カテゴリ:宇宙・天文( 536 )

祈りよ届け、宙の向こうの「はやぶさ」へ

 ちょうど2年前の今日、2005年11月26日に小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」に2度目のタッチダウンを行いました。2周年を記念して、「はやぶさ」のこれまでのミッション内容をCGで再現した動画「祈り」がネット上でも公開されました。待ってました!!

 JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語:「祈り」-小惑星探査機「はやぶさ」ミッションの全貌
↑ここから観られます。

 このサイトのトップには、こんなことが書かれています。
このビデオは、探査機「はやぶさ」による小惑星イトカワ探査のようすを、科学的に正確なまま、リラックスして見ていただこうという趣旨で制作されています。全編をとおして流れる甲斐恵美子さんによる美しいジャズの調べは、「はやぶさ」がまだMuses Cと呼ばれていたころに応援歌として作られたものです。それは、「はやぶさ」を運用する人々、そして「はやぶさ」を応援するすべての人々の思いが女神となって、一人の少年「はやぶさ」の挑戦をやさしく見守るという情景を表現したものです。
どうぞ、ワインでも、ジュースでもコーヒーでも、お好きな飲み物を片手に、ごゆっくりお楽しみください。
(上記サイトより引用)

 「はやぶさ」のこれまでの旅路は手に汗握る、ハラハラドキドキの連続。何度もピンチに陥っては切り抜けてきた。冒頭でも、「はやぶさ」は燃料漏れで姿勢を崩し、ぐるぐる回りながら宇宙空間を漂っている(この後「はやぶさ」がどうなるかは観て確かめてください)。「はやぶさ」のことを思うと胸が熱くならずにはいられない。それを「リラックスして見ていただこう」と来ましたか。

 リラックスできる理由は、音楽にありました。上の説明にもあるとおり、甲斐恵美子さんの音楽が心地よく落ち着かせてくれ、緊張のタッチダウンのシーンなど場面によってはその想いを盛り上げてくれる。さらに非常にきれいな再現CG。冒頭のぐるぐる回る「はやぶさ」、地球スイングバイで加速して飛んでゆく「はやぶさ」、「イトカワ」に自分の影を映しながら飛ぶ「はやぶさ」、タッチダウンする「はやぶさ」…まるで自分も「はやぶさ」と一緒に宇宙を飛んで、そのミッションを見守っているかの様な感覚。この「はやぶさ」の動きは、実際の「はやぶさ」の動きを忠実に再現したものなのだそう。さらに、所々に出てくる「はやぶさ」のつぶやき。これが可愛い。地球スイングバイで飛び立つシーンの「イッテキマス」にはついつい「行ってらっしゃい!」と答えそうになるし、タッチダウンの「ヤッター!」で気分は最高潮。そして帰還の「ミンナ タダイマ」で泣きそうになる私。相手は機械の探査機なのに、感情移入してしまう。あまりにもドラマティックな展開のせいか、転んでも絶対に立ち上がる根性を感じるせいか…。

 本編の後のエンドロールも必見。管制室の様子と「はやぶさ」に関わった全てのスタッフの名前が流れるのですが、ここで「すごいな」と思った。こんなにも多くの人が関わっていて、それぞれの専門分野・知識・経験・技術を活かし「はやぶさ」を運用している。管制室のスタッフたちも、まさに「見守る」ようにディスプレイを覗き込み、遠く離れた「はやぶさ」からの知らせを待っている。各々の想いを載せて飛ぶ「はやぶさ」。「はやぶさ」の活躍も素晴らしいが、"中の人"の努力にも大きな拍手を送りたい。そして帰還まで応援し続けたい。そんな想いが伝わってくるエンドロールで、「すごいな」と感激する一方でまたホロリとさせられてしまった。

 …しかし、エンドロールの最後の最後でクスリと笑ってしまった。「大正製薬」に「2ちゃんねる 『はやぶさ』関連スレッド」。なんてニクイ動画なんだ。

 ちなみに、「何故『はやぶさ』と大正製薬が関係あるの?」と疑問に思った方はこの動画をどうぞ。勿論知っている方もどうぞ。ここでLoituma「Ievan Polkka」を持ってくるとは…。一発で笑いましたよw
・「はやぶさ」と「リポビタンD」と「はやぶさブロガー」
YouTube版ニコニコ動画版


 この動画には解説PDFファイルが付いています。とても詳しく、わかりやすいものになっているので、「はやぶさ」ガイドとして活用できること間違いなし。また、全国の科学館・プラネタリウムでも公開中。PCの小さい画面よりも、プラネタリウムの大きなスクリーンで観てみたいわ。しかもこの動画、来年春にDVD化し、販売されます。別の動画と、資料CD-ROMも付いているとのこと。詳しくは松浦晋也さんのブログ「松浦晋也のL/D:はやぶさの「祈り」」でどうぞ。これは欲しいなぁ。それと、この動画の最後に「はやぶさ」に似た探査機のイラストが出てきます。「はやぶさ2」です。「はやぶさ」のためにも、実現したい。このイラストを見て強く思います。

 甲斐恵美子さんのBGMはCDで販売もされています。Music Termホームページからどうぞ。「はやぶさ」のジャケットが目印。トップにある「Lullaby of Muses 2」へどうぞ。試聴もできます。

 この動画にこめられた、そして観ている私たちの想いが「はやぶさ」に届くことを信じて。2010年、無事に帰還することを祈るばかりです。


【追記:ウェブ拍手お返事】
 27日に拍手コメントをくださった方へ:
こちらこそありがとうございます。読んでいただいてとても嬉しいです。本当に素晴らしい、ドキュメントと音楽と科学が融合した作品に仕上がっていて、私も嬉しいです。いち宇宙好きとして、「はやぶさ」サポーターとして、「はやぶさ」のことを知らない方にも知ってもらえたら、そして一緒に応援できたらと思います。どうもありがとうございます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-11-26 22:00 | 宇宙・天文

探査機"かぐや"月の謎に迫る ~月探査の入り口へ

 昨日夜のNHKでの「かぐや」特番「探査機"かぐや"月の謎に迫る」、観ました。その感想など。

 これまでJAXAが発表してきた月のハイビジョン映像と、昨日初公開の映像に興奮。クレーターの様子が鮮明に写っている。そのクレーターがどうやってできたのか、中はどうなっているのか。月って地球に一番身近なのに、こんなにも分かっていないことが多い。その解明の鍵となる映像を観ることが出来たのが本当に嬉しい。まだブラウン管テレビユーザーの私、涙目でした。

 しかし、1時間もない番組なのにゲストが多すぎて、かなり駆け足気味だったのは残念。アポロ12号乗組員のアラン・ビーン氏の話が途中で切られたのが悲しかった。司会ひどすぎる…。この月に実際に降り立った人の言葉・証言が聞けるのに、もったいない。解説の渡辺潤一先生(国立天文台)の話も短かったなぁ。

 …と言っても、「かぐや」の観測はまだ始まったばかり。今はハイビジョン画像がどんどん送られてきて"「かぐや」祭り"のようになっているけど(私だけ?)、「かぐや」をはじめとする月探査ラッシュはこれからが本番だということ、探査結果をまとめるまで探査は終わっていないことを強調して欲しかった。宇宙開発・宇宙探査は一度限りのお祭りじゃない。続けてこそ、より科学的なデータも増え宇宙の探求につながると私は思う。

 今回の番組はひとつのきっかけ。スタートライン。ということで、また半年・1年後ぐらいにNスペや「サイエンスZERO」あたりで「かぐや」特集頼みます。NHK様,せっかくいいカメラを載せたんだからその宣伝だけじゃなくて、そのいいカメラで撮ってきたものの価値も大切にしてください。そのうち、毛利さんがスペースシャトルからハイビジョンカメラで地球を撮影した時みたいに、DVDで出すのかな。あんな感じの番組は一回作ってほしいな。

 ちなみに、17日土曜の教育テレビ「科学大好き土よう塾」(朝9:15~)でも、月特集を組むらしい。確かなことはわかりませんが、かぐやのことですよね?「土よう塾」には的川泰宣先生はゲストとして常連。的川先生なら…。こっちにも期待。


【追記071117】
 「土よう塾」かぐやは関係ありませんでしたorzそれでも、月の石と玄武岩が同じというのは初めて知った。まだまだ勉強不足だと思い知りました。
 その「土よう塾」が始まる前、総合8:30~の「NHK週間ニュース」を観ていたのですが、今回の特番よりもこの「週間ニュース」の方が落ち着いて観られたのはどういうこと?「かぐや」がどういう風に月を回ってあの動画を撮影したかについても、月の模型で説明。つまり、月に立っていてもあの動画のような地球の出・地球の入りは観られないことも解説。さすが畠山智之アナ。あの特番の司会は畠山アナあたりが良かったと今頃思う今日この頃。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-11-15 22:10 | 宇宙・天文

「はやぶさ」&「はやぶさ2」を応援します!

 昨日公開された月探査機「かぐや」が撮影した月のハイビジョン画像に、非常に興奮しております。アポロ計画でも撮影することが出来なかった、月の北極の鮮明な画像。クレーターの様子がはっきりと写っています。画像は以下JAXAのサイトでご覧ください。その前に公開された地球の画像も素晴らしかった。かぐやGJ!!
JAXAプレスリリース:月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による世界初の月面撮影の成功について

 地球の画像はこっち↓
JAXAプレスリリース:月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)動画撮影成功について


*****

 さて、月では「かぐや」が本格的な観測前のウォーミングアップを行っていますが、その月のむこうでは、小惑星探査機「はやぶさ」が地球を目指しゆっくりと帰還中です。小惑星「イトカワ」へ向かう途中で何度もトラブルに見舞われましたが、めげることなく「イトカワ」へ。「イトカワ」を詳しく探査し、小惑星に着陸。小惑星に着陸後、小惑星から飛び立った人類初の探査機となりました。また、「はやぶさ」が「イトカワ」に投下したターゲットマーカーには88万人の署名が刻印されたプレートが載せられており、今も「イトカワ」に残っています(私も応募しました)。当初は燃料も足りず帰還できないかも知れなかったはやぶさ。しかし、新しく開発されたイオンエンジンを効率よく使い、帰還への希望が見えてきました。2010年帰還予定の「はやぶさ」。「イトカワ」の小惑星のかけらが採取できているかどうかにも期待がかかります。無事の帰還を願ってやみません。

 その「はやぶさ」の後継機、「はやぶさ2」の計画が持ち上がっています。「イトカワ」とは別の小惑星を目指し、同じように小惑星を調べ、かけらを採取する。しかし、その「はやぶさ2」を実現できない問題が。当初は5億円の予算の予定が、来年度は無しの可能性も。さらに新型ロケット開発のゴタゴタに巻き込まれて、乗せるロケットがないという話も(H2Aがあるじゃないか…。または「はやぶさ」を打ち上げたM-Vだって…。だから無くして欲しくなかったのに)。「はやぶさ」で様々な日本の技術力(イオンエンジンやサンプルリターンの技術)が発揮され、また解明されるかもしれない小惑星と太陽系の謎。「はやぶさ2」につなげれば、更にその技術の確立も、科学的な謎の解明もできる。それなのに計画断念は無念すぎます。

f0079085_2245331.jpg


 ということで、現在「はやぶさ2」の実現に向けて、関係各省庁のトップにお願いのメールを送るキャンペーンを行っています。私もそれに参加させていただきました。お役所の偉い人にメールを出すことに、恥ずかしさや難しさを感じてこれまでこっそり心の中だけで応援してきたのですが、何もしないで後悔するよりなら何か行動を起こしたほうがいい。「はやぶさ2」が実現すれば、自分もその力になれたことが嬉しい。締め切りは10月と噂されてきたのですが、11月でも間に合うとの情報を得て、勇気を出して文部科学省・宇宙開発委員会にメールしました。文面を考えるのに苦労しました…。

 宇宙開発も、人々の想いで作られている。その人々というのは、宇宙開発に関わる一部の人だけでなく、宇宙好きな一般の人々も含まれる。「はやぶさ2」の実現が民意であるならば、私もそういう願いを持っていると言葉にするべきなんじゃないか。そう考えてメールを出しました。

 もし、メールを出そうか迷っている方。一緒に応援しましょう!

 「はやぶさ」って何?何がそんなにスゴイの?と思っている方。以下の資料集をご覧ください。

【*「はやぶさ」についてよくわかる資料集*】
○ここを見ればよくわかるサイト・動画集
JAXA 宇宙科学研究本部(ISAS):小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)
 JAXAの「はやぶさ」公式サイト。基本はここ。
JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語
 「はやぶさ」特設サイト。川口淳一郎プロジェクトマネージャー他はやぶさチームメンバーのインタビュー動画もあります。チームの熱い想いがビシバシと伝わってくる。
「はやぶさ君の冒険日誌」
 そのJAXAによる、「はやぶさ」絵本風物語。これまでの「はやぶさ」の活躍を、絵本にまとめました。文章も「はやぶさ君」の語りになっているので読みやすい。親子でどうぞ。
「はやぶさ、帰って来い…」
 「はやぶさ」フラッシュで最も有名で、最も泣ける作品。さだまさし「案山子」の歌と、けなげな「はやぶさネコ」に心を打たれます。この作品見るたびウルウルしてる…。
 *元々ニコニコ動画にアップされていたものは削除されてしまったのですが、当初のFlashの内容に2007年中の「はやぶさ」運用、さらにより詳しい解説を追加した改訂版(ニコニコ動画)がアップされました。「その後」と「おまけ」が非常に分かりやすく、なおかつ笑える。歌も初音ミクに替え歌版を歌わせています。ますます感動大作に。
・「小惑星探査機はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン」
ニコニコ動画版YouTube版。「はやぶさ」の素晴らしさが短い時間でよくわかるいい動画。BGMがワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」なのもツボ。

 まずはこの5つをどうぞ。以下「はやぶさ2」関連のものも。


はやぶさまとめwiki
はやぶさ情報を網羅するまとめサイト。お願いキャンペーンのサイトもここにあります。最新情報はブログはやぶさまとめニュースにも。
松浦晋也のL/D:はやぶさ2に向けて、最後のお願い
 「恐るべき旅路」の著者で宇宙開発ジャーナリストの松浦晋也氏のブログ。松浦氏は積極的に「はやぶさ2」実現へのお願いメールについて呼びかけています。メールを送ったブロガーのTBを呼びかけているので、TBを送っています。

 さらにこんなものも。
・【MAD】「はやぶさ」ファンにしてあげる【替え歌】
ニコニコ動画版YouTube版。ボーカロイド2・初音ミクのオリジナルソング「みくみくにしてあげる」のはやぶさ替え歌版です。ミクをもっている方、是非歌わせてあげてください。
 と思ったら、歌わせてくれた職人さんが。
・【初音ミク】はやぶさファンにしてあげる(原曲:みry♪)をうたう
 ニコニコ動画版YouTube版。ミクもはやぶさを応援?

・はやぶさ プラネテスのOP風
 YouTube版ニコニコ動画版。アニメ版「プラネテス」のOP風に「はやぶさ」とISASの歴史をまとめたもの。あのOPは大好きなのですが、よくここまで合わせたもんだ…。GJ!
(最初に貼っていた動画が消されてしまったので、再投稿版を貼っておきます)
 ちなみに、元の「プラネテス」OPはこれ
・探査機「はやぶさ」宇宙の旅
 YouTube版ニコニコ動画版。アニメ「エマ」のサントラに載せてお届けします。この曲、いいなぁ。

 その他ニコニコ動画では「はやぶさ」動画が増え続けています。探査機「はやぶさ」タグでまとめてどうぞ。

はやぶさまとめニュース:はやぶさを応援していた女の子の話・続編
 はやぶさまとめwiki管理人さんのブログから。「はやぶさ」に夢中な女の子のお話。なんともいい話。



 以上、長くなりましたが、当ブログでは「はやぶさ」「はやぶさ2」を応援しています!…もちろん「かぐや」も。


【追記】
 ホームズ彗星、観れていません…。雲の関係で。残念だったなぁ。ということで、web拍手のお返事でした。宇宙関係記事ということで、ここに書かせていただきました。

 一部URLが間違っていたところがありました。申し訳ありません。訂正しました。ついでに参考リンクを追加しました。

 080305
 動画が消えてしまったものもあったので、URLを直しました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-11-08 22:49 | 宇宙・天文

宇宙バカ、ISSのロボットアームに挑む

 今日から開催されている、地域ICT未来フェスタ2007というイベントに行ってきました。お目当てはあの高性能プラネタリウム「メガスターⅠ」。しかし、混みすぎてメガスターの入場整理券を貰うことができず諦めた(´・ω・`)

 しかし、このイベントでの私のお目当てはそれだけじゃないのです。宇宙航空研究開発機構/JAXAのブースもあるとのこと。これは行かねば。昨日は風邪気味で体調がおかしかったのだが、大事には至らずまぁまぁ元気。会場に行けばもっと元気になるさ(宇宙バカ、風邪をぶっ飛ばした)。

f0079085_21131090.jpg

会場の様子。白いドームがメガスターのドーム。

 会場では各企業・省庁等々の機関が最新の科学技術・通信技術を展示。それぞれのブースのスタッフの方々がわかりやすく説明してくださいました。ロボットのデモンストレーションやら、機器を実際に操作して体験することも。こういうイベントは初めてなので、手当たりしだい色んなブースを覗いていました。

 ここから本題。JAXAのブース。それほど広いブースではなかったが、大変な物が置いてあった。国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に付いている、ロボットアームのシュミレーター。宇宙飛行士も実際に使って訓練をしているというシュミレーターを、私ら一般人も体験できるとのこと。これは挑戦するしかないでしょう!
ちなみに訓練の様子はこんな感じ。
画像その1 古川飛行士も使ってます。
画像その2 ロボットアームのスペシャリスト・若田飛行士も使ってます。


 そのシュミレーター。PC画面にCGできぼうの外、つまり宇宙空間の様子が映され、PC両側に置いてあるレバー2本を使って操作します。左手のレバー(四角いの)でアームの位置を、右手のレバー(ゲームのジョイスティックみたいなの)でアームの角度・向きを調節。上の写真に写っているレバーがそれ。これらを使って船外の荷物をつかみ、決められた位置へ移動させるのがミッション。JAXAのお兄さんにレバーの使い方を教えていただいて、早速チャレンジ。…すっごく難しい。レバーの動かし方に慣れていないというのもあるけれども、CG画像のため位置感覚がよくつかめない。スペースが結構あるだろうと油断して動かすと「きぼう」本体にぶつかりそうになる。私はCGとしてだけ操作しているけれども、飛行士はこれを実際のモノで操作しなきゃいけない。CGと実物との違いって、どのくらいあるんだろう?それでも、普通のテレビゲームのジョイスティックよりは細かい動きが出来るように感じました(当然か)。

 何とか無事に指定の位置まで荷物を動かし、ミッションコンプリート。JAXAスタッフさんに「呑み込みが早い。もしかしたら才能あるかも」とお褒めのお言葉をいただきました。…でも本当に難しいって。こんなのを使いこなす宇宙飛行士ってすごいと、あらためて感じました。これからロボットアームのニュースを観る際、見方が随分変わるかも。

 ちなみに、きぼうの外観はこんな感じ(JAXAサイトより)。ロボットアームについて詳しくはこちら

f0079085_21501069.jpg

f0079085_2150277.jpg

 各ブースから大量にパンフレットやら記念品やらを貰ってきたのですが、JAXAからも色々とお土産を貰いました。上はパンフレット一覧。ネコの表紙の「宇宙を知るための自由研究」がとてもわかりやすく、面白かった。子供も大人も一緒になって勉強できる内容です。下はクイズに答えて貰ったストラップ。宇宙飛行士がかわいい。


 最後に余談。
f0079085_21534271.jpg

 会場外の屋台で売っていた「黒石つゆやきそば」。太目の麺のやきそばに、何とだしつゆがかかっている。天ぷらとネギも付いてる。やきそば?おそば??ラーメン???何とも不思議なご当地やきそば。味はやきそば。でも食感はラーメン…?美味しく不思議なやきそばでした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-10-12 21:58 | 宇宙・天文

シリアル食いつつ宇宙を夢見る

 本日、H2Aロケット13号機が打ち上げに成功(仕事中で打ち上げ中継見られなかったよチクショー!)。搭載された月探査機「かぐや(SELENE)」も無事月へ向かうための軌道に乗りました。打ち上げ成功おめでとう!!今後アポロ以来の月探査ラッシュが始まるのですが、その一番手としていいスタートが切れました。ちなみに、このブログでも何度も宣伝してきましたが、この「かぐや」には44万件の名前とメッセージが記載された金属プレートが付いています。私も(家族の名前も勝手に)応募させていただきました。今後月へ向かう「かぐや」、このブログでも引き続き応援していきます(`・ω・´)

 まずはJAXAと、そして今回から民間に移ったH2Aの打ち上げを担当した三菱のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。12月からの探査を楽しみにしてます!


*****

 ところで、「かぐや」から話は全く外れるのですが、今ケロッグのシリアルに宇宙を特集したオマケDVDが付いてくるという情報を得ました。

 ということで、買いました。
f0079085_2157255.jpg

普段コーンフレークはほとんど食べないのだが、この宇宙DVDに釣られて買っちゃいました。くそう…、私を釣るには十分すぎる餌!!


 このDVD、ドキュメンタリー番組専門チャンネル・ディスカバリーチャンネルが製作。ディスカバリーチャンネルがこれまでに出した宇宙関係番組のダイジェストや、山崎直子宇宙飛行士のインタビュー、さらに今日打ち上げられた「かぐや」のプロモーション映像(JAXA全面協力)などオマケにしてはかなり盛りだくさん。30分足らずのDVDでしたが、十分楽しませていただきました。

 ディスカバリーチャンネルのダイジェストは本当に短いまとめなんですけど、いいところどりで面白いものがギュッと詰まってる。最初の方は現在の宇宙開発(シャトルとかISS建設とか)なのですが、後になると未来の地球外惑星探査だの、地球外生命体だの…。「これも生物?!」と思うようなとんでもない生物まで出てきて驚いた。NHKでもこういうのを見た記憶があるのだが、また違った視点になってる。説を出そうとすれば、どんどん出てきそうだな。

 山崎直子さんのインタビュー。宇宙飛行士の訓練のこと、子供の頃のこと、宇宙飛行士になろうと思ったきっかけなどなど。訓練で大変なのはやっぱりサバイバル訓練で、楽しみなのは飛行機での無重量体験訓練。とっさに「ゲロ彗星」と思ったのは私だけではあるまい。このDVDでは触れてはいませんでしたが、山崎さんは来年の土井隆雄飛行士の飛行の地上支援を担当。その辺の訓練の話も聞けたらよかったなぁ。今後が楽しみな飛行士のひとりであります。

 そしてあまりにも突然で驚いた「かぐや」プロモーション映像。まさかあるとは思わなかった。ひとりでDVDを観ながらはしゃいでました…。ちなみにこのDVDで使われてたH2Aの打ち上げ映像は、陸域観測技術衛星「だいち」を打ち上げた8号機のもの。「だいち」も大活躍中です。

 ということで、スーパーでケロッグのシリアルを見かけたらこの記事を思い出してください。決してケロッグの回し者ではございません…。


 宇宙DVDに関して詳しくは以下。
角川カルチャークラブ
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-09-14 22:23 | 宇宙・天文

今夜は皆既月食

 今夜は待ちに待った皆既月食の日です。私の住む地域は運よく晴れました。ありがとうお天気さま!

 18:50から観始めたのですが、東から昇ってきた月がだんだん欠けてゆく。以前も、部分だったか皆既だったか忘れたが月食を観た事はあったが、この欠けてゆく過程にドキドキする。

 そして19:00近くなって皆既。月が赤い。神秘的、としか言いようがない。月の赤さは地球の影。そう思うと宇宙の中にいるんだなと感じる。

 頑張って写真を撮ってみた。
f0079085_2275247.jpg


 普通のデジカメじゃ無理です…。

 今はもう元に戻ってしまった月。短い間の天文ショーでもいいから、夜空を見上げた時に観えたもの、観た時の感情を共有できたらいいなと思う。

 いつか皆既日食を観に行きたいです(`・ω・´)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-08-28 22:10 | 宇宙・天文

宇宙バカ、JAXAiに行く 旅行記録2007 番外編

 今回の旅行の帰り、新幹線に乗るために東京駅へ。新幹線までの時間が少しあったので、暇をつぶそうと駅周辺を観光することにした私。何があったっけ?と本屋で東京ガイドを立ち読み。すると、駅すぐ近くの丸の内オアゾに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の情報スペース「JAXAi(ジャクサ・アイ)」があることが判明。そう言えば浜松町から丸の内に移転したんだっけ。これは行くしかない。宇宙バカの血が騒ぐ。オアゾまで一直線だ!

f0079085_2223421.jpg

 丸の内オアゾの2階にありました。小さなスペースでしたが、中はすごい。まず出迎えてくれたのが船外活動用の宇宙服。しかも、顔を出して写真撮影が出来るすぐれもの。大きなお姉さん一人が写真を撮っても寂しかったので…やめておきました(オイ

 その宇宙服の後ろに合ったのが、H2AロケットのメインエンジンLE-7A。以前、お台場の日本科学未来館でも観たことがあったけど、すごいわコレ。しかも展示されているのは燃焼実験で実際に使われたエンジン。そのため、ところどころ黒くなっている。うわー、これはすごい。そしてその後ろ、壁際には今話題の「宇宙日本食」が期間限定で展示中。これを観たかったのよ!!銀色のパッケージに包まれ、まさしく宇宙食。しかし、中身は私たちがいつも口にしている物とほぼ同じなものも。そして私が一番気になったのが「宇宙ラーメン」。野口聡一さんが宇宙で実際に食べたラーメンも別のコーナーに展示されていた。その野口さんのラーメンと、「宇宙日本食」のラーメンはちょっと具が違うようだ。味見は出来ないけれど、どんな味なんだろう、宇宙で食べた時の気分は?と考えるとワクワクする。ちなみに、この宇宙日本食は来年の若田光一さんの飛行で宇宙へ向かいます。

 他にも衛星「だいち」や「はやぶさ」のコーナーや、宇宙に関するビデオも放映されていた。私が行った時に放送されていたのは毛利衛さんの1回目の飛行の映像。もう15年も前のことか…。そして国際宇宙ステーション(ISS)のコーナー。来年ISSの日本実験棟「きぼう」の建設に携わる土井・星出・若田3飛行士に関しては強くプッシュされていました。いよいよ「きぼう」の建設が始まる上に日本人飛行士宇宙飛行ラッシュ。力も入ります。

 JAXAグッズをお土産にしよう…と思ったらグッズの販売は土・日・祝日のみらしい。…しょんぼり。しょうがないので配布されていたパンフレットを手当たり次第もらってきました。
f0079085_22455422.jpg

 JAXAの機関紙「JAXA's」やら、「だいち」のパンフやら。しかもその時大きめのバッグを持っていなかった私はJAXAのお姉さんに袋をもらえないか聞いてみた。そしたら、
f0079085_22494696.jpg

JAXAのロゴ入り封筒をもらいました。おおおお!!勿論非売品。これはいいものをもらいました。ありがとう、スタッフのお姉さん!

 ということでホクホクしながら東京を後にした私でした。東京駅近辺にお立ち寄りの際は、皆さんも是非JAXAiに足を運んでみて下さい。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-08-09 22:48 | 宇宙・天文

セレーネ「月に願いを!」キャンペーン 締め切り迫る!

 先日このブログでも紹介した月周回探査衛星「セレーネ(SELENE)」に、あなたの名前とメッセージを載せて月まで届けることが出来る「セレーネ『月に願いを!』キャンペーン」。その名前とメッセージの募集締め切りが、明日28日に迫りました。今ならまだ間に合います!


 応募は上バナーリンク先、JAXAのキャンペーンサイトからどうぞ。必要事項を記入するだけで、簡単に応募できます。メッセージは全角20文字以内。半角英数だと40文字までOK。
こちらでは、各界著名人の皆さんからのメッセージも読めます。

 詳しい解説記事はこっち↓
月に願いを…「セレーネ」プロジェクト +α


 
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-02-27 21:14 | 宇宙・天文

月に願いを…「セレーネ」プロジェクト +α

 あなたが月に願いを届けることが出来たら、何を願いますか?

JAXA:セレーネ「月に願いを!」キャンペーン


 日本が今年夏に打ち上げ予定の月周回衛星「セレーネ(SELENE)」。この人工衛星に名前とメッセージを載せて、月まで届けようというキャンペーンを展開しているのをご存知でしょうか?ご存知の方、もう応募はされました?ご存じない方、この記事を読んで、是非応募してみてください。

 「セレーネ」は月の周りを回りながら、月の環境や月がどのようにして出来たかを調べることが目的の観測衛星。月は一番身近な天体なのに、何故かよくわからないことが多い。例えば月がどうやって出来たのか。小惑星が地球にぶつかって、その破片が集まり月になったという説(ジャイアント・インパクト説)が有力と言われているが、まだはっきりしないことが多い。今年はアポロ計画以来の月探査ラッシュで、日本だけでなくアメリカやロシア、インドも観測衛星を打ち上げる予定。

 その月周回衛星に宇宙を夢見る人々の名前とメッセージを載せて、月まで持っていってしまおうというのが、この「月に願いを!」キャンペーン。以前も、火星探査衛星「のぞみ」や、小惑星「イトカワ」へ向かい、数々のトラブルにもめげずミッションを続け現在地球へ帰還途中の小惑星探査衛星「はやぶさ」にも人々の名前を載せるプロジェクトを行ってきました。私も「はやぶさ」に私と家族の名前を(勝手に)載せ、宇宙の彼方へ飛ばしました。(はやぶさに関しては関連記事「はやぶさとイトカワ」もご覧下さい。)


 私はまだ宇宙へは行けない。同じように、宇宙へ行ってみたいけれども行けないと思う人は多いはず。そんな人々と少しでも宇宙への夢を共有したい。名前だけでも宇宙空間を旅するチャンスをくれたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の心意気が、とてもカッコよく感じる。その衛星のニュースを見るたびに、宇宙空間を飛んでいる自分の名前を思い出す。決して宇宙は手の届かない場所ではない。また、宇宙開発は税金の無駄遣いだとか反対意見もあるけれども、宇宙を知ることで見えてくることは、お金で買えるとかそういう次元の問題じゃないと私は考える。そんな宇宙開発を少しでも応援したいという意味もこめて、私は今回も名前とメッセージを月に送るべく、このキャンペーンに参加しました。


 この記事を読んで少しでも興味を持った方、是非応募してみてください。記事冒頭のリンク先から、応募することが出来ます。勿論無料。家族や友人、恋人やペットの名前もまとめて送ることが出来ます。応募締め切りは2月末日。今からゆっくりメッセージを考えても間に合います。



*****


 今日はもうひとつ宇宙開発関連ニュース。

若田光一さん、宇宙ステーション長期滞在要員に(朝日新聞)

 今年冬の予定が、延期になって多分来年夏あたりには土井隆雄さんの宇宙飛行が予定されていますが、来年秋に若田さんの宇宙飛行が決定。しかも、国際宇宙ステーション(ISS)に3ヶ月滞在予定。おおおおお、ついに来たか、と思いつつニュースを見ていました。これまで96年、2000年とスペースシャトルに搭乗し、ロボットアームで衛星を捕まえたりISS建設に加わったりとキャリアを積んできた若田さん。しかも、そのアーム操作が神業級。2度目の飛行で、アームに付いているカメラが不調でそのカメラ無し、つまり取り付ける先が見えず、様子がよくわからない状態で操作したにも関わらず、見事ISSの部品を取り付けてしまったことも。あの時は見ているこっちまで興奮してしまった。

 土井さんのミッションでもそうですが、主なミッションは日本の実験棟「きぼう」の建設。3ヶ月の長期滞在ということで、仕事も多いと思うのですが…、ここはこの間のNHKのISS生中継のように、週1ぐらいでISSから生中継レポートなんてやってほしい。ISSがどうなっているのかとか、最近のミッションの様子とか。ハイビジョンカメラで撮った地球の映像もつけて。そうすれば、日本でももっと宇宙開発への関心と理解が深まるんじゃないかと思ってみた。もし出来るなら、ISSからブログ連載とかどうでしょう?面白いと思うんだ。

 もっと詳しくはJAXAのプレスリリースをどうぞ。先に飛行予定の土井さんとのミッションの順番図説や、各日本人飛行士からの祝福メッセージもあります。
 あと、まだ関連する記事はないのですが、きっと報告記事があると思うので、野口聡一さんのブログ野口聡一blog:宇宙日記2007も参考リンクとしてどうぞ。久々に宇宙にワクワクさせていただきました。


《追記》
 その野口さんのブログで、このISS長期滞在に関する報告記事が。以下リンクからどうぞ。
野口聡一blog:宇宙日記2007 : 御報告
 野口さんは、若田さんが飛行できなくなった時のためのバックアップメンバーでもあります。毎日新聞の記事(下のリンク)によると、
「私たち2人組が、宇宙飛行士の史上最高のデュオと言われるよう頑張りたい」
と抱負を語る野口さん。ええ、2人の活躍に期待します。土井さんの飛行と合わせて、当ブログでは盛大に応援します。またNASA-TVにかじりつくんだろうなぁ。来年は久々に日本人宇宙飛行士のニュースで楽しめそうです。
若田さん:「日本の子供たちもあこがれではなく、目標に」(MSN毎日インタラクティブ)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-02-13 21:47 | 宇宙・天文

LIVE! from国際宇宙ステーション

 NHKで放送された「史上初!ハイビジョン生中継 LIVE宇宙ステーション」、中継は録画したが先ほどのアンコールも観た。これまで宇宙から生中継は色々あったが、ハイビジョンカメラを使ったのは初めて。さすが画像がきれいだ。映像が時々途切れ途切れになったしまったのは残念だが、生放送だし仕方ない。時間は短かったけど面白かった。


 興味を持ったのは実験施設。低温で血液などを保存しておく機器もある。宇宙でそういうものが運用されているところが驚き。こういう宇宙ステーションの役割を、週1とは言わないから月1で1時間ぐらい生放送してくれたら、もっと宇宙開発への理解が深まるんじゃないか?と思う。

 米村でんじろう先生の実験には絶句。「宇宙遊泳」を実演するために飛行士に平泳ぎを頼むでんじろう先生。「宇宙遊泳」っていっても、ステーション内には空気もあるし、何のつもりで頼んだんだろう?慣性の法則を確かめるのにはちょっと条件が悪すぎる。それよりならこの間の野口聡一宇宙飛行士の船外活動の映像を観ながら、野口さん本人に聞いたほうが分かりやすい気がする…。

 JAXA宇宙飛行士代表で山崎直子さんが出演。こういう番組には決まって毛利衛さんが出るんじゃないかと思っていた私。外れた。山崎さんもそうだけど、JAXA宇宙飛行士4期生が宇宙へ行けるのはいつの日なんだろうか…。心配である。

 こういう番組は一発花火ではなく、何度か続けてやっていって欲しい。日本人飛行士の宇宙飛行もそんな頻繁にあるわけではないし、各国の飛行士の話も聞きたい。さっきも書いたけど、せめて月1での放送希望。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-11-18 21:51 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-17 22:01
カリスマ解説員の楽しい星空入門
at 2018-01-16 22:18
イギリスだより カレル・チャ..
at 2018-01-10 22:26
ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-10 21:16
地図のない道
at 2018-01-06 22:29
「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-12-24 22:43
クラシック音楽の最前線で B..
at 2017-12-23 23:26
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-20 22:51
切手で絵本の世界
at 2017-12-20 21:55
金井さんのISS長期滞在スタート
at 2017-12-19 22:10

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索