Im ~イム~ 1

 新しく読む漫画が増えました。いつものペースだと2巻が出てしまうので、その前に感想書きます。


Im ~イム~ 1
森下 真/スクウェア・エニックス・ガンガンコミックス/2015

 高校1年の羽羽方陽乃芽(はわかた・ひのめ)は、家は代々続くオカルト蒐集家、昔から呪われている一族と噂され、人々に避けられていた。特に陽乃芽は8年前口から火を噴いて倒れたと噂され、陽乃芽は8年の間声を出せず、関わると呪われると噂されていた。入学した高校でもひとりぼっちの陽乃芽。そんな陽乃芽の前に突然、不思議な少年が現れる。わけのわからないことを話し、町の人々に追われていたその少年を家に連れ帰った陽乃芽。"イムホテプ"と名乗るその少年…古代エジプトの大神官で後に神とあがめられた存在。イムホテプは瞬時に陽乃芽は偽物の神「マガイ」に憑かれ呪われていると見抜く。イムホテプの力で一時的に声を取り戻した陽乃芽。しかし、陽乃芽に憑いているマガイを倒さねば陽乃芽の呪いは解けない。イムホテプは陽乃芽の部屋で、マガイの元凶となっているあるものを見つける…。


 古代エジプト神話がモチーフになっている漫画と聞いて読んでみました。少年漫画、アクションものはこれまであまり読んだことのないジャンル。でも、すんなりと読めました。主人公のイムホテプですが、カバーを外した表紙にも史実の解説が書かれています。古王国時代、第3王朝のジェセル王(今後出てくる模様)の宰相。古代エジプト最初のピラミッドはこのジェセル王の階段ピラミッドで、設計をしたのはイムホテプ。内科医でもあった。この漫画のイムホテプは、その史実のイムホテプとはちょっと違う感じになっています。
 しかし、古代エジプトでも初期の第3王朝。解説にも書いてあるのですが、ツタンカーメン王(第18王朝)とは1300年ほど離れている。ツタンカーメンの時代を現代だとすると、イムホテプの時代は奈良時代、という例えがわかりやすい。確かに。古代エジプトの歴史は本当に壮大、長い。考えるだけでクラクラしてきます…(でも好きw)

 話を漫画のイムホテプ(通称:イム)に戻して、現代日本に甦りやって来たイム。偶然出会った陽乃芽は、偽物の神マガイに憑かれていた。イムが現代に甦ったのは、マガイを祓うため。独りぼっちの陽乃芽が、心の拠りどころとしたあるもの。独りぼっちの陽乃芽にとって、現実世界は辛い場所でしかない。それよりも自分だけの拠りどころがあればいい。そんな陽乃芽の心を読み取り、「貴様は人と向き合うのが怖いだけだろう?弱虫め」(31ページ)と厳しいけれどもその通りのことを言うイム。見た目は少年だが、大神官だからかなり賢く、人生経験はあるのだろう。

 この漫画には、陽乃芽だけでなく、心の奥底に他者とは分かり合えないと思い込み、自己を追い詰める孤独や弱さ、罪悪感を抱えた人が登場する。陽乃芽に拒絶されつつも友達になりたいと近づいてきたクラスメイトの白花こぶし。何かと恐ろしい噂のある「御空神社」にお参りに来た少年・竜。人の目を気にしすぎてしまうこぶし。とても危険なこと、恐ろしいことが起こるかもしれないが、すがれるもの、希望を託せるものがそれしかない竜。そんな弱さを持つ心の内を理解しようとするのは陽乃芽にしかできないことだな、と。

 特に竜が抱えていたものは重かった。時に人は、それがネガティヴ、負の結果をもたらすものだとわかっていても、それを生きる支えとしてしまうことがある。悪循環で成り立っている人生。それを変えようとするのはとても難しい。でも、負の連鎖を生み抜け出せなくなるものを支えにしているのはやはりよくない。陽乃芽にとっても、竜にとっても。

 そんな人の弱さにつけこむマガイ。イムとマガイのバトルシーンは迫力があります。だが、イムも何かを抱えている…?落ちこぼれの見習いで、一人前の神になるためにイムの元で修行をすることになったアヌビス(アヌビス神が三頭身…可愛い…!)や、最後に登場した男が、イムを「大罪人」と言う。過去に何があったのか。それは2巻で明かされる、か?(単行本派なので最新話は読んでません)これから面白くなってきそうです。最後に出てきた男にイムが話しかけていた言葉は、古王国時代ではなかったよなぁ。このあたりも創作ですね。でも、実際の古代エジプトの神々をモデルにしているマガイや、こんな用語も調べていけば古代エジプトに詳しくなれるかも。漫画はこういう気軽なところから入れて面白い。

 2巻は9月発売予定。来月ですよ。少年漫画のペースは早いですね…。

 最後に。陽乃芽の姓・「羽羽方」の由来はこれ(の著者)ですよね?すぐにわかりました。気が強く、徐々に心を開き始める、ツインテールの陽乃芽ちゃん、可愛いです。こういうキャラ好きですw
 となると、最後に出てきた男には名前の由来はいるのか?ちょっとわからない…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-08-10 23:35 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索