カテゴリ:興味を持ったものいろいろ( 102 )

愛おしい日常を愛らしいシンプルな絵で 「誕生60周年記念 ミッフィー」展

 先日、「成田亨」展に続き再び青森県立美術館へ行ってきました。今度は「ミッフィー」展。今年は「ミッフィー(うさこちゃん)」生誕60年。その企画展が全国巡回しています。

青森県立美術館:誕生60周年記念 ミッフィー展
誕生60周年記念 ミッフィー展

 この日の青森は快晴。青く青く広がる空が気持ちいい。
f0079085_16471583.jpg

f0079085_16473384.jpg

 いつもの白い建物がお出迎え。青い空に映えます。…あれ、いつもと何かが違う。

f0079085_1648886.jpg

 何かある…!
f0079085_16482242.jpg

 青森県美の白い壁に、うさこちゃんの顔が!!!青森県美が真っ白な建物だったから実現できた…ということか?

f0079085_16485277.jpg

 エントランスにもうさこちゃんがいっぱい。日本とオランダで開催されている「ミッフィー・アートパレード」の一環のよう。

f0079085_16505999.jpg

 展示室に下りるエレベーターも、いつもは白いのに、ブルーナの絵本カラーに!

 ミッフィーというと、絵本やテレビのクレイアニメで少し観る程度。そんなに思い入れはない…実は。でも、シンプルな線で描かれるうさこちゃんをはじめとするキャラクタは親しみやすく、愛らしい。そんなミッフィーシリーズがどのように生まれたのか。展示を観ていたら、ミッフィーに愛着が沸いてきました。

 本国オランダでは、「Nijntje(ナインチェ)」と呼ばれているうさこちゃん。「ミッフィー」は英訳した際の愛称。1955年、ブルーナさんが息子さんに描いた小さなうさぎの絵本が、うさこちゃん・ミッフィーシリーズの始まりでした。その、1955年初版の原画は世界初公開とのこと。1963年の第2版からの現在のうさこちゃんも可愛いですが、初版「ファースト・ミッフィー」の方が愛着が沸きました。姿も丸く、素朴な、まさに手描きのイラスト。どんな絵本でも、原画を観るのは楽しいです。
 
 その後のミッフィーシリーズの原画も数多く展示されていて、ブルーナさんはこんな風に絵を描いているのだなと伺えます。そして会場には、机の上に絵本が並び、ゆっくりと読めるようになっています。原画を観て、絵本を読んで…制作途中と完成品を一緒に観られるのも楽しい。
 ブルーナさんがうさこちゃんを描いている映像を観られる展示もあるのですが、これが面白い。真っ白なうさこちゃん像がスクリーンの隣にあって、ブルーナさんが線を引くと、そのうさこちゃん像に反映される。一筆一筆、ゆっくりと描いていっています。目を描けば、うさこちゃん像にも目が描かれる。プロジェクションマッピングです。最後は、様々な模様の服を着て、うさこちゃんプロジェクションマッピングショー。NHKの人形劇「シャーロックホームズ」のオープニング映像の、ホームズ像のプロジェクションマッピング、と言えば「あれか!」とわかる方もいるかと思います。

 「ミッフィー・アートパレード」のコーナーでは、日本のアーティスト、デザイナーたちが60年のお祝いと感謝を込めて、自由なうさこちゃんを創り上げています。この展覧会は、一部は撮影可。「アートパレード」も撮影可で、気に入った作品の画像を撮ってました。

 他には、ブルーナさんの油彩や水彩画、奥様のために毎日のことなどを描いた「朝食メモ」も。「朝食メモ」…絵日記のようなものと言えばいいだろうか。これは楽しい。私も毎日じゃなくてもやってみたら楽しそうだなと感じました。

 うさこちゃんの物語は、日常のヒトコマを切り取ったものが多い。だからこそ親しみやすい。その親しみやすい物語を、親しみやすいシンプルな絵で表現している。だからこそ、子どもも大人も愛着をもてるのかもしれない。日常のヒトコマも愛おしいもの…ブルーナさんの「朝食メモ」でも、ミッフィーシリーズでもそう思える。それを伝えるには、シンプルな絵が一番ストレートな方法になるのかもしれない。展示そのものの数は多くないので、ゆっくりと絵本を読みながらそんなことを考えました。

 青森県美の特別展展示室のうちの2部屋は、物販コーナーになっていました。こんなの初めて見た。いつもならグッズはミュージアムショップにある。ミュージアムショップだと狭いからなぁ。とにかくグッズが多くて、展示でうさこちゃんに親しみを持ってしまった私には大変危険な空間でしたw物欲がw手にしていたのは、やはり初版のうさこちゃんグッズが多めでした。初版、「ファースト・ミッフィー」可愛いよ。

 今回は常設展はパス。常設展は9月までやってるので、またゆっくりと来ます。物販コーナーで一気に疲れてしまいました…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-07-12 17:26 | 興味を持ったものいろいろ

【コダモン】広いぞ長いぞ多いぞ中生代 レア生物はコンプリート

 不具合も解消されたので、「コダモン」は中生代を黙々と進めています。

 中生代は長い、広い。生物の種類も増えます。海に陸に大繁栄。恐竜がメインですが、哺乳類も出てきます。ということで、中生代は前半と後半に分かれています。前半は海の生物と哺乳類に繋がる陸の生物、後半は人気者の恐竜たちが次々と出てきます。

f0079085_22281824.png

 前半で一番最初に出てくるのがこのメソサウルス。湖になってます。海も古生代の海とは雰囲気が違います。このメソサウルスから始まる主に海の生き物の系統樹は、ひとつの生物から5つに分かれるところがあります。5つも選択肢があるのは大変そうに思えますが、2つに分かれているところよりも、行きたい方向の遺伝子が出やすい気がします。むしろ、やっぱり2つに分かれているほうが、片方ばかり出て「またか…」と沼にはまります…。

f0079085_22342582.png

 恐竜は大きい。後編で出てくるプラテオサウルス…画面からはみ出してますよwこんなはみ出してる生物が時々出てきます。
f0079085_22352549.png

 人気者・恐竜の王者・ティラノサウルス!有名な恐竜だけでなく、知らない生物も多い。私個人の好みでは古生代の方が好きだからなぁ。カンブリア紀バージェス動物群万歳。でも、中生代もユニークで可愛い生物が沢山います。もしくは奇妙な、驚くような生物もいます。お気に入りを見つけますよ。

f0079085_22362070.png

 中生代でのチャレンジは火山噴火と隕石衝突。「隕石を叩いて壊そう!」…一体このゲームはどこからの視点なんだとツッコミたくなりますw

 さて、問題はレア生物。最初、前半と後半で違うのかと思いきや、中生代全体で共通でした。広くなったので探すのがちょっと大変かもしれない。進めていると、あちこちで出会えます。
 3種のうち、2種は前半で見つけました。海で1種、陸で1種。後の1種は前半では見つけられず、後半に進んだら見つかりました。陸にいます。海で見つかったのは、もしかすると後半で陸でも出てくるかもしれません。
 公式サイトのFAQには、その生物と同じ時代で出てくると書いてあるのですが、違う時代でも出てきました。あれ?長い期間繁栄していたとか?まだ中生代の途中なので、これから進めていけば何かわかるかもしれません。
 あと、以前「レア生物は、その生物を捕食していたと思われる生物のところで出てくるのではないか」と書きましたが、やはりそうだと思います。または、その生物に捕食されてた、逆の場合もあるかと。

 あと、以前気になったこれ。
f0079085_22374338.png

 普通のカラーバーとは異なるレインボーバー。生物が増えるスピードが速くなります。以前、これが出てくる条件がわからないと書いたのですが、わかったかも。
 一度進んだ系統樹をもう一度進む際に出てくるのかな、と。「コダモン」をやっていると、分岐点の別の方向に行くために、もう一度最初からやり直すのが大変、面倒…という声をよく見かけます。生命進化の道は険しく厳しい、そんな任意のやりたいところ、途中から都合よくできるような生易しいものじゃない、と私は自分に言い聞かせてやっていますが…。そんな大変さを少しでもラクにするために、一度通ったところは倍速で出来るようにしたのかもしれません。確かに助かります。

 中生代後半もあと少しのところまで来ています。レア生物はコンプリートしましたが、どこでまた見つけられるか探しながら、ゆっくりやろうと思っています。古生代は結構ガツガツしてやっていた。「コダモン」も「ねこあつめ」ほどではないけどゆるい、のんびり進められる。なのでのんびり行きます。

 さて、Nスペ「生命大躍進」も全3集終了。面白かったです。アニメ「ピカイア!」は7月20日から5話以降再開(その前に4話までの再放送もあります)。
 そして、上野の国立科学博物館では「生命大躍進」展がスタート。この会場で、「コダモン」に連携したカードがもらえます。「ナゾの生物解放コード」。これをアプリに入力すると、ナゾの生物が登場するとか。気になる。展覧会でも、番組や「コダモン」で出てきた古生物の化石が沢山。いいな、観に行きたいな。期間は10月4日まで。
生命大躍進展
 会場限定のオリジナルカプセルフィギュア(ガシャポン)が気になります。アノマロカリスやイクチオステガ、ダンクルオステウスの頭骨、ディメトロドンにネアンデルタール人の頭骨。全部欲しくなります。アノマロカリスは特に是非とも欲しいw
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-07-08 23:18 | 興味を持ったものいろいろ

【コダモン】Android版不具合は修正されました 図鑑も元通り!

 先日26日に起こった、アプリ「コダモン」Android版バージョンアップ後にこれまでの図鑑が消える不具合の続報です。Android版をお使いで、不具合に巻き込まれてしまった方へは重要なお知らせです。
・不具合の顛末:【コダモン】Android版中生代リリース来た!→また不具合!?

 今日、不具合を修正した修正版がリリースされました。公式サイトにはお知らせとおわびのサイトが出来ています。
NHK:生命大躍進:コダモン:Android版バージョンアップに伴う不具合についてのご報告とおわび

 まとめると、
・修正版ver.2.1.1をリリースします。バージョンアップすると、古生代までだったver.1.0.4のデータを復元できます。
・修正版ver.2.1.1にバージョンアップした際、不具合版ver.2.0.1で進めたデータはリセットされます。
・おわびに、後日スペシャルアイテムを配布します。
・新生代は7月リリース予定です。


 とのこと。おお、これは古生代の図鑑が元に戻るということかな…?携帯に更新のお知らせが来た時、すぐに更新せずにまず公式サイトでこれを確認しました。読んで、では更新します…。

 ver.2.1.1(中生代前半・後半)で起動します…。
f0079085_2285974.png

 不具合版に更新する前にやっていた、アノマロカリスをひたすら増やす遊び(中生代リリースまでの暇つぶしw)の画面に!アノマロカリス5400万匹まで育てたのがそのままです!
f0079085_22112219.png

 古生代の図鑑も全て元通りです!コンプリートして埋まった状態。各生物の育てた総数も元通りです!!
f0079085_22123191.png

 アノマロカリスはトータルで7300万匹に。

 ということで、Androidで不具合に巻き込まれ、図鑑が消えてしまった皆様、ご安心下さい。元に戻ります!!
 これで安心して本格的に中生代に進めます。よかった…。
 今後は安定した更新、配信をお願いします、NHKさん。受信料はちゃんと払ってますので…!

 アノマロカリスも更に増えました。
f0079085_22163236.png

 5500万匹w明日あたり一旦切り上げて、中生代に進むことにしましょう!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-06-29 22:19 | 興味を持ったものいろいろ

【コダモン】Android版中生代リリース来た!→また不具合!? 

 NHKの古代生物育成アプリゲーム「コダモン」。Android版の中生代リリースがなかなか来ないので、前回の記事の通りアノマロカリスをひたすら育て増やすという遊びをしていました。
コダモン、中生代が来ないので
 スクリーンショットを撮っておかなかったので自己申告になりますが、25日には4千500万匹まで増やしました。5千万匹まで増やすぞ!と思っていたら…

 昨日、26日夜、更新のお知らせが!Android版でも中生代いよいよ来る!!待ってました!うきうきしながらアップデートしたのですが…
 他の方も更新来ているだろうか、とツイッターを検索。すると
「古生代の図鑑が消えた!」

 というツイートがいくつも。えええ!?これは更新しない方がいいのか?時遅し、既に更新は始まっていました。大丈夫かな…とハラハラしながら更新が終わるのを待ち、起動。
f0079085_22502359.png

 バージョンは2.0.1.更新前(ver.1.0.4)は古生代、カンブリア紀のアノマロカリスやオパビニアだったタイトル画面が、中生代の恐竜に。ちなみに、タイトル画面で流れる「生命大躍進」テーマ曲が好きです。

 起動すると、今までなかったデータダウンロード画面が。何だこれは?そして、初めてプレイした時に出てきたチュートリアルが。何か違う。
f0079085_22531353.png

 早速中生代前半をちょっとやってみた。こんな子が出てきました。

 問題の古生代は?図鑑を見ると…
f0079085_22553581.png

 真っ白…きれいさっぱり消えています…。以前のバグの悪夢が…。いや、以前のバグは、それまで育てた総数はリセットされずデータは残っていました。今回は、全てゼロにリセットされていました…!以前のバグ以上の悪夢だ…!!(涙
・以前のバグ事件:【コダモン 続報】大事件発生!!
 バグ修正後も、図鑑は真っ白のままだったのでこの時は根性でもう一度クリアしましたよ。

 アノマロカリス4千500万匹のデータも消えてしまった…。地味だけど、何日もかかるのに…。
 更新と言うよりは、データ全てリセットして上書きじゃないですかこれ…。古生代をやり直すか、中生代に進んでしまうか…参ったな…(Nスペ「地球大進化」より ←番組違います)
 途方に暮れていたら、今日、公式サイトにお知らせが。
f0079085_2324588.gif

NHK:生命大躍進:コダモン
 公式サイトのトップをスクリーンショットしておきました。青枠、青線は私が入れたものです。現在、修正中でGooglePlayストアでの公開も停止されています。現在は新規ダウンロードもできません。
 不具合修正が終わり次第、再配信するそうです。
 修正後、図鑑は元に戻るのかな…。以前のバグと同じように真っ白のままでも、育てた総数は元に戻ってほしいです。
 ということで、不具合が修正されるまで起動せず、様子を見ることにしました。
 しかしiOS版は以前のバグも先に修正され、中生代も先にリリースされ、今回の不具合も起きていない。一方Android版はバグ修正も遅く、中生代はなかなかリリースされず、ようやくリリースされたと思ったら古生代のログが全部消える不具合。…iOS版とAndroid版で大きな差を感じるのですが。本当、しっかりしてくださいよ。私のような大人は我慢できますが、不具合後のPlayストアのレビューを読んだら、「子どもが泣いてしまった」「子どもと一緒に集めてたのに」…そう、このアプリは子どもも一緒に遊べる学習ゲームでもある。古生物好きの子どもにとって、図鑑が埋まっていくのは楽しみだっただろうに…。大人の私も残念ですよ。


******

 話題を変えて気分を変えます。
 「コダモン」でも出てくる古生物に関して、興味深い研究が発表されました。
Engadget Japanese:Hallucigenia ハルキゲニアの「本当の頭」見つかる。 新しい復元動画公開
AFPBB News:国際ニュース:尾が頭だった、ハルキゲニア化石に目と口を発見
ITmedia ニュース:週末サイエンス:カンブリア紀の珍生物「ハルキゲニア」、また復元図が書き換えられる 実は前後も逆だった

 カンブリア紀、バージェス動物群ではお馴染みのハルキゲニア。かつては上下逆に復元図を描かれ、その後訂正され、現在のトゲトゲの姿が広まったのですが、またしても復元図が描きかえられることに。前後も逆でした!
 化石を電子顕微鏡で観察すると、頭だと思っていたところは肛門と排出物らしいと判明。反対側を調べると、1対の目と小さな口、歯に食道も確認されたとのこと。新復元図では、頭と首は細長く、目もあります。イラストはちょっと怖い…。CGは可愛いのに…。
 この記事を読んで、「コダモン」のハルキゲニアもデザイン変えなきゃと真っ先に思いましたwが、
f0079085_23285737.png

 頭と首は細長くはないですが、目はあるし、新復元図に近い。まさか先を読んでた…!?デザインを変える必要はなさそうです。

 以上、Android版の修正版を待ちます…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-06-27 23:34 | 興味を持ったものいろいろ

コダモン、中生代が来ないので

 古生代を完全クリアしたNHKの生命進化学習アプリ「コダモン」。続報です。
・これまでのいきさつなど前の記事:【コダモン 続報】古生代完全クリア!!

 6月初旬に中生代公開という報せがあり、ワクワクして待っていたのですが、7日のNHKスペシャル「生命大躍進」第2集が放送されても公開されず…。ただ、iOSではリリースされました。Android版はまだか!来るまで待とう…と待ち続けて1週間以上。まだリリースされていません。

NHK:生命大躍進:コダモン
 公式サイトにも、Androidに関しては「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、中生代ワールドオープンまでしばらくお待ち下さい」と…。
 iOSでは既に前半をクリアしてしまった方もいらっしゃる模様。AndroidとiOS、何が違ってこんなに差が出てしまっているのか。このあたりについては全く詳しくないので、さっぱりわかりません。残念です、悔しいです…。

 悔しいので、中生代リリースされるまで、こんな遊びを始めました。

 
アノマロカリスを増やせるだけ増やす。

 「コダモン」は育てた数が表示されますが、どうやらどこまでも増やせる模様。ならば、増やせるだけ増やしてみようじゃないか。どの生物でやるか迷いましたが、やはり人気者のアノマロカリスで。やり方は、進化させずにひたすら放置。時々アプリを起動させて、数を確認しつつ、汚れた海をきれいにして、タップして遊んであげる。以上。
 で、現在こうなってます。
f0079085_21565451.png

 2千800万匹まで増えてます。
f0079085_21572317.png

 「今まで育てた数」トータルも4万7千匹!
 5千万、1億まで行けるかな…?本当にカウントストップしないのだろうか。気になります。中生代リリースまで続けます。どこまで増やせるか。これはこれで面白い…かも…。

 最後に、以前描いたアノマロカリスを。
f0079085_221519.jpg

 万年筆で描きました。ああ、アノマロカリスは可愛いなぁ。オパビニアもハルキゲニアも、バージェス動物群は皆可愛い…。デボン紀の魚類から両生類にかけて進化してゆくあたりも好き。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-06-19 22:04 | 興味を持ったものいろいろ

貝殻は夏の海からの便り 夏のグリーティング切手&特印

 梅雨の季節(当地はまだ)ですが、切手は既に夏の装いです。
日本郵便:グリーティング切手「夏のグリーティング」の発行

 貝殻が美しい切手です。イラストではなく写真です。切手にはそれぞれ学名と和名(和名がないものもある)が記されています。これからの季節、夏のご挨拶のお便りにピッタリな切手です。シートの砂浜と白いサンゴもきれいです。

 いつものように特印も貰いました。
f0079085_21355197.jpg

 手押し印は82円切手のチイロメンガイの図案です。しかし…
f0079085_21365842.jpg

 そのチイロメンガイの切手と合わせようとしたら、残念なことに…残念…。更に、買った切手シートが鞄の中で折れてしまい、また使っていない切手に折れ線が…。ああ…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-06-06 22:15 | 興味を持ったものいろいろ

「世界の至宝コレクション ツタンカーメン王の黄金時代」ガシャポンの元を調べてみた

 こんな素敵なガシャポンを見つけました…!
エポック社:カプセルコレクション 世界の至宝コレクションストラップ3 ツタンカーメン王の黄金時代

 ツタンカーメン王墓の王棺や副葬品をストラップにしてしまったガシャポン。存在は知っていたのですが、行動範囲にあるかどうかわからず…偶然見つけました。「これは…これだ!!!」気がついたら100円硬貨を握っていましたw3回チャレンジして、出てきたのがこれ。
f0079085_22463571.jpg

 リーフレットも入っているのですが、解説が何も書いていないのが残念…。ツタンカーメン王と王墓発掘のことぐらい軽く触れていて欲しかったなぁ。

もう少し拡大。
f0079085_22464876.jpg

 左から、ツタンカーメンカー像(6番)、ホルス神像(1番)、アンク(2番)。7番の黄金の玉座欲しかったなぁ…ツタンカーメン王に王妃アンケセナーメンが香油を塗ってあげている様が彫刻されている美しい玉座。しかも、2人がサンダルを片方ずつ履いていて仲睦まじい。8番の第3の王棺はなんと蓋が開きます!第3の王棺は、全部純金で出来ていてとても重く、発掘に立ち会った考古学者たちを驚かせたという…!素晴らしいガシャポンじゃないですか!

 出てきたストラップを見て、これはツタンカーメン王墓の副葬品なんだよね、ならば発掘の記録があるはずだ。ツタンカーメン王墓は史上初のほぼ未盗掘の封印つきの墓。王墓からの出土品はひとつひとつナンバリングされ、写真も撮影され、発掘者のハワード・カーターによって記録が取られました。そのカーターが残した発掘記録は、オックスフォード大学アシュモレアン博物館の古代エジプト考古学を研究しているグリフィス研究所に保管されています。さらに、ウェブで全て公開されています。
The Griffith Institute:Tutankhamun
 この「Object Cards」から検索できます。
 では、調べてみましょう。

 まず、1番ホルス神像。ホルス神は古代エジプト神話の天空と太陽の神。オシリスとイシスの子で、ハヤブサの頭をしている。「ホルスの目」は古代エジプトの護符でありシンボルでもありますね。
 さて、これがどれかというと…。
Griffith Institute: Carter Archives - 298a:Figure of Horus of Letopolis
 カーターは発掘した順番に番号を振っています。298a番。最初は布に包まれて出土しました。布を取るとこの像が出てきました。リンク先の画像の1枚目の画像がこのホルス神像。ストラップのものよりもお腹がふっくらとしています。3枚目の画像は布に包まれた状態のもの。
 ちなみに、王墓のどこから出てきたかというと、玄室(王の厨子と棺があった部屋)の奥にある宝物室に置いてあった黒い箱から出てきたそうです。全部記録がある。グリフィス研究所のこのリスト、面白い!カーター直筆の詳細なメモにも見入ってしまいます。
Griffith Institute: Carter Archives - 298:Black shrine-like chest

 次、2番のアンク。アンク(Ankh)は古代エジプトで「生命」「命」を意味する言葉。ツタンカーメンも古代エジプト語の表記では「トゥト・アンク・アメン(Tut-ankh-amen)」で、「アンク」が入っています。
 このストラップのアンクも宝物室に置かれていました。ツタンカーメンのカルトゥーシュ(王の名前を囲う楕円)の形をした箱から出てきました。
Griffith Institute: Carter Archives - 269:Casket of cartouche form
 この箱から出てきました。

 このアンクは、鏡のケースでした。269b番です。
Griffith Institute: Carter Archives - 269b:Mirror case in form of ankh sign
 3枚目の画像では、ケースを開けた状態になっています。十字の下の部分には、ツタンカーメンのカルトゥーシュが刻まれています。あと、ケースの十字の上部の円になった部分にも。ストラップでは残念ながらそこまで再現できてませんでした。裏表同じデザインでした。ちょっと残念。
 ちなみに、このストラップ、見た目よりも重い、ずっしりとしています。

 次、3つ目。6番のツタンカーメンのカー像。「カー(Ka)」とは、古代エジプト神話の魂のひとつ。古代エジプト神話では魂は2つ、「カー」と「バー(Ba)」に分かれるとされていました。「バー」は日本語では「魂」と訳され、鳥の姿をした、その人の一部、個性のようなもの。「カー」は生まれた時から人間に備わっているもので、生命力そのもののようなもの。「カー」が肉体から離れることが、古代エジプトでは死を意味したそう。肉体が完全に滅びてしまうと、「カー」の行き場がなくなってしまうと考えられ、ミイラが作られた…という。古代エジプトの死生観、難しいです。まだまだ勉強不足です。うまく説明出来てないので、より詳しいサイトや本をご覧ください…(情けない…)。
 このカー像は、王に似せて作られていたとされていたようです。この像は玄室の入り口の前、前室にありました。
Griffith Institute: Carter Archives - 022:Large statue in black and gold
 1枚目の写真、像が壁に寄り添って建っていますが、この壁は漆喰で塞がれており、この向こうが玄室です。漆喰に穴を開け、厨子が見えてきた画像や、カーターらが像を運び出す準備をしている画像もあります。

 以上、私が出したストラップに関しては以上です。後は大体有名どころなので、調べるまでもない、かな。ひとつ気になった、3番スカラベについて。
Griffith Institute: Carter Archives - 256qqq:Pectoral (gold, inlaid)
 画像には3つのペンダントが並んでいますが、下に「QQQ」と記号が振ってあるスカラベのペンダントがこれです。王のミイラにかけられていました。ミイラにどのようにこれらの装飾品が付けられていたか、カーターによるスケッチが残っています。
Griffith Institute:Howard Carter's drawings of Tutankhamun's mummy
 カーターが画家でもあったからこそ残せたスケッチ、資料だと感じます。
 しかし、調べてみて、ツタンカーメン王墓の出土品の多さに驚きました。小規模だったのにこんなにたくさん。もっと大きな王墓が同じようにほぼ未盗掘だったら、どんなことになっていたのか…あああ…。

 このガシャポン、また挑戦できたらしたいです。黄金の玉座がいいなぁ。スカラベもきれいだなぁ。

・過去関連記事:ツタンカーメン発掘記
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-05-30 23:57 | 興味を持ったものいろいろ

【コダモン 続報】古生代完全クリア!!

 古生代の系統樹は埋め、レア生物を探していたらバグが起きて系統樹図鑑が真っ白に…の後のアプリ「コダモン」続報です。

【これまでのいきさつ】
・始めてみた:「コダモン」古生物の進化をたどる、生易しくないはるかな旅路
・進化の行き止まりから脱出、進化を進めるコツがわかった!:「コダモン」その後…袋小路から脱出せよ +アニメ「ピカイア!」4話まで
・系統樹の図鑑は埋めてクリア!:「コダモン」続報:古生代クリア! だが…?
・まさかのバグ発生…!?:【コダモン 続報】大事件発生!!
 ※系統樹から生物が消えてしまうバグは、現在はiOS、Androidともに最新版で修正されています。最新版にアップデートしてね!

 一度クリアしているので、どこでどんな遺伝子が出て、何の生物が出てくるかはわかっているのでサクサク進めました。分岐点で、行きたい方向の遺伝子がなかなか出ず同じ遺伝子がポットにどんどん溜まり続ける沼にもはまりました…。生命進化の歴史は甘くないのは承知の上!で乗り切りました。

 そして、バグ発生前に3種類のうち2種類を見つけていたレア生物も、やり直している途中で残りの1種も見つけることができました!!見つけた時は、来た!!こいつか!ここか!!この年代か!!と叫び唸っていましたwやり直さなかったらわからなかったと思います。ある意味バグに感謝です。
 レア生物は、その生物を捕食していたと思われる生物のところで出てくるのではないかと思いました。多分。ヒントは「生命大躍進」「コダモン」公式サイトにひっそりとあります。2種は同じ年代。もう1種は出てくる年代の生物が1種しかない、行き止まりにいます。とにかくその生物を6万体以上殖やしているとでてきてくれると思います。

 ということで、系統樹も全て埋め、離れ小島のレア生物3種もコンプリート。古生代完全クリアしました!!
f0079085_21525321.png

 最後はトゲトゲの遺伝子で終わります。

f0079085_21532071.png

 古生代クリアのメッセージは以前と同じ。中生代はまだ公開されていません。早く中生代もやりたいな。中生代は陸上もでてくるわけで、どうなるんだろう?古生代で残念だったのは、淡水魚・両生類でも背景は海のままだったこと。少しは変えてほしかったなぁ。

 ところで、やっていて気がついた。
 最初、上のカラーバー(?)はこうです。
f0079085_2263513.png

 次に、生物が増えてきて「ちょっとでチャレンジ」を成功させると、増えるスピードがアップします。
f0079085_2273092.png

 ハートのマークが星のマークになります。ちなみに、このクラドセラケ、とても可愛くて気に入っています。

 でも、もう1種類あります。
f0079085_2282110.png

 このカラーバー。レインボーです。上のものと比べてみたら、増える数、スピードが多く、速くなっていました。速く多く増えると時間短縮にもなってありがたい。進化が進むと増える数とスピードもゆっくりになるので、時間がかかるのです。でも、このレインボーカラーバーが出てくる条件がわからないのです。どんな条件の時に出てくるのだろう?謎です。
 このドリアスピスも可愛いです。

 謎は残りましたが、無事完全クリア嬉しい。中生代、公開お待ちしております!

【追記】
 中生代、新生代とまだまだ続くので、「コダモン」タグ作りました。この記事の下にタグがあります。「コダモン」関係の記事をこれでまとめて読めますよ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-05-21 22:14 | 興味を持ったものいろいろ

【コダモン 続報】大事件発生!!

 古生代をクリアし、レア生物を探して続けているアプリ「コダモン」。続きのお話です。
・過去記事:「コダモン」続報:古生代クリア! だが…?

 昨日、レア生物の2種目に遭遇!やった見つけた!あと1種、と思ったところで、図鑑を見たら…
f0079085_23583544.png

 図鑑の系統樹がいきなり真っ白に。その時育てていたワリセロプスだけがいる。何だこれ!?

 話には聞いていた、バグが私のにも発生してしまったようです…。図鑑の系統樹が突然消えてしまうという。なんてこった…。

f0079085_001264.png

 もう一度やり直した時のハルキゲニアですが、「今まで育てた数」はリセットされていない。ということは、完全に消えてしまったわけでは無く、表示から消えてしまった。データは残っている、ということか?
 ならばもう一度古生代クリアしてやろうじゃないの!(ヤケ)そして昨日、シンダーハンネスまで進めて、オレノイデスからはまた明日。
 と思ったのですが…
f0079085_021862.png

 今日の図鑑の系統樹。全部真っ白に。昨日のハルキゲニア~シンダーハンネスも全部消えてる!!これにはさすがに心が折れました…。

 バグの後、アプリに問い合わせフォームがあったので問い合わせてみました。すると、iOSでは、既にバグを修正した最新版がリリースされているとのこと。一方、Androidはまだ修正版をリリースしていない。次回バージョンアップで修正されるとのこと。もうしばらくの間お待ち下さい、とのことでした。
 Androidはまだ、というのは何故なんだろう?(私はAndroidユーザー)iOSでは既に修正出来ているのに。

 これは、修正版にバージョンアップされるまでやらないほうがいいのかな?また消えてしまいそうで怖い。修正版にバージョンアップされたら、系統樹は元に戻るのだろうか?戻らなかったら……やりますよやりますよまた最初から(ヤケ)
 修正版、できるだけ早いうちにお願いします。待ってます…!

【追記 2015.5.19】
 Androidの修正版(ver.1.04)のバージョンアップ来ました!!これで安心して続けられる。問題の系統樹は…元に戻りませんでした。昨日進んだ分までが表示されていました。でも、「今まで育てた数」は消えていません。
 レア生物を探しながら古生代もう1回クリアしますよ!(宣言

【さらに追記】
 ついに古生代完全クリア!!:【コダモン 続報】古生代完全クリア!!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-05-18 23:57 | 興味を持ったものいろいろ

「コダモン」続報:古生代クリア! だが…?

 NHKスペシャル「生命大躍進」の古代生物進化育成学習アプリ「コダモン」続報です。
【これまでのいきさつ】
・始めてみた:「コダモン」古生物の進化をたどる、生易しくないはるかな旅路
・進化の行き止まりから脱出、進化を進めるコツがわかった!:「コダモン」その後…袋小路から脱出せよ +アニメ「ピカイア!」4話まで

 前回の記事で、進化の行き止まり、袋小路、何回やっても同じルートに進んでしまい進化できない悪循環から抜け出す方法がわかりました。前の記事に詳しく書いてありますが、もう一度書くと、進みたい方向の遺伝子が出てくるまで遺伝子ポットを振らず(進化させない)、出てくるまでひたすらチャレンジし続ける。何回か続けていると、違う遺伝子が出てきます。出てきたらポットを振って進化させる。
 何度も同じ遺伝子が出てきて諦めそうになりますが、諦めずに。根気勝負です。地味ですが、これがコツです。生命進化は甘くない、生易しくない!!沢山の生物たちがトライ&エラーを繰り返して、進化してきたんだな…と実感できます。

 前回は、ハルキゲニアから始まる無脊椎動物をコンプリート。次はピカイアから始まる脊椎動物。長いです。分岐点や進化の行き止まりも増えるので、結構時間がかかります。でも、根気強く、忍耐強く…。
 オパビニアやアノマロカリスのカンブリア紀も好きですが、魚~両生類へと進化するデボン紀も好きです。知っている古代生物が出てくると、ああこの子!とテンション上がってました。
f0079085_2325556.png

 またしてもポットが遺伝子でいっぱい。

f0079085_2332514.png

 そして、脊椎動物もコンプリート。古生代クリアしました!!
 中生代へはまだ進めない模様。というのは…

f0079085_2354654.png

 系統樹から離れ小島状態になっているこの3つの生物。ひとつは見つけられたのですが、あと2つ、まだ見つけられていません。どこで出てくるか、どのタイミングで出てくるかもわからない。ここで出てくるのかな?とわかったつもりでいても、出てこないこともある。レア生物です。このレア生物を探しつつ、古生代を放浪してきます。ちなみに、どんな風に出てくるのかは、やってみてのお楽しみ。

 「ねこあつめ」のレアねこもなかなか出てこないと嘆いたこともありましたが、「コダモン」もレア古代生物が難関だったとは…。

【追記:その後】
 まさかのトラブル発生!?:【コダモン 続報】大事件発生!!
 ついに古生代完全クリア!!:【コダモン 続報】古生代完全クリア!!

 明日、Nスペ「生命大躍進」第1集の放送です。総合夜9時。その前に、この本を読んでいます。
f0079085_23103512.jpg

 以前の記事でも言及しましたが、21年前のNスペ大型シリーズ「生命 40億年はるかな旅」のコミック版。存在は以前から知っていて、図書館で読んだのですが、久々に借りてきました。実際の、本編製作・収録の舞台裏はどんな感じだったのだろう…?と思ってしまう漫画です。本編を思い出しつつ、コミカルな展開が楽しいですw
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-05-09 23:16 | 興味を持ったものいろいろ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索