「趣味」として、楽しみとして

 私がこの春から通い続けている「星空案内人」講座も終盤に。星座を探したり、望遠鏡を扱ったりと実践的な内容も学んでいる。しかも、これまで私がやってきたように、何となく星座を探して、望遠鏡も適当に使って…ではなく、観望会でお客さんにどう教えるか、どう伝えるか。例えば、あれが「夏の大三角形で…」と言うだけではなく、星の並びだとか、特徴などを交えて話す必要がある。自分でやるのと、人に話すのでは全然違うんだなと感じている。

 また、講座が縁で、宇宙・天文つながりの知人が増え始めた。天文部漫画「宙のまにまに」3巻で「星猛者」という言葉が出てきていたが、まさにそれ。星猛者・天文猛者に圧倒されてばかり。そんな星猛者さんにも色々な方がいて、きれいな天体写真を撮る人、プラネタリウムで解説し普及活動を行っている人、子ども向けに観望会を開いている人、天文学の歴史を調べている人…と本当に様々。天文学がカバーする範囲はとても広いけれど、皆それぞれ分野を決めて活動している。凝っている人の濃い話を聞くのは、熱意まで一緒に伝わってきてとても面白い。


 そんなある日の講座でのこと。その日は少人数のグループに分かれて講座を受けていた。これまであまり話したことがない人と同じグループになり、講座の間少し話をしていた。その方は、ボランティアで科学教育活動をされているのだそうだ。今まで全く扱ったことが無かった赤道儀式の望遠鏡の使い方に苦戦していた私。なんとか講座で扱う範囲での操作を完了し、ほっと一息ついていた私に対して、その方は「趣味で星を観てきたんですか?」と訊いた。「ええ、赤道儀は初めてなんです。」と答える私。何気ない会話だが私はこの「趣味で星を観てきたんですか?」という一言が気になって仕方なかった。

 以前書いたように、私はこれまで天文部などに入ることはなく、一人で星を観てきた。一人で星を観ている方が自然だった。後は宇宙・天文関係の新聞記事をスクラップしたりだとか、ネットでニュースを集めたりだとか、宇宙・天文関係の本を読んだりなど地味な活動を「趣味」としてきた。地味だが、不満を抱いてきたわけではない。そりゃあ、種子島や内之浦でのロケット打ち上げや、筑波や相模原の宇宙センター一般公開などに行けたらもっといいが、この間はJAXAタウンミーティングにも行ってきたし、徐々に色々なイベントや全国各地の科学館にも行けたらいいなと思っている。これを専門にやってきましたと堂々と人に言えるものは無いけれども(このブログの記事はあるが、リアル友人・知人には極力教えたくない)、宇宙・天文は好きだし、追求している時はとにかく楽しい。これからも「趣味」のひとつとして追求し続けたいと思っている。だから、なんてことない一言なのに、引っかかる。

 何故引っかかるのだろう…?別に宇宙・天文の楽しみ方なんて一様ではないと自分でもわかっているのだから、何も悩むことはないじゃないか(講座の第1回目でも、宇宙・天文を楽しむ様々な方法について取り上げられてます)。一人ひとりが「面白い」「これがやりたい」「これに興味があるんだ」と思うものをやっていけばいいじゃないか。ボランティアをやりたい人はやればいい。私も「星空案内人」の資格を取れば、観望会で解説することだって出来る。だから羨ましいわけではない。それなのに。

 数日間考え込んで、ようやくわかった。私は、望遠鏡の扱い方だとか、星座を探す時の探し方だとか、そういうことばかりに気を取られていたんじゃないかと。なんとなく星空を観てきた私は遅れをとっていると、講座開始の頃から感じていた。初めて知ること、慣れないことを少しでも早く習得しようと、本来の目的…星を観て楽しむことを忘れていたんじゃないかと考えた。ピアノでもこんなことがある。これまで弾いたことが無いテクニックを含む曲を練習していて、早く「弾ける」ようになることだけを考えて、曲の魅力や聴き所・聴かせ所、音楽の楽しさを忘れてしまう。それは「趣味」で演奏している人にも、プロの演奏家にも起こりうることだと思う。これまでの講座はほとんど曇ってばかりで、実際の星空を観ることが出来なかったのもあるかもしれない。講座で学んだことを覚えて、習得して、実技試験に備えることも大事(講座では3回の実技講座がありますが、それぞれに実技試験があります)。でも、これまでなんとなくやってきた私が、ここで焦ってもいいことはないと思う。何となく「趣味」でやってきたならそれなりに、徐々に新しいことに慣れていきたい。資格は目標だけど、そこがゴールではないことは以前も書いた。私はまたしても、わかっていたようでわかっていなかったことにぶつかり、わからなくなってしまったようだ。この過程を何度も繰り返しその度に思い出すと思うが、忘れてしまいたくはない。そう強く願う。

 今日、木星がよく見えたので久しぶりに望遠鏡を出して観ていた。口径はそんなに大きくないので縞模様ははっきりと観ることが出来なかったが、衛星はちゃんと見えた。…と思っていたら雲が出てきて、見えなくなってしまった。残念。この夏は、星空を思う存分に楽しみたい。晴れの日が多いといいなぁ。

*趣味であっても、レベルは様々です。趣味でもハイレベルな天体写真を撮っている方もいます。だから私のような人ばかりではありません。


【関連記事】
「星を見る私」(2006.11.13)
「わかって、わからなくなって」(2008.6.7)
 この記事のコメント欄も参照
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-07-30 22:28 | 日常/考えたこと


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索