<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふたつのスピカ 10

 「ふたつのスピカ 10」(柳沼行、メディアファクトリー)

 スピカももう10巻。アスミたちは3年生になり、新年度が始まった。宇宙飛行士選抜試験を受けた秋を目当てにマスコミが入学式にやってくる。秋を一目見ようとする新入生もいる中、ケイはそのことが気に食わない。一方、喫茶店でアルバイトを始めたマリカ。慣れない接客業に困惑しつつも、少しずつ自分の可能性を広げていこうとする。また、かもめ寮にも新入生がやってきた。先輩としてしっかりしようとするアスミだが、その体型のせいかなかなか先輩としてみてもらえず悩んでいた。
 そんな中、宇宙学校に再び佐野がやって来る。


 まず、3年になって新たな展開が。ケイ→秋への想いはますますはっきりと。帰り道で秋のことを悪く噂する見知らぬ男子に向かって反論、ケンカになるあたり想いのまっすぐさが伝わってくる。ケイにとって秋は恋愛対象としてだけでなく尊敬の的でもある。ただの甘ったるい恋愛ものにさせない。そこが好きだ。

 そして、マリカ→府中野???ケイのマネをして「ふっちー」と呼ぶマリカ…。何だか面白くなってきました。府中野のアスミへの想いはどうなるんだ?いや、あれは恋心と言って良いのか???

 そして今巻一番の読みどころは佐野とアスミ父・トモロウの思い出話かと。先のケイと同じように、その想いがまっすぐ過ぎるからこそ起こしてしまった事件。なんとも切ない。そして明らかになっていく獅子号の闇…。出典を忘れてしまった上ににうろ覚えで申し訳ないのだが、こんな言葉を言った人がいた。「ロマンだけでは宇宙には行けないが、ロマン無しでは宇宙には行けない」 宇宙開発の現実と必要な技術と、その裏にうごめく様々な打算。それは一筋縄で解決できるものではない。でも、その基盤にあるのは宇宙を夢見る人々のまっすぐな思い。その思いがあるからこそ、その一筋縄でいかない現実を打破できるのだろうと感じた。


 最後に、最近どうも出番が少なくなってしまったライオンさんが、幼いアスミとの会話を回想するシーンの台詞を引用します。
「妥協っていうのはいつも夢の手前に置いてあってね
わりと手に入れやすいものなんだ
多くの人は生きていくために少しずつ少しずつ妥協を手にして
そして気づいた時には本当の夢からどんどん遠ざかってしまう」(146ページ)


 自分にとって妥協とは何だろう。自分の夢って何だったんだろう。自然と自問自答してしまった。


 で、同時発売のイラストブック。単行本を買った本屋には見当たらず、アマゾンでも在庫切れ。他を当たるか。それから、スピカには関係ないのだが宇宙飛行士関係の話題として、野口聡一さんの本がいつの間にか出版されたのだそうだ。しかもすでに3冊。自叙伝に飛行中の日記など。この出版の勢いは毛利さんや向井さんの旦那さん以上の勢いのはず。本屋で「スィート・スィート・ホーム」(木楽舎)は見かけて手にとって見たが、写真がもうたまらん。図書館に早く入らないかなぁ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-03-25 21:46 | 本・読書

フィンランド近現代史を知らずにフィンランドを語れるか?!

 フィンランドが好きだといっておきながら、手を付けずにいたフィンランドの歴史。世界史の参考書を引っ張り出してきても、フィンランドのことなんて少しも書いていない。書いてあっても年表に「1917年 独立」ぐらい…。図書館で関係のありそうな本を開いては見たけど、何故か読む気がしない。これではいかん。という訳で、まずは以下の2冊から。


「戦う北欧」(武田龍夫、高木書房、1981)
「白夜の国ぐに 米ソ対立の谷間で」(武田龍夫、中公新書、1985)


 どちらも古いが、近現代史入門にはちょうどいいかも。とにかく、ソ連・フィンランド戦争、いわゆる「冬戦争」と「継続戦争」がドラマチック。ナチスドイツが勢力を増す中、ソ連もポーランド東半分やバルト三国に軍を駐留させ、さらにフィンランドに手を伸ばそうとしていた。ソ連の要求をなんとか平和的に退け、中立の姿勢を保ちたいフィンランド政府に対してソ連はひるまず。1939年11月、「冬戦争」が始まる。大国ソ連に対してフィンランドは小国。ソ連側もすぐに占領できると思っていたら、フィンランド軍の大反撃。ここからがすごい。カレリアの森をスキーで移動するフィンランド軍はソ連軍戦車を破壊しまくり、武器や食料も奪ってしぶとく戦う。…これがフィンランド魂“sisu”か。すごい…。

 休戦後、ソ連を侵略しようとするナチスドイツに加担してしまうフィンランド。この経緯が未だよくわかっていないらしい。でも、冬戦争の「継続戦争」であることは確か。失った国土を回復するための戦争であることには変わりないらしい。

 フィンランド近・現代史のもうひとつのヤマは力のある指導者がいたこと。冬戦争では元帥として軍を率い、のちに大統領となったマンネルヘイム。ナチスドイツに加担したと戦争犯罪者となってしまったが、苦しい戦況の中でソ連と和平を結ぼうとしたリーチ大統領。戦後、ソ連に同調を強いられる中半世紀にもわたって大統領を務めたケッコネン。大国に挟まれて苦労が絶えないにも関わらず、指導者に恵まれたのは本当に幸い。

 フィンランド近現代史からみると、私が今まで見てきたフィンランドは歴史のほんの一部なんだと感じる。まさに悲劇の国。とは言えまだまだ入門程度。他にも色々本を見つけてきているので、徐々に読み込んでいくことにする。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-03-23 21:37 | フィンランド・Suomi/北欧

宮川泰さん死去…

「恋のバカンス」「宇宙戦艦ヤマト」宮川泰氏死去(読売新聞)

 上の記事の通り、宮川さんが亡くなられたそうです。NHKの7時のニュースを見ていたら、訃報が流れてびっくりしました。だって、昨年末の紅白ではいつも通り元気そうに「蛍の光」の指揮をしていたのに。もうただただ驚き、そして残念です。

 宮川さんの名前を知ったのは、失礼ながら「クインテット」のアキラさんを知ってから。でも、名前よりも先に音楽が出てくる。「宇宙戦艦ヤマト」も「恋のバカンス」も、リアルタイムで知っている世代ではないのに何故か歌える。実は時々カラオケで歌っている。「ズームイン!朝」や「おもいっきりテレビ」の音楽は知らない間に日常の中にあったし、こちらもリアルタイムではないけれど「ゲバゲバ90分」や「シャボン玉ホリデー」のテーマも聴けば昭和の古きよき時代が思い浮かぶ。そして、紅白のエンディングで出てくる、いつも派手な指揮をするおじさんも、名前は知らずとも気になっていた。

 そんな風に、自然と人々の日常の中に入ってきて、自然となじんでしまった音楽ばかりだと思う。後で名前と音楽が一致して、「ああ、あの曲の人なんだ。すごいね」と何度も思った。「誰の曲だからすごい」のではなくて、「名前を知らなくてもその存在を十分に知らしめることの出来る音楽」であること。そんな音楽を作り続けた宮川さんの偉業を、心から称えたい。

 稚拙な言葉しか出て来ませんが、心よりご冥福をお祈りいたします。

trackback forショック・・・!([徒然なるままに…])
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-03-21 21:02 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18
流れ行く者 守り人短編集 /..
at 2017-05-09 22:51
北国の春 2017
at 2017-05-04 21:21
日本とデンマークの150年切..
at 2017-05-02 21:54
理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索