<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ドリトル先生の動物園

 「ドリトル先生」シリーズ第5弾。トミー君との「航海記」の続編に当たります。トミー君が登場して語る巻の文章が好きだ。

ドリトル先生の動物園
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳/岩波書店・岩波少年文庫


 タイトルの「動物園」は、現代の人に動物を見せるための施設のことではなく、動物たちの町のことを指します。パドルビーの自宅に、動物たちの町を作ったドリトル先生。「雑種犬ホーム」や「ネズミ・クラブ」など、動物たちが幸せに暮らせる町・家を作ることは、ドリトル先生最大の願いだったと思う。

 物語の大半は、「ネズミ・クラブ」の個性豊かなネズミたちの思い出話。代表して4匹のネズミの思い出話、経験談、そして武勇伝が語られる。世界中のいたるところに棲み付くネズミたちが、彼らの経験談を話してくれたら…。きっと、人間の視点では理解しきれない物語が詰まっているんじゃないかと思う。何かを聞き、読み、理解しようとする時、その人の視点や考え方のパターンは大きく影響してくると思う。その視点や考え方のパターンから脱却して、新しい考え方で物事を見るのは難しいと私は感じる。だから、ドリトル先生の物事の考え方、世界を見る視点は私のものとはずっと違っているのではないか。ドリトル先生のお話を読んでいると、そんな狭い・固まった自分の視点に気付く。そして、人間の視点とは違う視点の世界を、ドリトル先生がそっと見せてくれていると感じる。

 物語の後半は、名探偵犬・クリングの謎解きミステリー。ドリトル先生のお話は冒険ものだけじゃない。ミステリーまであったなんて。でも、普通のミステリーのように「犯人はお前だ!」と突き止め、犯人が逮捕されてめでたしめでたし…ではない終わり方がドリトル先生らしい。余計なことは言わない。言葉は少ないけれど、言葉以上にものを語る何か…雰囲気とか、空気とか、そういうものがドリトル先生からにじみ出ていて、そこがこの物語の面白さだと感じた。

 そのクリングの登場シーンがユニーク。ネズミを食べて(ネズミばかりが出てくる、しかもそのネズミたちが活躍する物語で、いきなりこの流れは厳しい…)、お腹を壊したクリングに、ドリトル先生の犬・ジップがこう言う。
「いまどき、ネズミをたべるなんて、きみは何も知らないのかい?Rのはいらない月には、ネズミをたべちゃいけないんだぜ。ものすごく毒があるんだから。」
「そのRっていうのは、何のことですか?」
「そりゃ、もちろんRatのことさ。」(277ページ)

…ネズミは牡蠣ですか。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-29 21:24 | 本・読書

ピアノの可能性 舘野泉コンサートに行ってきた

 このブログで何度も取り上げているピアニスト・舘野泉さんのコンサートに行くことができました。悲願達成です。

プログラムは以下
・J.S.バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌニ短調 BWV1004より
・スクリャービン:「左手のための2つの小品 op.9」より 前奏曲/夜想曲
・間宮芳生:風のしるし~オッフェルトリウム
・吉松隆:四つの小さな夢の歌~三手のための(共演:平原あゆみ)
      タピオラ幻景 op.92

 ピアノの鍵盤を正面から見ることが出来る位置に座ったのだが、手の動きに驚いた。鍵盤の低音の端っこから、高音の端っこまで動く動く。しかも左手だけで。テレビで観た時もすごいと思ったのだが、目の前で見るとまた違う。私はこれまで、ピアノ曲を聴く時は音だけに注目しようとしてきた。CDで聴くことが多いのでどうしてもそうなってしまうのだが、音の響きや表現に注目して、それ以外の情報はあまり注目しようとしなかった。でも今回、舘野さんの演奏をこの眼で観て、手・指の動きにも注目してみた。ピアノの真正面ではあったが離れていたので、まじまじと見ることは出来なかったが、出したい音・響き、表現のためには手・指・身体の動きにも注意を払う必要がある。ピアノを演奏することは、スポーツに似ているのかもしれない(だとしたら、運動音痴の私はどうしたら…orz)。ピアノだけのコンサートに行ったのは初めてだったので、まずそういう点に注目。

 もうひとつ驚いた点。ピアノってこんなに音が出る楽器だったんだ…と思い知らされた。CDで聴くのとは違う。優しい弱音から、渾身のフォルテシモまで。音色も、響きも、表現も多彩。「ピアノは小さなオーケストラ」と呼ばれる意味がようやくわかった。これまで、確かにピアノは多彩な音・表現が出来る楽器だと思ってはいても、実際のオーケストラに比べたら全然違うだろうと思ってきた。だから、自分でピアノは演奏するけど、ピアノよりもオーケストラの演奏を聴いている方が好きだったし、交響曲・管弦楽曲の方が好きだ。でも、それは私がピアノの可能性を知らなかったから、そう思ったのだろう。舘野さんの演奏は、ピアノの可能性を最大限に引き出していると感じた。スクリャービンの「夜想曲」のキラキラした高音。高音がキラキラするって、こういうことを言うんだ…これも今回思い知ったことのひとつ。一方、吉松隆の作品は低音が印象的に響く。ピアノっていい楽器だなと、心から思う。


 アンコールは3曲。
・カッチーニ(吉松隆編曲):アヴェ・マリア
・カスキ:激流 op.48-1(演奏:平原あゆみ)
・吉松隆:子守歌~三手のための(共演:平原あゆみ)

 「アイノラ抒情曲集」で三手連弾を共演された、お弟子さんの平原あゆみさんもアンコールをソロで演奏してくださいました。と言うよりは、舘野さんに半強制的に「何か弾きなさいよ」と(笑)。演奏したのが、フィンランドの作曲家、ヘイノ・カスキの「激流(Pankakoski)」。この曲を選曲し、生で聴けるとは思わなかった。かなり前に「夏至の夜にメリカント」(2006.6.21)の記事で紹介した舘野さんのCDで聴いて、気に入った曲。生で聴いてますます気に入った。しばらくフィンランドの作曲家の作品から離れていたので、聴きなおそうと思っている。



 CDで聴いていいなと思っていた曲・演奏の響きが目の前で、今ここの空気を伝わって響き届いてくることに感動した。自分の音楽・ピアノに対する無知、経験のなさ、未熟さも思い知りましたが、それだけいい勉強になった。舘野さんのコンサートにはいつか行きたいと以前から思っていたので、その願いを達成できたことと、舘野さんのコンサートでこんな勉強もこんな勉強も出来てよかったと思う。そして、憧れていた音色に生で触れることが出来たのも。行って本当に良かった。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-28 22:40 | 音楽

星空放送局

 気になっていた本。タイトルと表紙に惹かれた。

星空放送局
中村 航/宮尾 和孝・絵/小学館/2007

 「出さない手紙」「カラスは月へ」「星空放送局」の3つの物語が収められている。この3つの物語は重なりあっていて、最後に「そういうことだったのかー」と声をあげてしまった。


 誰かに何か想いを伝える…その想いは、感謝の気持ちとか、励まし、せつなさ、願いなどなど何でもいいのだが、その想いが伝わることが、とても貴重なものに感じられる。想っていることを伝えたいと思っても、勇気がなかったり、タイミングが合わなかったり、いろいろなことで伝わらないことの方が多いと思う。だからこそ、伝えたい人に思いが伝わることを大事にしたい。その伝えたいことを、大事にしたい。伝えると言うよりは、「届く」。自分で伝えようと思っても、何かに邪魔されて伝わらないかもしれない。周りの環境もうまく重なって、想いは、大事なことは「届く」のかもしれない。そんなことを感じた本です。

 そして、以前「宙のまにまに4」の感想で、「星空を見上げる時、よく誰かのことを考えてしまう。今ここにいない人…遠くに住んでいる友人や、先立ってしまった家族のこととか、もう会えない人のこと等々。」と書いた。この本に、その理由の手がかりを見つけた。
「空を見上げていたら、不思議です。
ほんの少しでも、何かが伝わったような気がしました。

それは錯覚かもしれないですけど、
夜空にはそういう力があるんだよって、
おばあちゃんは教えてくれたんです」(30ページ)

直接は繋がっていないけど、同じ空で繋がっている。さらに、夜空の暗さは人を内向的にさせる。想いを内へ、静かに沈めるような。だからかも知れない。

イラストがとても好みの本。カバーを外すとおまけつきです。

公式サイト(らしきもの):小学館:星空放送局
作者インタビュー:楽天ブックス:中村航さん・宮尾和孝さん「星空放送局」インタビュー
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-27 11:37 | 本・読書

「気がかり」うんざり

 まだまだサボったツケを引きずっている、ピアノ練習記録です。全然「弾けた」感覚がない。そう感じるのは今に始まったことではないけれど、前はもう少し「弾けた」感覚があった。今は全く無い。

【ブルグミュラー25】
◇18:気がかり
 全然「弾けた」感覚がしないのがこの曲。自分でも何を表現したいのかわからなくなってきた。この不安、焦りが「気がかり」の曲想なのか?弾いても弾いても何かが足りない。わからなくて、だんだんこの曲にうんざりしてきた。参った…。
 ということで、ここで一旦終了します。時間を置いてもう一度挑戦するかは、今はまだ分かりません。
「気がかり」第2・3回録音ピアノ録音置き場ブログへ

 ところで、この曲を練習していて手が痛くなった。
f0079085_2234225.jpg

右手4・5の指をよく使うせいだろうか。痛みが続くこともある。無理しすぎ?準備体操・柔軟体操のようなものがあれば、それで予防できないだろうか。

◇22:バルカロール(舟歌)
 左手伴奏を覚えている最中。このリズム、慣れるまでは難しいと感じます。反復練習がんばる。

 さて、ブルグを進んでもう1曲…次は「再会(帰途)」。「クインテット」でも演奏された曲のひとつ。好きなんだが、難しそう…。それとも他の曲をやろうかな。ただいま考え中。


【グリーグ:アリエッタ】
 5小節目からに苦戦中。右・左両方とも指使いがややこしい。
f0079085_2324873.jpg

特に左手。指が届きません。
 半分、12小節まで全パート録音してみた。期待してはいけません。
「アリエッタ」12小節までアリエッタのページへどうぞ。
まだまだ先は長いぞ。ゆっくり頑張ろう。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-24 23:12 | 奏でること・うたうこと

「クインテット」の原点 今週の教育テレビ

 2週間ぶりの教育テレビ感想。やっぱり週一と決めてしまうやり方は変えようかな。書きたいと思ったネタを観た時に、すぐに書く。鮮度は大事だよなぁ。

【クインテット】
 今週月曜放送の「クラリネット壊しちゃった」「フラットさんのマンボ」。この回は「クインテット」6年間で最も印象的に残っている回のひとつ。フラットさんのクラリネットが壊れ、音が出ない。フラットさんはいつもの調子で悲観的になる。修理すれば直ると励ますアリアさんとシャープ君。ここで、スコアさんはこうフラットさんを励ます。
「なに、音楽があればすぐに元気になるさ」
「壊れててもいい、演奏しなさい」
そこで流れてくる「フラットさんのマンボ」。クラリネットは壊れている。でも、演奏したい。その気持ちに応えてか、フラットさんのクラリネットは演奏しているうちに直ってしまう…。

 私が思うに、「クインテット」の原点はここにあるんじゃないかと思う。「音楽があればすぐに元気になる」…「クインテット」ではそんなシーンがよく出てくる。"音楽"は、楽器を演奏すること、歌を歌うことに限定されることではないとも思う。楽器を演奏できなくても、歌を歌えなくても、音楽に合わせて身体を動かしたり、曲にノッたり、「いい曲だな」と感じることは出来る。小さな子から大人まで、それまでの音楽経験に関わらず「音楽って楽しい」と思える時間をたった10分でも過ごすことが出来たら…。そんな想いをこの「フラットさんのマンボ」から感じてしまいます。
 以前も「フラットさんのマンボ」に関して語ってました:クインテット的音楽論(2005.3.21)

 あと、今週の見どころ。
・「おわびのスキャット」フル・ドラマ版が登場。お詫び会見風に「報道」「TV」なんて腕章をつけて集まる動物たちが可愛い。お詫び会見と言うと、最近の食品偽装問題を思い出しますが、「クインテット」のお詫び会見は可愛いものです。「NHK」の腕章はないんですかね?
・小澤征爾にハマるシャープ君。小澤さんのコンサートにでも行ったのだろうか。天才シャープ君なら、きっと素晴らしい指揮をいつの間にか習得しているはず。
・「ドナドナ」、よく放送されると感じるのは気のせいか…?

【おかあさんといっしょ】
 だいすけお兄さん・たくみお姉さんは順調です。今週は「あらどこだ」で顔芸まで披露。最初から飛ばしまくっています。5月の歌も早く聴きたいな。
 この2人が入って、おかいつはフレッシュな雰囲気になったと思う。新人のフレッシュという意味もあるけど、2人の若さと元気さ。溌剌と言ったらいいだろうか。だらけた、ゆるい雰囲気が感じられない。土曜のよしお兄さん・まゆお姉さんのコーナーもそんな雰囲気。今のおかいつも観ていて楽しい。もちろん、ゆうぞうお兄さん・しょうこお姉さんの時はほのぼの・のんびりな雰囲気で良かったと思う。2人の個性がしっかり出てきたようで、安心しています。


【味楽る!ミミカ】
 今週はマヨネーズまつり。マヨネーズがメインのソースで料理です。
 王子食堂最大のピンチを救ったのが、ルーレットと之介さんの運…どうなんだこれ。いや、楽しませていただきましたよ。王子夫妻のこのノリは、ミミカにはなくてはならないと思うんだ。
 そのマヨネーズのソースを使った料理の食材が、ミミカにしては珍しい食材ばかり。たけのこはまだいいとして、めかじき、菜の花はミミカにしては高度な食材だと感じた。菜の花の和え物が美味しそう。材料が集められたら作るかも。先週のチャーハンも作ってないな。



 今年もこれが出ましたよ。
NHKこどものうた楽譜集 第35集
 NHK教育の歌の楽譜の最新版。「おかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」「クインテット」「にほんごであそぼ」「からだであそぼ」等。昨年度「いないいないばあっ!」は良曲揃いだったので、楽譜を眺めているだけでも楽しいです。「クインテット」の「おわびのスキャット」は今年度に放送されているフルバージョンで収録。
 「味楽る!ミミカ」の昨年度ED「ララ・うらら」も。あのEDがフルバージョンなのか。CDも出てない。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-20 22:50 | Eテレ・NHK教育テレビ

さくらの季節です

 ひっさびさのイラストです。しかも色塗りはデジタルで。せっかくペンタブレットを直したのだから、有効活用しないと。
f0079085_21512376.jpg


 私の住む地域でもようやく桜が咲き始めました。これからお花見が楽しみです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-19 21:54 | イラスト・落描き

ロールちゃんに首ったけ

 「はてなハイク」で話題のお菓子・ヤマザキの「ロールちゃん」。少し前から私もロールちゃんに会いたいと探していました。しかしどこにもない。ヤマザキの製品だから、デイリーヤマザキにあるかと思ったがない。やはり田舎だからないのか…と思ったら


 スーパーにありました。
f0079085_21271281.jpg

ホイップクリーム、抹茶(期間限定)、いちご(期間限定)、チョコの4種類。関東だとコーヒー、関西だとラムレーズンもあるみたい。
f0079085_21274682.jpg

パッケージアップ。「ながーいよ」
f0079085_2128196.jpg

小学生の頃から使っている30cmのものさしを、比較のために横においてみた。ながーいよ!!


 まずはいちごから(消費期限が迫っているので、30%引きだった)。
 美味しい!クリームもケーキも甘ったるくない。30cmなんて長くて食べきれないよと思っていたのですが、ぺろりと食べちゃいました。まだ冷蔵庫には3本ある…これからのおやつはロールちゃんで決まりだ。

 しかし、この頃ヤマザキさんと相性がいい。宇宙日本食ようかんもヤマザキ。何があったんだ…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-17 21:44 | 興味を持ったものいろいろ

コンデジで月を撮ってみた

 このところ天気もよく、また月もきれいです。十五夜の満月も風情がありますが、私は半月~満月へ向かう頃の月の形が一番好きです。そんな月を写真に収めたいと思っているのですが、私が持っているのはコンパクトデジタルカメラだけ。一眼レフの性能のいいカメラなんて手が届きません。このコンデジで月が撮れるのか、やってみました。


 ということで結論。
f0079085_2132507.jpg

 300万画素に設定。クレーターまで撮れてます。自分でも驚きました。

 携帯のカメラでもやってみた。
f0079085_2134588.jpg

200万画素のカメラ。それでも思ったよりひどくはない。

 本格的な天体写真のようにクレーターの細かいところもくっきり…とはいかないけれど、撮れないわけではない。夜の月だと光ってしまって撮影しにくい。コンデジで月を狙うなら、昼間の月がオススメです。三脚があればなお良いと思います。

 この月では、今も「かぐや」が観測を続けています。真ん丸い「満地球」の画像・動画や月の地形図など、観測画像に驚かされるばかり。画像はかぐや画像ギャラリーでどうぞ。ここのフラッシュデザインが素敵だなぁ。和風なのにカッコイイ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-16 21:47 | 宇宙・天文

続・サボりのツケは恐ろしい

 前回の記事で、サボった怖さを実感した私。しかし、いまだにそのサボった結果から抜け出せずにいます。どの曲も全然進まない。サボりは本当に、何よりも恐ろしい…。

【ブルグミュラー25】
◇18:気がかり
 それなりの速さにはなっているのだが、和音がベタベタしていてイマイチの状態。この曲のイメージとも言える緊張感がない。ピンと張り詰めた空気・音を表現したいのに、演奏してみるとダラダラ・ぐにゃぐにゃ。左手和音を鋭いスタッカートにすればいいのかと思ってやってみたが、違うようだ。第一、左手和音の音が大きすぎる。またしても左手の自己主張の激しさに困っている。左手コントロールの訓練だ。がんばる。

 気になったところ。
f0079085_21335882.jpg

8楽章最後の音は弱く終わらせた方が、余韻が出ていいなと思った。

◇22:バルカロール(舟歌)
 譜読みが大変です。なかなか覚えられない。左手の独特のリズムもとらえにくい。覚えてしまえば楽なのだろうが、覚えるまでが大変。聴くのと演奏するのとでは大違い。そう実感する曲です。
 ところでこの曲の冒頭、ピアニッシモから始まり、4小節目でスフォルツアンドへ…とデュナーミクに注目。フレーズを歌わせることももちろんだけど、強弱でも「歌う」ことが求められているんだと思う。


【グリーグ:アリエッタ】
 バス+アルト、アルト+ソプラノと分割して練習中。こっちもなかなか覚えられません。とにかく弾く、何度も何度も弾いて練習すべし。これだけは反復練習が必要だ。
 練習していて思うのですが、手がやっとで届く部分があって辛い。8度を弾きつつ別の音も押さえて…これが結構きつい。身長の低かったグリーグは手もあまり大きくなかったので、日本人女性が演奏するのにそんなに無理がないと聞いたことがあるのだが…。手の大きさとは別なのだろう。柔軟性か?体の固さには自信がある遼です(自信持たなくてもよいわ!

 どれも危なっかしい演奏のため、録音はしてません。まずはサボりのツケを取り返す。話はそれからだ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-14 21:51 | 奏でること・うたうこと

ト短調のささやかなため息

 以前、とにかく好きな曲としてモーツァルト「弦楽五重奏曲第4番 ト短調 K.516」を紹介したことがある。
そんなヴィオラが大好きです モーツァルト編

 この時はスメタナ四重奏団の演奏を聴いていたのだが、この間アルバン・ベルク四重奏団の録音を見つけた。その演奏を聴いて、ため息が出た。曲と演奏の美しさと、ト短調が示す音の世界に。

モーツァルト:弦楽五重奏曲第3番&第4番
アルバン・ベルク四重奏団/EMIミュージック・ジャパン

 以前も書いたように、ト短調はモーツァルトにとって重要な意味を持っている調性だ。明るい長調の作品が多いモーツァルトだが、ト短調の作品を聴くとまた違うモーツァルト像が浮かび上がってくる。明るさの中に秘めた暗さ…なんて言うのはありきたりか。もしかして…と深読みをいくらでもしたくなってしまう。

 そのト短調の作品であるこの曲をアルバン・ベルクSQの演奏で聴いていたら、これまでとは違う印象を持った。以前聴いたスメタナSQと比べると、弱音の印象がとても強い。柔らかく繊細。スメタナSQの時は強い哀しみを感じたのだが、アルバン・ベルクSQの演奏ではささやかな哀しみを感じた。

 話はモーツァルトからそれるのだが、おなじみのピアノ練習曲ブルグミュラー「25の練習曲」op.100にもト短調の曲がある。第16曲目「小さな嘆き(甘い嘆き)」。ブルグミュラーの25曲の中でも、最も好きな曲のひとつだ。この曲、タイトルの通りト短調を生かしたかなしげな曲なのだが「小さな(甘い)」とある。ほんの少しのかなしみで、ト短調は重過ぎるのではないか。そこで私は、この「小さな嘆き」を本当は一日中泣きたいぐらいかなしいのに、グッと我慢している。表向きはため息程度だけれども、本当のかなしみははかり知れない、と。
*参照:「小さな嘆き」の嘆きは本当に小さいのか


 アルバン・ベルクSQの演奏を聴いていて、この「小さな嘆き」のことを思い出した。そのかなしみは柔らかく、ため息程度に聴こえる。でも、よくよく聴いてみると、本当は違うんじゃないか、奥に強いものを隠しているんじゃないか、出せずにいるんじゃないか。そんなものを感じた。それは強くかなしさを表現するよりも、もっと強くかなしさ・せつなさ・つらさを感じる。あとからじわじわと迫ってくる。夕日が沈んで、だんだんと夜の暗さがやってくるように。演奏で「表現する」時、表面に出すものだけが「表現」されているのではない。意図した、していないに関わらず内面の、見えない・聴こえない「表現」も感じられる演奏だってあるんだと、この録音を聴いて思った。

 ト短調って、もしかして強く表現するよりも、弱く…ささやかに、控えめに、ためらって表現する方が効果的に聴こえる調性なのかもしれない。魅力的な調性だと感じます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-12 21:30 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索