風が強く吹いている

 ピアノ友達であるruvhanaさんにオススメしていただいた本です。スポーツものは苦手なんだよなぁ、自分運動苦手だし…と思っていたら、大変なことになりました。


風が強く吹いている
三浦 しをん/新潮社/2006

 大学4年生の清瀬灰二(ハイジ)は、春のある日万引きをして逃げる青年を見かける。その青年の走りにピンと来るものを感じたハイジは、その青年を追いかけ声をかける。「走るの好きか?」と。話しかけられた青年・蔵原走(かける)はハイジの問いかけに答えられず立ち止まる。
しばらく2人は話をし、走もハイジと同じ寛政大学に入学が決まっているが住む場所に困っていることを知る。そこで、ハイジは自分が住んでいる格安アパート「竹青荘(通称:アオタケ)」を紹介し、走の新しい生活が始まった。そして入学後、アオタケで走の歓迎パーティーが開かれる。走を含めて10人の住人たち。その前で、ハイジはいきなり「箱根駅伝に出る」と言い出した…。


 箱根駅伝は好きで、毎年よく観ています。必死に走る選手たちの姿に、毎年色々な想いを抱きます。そんな箱根駅伝がテーマのこの物語。しかし、このアオタケの住人…寛政大学のメンバーたちはほとんどが陸上未経験者。大学自体、箱根駅伝に出たことも無い。しかも10人しかいない…実際に箱根を走るのは10人ですが、補欠はおらずギリギリの状態。こんなアオタケのメンバーが箱根を目指すことが出来るのか…?!

 ストーリーは大学生のドタバタ劇がほとんどで、ハイジ・走他のアオタケメンバーも個性派揃い。陽気でお調子者の双子の1年・ジョータとジョージ。礼儀正しいアフリカからの留学生の2年・ムサ。4年で就職はなかなか決まらないがクイズ番組が大好きな雑学王・キング。山村出身で温厚真面目な3年・神童。留年続きでヘビースモーカーの3年(実質5年)・ニコチャン。音楽好きで司法試験にすでに合格してしまった4年・ユキ。美青年だが漫画オタク、運動は大の苦手である2年・王子。そして様々な場面でアオタケの住人たちをずっと支えてきた一方で、ある理由で陸上をやめてしまったハイジと、同じく陸上部員だったがその過去に暗いものを引きずっている走。始めは箱根を目指すなんて無謀な話についていけない住人たちだったが、ハイジの見事な指導で走ることに目覚めてゆく。時に大学生らしくワイワイ騒ぎ、時に意見の違いでぶつかり合い、時に励ましあって。

 読みながら、何度も走ることとは何か、何故そんな辛い思いをしてでも走る人がいるのかと私も考えた。この物語でも、走が何度もそんなことをハイジや箱根を目指すライバルたち、走自身に問う。走ること=一番速く走ることではない。速さとは違う「強さ」。それを追求してゆく走とメンバーたちの問いかけの言葉が、どれも心に響いて離れない。

 私も走ること=一番速く走ることだと思ってきた。運動が苦手で、のろまな私にはそれは縁の遠い話、全く違う世界の話だと思ってきた。でも、この物語を読んで考え方が変わった。一番になるだけが走ることじゃない。誰かと比べて速く走ることが問題なのではない。自分の内面にある目標や壁を越えられるか、自分自身との闘いなのだと。走ることだけに限ったことではないと思う。スポーツ全般がそうだと考えられるし、音楽や美術などの芸術にも通じていると思う。科学でも当てはまる部分があるんじゃないか。自己の理想と真摯に向き合い、満足できるまで追求する。そんな姿をかっこいい、力強い、美しいと感じるから、たとえ自分が運動が苦手でも走る人に惹かれ応援したくなると思うんじゃないか。それを表す走の言葉が好きだ。
「ハイジさんたちが卒業して、チームが十人そろわなくなったとしても、それで終わるわけじゃない。俺たちをテレビで見て、走るっていいなと思うガキが、どっかにいるかもしれない。俺がガキのころに、そう思ったみたいに。それでいいんじゃないかと、思うんです。」(276ページ)
「走る姿ってきれいだから。だから箱根駅伝を見たひとは、いいなと思って、応援したり自分も走ろうと頑張ったりするんだ」(277ページ)


 そして、それぞれの想いを胸に走るアオタケのメンバーたち。過去、くすぶっているもの、抱えているものも一緒に。走りながらそれぞれが自分自身に向き合う姿・言葉が胸を打つ。しかも個人の枠を越えて。皆で走れば走るほど、メンバーたちの絆が深まってゆく。ただの長距離走ではない、駅伝を題材に選んだ上手さがここでグッと出てくる。一人では越えられないもの、誰かがいるから越えられるもの。それに立ち向かうメンバーたちの心の声に、涙腺緩みっぱなし。笑って、泣いて…十分すぎるドラマに圧倒された。

 何かを追求することとは何なのか。人間の「強さ」とは何なのか。この作品でじっくり考えることが出来ました。夢みたいな話ではありますが…いいえ、小説だからいいと思います。人を惹き付け、魅了し、読んだ後に言葉にはならなくても充実した何かを感じることが出来れば。私にとって強く印象に残る、大きな作品となったことは間違いありません。新潮社さん、早く文庫化してください!(単行本版は1800円…高い。図書館で借りた)それと、漫画にしたら面白いんじゃないかと思う。漫画的な表現も多いし。どうかな?

【追記】
 既に漫画化されてました。ヤングジャンプで連載中です。おお、これは読んでみよう。
風が強く吹いている 1
原作:三浦 しをん/漫画:海野そら太/集英社・ヤングジャンプコミックス/2008

あと、文化放送でラジオドラマもやってたらしい。




<追記ここまで>


 来年の箱根駅伝は、もっと面白く観戦できそうです。あと、三浦しをんさんの作品を読んだのはこれが初めて。文章が気に入った。他の作品も読んでみようかな。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-03 21:40 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39
ヴィンランド・サガ 19
at 2017-11-22 22:56

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索