<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

吉祥寺でフィンランドを味わう その2- marimekko編

 旅行記の続きです。吉祥寺のカフェ「moi」さんをあとに、吉祥寺の町を歩きます。路地を歩いていてふと、NHK「世界ふれあい街歩き」みたいだなと思い、脳内でひとり街歩き開始。つまり、取材&ナレーション:自分w(あ、町並みの撮影忘れたw
 町行く人々、あちらこちらにある惹かれるお店…見知らぬ町を歩くのは楽しいです。歩いている人々も、吉祥寺で暮らしている人々なのだろうか。私は観光で来たけれども、ここで暮らし、生きている人がいる。そう想いながらすれ違う人々の姿を見ているとますます楽しくなってきます。子どもたちの元気な歓声が一番印象に残っています。

 そんなこんなで、駅方向へ歩いてきました。目指すはここ!
f0079085_2223812.jpg

これは!!
f0079085_2225394.jpg

 フィンランドのデザインファブリックメーカー・marimekkoのお店です!表参道店を皮切りに、日本でも直営店が全国各地にオープンしました。直営店でなくても、マリメッコ製品を買えるお店はありますし、ネットショップもある。しかし、私の住む近場には直営店もマリメッコ製品を扱っているお店も無く、せっかくなら直営店で実際に製品を手に取って買いたい。そして、あの鮮やかなデザインに囲まれてみたい…。そう思っていました。吉祥寺にも直営店があったので、フィンランド関連として行くことにしました。

marimekko home

f0079085_229536.jpg

f0079085_2210450.jpg

 ショーウィンドーを見ているだけでもワクワクする…!

 中へ。憧れのマリメッコだらけです。全部マリメッコ!(当然だw)マリメッコの定番・UNIKKO(ウニッコ)を中心に、色鮮やかなデザインプロダクトが並んでいます。やっぱり見ているだけでもワクワクする、楽しくなる。ちょうど雨の日で、外はモノクロな雰囲気。そんな雰囲気をガラリと変えてしまう、カラフルで大胆、でも派手・強すぎる自己主張ではないデザインの数々。日照時間が非常に短い長い冬、家の中で過ごすことが多いフィンランドの人々が家の中で楽しく暮らせるように…との願いとともに生まれ、フィンランド国内は勿論世界中で愛され続け、今年で60周年のアニバーサリーイヤーを迎えたマリメッコ。その愛され続けられてきた理由がわかる気がしました。いつも、そばに置いて、楽しい気持ちにさせてくれる。マリメッコのデザインには、そんな力があるのだ、と。

 1階はインテリア製品や食器、小物、バッグなど。2階は生地や衣類がありました。生地を買って、自分の好きなものを作るのもいいなぁ…手芸はそんなに得意ではないけれど…。

 これまで、マリメッコを特別なデザインとして見てきました。自分の身近に入手できるお店がない、というのも理由です。でも、日々の暮らしに取り入れ、使って、毎日を彩りたい…そんなことを感じました。

 さて、せっかく来たのだから何か買おう。迷いに迷いました。
f0079085_2220588.jpg

 定番のウニッコで。しかもウニッコの定番、赤!がま口ポーチです。小物などを入れるのにちょうどいい大きさです。左のように小さめのものもありますし、大きめのものもあります。小さいほうは、小銭入れとして母にプレゼントしました。赤は自分用。デジカメケースにしています。同じサイズをもうひとつ欲しかったかも…。

 吉祥寺は雨の重さが、一気に軽くなったような気持ちになる、そんな街でした。今度はもっとゆっくり、1日いっぱい楽しみたいです。

 この後、また別所に移動して…と思ったのですが、電車に乗ったら疲れをドッと感じたのでホテルへ向かうことに。2日目は今回の上京の本題の所用があったので観光はなし。3日目、新幹線に乗る前に、この後予定していたところへ行くことにしました。と言うことで、まだ続きます!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-31 22:33 | フィンランド・Suomi/北欧

吉祥寺でフィンランドを味わう その1-カフェ・moi編

 旅行記の続きです。宇宙科学研究所(ISAS)相模原キャンパスを出て、淵野辺駅から横浜線で八王子へ。八王子から中央線に乗り換えて、目指すは吉祥寺。宇宙から、ガラリと雰囲気変えます。吉祥寺には、北欧・フィンランドの雰囲気を味わい、その文化やライフスタイル、デザインに触れられるところがあります。いくつかあるのですが、まずは以前からずっと行ってみたいと思っていたカフェ・moi(モイ)さんへ。

カフェ[モイ] home

 雨は小降りに。JR吉祥寺駅をパルコ方面に出て、東急のある大通りを歩いて行くと、「大正通り」という小さめの商店街が。この大正通りには、北欧デザインプロダクトを扱っていたり、北欧料理を味わえるお店が並んでいます。北欧通り…?その通りの奥に、「moi」さんもありました。

f0079085_21581417.jpg

 白が基調の、小さなカフェです。お隣さんも北欧雑貨を扱っているお店です。ここも素敵でした。
f0079085_2159959.jpg


 中へ。平日の午後、空いていたのでゆっくり出来ました。店内も木と白が基調で、とても落ち着いています。
f0079085_2252170.jpg

まずこの雰囲気に一息。宇宙研では大雨に降られて疲れていたので、尚更落ち着きました。穏やかな店主さんが持ってきてくれたお水…グラスがiittala(イッタラ)のカルティオ。シンプルで落ち着いた店内の雰囲気にピッタリ。

 私が注文したのはこれ。
f0079085_2254352.jpg

 フィンランドのフレーバーティー「レイニー・デイ」(雨だから…と選びましたwしかもこの日は気温も低めだったので、ホットのお茶が欲しかった)と、お店のイチオシ・シナモンロール(*平日限定です)。映画「かもめ食堂」でも出てくるあのパンです。
 このシナモンロールが…焼きたてなのか、熱々ほくほく。外はカリッと、中はふわふわ。美味しい…!!ちょうどおやつの時間帯、しかも疲れていたのでちょうどよかった。もう一度言います、美味しいです!フレーバーティーも、紅茶がベースなのですが様々な花や果実がブレンドしてあっていい香り。再び一息。ゆっくりとお茶とシナモンロールを味わい、お店の雰囲気・空気も味わい…読書もしてゆっくりと過ごしました。上の画像にキャンドル(しかもイッタラのキャンドルホルダーに!)が置いてあって、更に落ち着きました。

f0079085_22265295.jpg


 冒頭の画像で、店内に絵葉書がずらりと並んでいるのがわかるかと思いますが、ここmoiさんは、絵葉書やレターセット、北欧雑貨、北欧関連書籍・CDも取り扱っています。

◇詳しい記事:手紙の書き方:お手紙カフェ 01 「moi」

 と言うわけで、店内で手紙は書かなかったものの…素敵な絵葉書を何枚か購入。こんな落ち着いたカフェで手紙を書いたら、その時の雰囲気も届きそうです。字も落ち着いて、丁寧に書けそうだ。

 とても素敵なお店でした。上京したら、また来たいです。いや、行きます。常連になりたいカフェです。

 お店の最新情報などは、ブログとツィッターでどうぞ。
moiのブログ~日々のカフェ2
twitter:moicafe (@moikahvila)

 吉祥寺町歩きは続きます。ひとり「世界ふれあい街歩き」(NHKの紀行番組。私も大好きです)のテーマを脳内再生しつつ、歩きます…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-29 22:43 | フィンランド・Suomi/北欧

フラットさん、国際文化には敏感です 今週の「クインテット」

 今週の「クインテット」。毎週、今週は何が来るだろうかと予想するのが楽しいです。

 ドラマパートで「青い目の人形」を歌うアリアさん。歌い終わった後、フラットさんが怪しい動きを…。もしや、「コロハタニンボブロー」の出番かと思いきや、違いました。日本語が分からない青い目の人形の歌詞に感化されて(?)英会話教室を始めるとのこと。あとの4人は迷惑そう…。フラットさんは、普段はペシミスト・悲観主義者で後ろ向きなことが多いですが、国際文化には敏感なところがあります。以前もイタリアやフランスなどの食などの文化に感化されたことがあったなぁ…w
 半強制的に「ABCの歌」を歌わされるアリア・スコア・シャープ。いいタイミングで抜け出すことに成功。階段室で、呆れている一方で…フラットさんは今度は動物達を相手に英会話教室を続行。伴奏のアキラさんも逃げ出そうとしますが…「ミスターアキラ!ドコイキマスカ!?」…脱走失敗wそういえば、スコアさんの「今だから話そう」でも、アキラさんだけ逃げ切れず「わたしがアイドルだった頃~」と長話を聞かされる(途中で切られるがw)羽目に。アキラさんが…不運w

 パート3はクインテットえかきうた。シャープ君。絵描き歌の可愛さが出ているよなぁ。

 コンサートはマスカーニ作曲・歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲。アリアさんのヴァイオリンが、優しく伸びやかに歌い、響きます。それをやさしく支えるチェロ、クラリネット、ピアノ、マリンバ。晩夏にピッタリです。「カヴァレリア・ルスティカーナ」は「田舎の騎士道」の意。これについて、コンサート前にシャープ君が意味が分からないと尋ねる回もありました。
 演奏が終わって、エンディング…と思いきや、幕が下りた後の幕の内側が。笑顔でメンバーを称えるアキラさんの表情がたまりません。そして仲のいいメンバーたち。
 「クインテット」は、コントでどんなにコケても不幸でもダメダメでも、コンサートでは、ビシッと、ばっちり決める。ここがいいんです。

 さて、8月最終週。これで夏テーマは見納めです。来週からは秋テーマ。歌詞とアニメもですが、照明も微妙に変わるのに注目です。

 ちなみに、第4土曜日ですが、BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」はお休みです…。しょぼん。

【More】 今週の+α
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-27 23:14 | Eテレ・NHK教育テレビ

緑の中に、宇宙科学の最前線  JAXA・宇宙科学研究所 相模原キャンパスに行ってきた

 旅行記の続きです。前回の記事の後、体調不良でブログを書けずにいました…。

 東京駅で新幹線「はやぶさ」を降り、向かったのはJR淵野辺駅。新幹線「はやぶさ」に乗ったなら、その足で同じ名前の小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」に会いに行こうじゃないか!探査機「はやぶさ」を運用していたJAXA・宇宙科学研究所(ISAS)・相模原キャンパスが次の目的地です。

 しかし、電車で移動中、大雨が…。大丈夫かこれは…。

 東京駅から1時間15分ほどで、淵野辺駅に到着しました。
f0079085_1715757.jpg

 駅にはどーんと「はやぶさ」が。

(ここから、画像が非常に多くなります。ご了承ください。)

 駅からバスに乗って5分ほど。市立博物館前で下車。この時、雨は小康状態でした。
f0079085_1725651.jpg

 おおおおお!
f0079085_173390.jpg
f0079085_1731187.jpg

 宇宙研は、緑の中にありました。

 守衛室で受付をして、中へ。
f0079085_174166.jpg

 見学者証です。はやぶさ君が。

 お腹がすいたので、先に食堂でご飯にしました。12時少し前。見学の家族連れや、ISASに勤務する方々が食事中でした。思わず、どなたかISASの先生はいないだろうか…と食堂内を見回してしまいました。若い研究生さんもたくさん。この方々が、日本の宇宙科学を引っ張っているのだなと思うと、胸が熱く、心から応援したくなりました。
 私がご飯を食べ終わった頃、食堂の食券券売機の前には行列が…。早めに食べてよかった。しかし、外は土砂降りの雨!とりあえず、食堂の横にある購買(売店)で、JAXA/ISASグッズを買ってきました。元々は大学生協なんです。でも、宇宙食が売っていたり、「はやぶさ」のぬいぐるみが売っていたりと、普通の大学生協じゃなくなってます…w

 さて、買い物を済ませて展示室へ…行こうとしましたが、まだ土砂降り。かまわん!ダッシュ!!

f0079085_1712977.jpg

 研究・管理棟。ここの1階に展示室があります。入り口横には、チラシやパンフレットがあったので、とりあえず全種類もらいます。「GCOM-W1」衛星愛称募集の受付箱もありました。あと、スタンプラリーも。子ども限定ではないようなので、大きいお友達も喜んでやることにしましたw

f0079085_17125171.jpg

 まず出迎えてくれたのが、金星探査機「あかつき(PLANET-C)」。模型や、「あかつき」に関する説明があります。そして、目立ったのが「千のあかつき」。昨年、「あかつき」が金星周回軌道投入に失敗しましたが、「あかつき」と運用チームを応援するために、千羽鶴ならぬ「あかつき」のペーパークラフトで「千のあかつき」を作って応援しよう!という企画。1000以上集まりました。その時送れなかったので、今回作って持ってくればよかったなぁ…。現在、「ひので」とともに太陽観測をして、5年後の金星軌道再投入に向けて頑張っています。応援してるよ!
f0079085_1719568.jpg

 「あかつき」に搭載された、26万人のメッセージ。私のもこの中にあります。

f0079085_1721518.jpg

 「あかつき」コーナーの隣は、内之浦のジオラマ。後ろにも「千のあかつき」が。
f0079085_1722458.jpg

 「M-Vロケット」を、「ミューファイブ」ではなく、「えむご」と振り仮名がw現場では「えむご」なんです。

f0079085_17234731.jpg

 ソーラーセイル実証機「IKAROS」コーナー。現在もエクストラミッション続行中!

f0079085_17413659.jpg

 月周回衛星「かぐや(SELENE)」。展示室に入った時、J.S.バッハ「イタリア協奏曲」第1楽章などが流れていて、おや?と思っていたのですが、その音楽はここからでした。桜美林大学とのコラボ企画「宇宙と音楽の夕べ」で演奏されたものなのだそうです。「かぐや」のハイビジョンカメラで撮影した月や地球の画像も一緒に流れていました。宇宙とバッハ、ピッタリです。
 また、「かぐや」の観測で作られた詳細な月面地形図、月球儀も展示されていました。

 さぁ、その「かぐや」の向かいには…
f0079085_17453499.jpg

f0079085_174664.jpg

 小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」!!実物大の模型です。探査機としてはかなり小さめですが、いざ目の前にしてみると大きく感じます。

f0079085_17471032.jpg

 イオンエンジンは貸し出し中で見られず。でも、この注意書きだけは残っていましたw

f0079085_17474750.jpg

 「はやぶさ」模型を見たら、機体の下についているターゲットマーカーに、カメラのフラッシュをあててみましょう。フラッシュを反射して光ります。実際の「はやぶさ」も、小惑星イトカワの上に落としたターゲットマーカーにフラッシュをあて、反射した光を頼りにイトカワへ降下していきました。反射して光ったのを確かめた時、思わず「おおおおお!」と声に出しそうになりました。
 
 「はやぶさ」関連の展示は多いです。充実しています。あまりにもたくさんあって、載せ切れません…。
f0079085_175144.jpg

 イトカワ。「はやぶさ」はどこかな?

f0079085_17515640.jpg

 カプセルレプリカ。中の構造も。カプセルを回収する時の防護服(本物!!)もありました。

f0079085_17524523.jpg

 帰還1周年の時の、プロジェクトチーム集合写真!

 「はやぶさ」コーナーを後にして、おや、この花のような美しいアンテナは…電波天文衛星「はるか(MUSES-B)」ではないですか!!
f0079085_1753218.jpg


f0079085_17545591.jpg

「はるか」のアンテナ部分カットモデル。こうなってるのか。

f0079085_17553760.jpg

「はるか」のところにあった、VSOP-2(スペースVLBI-2)計画のパネル。先日、計画中止が伝えられた後継機「ASTRO-G」の名前が…。「ASTRO-G」に関しては続報があったので、別に書きます。このパネルも、そのうち撤去されるのだろうな…。

f0079085_17575284.jpg

 日本のロケットのはじまり、ペンシルロケット。

f0079085_1758249.jpg

 日本初の人工衛星「おおすみ」。このあたりには、かなりマニアックな展示もありました。載せきれない!w
f0079085_1758485.jpg

 おおすみ君…かわいい。グッズ化しないかな。

 ここからは天文衛星3姉妹(兄弟?)行きます!
f0079085_17594277.jpg

 太陽観測衛星「ひので(SOLAR-B)」。

f0079085_1804823.jpg

 赤外線天文観測衛星「あかり(ASTRO-F)」。先日、観測終了しました。お疲れ様でした。でも、観測内容の解析・研究はまだまだこれからです。
 その「あかり」のそばにこんなものが…
f0079085_182217.jpg

 これは…「あかり」の薄い本!!7月末、ISAS一般公開にて、「あかり」チームが配布していた擬人化漫画です。読みたいと思っていたのですが、展示して読めるようになっていました。ありがたい!中身は、「あかり」が打ち上げられて観測をするための軌道に載るまでの物語。萌えで燃えですw販売したら買いますよw

f0079085_184502.jpg

 X線天文観測衛星「すざく(ASTRO-EⅡ)」。X線天文学は日本のお家芸。その伝統を受け継ぎ、現在もがんばってます。2010年からは、ISS・国際宇宙ステーション・日本実験棟「きぼう」に取り付けられたX線天文観測装置「MAXI」と共同で観測もしています。

f0079085_2125451.jpg

 工学実験衛星「ひてん(MUSES-A)」。火星探査機「のぞみ(PLANET-B)」(火星周回軌道に投入できず)、「はやぶさ」、月探査では「かぐや」の先輩にあたる衛星です。月でスウィングバイ技術の習得の実験をし、孫衛星「はごろも」を月周回軌道で分離しました。

 その「ひてん」の隣に…
f0079085_2175082.jpg

 これは、月探査機「LUNAR-A」のペネトレーターではないですか!!以前「ASTRO-G」中止の記事で書きましたが、「LUNAR-A」はこのペネトレーターの開発が一筋縄ではいかず、計画中止に。まさか、「LUNAR-A」に関する展示があるとは思いませんでした。そういえば、「のぞみ」の展示がないなぁ…。

f0079085_211258100.jpg

 ISASの人工衛星・探査機は、M-Vロケットをはじめとする固体燃料ロケットで打ち上げられてきました。現在はM-Vが廃止になり、後継の固体ロケットが無かったためH2Aロケットで打ち上げられています(例:「あかつき」&「イカロス」)。ですが!、M-Vの後継機となる固体燃料ロケットは現在開発中。それがこの「イプシロンロケット」です!これまでの固体燃料ロケットと同じように、内之浦からの打ち上げを予定しています。2013年、初号機打ち上げ予定。内之浦からロケットが打ち上げられる日を、日本の新しいロケットのデビューの日を、楽しみにしています!

 ここで、H2AとM-Vは何がどう違うの?何故2種類あるの?等、疑問を抱く方もいるかと思います。日本のロケット開発は、糸川英夫博士をはじめとする東大で始まり、ペンシルロケットから始まりました。その後、固体燃料を使ったロケットを開発してゆき、これがISASの前身となりました。天文観測衛星などの科学衛星の打ち上げ・運用は、東大宇宙科学研究所から、文部省宇宙科学研究所へと引き継がれてゆきました。一方、液体燃料ロケットを作り、気象衛星などの実用衛星を打ち上げていたのが、宇宙開発事業団(NASDA)。このように、日本の宇宙開発は、2つの機関で別々に進んで行きました。その後、2つの機関が共同で打ち上げた衛星もあり、2003年10月、この2つの宇宙機関と「航空宇宙技術研究所(NAL)」が合併、現在の「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」になったわけです。
f0079085_21325589.jpg

 そんな日本のロケット開発の歴史に関する展示もあります。


 さて、展示室を見学している間も、雨は勢いを増すばかり。外にはM-Vロケット(本物!)があるんだがなぁ…。しかし、止む気配は無い。既に雨でスニーカーはずぶ濡れ。ならばもう気にする必要もない。かまわん!(半分ヤケw)傘を手に、外へ出て行きました。
 食堂の向い側にあたるところに、展示してありました。
f0079085_21335914.jpg

 おおおおおお!!本物ですよ!
 先述した、計画中止になった「LUNAR-A」を載せて宇宙へ飛ぶはずだったM-V2号機。M-Vロケットは、載せる衛星に合わせて作られるため、一度作られたら他の衛星を載せることは出来ません。なので、「LUNAR-A」とともに、地上に残ることになってしまいました。でも、こうして展示して、皆に見て貰える。これもいい方法ですね。
 ちなみに、あのNHK教育(Eテレ)「ピタゴラスイッチ」で、「アルゴリズムこうしん」”JAXA宇宙科学研究所のみなさんと一緒”の回を収録したのが、このM-Vロケットの前なんです。天気がよかったら、行進できたのに…wはい、NHK教育ファンとして、ばっちり踊れます。
アルゴリズムこうしん~JAXA宇宙科学研究所の皆さんと一緒!!
続・アルゴリズムこうしん~JAXA宇宙科学研究所の皆さんと一緒!! ver.2

f0079085_21421616.jpg

こちらは、M-3SⅡロケット。世界の宇宙機関がハレー彗星を観測しようと探査機を向かわせた「ハレー艦隊」の一員である「さきがけ」「すいせい」、X線天文衛星「ぎんが」「あすか」、先程の「ひてん」などを打ち上げた、M-Vの前身にあたるロケットです。

 雨のため、あまりじっくり観られなかった。残念…。展示室に戻ります。

 展示室には、「JAXAさがみはら文庫」という、宇宙天文に関する本を集めた本のコーナーもあります。私も持っている・読んだ本から、宇宙を学ぶ研究生向けの専門書まで。その本棚を見ているだけでもワクワクします。
 その本棚のそばにはいすがあって、休憩できるスペースがあるのですが、その窓から外を見たら、不思議なものを見つけました。

f0079085_21495287.jpg

 JAXAロゴ入りの自動販売機!!?

f0079085_21502876.jpg

 宇宙食とか某公式飲料wとかが売っているのかと思いきや、普通の自動販売機でした。すごい…。ちなみに、食堂の横にもありました。

 さて、ここからは近い将来のミッションを。
f0079085_2154753.jpg

 まずは「はやぶさ2」。打ち上げに向け、着々と準備中です。つい先日、「はやぶさ」がイトカワから持ち帰った微粒子の分析結果(でもまだ初期段階。まだまだこれから)が出て、微粒子からここまで分かるのか!!と驚きましたが…、「はやぶさ2」は太陽系の歴史だけでなく、生命の起源も紐解くための旅に出ます。開発が順調に進むことを祈るばかりです。

f0079085_21573756.jpg

 ソーラーセイル将来構想。「IKAROS」の後継機は、こうなるかもしれません。これで、木星のトロヤ群にある小惑星探査をします。ソーラーセイルなら、少ない燃料で、イオンエンジンよりも速く飛行することが出来る、太陽系大航海時代を象徴する宇宙機です。「IKAROS」もフルサクセスしましたし、夢ではない、近い将来、実現されたらいいな!

f0079085_2215254.jpg

 水星探査機「ベピコロンボ」。ヨーロッパ(ESA)との共同ミッションです。謎の多い水星を、探査します。今のところ、2014年度の打ち上げ予定です。


 見どころはもっとたくさん、画像ももっとたくさんありました。しかし、まとめ切れません…通常の展示室でもこの量ってどういうこと…!?思った以上に広く、濃い展示で驚きましたし、楽しめました。基本的に年中無休(お休みの時もあるので、確認してから行きましょう)なので、お近くの方、近くまで行く予定の方は是非どうぞ!職場で行ってきたことを話したところ、初心者向けの解説員さんがいないのがちょっと残念なところかな…。解説のパネルは多いのですが、確かに人が解説して質問もできると、もっと楽しめると思います。また、毎年7月末ごろには、一般公開といっていわゆる宇宙研のお祭りのようなものが開催されます。こちらは、各プロジェクトの職員・研究生さんたちが解説してくれたり、「あかり」の漫画のような自作パンフレットなどを配布したりと、たっぷり楽しめます。先生方の講演会もあり、普段は見られないものも展示されたり。

 私としては、普段の展示は、全部をじっくり見るのも勿論いいですが、お気に入りの衛星・宇宙機・ロケットをひとつふたつ決めて、それをじっくり見るのもいいかなと思います。

JAXA:宇宙科学研究所

 次回は晴れた日に、そして一般公開の日に、来たいです。また来るよ!雨の中、そう誓って、ISASを後にしました。次の目的地に向かいます。


【おまけ】
 売店で買ったお土産~。
f0079085_2215223.jpg

 左から、あかつき・イカロス・はやぶさ・臼田観測所のアンテナ(通称:うすださん)の手ぬぐい、イトカワラッコのアームレストクッション、あかつき君&きんせいちゃんストラップ、「ひので」クリアファイル。イトカワラッコが可愛い…。ぬいぐるみとしてもどうぞw手ぬぐいはデザインも素敵です。

そしてイチオシがこれ!w
f0079085_221709.jpg

 日本の固体ロケットの歴史が一目瞭然のマグカップ!wかっこよくて、一目惚れでしたw
f0079085_2217422.jpg

 イプシロンもあるよ!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-27 22:32 | 宇宙・天文

新幹線「はやぶさ」より、東北の復興を祈る

 今日から、先日の旅行のことを書きます。所用で出かけたつもりが、個人的な観光の方がメインになってしまった。しかも、個人的趣味全開ですw

 まずは出発。交通機関は新幹線。ならば、今年3月にデビューしたばかりの新型E5系「はやぶさ」に乗りたい!あのピカピカの鮮やかなエメラルドグリーンの「はやぶさ」に!しかし、「はやぶさ」がデビューした1週間後、東日本大震災により、運休。その後運行再開しますが、本数を減らし、徐行運転の区間も。7月になって徐行運転区間は短く(一ノ関~福島)なりましたが、上りの「はやぶさ」は朝1本。それでも、あのM9.0の大地震でも大きな事故や損傷は無く、来月には通常ダイヤに戻せる状態になっている、新幹線の技術と運用体制には驚くばかりです。

 「はやぶさ」が朝1本のみなので、それに乗り、その日は一日観光に当てることにしました。

 当日朝。
f0079085_20565790.jpg

 ホームにエメラルドグリーンの「はやぶさ」が入ってきました。目が覚めるような鮮やかなエメラルドグリーンです。

f0079085_20583020.jpg

 10両目グランクラスの入り口横に、復興を願ったロゴが。

f0079085_20593272.jpg

 普通車の座席です。グランクラスは…無理でした。普通車でも、車内も座席も落ち着いた色調、且つシンプルでゆったりと出来ました。走行中も、揺れも抑えられているなと感じました。

♪新幹線でゴー・ゴゴ~ ゴー・ゴー!遠くの町へゴー・ゴゴ~ ゴー・ゴ~
 (by「新幹線でゴー!ゴ・ゴー!」/「おかあさんといっしょ」今年度6月の歌より)
↑やっぱり脳内でこの歌が流れましたw「はやぶさ」も出てくるしw

 一ノ関から徐行運転に。でも、そんなにゆっくりというわけでもないな、と感じました。宮城に入り、仙台に到着。あの震災の時、仙台駅前のビルの窓ガラスが割れていた映像を思い出しました。修復されているようでした。私の住む地域は、ある程度揺れ(寧ろ、震度そのものは首都圏のほうが強かった)、地震の翌日の午後まで停電になった程度の被害。岩手・宮城・福島と通過してゆく車窓から、このあたりはあの日どの程度揺れたのだろう、被害は無かっただろうか、住んでいる方々は今は落ち着いて暮らせているのだろうか…と思いながら景色を見ていました。

f0079085_21145512.jpg

 白石蔵王駅のあたり。雲が印象的だったので、思わず撮影。東北は本当に緑の多い地方だと感じます。山々、森、広がる水田…。一見派手ですが、「はやぶさ」のエメラルドグリーンの車体の色は、この緑溢れる東北の自然に合っているのかもしれないな、と感じました。緑の山々・平地を疾走する、鮮やかな緑の線。今私が乗っているこの車両を空から撮影したら、そんな映像が撮れるのかなと想像。

 福島を越えると、一気に加速。300km/hを出している模様。徐行運転の後なので、余計に速く感じます。

 東北地方を走っている間は、とにかく震災のことが頭から離れませんでした。震災でデビュー1週間で運休に巻き込まれましたが、復旧段階にある「はやぶさ」から、東北の復興を願い、祈るばかりでした。

 無事に東京駅に到着。さて、次の目的地に向かいます。

【新幹線「はやぶさ」関連記事】
宇宙と新幹線、2つの「はやぶさ」 「宇宙(そら)のはやぶさ×地上(りく)のはやぶさ」講演会に行ってきた
 3月5日、新幹線「はやぶさ」デビューの日、名前が同じということで、小惑星探査機「はやぶさ」とのコラボイベントに行って来ました。そのレポです。
 ただ「はやぶさ」と書くと、新幹線なのか探査機なのかわからなくなりますw
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-22 21:45 | 旅・お出かけ

言葉で、音楽で、遊ぼう 今週の「クインテット」

 無事に旅行から帰還しました。そして、旅先でも、ホテルの部屋のテレビでしっかりと「クインテット」を観ていました(ただし朝放送だけ)。平常運用ですw

 ドラマパートは「いっぽんでもニンジン」。ものを数える時、ものによって数え方が変わる…「にほんごであそぼ」且つ「ピタゴラスイッチ」風「クインテット」。でも、ここは「クインテット」。「クインテット」らしさを出します。アキラさんはピアノで「クシコス・ポスト(クシコスの郵便馬車)」を演奏しますが…あくまで前奏!歌は「いっぽんでもニンジン」。違和感無し!歌の後でも、フラットさんが、「一本でもクラリネット…わかんなーい!」と。一見普通のセリフですが、字幕放送で見ると、「ク(九)ラリネット」と表示されているではありませんか!!うまい。思わず唸りました。

 雑唱団は「早口言葉うたおう」。早口言葉をひたすら歌います。…未だに歌えませんこの歌w途中で噛みますwよく噛まずに歌えるなぁ…、いや、歌に、音楽にしてしまえば歌えるのかな。

 コンサートはウェーバー「舞踏への勧誘」。全部好きですが、特に好きなコンサート曲のひとつです。スコアさんのチェロから、フラットさんのクラリネットが掛け合って、ゆったりと始まります。土曜朝に、爽やかに、優雅な気持ちになる作品です。そして、曲の中盤、「シャ~ルウィ~ダンス♪」…映画でもお馴染みの「シャルウィダンス」がミックスされています。初回放送の時、「あれ?今のは…?」と思い、後で確認して驚いたことを覚えています。こちらも全く違和感無し。何だこの”混ぜるな危険”…いや、”混ぜるな自然”は!

 今回全体に渡って統一されている、この言葉と音楽で遊ぶ、洒落、ユーモア。「クインテット」の醍醐味です。下山さんの脚本と、アキラさんの音楽・編曲の両方にある”遊び”が見事に融合。ブラボー!!神回ですな、結構結構!(そういえば、ドラマパートでスコアさんが「結構結構」って言ってましたね)



*****

 さて、ここからは今週の「クインテット」+α。全て旅先でのこと。3つありますw

・その1
 旅先は首都圏。山手線にも乗りました。勿論、頭の中では「鉄道唱歌 山手線」が自動再生。目的の駅まで、駅順を思い出す時も、やっぱり心の中で歌ってましたw


・その2
 今回の旅行は、観光がメインではなく…所用がメインでした(でも観光もメイン級にするw)。その所用先でのヒトコマ。
f0079085_21511312.jpg

 白いグランドピアノ…だと…!!
 見つけた瞬間、思わず反応してしまった「クインテット」ファンですwメーカーはヤマハ。残念、「クインテット」のアキラさんの白いグランドピアノは、スタインウェイです。「クインテット」…というよりは、「どれみふぁワンダーランド」、「宮川彬良のショータイム」など、NHKでアキラさんが出演する番組では、ほぼ9割あの白いグランドピアノを演奏。以前、週刊誌で、お気に入りのピアノで、NHKにしかないのだが他に無いですか?と書かれていました。NHKであのピアノは、アキラさん専用なのかな?w専有化w


・その3
 帰りの新幹線に乗る前、東京駅地下にあるNHKキャラクターショップへ。NHK好きがここへ行かずにどこへ行く!…本当は渋谷のNHK、スタジオパークに行きたかったのですが、現在改装のため休館中。残念無念。
 ということで、「クインテット」グッズを探す。しかし、あるのはCDとDVD。NHKから出ている文具が欲しかったのですが、見当たらず。…ガックリ、ショボーン(すりかえ仮面&手下の声で…って番組が違うw)。でも、DVD「ゴール!」を店内のテレビで流していました。思わず観入ってしまいました。他の人も、そのテレビを観ている。いいぞもっとやれw
 お目当ての文具は地元の楽器店でも売っていたので(じゃぁ最初からそれでいいだろう!!w)、そっちで買うとして、これまで見たことがない、こんなグッズがありました。
f0079085_221866.jpg

 ひとことシール。色々な番組のものがあったのですが、「クインテット」のも見つけて喜んで購入。フラットさんがメインですよ!「You gotta music,You gotta Quintet」と、「クインテット」のキャッチコピーのようなこの言葉が書いてあるのがいいですね。使うのがもったいないので、飾っておきます。…もう1・2枚買っておけばよかったなぁ。NHKキャラクターショップに行ったら是非どうぞ。

 以上、旅先での「クインテット」でした。ちなみに、新幹線の中でも、「クインテット」&アキラさん関連の音楽を聴いていました。旅先でも、何やっているんだろう自分…w
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-21 22:13 | Eテレ・NHK教育テレビ

はやぶさで、はやぶさ

f0079085_22211547.jpg

f0079085_22211588.jpg

今日から用事があって上京、ついでに観光もしてます。

朝、新幹線はやぶさに乗り、その後、JAXA宇宙科学研究所相模原キャンパスへ行って、小惑星探査機はやぶさの実物大模型などを見てきました。
はい、ダブルはやぶさ。これがやりたかっただけ…ではないですが、やりたかったんですw

どしゃ降りの雨でしたが、猛暑にならずよかったです。

用事も楽しみな用事なので、たっぷり楽しんできます。帰ったらゆっくりと旅行の思い出を書きます。コメントのお返事は帰ってからになります。ご了承ください。

旅行のことはツイッターで投稿してますので、よろしければご覧ください。
では、ひとまず報告でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-19 22:21 | 旅・お出かけ

悲痛なヴァイオリンの叫び ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

 以前読んだ音大が舞台のクラシック漫画「天にひびき」(やまむらはじめ:作)の3巻で出てきて、気になり聴きたいと思っていた、ショスタコーヴィチ「ヴァイオリン協奏曲第1番」。CDで聴きました。
・「天にひびき」3巻感想:天にひびき 3

 聴いたのはこれ。

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 作品77、同第2番嬰ハ短調 作品129 [Import][日本語解説書付]

セルゲイ・ハチャトリャン(Vn),クルト・マズア指揮フランス国立管弦楽団 / Naive



 先日、シベリウス・ヴァイオリン協奏曲も聴いたヴァイオリニスト・セルゲイ・ハチャトゥリアンのソロ。第1楽章、ヴァイオリンソロと、オーケストラが暗く幽玄な響きを奏でます。ショスタコ節全開です。第2楽章はスケルツォ。途中、交響曲第10番と同じく、ショスタコーヴィチの名前を音名にあてたD-Es-C-H(レ・ミ♭・ド・シ)のモティーフが。交響曲第10番、ヴァイオリン協奏曲第1番の他にも、このD-Es-C-Hが出てくる作品があるのだそう。ショスタコーヴィチを聴く楽しみがまた増えました。

 そして、第3楽章パッサカリア。この第3楽章のカデンツァを「天にひびき」3巻では、「折れた翼のまま無理矢理 天に昇ろうとする様な…」(99ページ)と表現しています。まさに…。この第3楽章自体とても重い印象の楽章なのですが、その重い音色から、ヴァイオリンのソロが始まる。最初はか細く、今にも消えそうな、物悲しい音色なのですが、徐々に熱を帯びてくる。ヴァイオリンが、声にならない悲痛な感情を叫んでいるような。聴くのが辛くなりそうな程激しく悲しい音色なのに、惹き込まれてしまう。「ひびき」での波多野さんの、この作品に惹かれる気持ちがわかる気がします。カデンツァの後は、第4楽章へ。オーケストラとめまぐるしく激しい演奏を繰り広げます。息つく暇も無い。

 ショスタコーヴィチ自身も、この作品を発表するまでには様々な苦難があったそうで、そんなショスタコーヴィチの心境を想いながら聴いてしまいます。この作品は、ヴァイオリニスト・オイストラフに献呈。オイストラフのソロで、ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルが初演しています。その演奏も聴きたいな。

 暗く、悲痛な音楽を求めている時、この作品はピッタリです。そんな時でなくても、気に入ったので聴いてしまっています。

・関連過去記事:秘めた情熱の強さと、切なさと セルゲイ・ハチャトゥリアンのシベリウス・ヴァイオリン協奏曲

*****

 聴いた音楽を言葉にする。難しいことだと思いつつも、聴いて何かを感じた作品・演奏は、言葉にしたいと思い、書いてみて、なかなかうまくいかないなぁ…と思う日々です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-17 22:23 | 音楽

積読本と、新訳に想うこと

 いつものように本屋さんへ。積読本がとりあえず無くなったので、補充ですw積読本があると、「こんなにいっぱいある…」とその山を見て呆然とするのに、無くなると不安になる。読む本がないじゃないか!読書をしていない、読んでいる本が手元に無いと、情緒不安になあります…重症だよw積読本への悩みは、絶えることはありません…。

 そんな本屋さんで、こんな本を見つけました。

新訳 ドリトル先生アフリカへ行く (角川つばさ文庫)

ヒュー・ロフティング / アスキー・メディアワークス


 まず、ドリトル先生シリーズは岩波少年文庫の、井伏鱒二訳が主流。井伏鱒二訳以外は出ることはありませんでした。しかし、数年前ポプラ社が新訳を出し、そして角川も…。表紙を見て嫌な予感がしたのですが、中身を見て驚いた。ライトノベル風…。最近の児童向け文庫は、ライトノベルのようなイラストのものばかりで驚きます。ライトノベルは苦手ではありません。ひとつの文学の形だと思っています。
 でも、「ドリトル先生シリーズ」がこんな形になるのは何と言うか…。中身を全部読んでいないので、まだなんとも言えないのですが…。複雑です。
 いわゆる「世界の名作」文学作品は、訳の違いで色々な味わい方が出来ます。例えば、「星の王子さま」の訳は、今一体いくつ出ているのだろう?最初の訳が完全・完璧、それ以外ない、とは言えないし、新訳で新たな魅力に出会えることもある。本当は自分でオリジナルを読めればいいのだが、語学力が…orz

 「ドリトル先生シリーズ」も、新訳で新たな魅力を味わえればいいなと思う。ポプラ社版も結局読んでいないので、読んでみるか…。でも、買うほどでもないような…。うーん…。
 私個人の思いでは、新訳から読んだ方は、是非井伏鱒二訳も読んでみてね!と言いたい。「オシツオサレツ」をはじめとする、あのユーモアは井伏鱒二訳だけ!

新訳 ドリトル先生航海記 (角川つばさ文庫)

ヒュー・ロフティング / アスキー・メディアワークス


 「航海記」も出てるらしい。

ドリトル先生 (ポプラポケット文庫)

ヒュー ロフティング / ポプラ社


 これがポプラ社版。

ドリトル先生アフリカゆき

ヒュー・ロフティング / 岩波書店


 井伏鱒二訳岩波少年文庫版!

ささやき貝の秘密 (岩波少年文庫 (2134))

ヒュー・ロフティング / 岩波書店


 「ドリトル先生」ではないロフティングの作品。面白いです。オススメです。
・私の感想:ささやき貝の秘密
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-15 23:11 | 日常/考えたこと

夕方一本勝負・豪華4本立て! 今週の「クインテット」

 先週お知らせしたとおり、今週の「クインテット」は、朝は高校野球のためお休み。夕方のみ放送の、夕方一本勝負です!「ゆうがたクインテット」(よく間違われるのですが、番組名は「クインテット」。「ゆうがたクインテット」は五重奏団の名前です。)の名前の通りですかね。ただ、問題は再放送が無いってことだ。え?今年度はこれまでの再放送だから関係ない?いやいやいや…。

 前置きはこの辺にして本題。ドラマパート。冒頭でアキラさんが演奏しているのは「最初から今まで」。ドラマ「冬のソナタ」のテーマ曲ですね。この真夏に「冬ソナ」と何事か…と思いきや、アリアさんがテレビを観て号泣している。そのアリアさんに、何故泣いているのか尋ねるフラットさん。悲しい物語のDVDを観て、悲しいけど面白いと涙が止まらない。そんなアリアさんを見て、フラットさんも何故か涙…。ここでシャープ君が歌うは「もらい泣き」。一青窈さんのデビュー曲ですね。「クインテット」で、1990年代~2000年代・現在のヒット曲を演奏・歌うことは稀。歌っても、ロングヒット、もしくは当時ヒットしても今も歌われている歌ばかり。現在のヒットチャートにはついていけてない私。長く親しめる曲ばかりの、「クインテット」の選曲のやさしさにホッとします。そして今日もシャープ君の美声が映えます。ギターはいつもはアリアさんが担当ですが、泣いていて演奏できないためシャープ君が担当。シャープ君…ギターも演奏…器用だね…。その器用さを分けてくれないか(爆w
 結局、2人とも涙が収まらず…フラットさんはもらい泣きしすぎだw呆れ顔のあとの3人…。アリアさんとフラットさんの意見が一致して、けんか(もしくは乙女の争いw)にならなかったのはよかったが、一致しすぎるのも困る2人でした…。あーあ…。

 パート3は、久々に来ました!スコアさんの「白鳥の湖」・楽器事典シリーズ!!待ってました!今日はクラリネット。スコアさんの早口歌が凄すぎます。クラリネットは歴史的に新しい楽器。最初はキーは2つしか無かった。その後、キーが増え、演奏しやすくなった…って、逆に増えて演奏が大変そうな気がするのですが…。クラリネット吹きの皆様、どうなのでしょう…?(ますます管楽器もかじってみたくなる…
 そういえば、スコアさんの楽器事典シリーズは全部でいくつあったかな?ああ、録画の山が…。話はずれますが、今、放送2年目から録画を始めて、保存しているVHSビデオテープ、ブルーレイディスクを観直しています。観たら放送された曲を紙にメモ。大好きな回はじっくりと。忘れていた回も結構合って、楽しんでいます。

 更に今日はアニメ歌「うそ」も。豪華ですね、4本立てですよ!(クインテットショッピング風にw) 「うそ」…心に沁みる歌です。アリアさんとシャープ君の優しい歌声がいい。アリアさんパートで「嘘ついて泣いた」…アリアさん、また泣いてます。

 コンサート前は、フラットさんが鏡を覗き込んでいる。鏡の向こうの自分に励ましの言葉をかけるフラットさん。そして、鏡に映った自分の姿は、気になりますね。「クインテット」の、コンサート前鏡シリーズは秀逸なものばかり。アキラさんのオチの回、再放送しないかなぁ…。あれが最高に笑えるw

 コンサートは、ルロイ・アンダーソン「トランペット吹きの休日」。夏、猛暑にピッタリな音楽だなと、暑い中聴いて思いました。トランペットのストレートな音色が、熱波を裂いて吹き飛ばしてくれるような気持ちになります。シャープ君の超絶技巧・楽器早持ち替え炸裂も気分爽快。その早持ち替えに、フラットさんの驚く顔がいいw演奏後、息を切らしているシャープ君の表情がリアル。最後の一瞬まで手を抜きません。

 今日は、5人がそれぞれ持ち味を生かして活躍する回でした。結構結構。

 来週は朝放送もあります。よかった、来週は夕方放送が見られない予定なので、朝に堪能します。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-08-13 22:40 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索