牧場の少女カトリ 10

 20世紀初頭のフィンランドが舞台のアニメ「牧場の少女カトリ」。今日は10巻の感想。クライマックスまであと少し。感想もどんどん行きます。



「牧場の少女カトリ 10」


【第38話:それぞれの道】
 カトリはおじいさんとおばあさんの家に戻り、ロッタ奥様からの手紙を見せトゥルクに行くことを話す。遠い都会に本当に行くのかと祖父母は驚くが、学校に通わせてくれることも含めカトリの新たな旅立ちを応援する。
 カトリはペッカと一緒に、マルティの家に行く。1年ぶりに会ったマルティは、以前のマルティとはちょっと違っていた。

<38話感想箇条書き>
・「牧場の少女カトリ」ではなく、「都会の少女カトリ」になってしまうのか。
・ペッカを連れてマルティの家・ハルマ屋敷へ。大きなお屋敷に驚くペッカ。でも、カトリ曰く、マルティはそれを自慢したことがない。マルティは本当にいい奴です。
・そのお金持ちであることを自慢しないマルティについて、ペッカが一言。「それは認める。」ライバルでも、いいところは認めるペッカもいい奴だ。
・おじいさんの心臓の具合が良くないことを知って、動揺するカトリ。トゥルクには行きたい。でも、家族は心配。その気持ち、よく分かる。
・マルティ、ちょっと大人っぽくなった?見た目も中身も。
・勉強家になったマルティ。カトリと同じぐらい、本を読むようになりました。
・そんなマルティに刺激を受けたペッカ。いい意味で刺激し合える友達(兼ライバル)っていいなぁ。
・夕焼けの湖のほとりで、科学の進歩について語る3人。いい絵だ。しかもこの絵が10巻のジャケットになっている。すごく好きだ。ジャケット拡大画像。フィンランド国旗をベースにしたジャケットのデザインもいい。
・ロシアではニコライ2世が退位したと話すマルティ。2月革命ですな。フィンランド独立はもうすぐ。
・ライッコラ屋敷にやってきた迷子のアベル。やっぱりテームさんは出てきませんかそうですか。
・迷子のアベル、自力でカトリのもとに到着。ただものじゃない、この犬。


【第39話:ハルマ屋敷のパーティー】
 カトリを送ってきたペッカは、兄ビリヤミが主人になったクウセラ屋敷に帰る。
 カトリはマルティから、トゥルクの中学に進学する話を聞く。最初はヘルシンキの中学を父に薦められたが、行くならトゥルクの中学に行きたいと言い、承諾してもらったのだ。中学に行く気はなかったマルティだが、カトリに影響され、もっと勉強するために進学を決意したのだそうだ。そして、マルティは数日後に開かれる、マルティの父の誕生日パーティーに招待される。
 ハルマ屋敷のパーティーには、要人も含め沢山の人がやってきた。カトリはロッタ奥様からもらったドレスを着てパーティーに出かけたが…。

<39話感想箇条書き>
・カトリと別れたペッカが、馬車で一言。「何で目から汗が出てくるんだ。」
・マルティは8月、トゥルクの中学に進学するためトゥルクに行きます。都会でも一人じゃないと心強くなるカトリ。
・ドレス姿のカトリを見たマルティは呆然。カトリもかわいいが、そんなマルティもかわいい。
・しかし、服ばかりを褒め、カトリを怒らせてしまうマルティ。女心は本には書いてありませんね……。
・パーティーと来れば酒。お酒大好きフィンランド人の皆さん、ここでも盛大に飲んでます。
・またサウナの手桶で酒飲んでる…と思いきや、木でできたジョッキでした。森の国フィンランドらしい。
・マルティと親戚ですから…ヘレナ登場。皆の前でカトリを家畜番だと紹介し、ののしる。
・刺繍のことならカトリは負けません。
・カトリのドレスにビールをかけるヘレナ。もういいよ、ヘレナ株大暴落。
・パーティーには看護婦エミリアさんも来ていました。
・家畜番は差別の対象だが、家畜番は家畜番でいい仕事になる。家畜番・雇い人でも人生経験豊富なら、それでいいんじゃないかと思うのは時代が違うからだろうか?



【第40話:道づれ】
 カトリはトゥルクに行くまで、おじいさんの畑仕事を出来る限り手伝います。カトリは、マルティにアベルを汽車に乗せる時に使うかごを作ってもらった。そのかごと一緒に、マルティは父からの餞別をカトリに渡す。カトリは困ってしまう。
 カトリがトゥルクに向かう日がやってきた。マルティの馬車でサロの駅へ向かう。トゥルクへはハルマ屋敷のパーティーで一緒になった看護婦・エミリアと一緒に行く予定だった。しかし、エミリアはなかなか来ない。

<第40話感想箇条書き>
・マルティが作ってくれたかごは白樺製?カトリが使っているリュックも白樺っぽい。
・マルティの父からの餞別を拒否するカトリ。かなり頑固です。
・祖父母との別れ。やっぱり悲しい。泣いているおじいさん「目にゴミが入った。」ペッカにしろ、素直じゃないなぁ…。
・馬車でうとうとするカトリに対してマルティが一言。「素晴らしい夢を見ろ、カトリ。」
・汽車出発直前に駅に到着したエミリアさん。
・汽車の中でトゥルクに行き、学校にも行かせてもらえるカトリの話を聞いてエミリアさん。
「確か学校にも行かせてもらえると言ってたわね。運のいい子ねあなたは。
だけどその幸運はあなた自身の努力でつかみ取ったようね。幸運はそう簡単に転がり込んで来ないものよ。
これからも今まで以上に努力すればきっともっともっと素晴らしい運命が開けるわ。」
運はどうしようもないものと思っているけど、努力は運を本当に引き寄せてくれるのかもしれない。私もそう信じたい。


【第41話:トゥルクの人々】
 カトリとエミリアは汽車の旅を楽しんでいた。かごに入れ、貨物室に置いてあるアベルのことが気になったカトリは、車掌さんに頼んで貨物室に入れてもらう。しかし、かごのふたが開いてアベルはかごから出てしまった。汽車の中を逃げ回るアベルと、追いかけるカトリ。その途中、同じ汽車に乗っていたアッキと再会する。アッキは新聞記者になっていた。車掌さんに無理を言って、カトリはアベルをかごに入れず、汽車の連結部でエミリア、アッキと話をする。
 トゥルクに到着し、2人はアッキと別れる。エミリアはロッタ奥様の家まで送ってくれた。ロッタ奥様の家には奥様はおらず、奥様のイーネスと雇い人のセルマがいた。イーネスはカトリのような田舎娘がやってくることが、とても気に入らなかった。

<41話感想箇条書き>
・フィンランドには高い山がないことについて話すカトリとエミリア。確かに、フィンランドには高い山がない。スカンディナヴィア半島には高い山はあるのに。
・汽車の中を駆け回るアベルとカトリ。あーあ…。
・アッキさんは新聞記者になっていました。戦争をやめ、独立への動きが高まっているのでもう逮捕されません。
・アッキとエミリア、何だこのいい雰囲気は!!
・カトリのことで頭を悩ます車掌さん。大変です。
・ロッタ奥様とクラウスは外出中。
・イーネス奥様はかなり厳しそう。カトリ、どうなる?!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-03-08 20:52 | フィンランド・Suomi/北欧


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索