作が何なのか、さっぱり見当がつきません。何だろう?

 最後に、今回は特にいいエンディングだったので、描かずにはいられなかった。
f0079085_2332111.jpg

 アガサは初描きです。髪型難しいなぁ。あと、アガサはウエストを絞ったキャラデザ。1年生ながら、スタイルいい。メアリーは少し可愛く描けるようになりました。メアリーは皆のアイドルですね。
 221Bにホームズとアガサが戻ってきた後、こんな感じだったのかな。ワトソンとメアリー…このまま両想いになれるかな、なれるよね?アガサは仲直りのちゅーをホームズに求めてそうwあり得るw
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-01-13 23:46 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

ヴィンランド・サガ 19
at 2017-11-22 22:56
twitterをやめました
at 2017-11-22 21:36
ラハティ シベリウス音楽祭2..
at 2017-11-09 23:03
「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索