ワトソンが許せないこと、守るもの 人形劇「シャーロックホームズ」第15話

 今回は早めに感想を書きたいNHK人形劇「シャーロックホームズ」第15話「青いシロクマの冒険」。原作は「三破風館」(「事件簿」収録)と、「青いガーネット(紅玉)」(「冒険」収録)。

 感想の前に、大事なお知らせです!サウンドトラックCD発売決定です!!待ってました!!

NHK人形劇「シャーロックホームズ」オリジナル・サウンド・トラック

平松加奈(作曲)/ダニエル・ハーディング(指揮)/マーラー・チェンバー・オーケストラ/nano/ IMX


 発売は2月16日。最終回の翌日です。アマゾンで先行予約受付中です。ようやくあの劇判の数々が聴ける…!!更に、ナノさんが歌う主題歌「Scarlet Story」オーケストラバージョンも収録です!マーラー・チェンバー・オケの演奏にも注目して聴いてください!!

 冒頭、ナレーションワトソンのこんな言葉で始まる今回のお話。
シャーロック・ホームズとの冒険はこれまでにもたくさんあったけど、これから述べる事件ほどドラマチックな始まり方をしたものはない

 明らかにワトソンが回想している形だとわかります。人形劇本編は、ノベライズ程ワトソン視点、ワトソンが語り手と感じさせないのですが、今回はワトソンが語り手であることをかなり意識しています。その訳が、最後まで観てわかりました…!

 221Bに飛び込んで来たのは、6話「生真面目な証人の冒険」で出てきたガルシア(髪がオレンジの方)とヘンダーソン(髪が黄緑の方)。入ってくるなり、赤毛のウィルソンはいるか!!と大声で聞く。いないと強く返すワトソン。穴に落ちた2人だねと言うと、ヘンダーソンはお礼を言うが、ガルシアは強い態度のまま。「愉快な四人組」回のショルトー兄弟みたい。参考にウィルソンに何の用だ?と尋ねるホームズ。「袋の中身を返してくれ」と伝えて欲しい、と。袋ってどんな袋…答えられないヘンダーソン、「袋って言えばわかる!」とガルシア。そして出て行く2人。

 出て行った後、ホームズが合図をすると、本棚の立て看板の裏から出てきたジェイベズ・ウィルソン。221Bにいたんです。厄介なものに巻き込まれてしまったウィルソン…。3日前の夜、その袋を拾った。中庭を歩いていたら、上から落ちてきた。中身はぬいぐるみ。青いシロクマのスティーヴ。シロクマなのに青い?ウィルソンは多分シロクマだと思う、と。手にはペンギンがくっついている。…これ、ペンギン?訝しげに見るホームズ。誰かが誤って上の階から落としてしまったはず。どんな袋か知らなかったので、ガルシアたちではない。
 一方のウィルソンはスティーヴ君が気に入った模様。可愛い、離れたくない、抱き心地も最高、と。可愛いところあるなぁ、ウィルソン。ワトソンに「抱いてみる?」と言うが、「結構」ワトソン、興味ないのね。ホームズが抱いてみる…推理開始です。縫い目の粗さから見て手作り。丹念に愛情込めて作られている…女性が作ったものだろう。不器用だが繊細な人物。尻尾だけ別の布で作られている。違う人間の手が入っている。随分とぞんざいな扱いをされたようだ。これらからわかる、ぬいぐるみの持ち主は…全くわからない。ホームズもお手上げです。コケるワトソンとウィルソンwこのぬいぐるみに一体どんな価値が?ホームズ、事件に興味を持ったので依頼を受けることに。落とし主を探すために、掲示板に張り紙を出す。心当たりのある人はベイカー寮221Bまで、と。

 そして張り紙を出してみた。書いたのはワトソン?ワトソンの似顔絵も描いてあります。掲示板の前にはレストレードとダンカン・ロスが。今回は赤毛じゃありません。2人は仲がいいのか?その後ろからやって来た、背の高い人物…。
 掲示板にはピアノの絵の描いた張り紙もありました。トレジャーズ?他の張り紙もじっくり見たいなぁ。文章も読みたい。

 221Bでは、ハドソン夫人が縫い物をしている。作っているのはぬいぐるみ。…フォークに刺さった肉団子…随分とユニークなぬいぐるみだ…。もう一つ、ウサギと言うハドソン夫人だが…宇宙人?あのピーナッツカバのホームズも呆れているレベル。確かにニンジン持ってるwハドソン夫人の美的センスも一体…wさて、これらを何に使うのか…?
 ちなみに、今では一般的な宇宙人のイメージであるこのグレイ型の宇宙人。このタイプが出てきたのはいわゆる1947年「ロズウェル事件」の頃から。ホームズの時代設定は19世紀終盤なので、まだ出てきていません…。この時代の宇宙人・異星人が出てくるSF小説は、H・G・ウェルズ「宇宙戦争」。1898年の作品です。ちなみに、もしこの「宇宙戦争」にホームズが遭遇していたら、というパスティーシュ「シャーロック・ホームズの宇宙戦争」という作品もあります(まだ読んでいません。正典読破したので、今度はパスティーシュか?)。どちらも舞台は20世紀初頭の設定。やっぱり合わない…w

 221Bにお客さん…メアリー・モースタンの兄、アーサー・モースタンのルームメイトの、インド人留学生アブドラ。袋を落としたのはアブドラだと。袋の中身も青いクマのぬいぐるみと分かっている。ぬいぐるみ…アクメット君を持って屋根の上にいたら2人組のおかしな奴ら…ガルシアとヘンダーソンがやってきて、怖くてアクメット君を放り投げて逃げた、と。アブドラは、毎晩寝る前に屋根の上で月を見ながらヨガをする時、お尻に敷くクッション代わりにアクメット君を使っていた。随分とぞんざいな扱い…というのは、アブドラのせいだったのかー!可愛がっているようだが、尻にしいて…かわいそうなアクメット君…。アクメット君を返してくれ、というアブドラだが、野良犬にかまれてボロボロになってしまった、と返すホームズ。代わりに、ハドソン夫人の作ったぬいぐるみをプレゼントするよ、と。ハドソン夫人のぬいぐるみは青いシロクマの代わりだったんですね。肉団子ぬいぐるみをお尻に敷いてみて…気に入った模様。シュールなシーンです…wちなみに、アクメット君はどこで手に入れたのか…バザーで買った、だそう。アブドラはぬいぐるみにそれほど愛着を持っていなかった。次はぬいぐるみをバザーに出したのが誰かを探そう!
 ひとつ、ここで指摘したい。アブドラは毎晩月を見ながら…と言っているが、月は毎晩見えません。夜に見えるとも限りません。ファンタジーの世界、ということで…?w天文ネタなので、反応せずにはいられませんでした。そういえば、ホームズは天文学の成績は悪い。苦手と言うより、興味が無い。

 やってきたのは学園の情報通・ラングデール・パイクのところ。チャリティーバザーは月に一度開催されている。この青いクマのぬいぐるみは先月出品されたもの。出品したのが誰かと言うと…いつものように交換条件のパイク。今日も2ペンス…ではなく、あの宇宙人…じゃない、ウサギのぬいぐるみ。渡されたパイク「めっちゃかわいいじゃねーか!!」こんなの好きだったのかw出品したのは、美術のノートン先生。ホームズ、一瞬表情が曇ります。
 今回の原作は「三破風館」。本来、ラングデール・パイクが登場する作品です。パイクは社交界のスキャンダル情報を集め、握っている。情報を得るために、ホームズはパイクと会います。この「三破風館」でしか出てこないパイクが人形劇ではこんなに活躍するとは。

 美術室。ノートン先生はぬいぐるみを見覚えがある、クマのテンプルちゃんだ!と。…テンプルちゃん…?テンプルちゃんと話す口調が乙女でしたよノートン先生…wどこで手に入れたのか、生徒から没収した。女子生徒が廊下の隅にうずくまっていたので声をかけたら、布袋を投げつけられた。女子生徒は慌てて逃げて行ってしまった。回想シーンで、顔面に布袋を直撃され、倒れるノートン先生w返そうとしなかったんですか?とのワトソンの問いにも、顔を隠して逃げたということはやましいことがあるだろう、と。理由は他にもあるんじゃないか、とのホームズの指摘に、「さすがだ」と続けるノートン先生。婚約者であるアドラー先生の誕生日で、プレゼントを用意するのを忘れていたからちょうどいいとプレゼントに。でも、気に入らなかったらしく突き返された…。最初はこのぬいぐるみには尻尾が付いていた。もっと長いもの、恐竜みたいで微妙だった。ノートン先生はそれを付け替えてしまった。尻尾に手を加えたのはノートン先生だったのか!では、これをぶつけた生徒に見覚えは?あんな髪型の女子生徒はこの学園に一人しかいない。アーチャー寮4年、イザドラ・クライン。驚くホームズ、信じられなかったと語るノートン先生。イザドラ・クライン…男子生徒を子分のように扱い、まるで女王のような暮らしをしている。ホームズも何度か会ったことがあるが、凄みのある女子生徒。10代にはとても見えない。先生も一目置いている程。そんなイザドラ・クラインとぬいぐるみが結びつかない。そして、そのイザドラがしゃがみ混んでいた場所は…ベイカー寮221Bの前…!イザドラはホームズとワトソンの部屋の前で、ぬいぐるみを持って何をしていたのか…?
 今回のノートン先生は散々ですw

 渡り廊下を歩きながら、ワトソンも一度だけイザドラに会ったことがある…と思い出す。中庭のベンチで本を読んでいたら、男子生徒…ガルシアとヘンダーソン、ドレッバーにスタンガスンも従えて、堂々と歩いてくる女子生徒…イザドラ・クライン。その時、イザドラの帽子が風で飛ばされ、ワトソンの座っていたベンチの上に。帽子を取って、いつもの笑顔でイザドラに返すワトソン。男子生徒たちは脅えている。
 そして、333A…イザドラ・クラインの部屋へ。部屋の前にはヘンダーソンとドレッバーが。部屋に通されるホームズとワトソン。ワトソンの手には青いクマのぬいぐるみ。イザドラ…確かに凄みのある「女番長」です。アーチャー寮なのか。イザドラはガルシアとヘンダーソンを外へ出し、3人で話をすることに。イザドラとホームズは1年ぶり。イザドラの手下たちを先生に引き渡したホームズ。彼らは集団万引きをしていた。万引きは許されない行為(絶対に許されません)。でも一番気に入らないのは自分では手を染めず、裏から指示した人間が何の咎めもないこと…イザドラのこと。強く言うホームズを正義の味方気取り、思い上がりもいいところ、とイザドラも負けてはいない。2人の対決も凄みがあります。
イザドラ:何が正しくて何が間違っているかなんてあなたにわかるの?
ホームズ:わからないさ。僕にわかるのは、どんなものにも裏があるっていうことだけ。

 この会話でしびれました。呆然と見ているワトソン。今日の本題に。ぬいぐるみを返しに来た。ただし、条件がある。怖い目に遭ったウィルソンとアブドラに謝罪して欲しい、と要求するホームズ。しかし、非を認めないイザドラ。イザドラ・クラインに非を認めさせる人間は、このビートン校にはいない。…イザドラ、凄い。ならば、これを読み上げるまでだ、とホームズ、紙を一枚持ち出す。その紙…手紙を見て、ホームズから取り上げようとするイザドラ。このシーンの操演がすごい。迫力あります。これまで、こんな動きの速い迫力あるシーンは無かった。そこへ、ワトソンが割って入る。イザドラの手をつかみ
僕の親友を傷つけることは許さない!

 ワトソンらしい強い言葉です。手紙はぬいぐるみの中に入っていた。長い尻尾があった…これはクマじゃない。カンガルーだ。手に持っているのはペンギンではなく、赤ちゃんカンガルー。お腹には袋があって、そこに手紙が入っていた。手紙は、ラブレター。イザドラ・クラインはぬいぐるみにラブレターを入れてプレゼントしようとした。それは人に知られてはいけない。だから、ノートン先生に見つかった時、顔を隠して逃げた。相手は…ベイカー寮221Bの前に置いた…何故カンガルーのぬいぐるみなのか…カンガルーのいるオーストラリアからの転校生に一目惚れした…ワトソン!!?といつものように推理を早口で述べるホームズ。イザドラ、怒ってホームズにつかみかかるも…肩を落として泣いてしまう。冷酷非情な女番長にもこんな一面があったのか…と語るホームズに、鋭い強い声が。
ホームズ!いい加減にしろ!君は彼女を傷つけたんだ!わからないのか!本気で泣いてるじゃないか!よく見ろ!
 (中略)
 もっと人の気持ちを考えろ、ホームズ!

 ワトソン…!!いつもは寛大で優しいワトソンが怒った。初めてです。しかもホームズに対して。イザドラがホームズから手紙を取り返そうとした時には、イザドラに対して「親友を傷つけることは許さない!」と。親友を守る。しかし、今度はホームズが言葉でイザドラを傷つけた。だから、ワトソンは本気で、真正面から立ち向かって怒った。親友だからこそ。相手が女番長だろうと、怖がらない。偏見も持たない。しかも、自分に好意を抱いている。その気持ちを大切にしようとしている。ワトソンの優しさからの怒り。この怒ったワトソンの声が、本当に鋭く強かった。ワトソンがもし怒ったらどうなるんだろうかと思っていたのですが、本当に怒る時がくるとは。しかも、ホームズに対して。「よく見ろ!」…ホームズに対して、「観察しろ」と言っている、ワトソンが!逆転しています。

 イザドラに、ホームズがやり過ぎたと謝るワトソン。そして、僕には好きな人がいる、と。イザドラは知っていました。メアリー・モースタン。ワトソンに好きな人がいると知っていても、気持ちを伝えようとした。イザドラがワトソンに会った時、恐れも見下しもしなかった、それが嬉しかった、と。手紙を読むワトソン。中身は語られません。気持ちは伝わった、ありがとうと礼を述べるも、ワトソンにはひとつ疑問が。何故、カンガルーを青にしたの?イザドラの答え。
あなたは、自分の瞳の色がどんなに素敵かご存じないの?

 ワトソンの青い瞳…!はい、正直に言います。私も、ワトソンの青い瞳をきれいだとずっと思ってました!ノベライズで、ホームズの外見と比べて、「平凡な栗色の髪と青い眼」と何度か書いていたワトソン。そんなことないよ!ワトソンの青い瞳はとってもきれいだよ!と思っていました。イザドラ…わかっている人がここにいました…!
 ワトソン、カンガルーのぬいぐるみを手にとり、抱き上げ、
これは、世界にただ一つの青いカンガルーだ

人の想いには真摯に応える。大切にする。ワトソンかっこいい!!そんな2人を「バカバカしい…」と言うホームズですが、「うるさい!」「あっち行ってろ、ホームズ!」2人から怒鳴られてしまいました…。ワトソンを横目で見るホームズの眼差し…印象的です。

 221B。またハドソン夫人が縫い物をしている。
ワトソン「君は謎を解く才能はあるのに、どうして女の子の気持ちを理解できないのかなぁ…?」
ホームズ「興味が無いからさ」
ワトソン「君に欠けているのはそこだ」
ホームズ「大きなお世話だ」

 アガサとの仲直りの時は、ホームズも人の心がわかるようになったか、と思ったのですが…。そういえば、あれ以来アガサは出てきていない…助手じゃなかったんですか?ハドソン夫人が作っていたのは、トマトのぬいぐるみ。ウィルソンにプレゼントするために。ウィルソン、抱き心地最高!と満足そう。よかった。カンガルーは返せないからね、ワトソン。笑い合う3人をよそに、不機嫌なホームズ。一方、イザドラは、部屋にひとり。壁には写真が。ワトソンの写真に、ホームズの写真にはバツ印をつけて、ダーツで刺している。…これは…。物憂げな表情。一体、イザドラは何を思っているのだろうか…。気になります。あと3話で再登場するか?

 前半は「青いガーネット」が原作、後半は「三破風館」が原作でした。まさかワトソン回になるとは…。「バスカーヴィル」回後編でも男前なところが出てきましたが、今回もとても男前だった。最高にかっこよかった!
 思えば、ワトソンは随分と強くなりましたね。1話では、すっかり意気消沈、自暴自棄になって、ベッポに罪を被せられてもそれで事が収まるなら…と罪を被ろうとした。それが、ホームズと出会って、ホームズと一緒に学園内で起こる奇妙な事件を追い、”冒険”し、それを壁新聞に書くという新しいやりがいのあることも見つけた。ホームズは親友になり、寛大で優しい性格で友達も増え、好きな人も出来た。誰が相手でも、評判の悪い人だったとしても、自分の意見をはっきりと言うようになった。はっきりと意見は言うけれど、人の気持ちには寄り添う。元ラグビー部員の腕力もいかして、力でホームズをサポートすることもある。ホームズも成長してきましたが、ワトソンも1話を思うと、随分と成長しました。

 一方のホームズ。イザドラと善悪について語るシーンは鋭い迫力ありました。正典でも、グラナダ版でも、イザドラとの対決シーンはしびれます。グラナダ版では、イザドラは、モリアーティやミルヴァートンと並ぶ手ごわい人間…と出てきます。
 ワトソンへのラブレターですっかり忘れてしまうところでしたが、イザドラは万引きを指示した罪は咎められるべき。ホームズのやり方は酷かったが、悪いことは悪い。前回のケンプも、バーニコットは絵は自分が描いたのだと自分が知っているから、と言っていましたが、盗作・パクりは許されない。その前の化石を売ろうと盗んだことも。これらにはマイクロフトも関与している。ドレッバーとスタンガスンは、ホープ君との賭け事、ミルヴァートン先生を襲ったこと。真実が正しいことかどうかはわからないけれど、やってはいけないこと、悪いことはある。それはちゃんと始末して、反省して欲しい…あと3話でどうなるか…。

 次回は、いよいよモリアーティ教頭が動き出します。あと3話だよ…!?

 前回イラストを描かなかったので、今回は多めに描きましたw
 まず、ずっと描きたいと思っていたけど描けなかったノートン先生。ようやく描けました。
f0079085_0412631.jpg

 出来るだけハンサムに描いたつもり…wそのノートン先生が、今回は…
f0079085_0421551.jpg

 テンプルちゃん…。アドラー先生、どう思っているのかな…。ぬいぐるみを見て、これは貰ってはいけないものだと推理したかも。

 次、一度は描いてみたかったラングデール・パイク。
f0079085_043369.jpg

 好きなキャラクタです。

 今回のトリは勿論、ワトソンでしょう。描かずにはいられなかった。
f0079085_0443072.jpg

 今回はカラーで描きたかった。青い瞳は特に意識しました。カンガルーも尻尾を直しておきました。ハドソン夫人が直してくれた、ということで。ノートン先生…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-01-26 21:47 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索