Im ~イム~ 2

 3巻が出るまでは少し余裕があるようなので、2巻はゆっくりと感想を…。


Im ~イム~ 2
森下真/スクエア・エニックス・ガンガンコミックス/2015

 マガイを探してイムと陽乃芽がやってきた神社「御空神社」。そこで出会った少年・竜。竜がマガイに襲われそうになった時、イムよりも先にマガイを倒したのは、御空晴吾(みそら・はるご)という青年。イムを敵対視し、倒そうとする。陽乃芽とアヌビスの助けで戦闘を止めさせ、晴吾は御空神社で起こったこと、何故イムを恨んでいるのかを語る。そして後に、イムも「大罪人」と呼ばれている理由を話す。それは、3千年前、エジプトでのことだった…。

 1巻のラストでどうなるかと思いましたが、休戦になってよかった。イムが何故「大罪人」と呼ばれているのか、一体3千年前のエジプトで神官だったイムが何をしたのか。晴吾は何故イムを倒そうとするのか。それぞれの想いが交錯して、過去編はとても切なかった。

 晴吾が言っていた「アメン神官団」…古代エジプト神話・宗教では、大気の守護神。ただ、古代エジプトの神々の中では新しい方。中王国時代からの古代エジプトの首都・テーベ(現在のルクソール)にあるカルナック大神殿に奉られている。しかし、イム…イムホテプが活躍したのは古王国時代、ピラミッドは初期の階段ピラミッドの時代。アメン神信仰は新王国時代が最盛期。有名なツタンカーメンも、厳密な名前はトゥト・アンク・アメン(Tut-ankh-amen)と、アメン神に由来しています。この頃、アメン神官団も活躍します。先日読んだ「ツタンカーメン 少年王の謎」(河合望:著)にも出てきます。なので、実際には、イムホテプの時代にはアメン神官団はありません…が創作なので細かいことは気にしない。

 晴吾との戦闘シーンは息をのむ。イムも様々な手を使って攻撃するが、晴吾も強い。イムへの攻撃を容赦しない晴吾に立ち向かい、イムを守ろうとする陽乃芽が勇敢で、優しくて強い。
貴方なんにも知らないでしょ!?イムの罪だけ知ってて イムって人間(ヒト)は知らないでしょ!?
貴方の悲しみとは比べ物にならないけど イムは私を孤独から救ってくれたの!!
その恩人を傷つけられたら 守ろうとするのは当然でしょ!?
(41ページ)

 1巻の感想で書くのを忘れたのですが、1話で最後は自分で始末する、とマガイのもととなっていた箱を自分の手で壊した陽乃芽もとても勇敢でかっこよかった。2巻でも陽乃芽はかっこいい。イムにどんな過去があっても受け止め理解する。過去は過去。何と言われようとイムは自分を救ってくれた恩人で友達。気の強い性格もあるけれども、長い間孤独で、人間関係のドロドロした部分を見てきたからこその視点なのかもしれない。

 晴吾の過去もかなり辛い。その晴吾に対して、心から詫びるイム。普段は強気で偉そうな態度ですが、他者の痛みは素直に、真摯に受け止め、謝罪すべき時は謝罪する。だてに神官をやっていたわけではない。大人な部分のイムもかっこいいです。

 この漫画に出てくるキャラクタたちはそれぞれ、傷と痛み、孤独を抱えている。イムも、陽乃芽も、アヌビスも、晴吾も。こぶしや竜もそう。彼らの傷や痛みは、誰よりも軽いとか比べられるものではない。そんな孤独を経験したからこそ、人を一面から見ないことや、友情をより強く感じられるのだろう。この漫画のこんなところが好きです。熱く、あたたかい。

 そして語られるイムの過去。「大罪人」の理由。ここで新キャラが2人。アメン神官団上位神官のコンス。イムが復活した時の身柄引受人でもある。王子様のようなキャラクタです。俺様なところがユーモラスですが、シリアスに語る時は語る。そして人をよく見ています。

 もうひとりは、ジェゼル王子。史実では古王国時代のファラオで、彼のピラミッドは古代エジプト初のピラミッド(階段ピラミッド。史実のイムホテプが設計した)。ですが、思い切り創作入ってます。思う存分割り切って創作を入れたほうが物語が面白い。
 そのジェゼル王子とイム。後にファラオになるであろう王子と、神官のイム。明るく情の深い王子は、国民のことを思い、イムを宰相にして一緒に王家と神官団が手を取り合い国民を守る国造りをしたい…そう願っていた。しかし、ジェゼル王子は自分も知らないある運命を背負っていた。それを知っていたイム。王子がそれを避けられるように尽力するが…最悪の事態、悲劇が起こってしまう…。読んでいてとても辛かった。ジェゼル王子がファラオになれば、きっといい国になるのに。クールだったイムも、明るく楽天的で優しいジェゼル王子の人柄に触れ、友情を深めていく。友達だからこそ助けたい。陽乃芽のイムに対する思いと重なります。それなのに…。イムは大変なことを起こしてしまう。イムが、というよりは、イムの周囲がイムを焦らせてしまった…。イムもかなりの魔力を持った神官だが、未熟なところがあった。本当に辛い。友達を守るつもりが裏目に出てしまうなんて…。
 ジェゼル王子もいい王子です。王子でも偉ぶったりしない。国民に対してとても優しい、頼りになる。だからこそ、ジェゼル王子があんな運命を背負ってしまったのが辛い。

 もうひとつ、この漫画は何かの犠牲の上に何かは成り立っている、ということもテーマなのかな。何の犠牲もない世の中はないと思うのですが、それでも、あまりにもこの犠牲は辛い…。

 その後、封印されてしまったイムとジェゼル王子。3巻ではイムがエジプトへ?ジェゼル王子はどうなる?3巻は来年発売予定。楽しみにしてます。

 巻末には、連載前の読み切り版の「イム」も収録されています。イムの雰囲気がかなり違う!これはこれでかっこいい。読み切り版はもう1作あるそうなのですが、そっちも読みたいです、是非。

・1巻感想:Im ~イム~ 1
・アメン神官団・史実の話はこちらで:ツタンカーメン 少年王の謎
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-10-14 22:36 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-09-30 23:07
超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索