<   2012年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

シャープ&フラットの凸凹友情物語 今週の「クインテット」+この1年を振り返って

 今年度最後の、今週の「クインテット」です。”今年度”最後。金曜再放送が無くなるので、今日の回の再放送は無しです。

 あと、先週の回の真相は、まだ調査中です。「ヴィオラはおとなのチョコレート」、今年度はオール再放送のはずなのに観たことのない回が放送された…謎です。
(関連したことを後で書きます)
・先週の放送:こんな回、あった…かい? 今週の「クインテット」
【4.2:追記:真相解明しました!】

 さて、今日のドラマパートは「帰って来たシャツとパンツ」。「シャツとパンツ」シリーズのひとつです。フラットさんがシャツ、シャープ君がパンツを演じ、2人の友情物語をミュージカルにしたドラマ。ケンカして何だかんだ言って、シャツ(フラットさん)とパンツ(シャープ君)は仲良し。♯(シャープ)と♭(フラット)も、音楽記号の意味から考えても、やっぱりコンビ。この2人は、何をしても憎めません。
 「帰って来た~」には、長袖シャツ(スコアさん)も登場。ケンカになる2人を戒め、忠告する重要な役です。洗濯物のシャツとパンツを見守るアリアさんも、演奏をしているアキラさんも、やっぱり欠かせない存在。

 「クインテット」では、チーボーは別として5人の誰かが欠けている回というのが、無い。以前の「アキラさんはどこへ行った」状態もあるけど、ちゃんと曲でピアノの音は聞こえているので、そこにいる(アキラさん=「存在そのものが音楽」)。「あの町この町」でシャープ君が帰ってこないとか、「幸福くん」でフラットさんが家出したという回もあるけど、登場しない回は、無い。5人がいる、5人が揃って、この5人の生活・日常はあり、音楽もある。「クインテット」のこんなところが好きなんです。雰囲気というか、絶対譲れないポリシーというか。

 パート3は「鉄道唱歌 山手線」実写版内回り。最近よく観る。駅名をメロディーに合わせて歌っているだけなのに、何故こんなに楽しいのだろう。一緒にノリノリで歌ってしまう。字幕放送があると、駅名歌詞が表示されるので便利です(と言っても覚えたけど)。本当に律儀でけなげな字幕ですw

 コンサート前、折り紙をしているスコアさん、アリアさん、シャープ君。スコアさんが折鶴の折り方を教えている模様。しかし、シャープ君はどこで間違えたのか紙飛行機を作ってしまった。本当にどこで間違えたんだwそういえば、「できないよ」で折鶴の折り方を教えてもらっていたなぁ。「できないよ」、好きな歌です。放送してくれないかな。

 コンサートは、オッフェンバック「天国と地獄」。全員が、特にフラットさんがフルスロットル。聴いていて気分爽快になる演奏です。迫力も満点。カメラワークもうまい。

 そういえば、この「天国と地獄」のメロディーは、サン=サーンス「動物の謝肉祭」第4曲「亀」でスローテンポで演奏されています。速度を速めると、「天国と地獄」だとわかります。サン=サーンスが生きた19世紀後半のフランス・パリでは「天国と地獄」を代表とするオペレッタが大流行。軽妙な速いテンポの音楽がもてはやされているのを、嘆かわしく思っていたサン=サーンスはこの曲を自身の作品でパロディにして、皮肉ったのだそう。
Saint-Saens: Carnival of the Animals~Tortues (Tortoises)

 ゆっくりにすると雰囲気が変わるものだなぁ。
・「天国と地獄」についてそのほか:2009年度クインテットコンサート新曲


 今日のコンサートはそろそろ「さくらさくら」が来るかなと思ったのですが、来ませんでした。来年度、4月になってからですね。
 と言うことで、今年度の放送はこれにて。

*****

 ここからは、私の思うことを。今年度最後と言うことで、これまで心の中に押し込んでいた思いの丈を思う存分書こうと思います。

 「クインテット」が本放送終了し、週1(再放送あり)放送になって1年間。辛かった、苦しかった、と言うのがまず第一に思うことです。
 平日5日が週1になる。最初は宇宙機でいうエクストラミッションのように考えていたのですが、実際始まってみて、放送される日が減ることがこんなに辛いとは思いませんでした。昨年度までは、平日の夕方に放送されて当たり前、のように思っていた。それが一気に減り、更にまさかの10月改変で夕方放送が無くなり、「ゆうがたクインテット」の意味がなくなってしまった。土曜(金曜再放送)が来るのが毎週待ち遠しかったし、夕方5:50が空虚な、ぽっかり穴のあいた、寂しい時間になってしまった。新番組が始まって、最初の頃は慣れないけれども目新しさに心躍らせていたが、徐々に物語やキャラクタの雰囲気・言わんとしていることなどに「これは違う」と思い、観るのを止めた。下山啓さんの脚本・詞が、近藤康弘プロデューサーの作品が私は好きだったんだ、と自覚した(「ハッチポッチステーション」もこのコンビ。勿論大好きです。だから、「ハッチポッチ」「クインテット」と今の「フック~」は別物、兄弟番組ではないと思っている。キャラクターデザイン・アートデレクションは藤枝リュウジさん、操演も木ぐつの木で「似ている」と思われがちだけど、中身は別物)。

 先日、twitterの「クインテット」ファンの方と話をしていて、「クインテット」には未放送回があると、宮川彬良さんが「アキラ塾」で仰っていたと聞いた。先週の「ヴィオラはおとなのチョコレート」もそのひとつかもしれない。未放送回もあるのなら、終わらせなくてもよかったんじゃないか。朝夕の枠(翌週が再放送)があるのだから、夕方の枠はそのまま「クインテット」でよかったんじゃないか。そんなことも思いました。昨年、完全燃焼して終わったような気持ちだったのに、まだ残っていたものがあった。何か悔しいものがこみ上げてきます。


 それでも、週1の放送になって、第二に思うことは、より「クインテット」を楽しめるようになった。この1年間の記事を読んで思います。楽曲について調べることも増えたし、それによって知らなかったこと、新たな発見が沢山あった。楽曲や編曲、台詞、シーンについて”深読み”することも増えた。週1は少ない。けれど、濃度は濃くなった。一度観ているはずなのに、観れば観るほど濃く、深くたのしんでいる。これは救いでした。コンサートスコアも出た(今後続々出ます)、ライヴも実現した(第2回をやるとか!)。アンサンブル・ベガのコンサートも盛況ですし、「コンチェルタンテⅡ」などオーケストラのコンサートではオーケストラ版「ゆうがたクインテット」テーマもアンコールで聴ける。まだまだ”夢のつづき”があるじゃないか。番組本放送は終わったけど、続いているものがちゃんとある。全部終わったわけじゃない。
(そろそろ、私もアンベガやコンチェルタンテⅡなどのコンサートに行こうと思うんだ。いつも遠くから思っているだけじゃ、寂しいし悔しいからね。)

 再びtwitterでの話なのですが、コンサートでアキラさんが「クインテット」について、こんなお話をしていたそう。来年度(平成24年度)の「クインテット」の放送は無かったのだそう(!!?)。しかし、NHKに「やめないで」と存続要望のメール・手紙が多数寄せられ、存続決定した、とのこと。そうだったのか…!!私も、来年度の再放送存続要望のメール・手紙を出しました。その声が届いたのが嬉しいし、有難い。しかし、来年の話をすると鬼が笑う…ではありませんが、平成25(2013)年度はどうなるんだろう?このままだと…。私としては、例えば「ニャッキ!」や「ジャム・ザ・ハウスネイル」「ロボットパルタ」などのように、再放送を繰り返しても続いていって欲しいと思っている。これらの番組は、もう15年は放送している。時々新作もあるけど、基本は再放送。あと、「ニャンちゅう」シリーズのような形でもいいと思う。まずは、また存続要望のお手紙、メールを出します。

 要するに、私は「クインテット」が好きなんだ、とはっきりと実感した1年間でありました。色々な意見・コメントに触れて、落ち込むこともあります。が、私は「クインテット」が好きだ。これからも、ずっと。「クインテット」でアキラさんの音楽に出会えたことにも、感謝したい。
(現在、アキラさん関連のCDがどんどん私のCD棚に増えていっています。♪コーレクション!by「ショータイム」コレクターミュージカル)

 以上、長くなりましたが思いの丈を語りました。普段は書かないようなことも書きました。でも、自分の思いであることに変わりはないので、今日だけは書きました。来週から、また元に戻る…と思います。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-31 23:57 | Eテレ・NHK教育テレビ

卒業の春 年度末の教育テレビ【追記あり】

 先日書いたとおり、NHK教育今年度末は、卒業の春になってしまいました。
・先日の記事:まゆお姉さん、あやめちゃん、スイちゃん…教育テレビ卒業のお知らせ 【追記あり】
 ↑「えいごであそぼ」のエリック&ジェニーも追加してます。

【シャキーン!】
 あやめちゃんが卒業。咲くと幸せになれるというシャキーンの種の成長を1年間観察してきたシャキーン!メンバーと、種を拾い育ててきた鈴木家。花が咲き、種になり、その大量の種を拾い集めて持ってきたあやめちゃん。そして、世界中に幸せを配りに行くと、シャキーンの種を配る旅に…。
 これが、あやめちゃんの卒業でした。でも、「また帰って来るね」の言葉…信じていいいですか?帰ってきてね、あやめちゃん!金曜、「クノーチェ」とスーパージュモクさんの回想、さらに「この空」で涙腺崩壊してしまった…。この空で、繋がっている。「この空」もいい歌だよなぁ。
 そして、ウロベエが新しい秘密基地を作った模様。金曜のエンディングで、旅路のあやめちゃん、そして新しい基地に引っ越すあゆちゃん、ジュモクさん、ネコッパチのイラストがよかった。
 さぁ、来週、新年度から新しい「シャキーン!」が始まります。

【えいごであそぼ】
 金曜はジェニーの歌スペシャルでした。どれもいい歌だ。エリックもいつものようにギターを持って遊びに行く。登場シーンの5分裂には驚きましたw
 で、2人からのお別れの挨拶は特に無かった。あれ…。

【みいつけた!】
 以前の再放送なので、金曜もやっぱり再放送だった。あれ…。エンディング歌が「ハーイ&バーイ」、これが挨拶ってこと?それとも、明日日曜の「みいつけた!さん」で何かあるのかな?明日はまだ今年度です。
 木曜の回も、これからもスイちゃんとコッシー、サボさんはずっと一緒だよ、というメッセージが強かった。それなのに、これがお別れなんて…。もしかして、「シャキーン!」のように模様替えするのだろうか?
 とりあえず、明日の「みいつけた!さん」も観ます。しかし、個人的なことなのですが、日テレ系のアニメ「宇宙兄弟」と時間が被るのを何とかしてくれないでしょうか…。録画が…。
【追記】
 今日の「みいつけた!さん」はスイちゃんスペシャルでした。スイちゃんの思い出を振り返る…内容でした。ありがとう、スイちゃん…。
 でも、今日の「みいつけた!さん」は、最後にレグの新EDが全部持っていってしまったのでありました…なんだあれは。今日流さなくても…新年度になってからでもいいじゃないか…。「ハーイ&バーイ」にして欲しかったよ…。


【おかあさんといっしょ】
 今日の「あつまれ土曜日」はだいすけお兄さん・たくみお姉さんも一緒に、宮城県名取市から。渋谷のNHKを出て、新幹線に乗り、宮城へ。名取も大震災で大きな被害を受けた。オープニングで雪の中の仮設住宅が見えたのが、切なくなりました。
 小学校の体育館で、歌に遊びに盛り上がる。だいすけお兄さんの「ぼよよん行進曲」も出ました。この公演(収録)でこどもたち・親御さんも元気になれば何よりです。
 そして、最後にまゆお姉さんからの挨拶。7年間、あっという間だった。よしお兄さんと一緒にデビューした時のことを覚えていますよ。さいしょは初々しかったまゆお姉さんも、すっかり「お姉さん」になったなぁ。と、しみじみしつつ、涙をこらえつつ…最後の「ゴッチャ!」(3時)。涙はこらえて、笑顔で賑やかに。

 月曜から、新年度。新しい出会いに胸を膨らませつつも、これまで楽しいひとときを過ごしてきた人々のことは忘れられず。どうもありがとうございました。お元気で、いつかどこかで会えるよね。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-31 21:41 | Eテレ・NHK教育テレビ

音楽の楽しみ方 ありがとう「N響アワー」

 この春は、NHK教育でのお別れ・卒業が多過ぎます。こども番組でもですが、日曜夜のお楽しみだった「N響アワー」も、32年の歴史(1980年4月スタート)に幕を閉じます。「芸術劇場」が終わってしまって数年。地上波クラシック音楽番組といえば、「N響アワー」だった。それが…なんてこと…。

NHK:N響アワー
 ↑このHPもそのうち無くなるのかな…。寂しい!
ウィキペディア:N響アワー

 という私ですが、「N響アワー」を観始めたのは、大人になってクラシック音楽に興味を持ち、聴くようになってから。司会は池辺晋一郎先生。壇ふみさんとのコンビの時代は、残念ながら観た時期には入っていませんでした。最終回で池辺先生と壇ふみさんの楽しいトークを観て、もっと早く観るんだった…!と何度思ったことか。さらに、18日・最終回の前の回でも、昔の映像が続々と。芥川也寸志さんが司会だった頃の映像まで出てきた。昔は、サヴァリッシュ先生がピアノを弾いて楽曲についてレクチャーするコーナーも合ったらしい。それ、もっと観たかった!やっぱり、もっと早く観てればよかった…。

 クラシックを聴き始めた頃は、名曲と呼ばれる楽曲でもどこが魅力なのかわからないこともあった。それを、池辺先生も現司会の西村朗先生も、作曲家の視点から真面目に、でもわかり易く親しみ易く解説してくれる。楽曲の魅力をにこやかに、愛情溢れる口調で話しているのが印象的だった。そして、演奏。1時間の番組なので、長い曲は何楽章だけということもあったけど、これで興味をもって全曲聴いてみた曲もある。好きな作曲家、楽曲、指揮者・ソリストも増えてきて、観続けるほどに楽しみになっていった。

 クラシック音楽の番組だから、難しそう、堅そう…という印象もあったが、池辺先生の時は得意のダジャレで毎回笑ったり、脱力したり、反応に困ったりw最終回、池辺先生のダジャレセレクションがあって嬉しかったwそうそう、「N響アワー」は池辺先生のダジャレも楽しむ番組なんだよ、とw(間違って…ないよね) 西村先生になってからも、最後の音楽解説談義「今宵もカプリッチョ」が面白く、興味深かった。今年度から無くなったのが、残念で残念で…。あと、夏はこどもたちと楽しめる「ほっとコンサート」や、夏の特別編が合ってこれも楽しみだった。西村先生が故郷・大阪の街をぶらりと歩く回は笑えました。たこ焼き屋さんでたこ焼きを食べて、熱いとパニックに。周りに人だかりができていたが、あの中にこれがNHK教育のクラシック音楽番組の収録だと気づいていた人はいたのだろうか…w
 ちなみに、「カプリッチョ」は本も出ているよ!

NHK N響アワー クラシック・トーク 西村朗の今宵もカプリッチョ

西村朗 / ヤマハミュージックメディア



 そんなこんなで観てきた「N響アワー」。最終回の最後を飾るのは、スヴェトラーノフ指揮のチャイコフスキー交響曲第5番。じっと演奏を聴き、観入っていた。カメラワークがいいな…と思ったが、いや、そうじゃないと思った。演奏がいい。スヴェトラーノフも、N響の団員さんたちも、とてもいい表情をして指揮・演奏をしている。渾身の演奏…ちょっと違う。ありきたりの表現だけど、皆がひとつになって「音楽している」。一体感。調和していて、ゆがみやずれが見当たらない。ぐいぐいと惹き込まれる演奏だった。黙って、魅入っていた。
 その後、チャイコフスキーの5番を聴きたいと思って部屋の中を探したが、何と、無い。4番、6番「悲愴」はあるのに、5番が抜けている!?まずは図書館で借りてくる。最終回でさえ、また全曲聴いてみたい楽曲に出会えた。なんと嬉しいことだろう。でも、これが最後なのか…。

 番組に宛てられたメッセージの中に、「地方在住者が、オーケストラの演奏に触れることのできる番組」というものがあった。全く同感だと思った。私の地域でも、オーケストラのコンサートがあるのは年に何回か。3回ぐらいあればまともなほうだ。私にとっても、「N響アワー」はオーケストラの演奏に触れることのできる番組だった。CDもあるけど、コンサートの映像は、指揮者・演奏者の表情が伝わってきていい。ホールの雰囲気・空気感も。NHKホールとサントリーホールでは雰囲気が違うな、とか。「N響アワー」が終わってしまったことで、地上波でオーケストラの演奏に触れることのできる番組が…。なんてことだ。

 最終回の最後で、池辺先生がこんなことを仰っていた。
「音楽の楽しみ方を知るって事はね、命を輝かせるって事だと思うんですよね。自分の毎日を艶やかにするために是非、音楽で楽しんでいただきたいと思います。」

 池辺先生、いいこと言う!堅物で難しいと思われがちなクラシック音楽。でも、音楽であることには変わりない。ポップスの作曲だって、クラシックで使われてきた和音や音の進行、リズムがあってこそのもの。バッハやモーツァルト、ベートーヴェンなどの楽曲の中にあるエッセンスが、今に通じている(勿論、西洋クラシックが全て、とは限らない。世界各地の民族音楽も忘れちゃいけない)。そんな音楽の技、魅力、深み、トリビアなどをどう楽しむか。教えてくれたこの番組に、心から感謝したいです。

 「N響アワー」が終わるのは寂しい。でも、新しい番組になろうとも、音楽は無くならない。引き続き、音楽の魅力を伝え一緒にたのしむ…軽いノリだけじゃない、番組を望みます。N響にこだわらず、オーケストラは勿論、器楽曲からオペラ、バレエまで幅広く、というのはちょっと期待。音楽の海…宇宙は広い、深い。その広さ、深さを、様々な角度からたのしみたい。時に真面目に、時にユーモアも交えて。でも、メインはあくまで音楽。トークの方が長い、だったりしたら…どうしよう。新番組「ららら♪クラシック」、まずは1回観てみます。とりあえず、NHKのあの白いピアノが出てくるんだな…(これは私にとって複雑である)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-29 22:20 | 音楽

金星と木星のランデブー まだまだ見どころ満載

 26日の金星・細い月・木星の並びは雪のため観られず。昨日も曇りで観られず。今日も朝から雨だったのですが、夕方になって晴れ始め、日没には快晴になりました。さぁ、金星と木星、そして共演星たちはどうなった。26日は逃してしまいましたが、星空は刻一刻と変化し、その度に魅了されます。見どころはまだまだ続きます。

f0079085_21284018.jpg

 月が明るめで撮影が難しい。月・プレアデス星団(すばる)・金星・木星の順に並んでいます。木星は随分と離れてしまったなぁ。月の横にはおうし座の一等星アルデバランとVの字のヒヤデス星団が。とても豪華です。素晴らしい。
 金星は、4月初めにすばるに近づきます。これもまた素晴らしい共演。

 さて、東の空には春の星座たち。しし座に火星が、おとめ座に土星がいます。
アストロアーツ:【特集】土星を見よう
 4月中旬から見頃です。おとめ座の一等星・スピカのそばに、黄色く土星が輝いています。口径5cm程度の小口径望遠鏡で、あの輪が観られます。見頃になるのが楽しみです。

 ということで、これから春の星空は結構賑やかです。そして、5月21日の金環日食。書店に行くと、日食グラス付きムックが何冊もあって驚きました。日食グラスは必携です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-28 21:39 | 宇宙・天文

まゆお姉さん、あやめちゃん、スイちゃん…教育テレビ卒業のお知らせ 【2011年度】

※この記事は2011年度のものです。ご了承の上お読みください

 2011年度も最終週。来週からは新年度です。

 さて、今年度で教育テレビの番組から「卒業」してしまう方が確定したようです。

 まず、「おかあさんといっしょ」のダンスのお姉さん・まゆお姉さん。「ゴッチャ!」のまゆお姉さん
転職・派遣・キャリアのオリコンランキング:NHK『おかあさんといっしょ』ダンスのお姉さん7年ぶり交代 (いとうまゆ)
 結構前に発表されました。まゆお姉さんが卒業、という話は発表前から噂には聞いていました。実際、本当に卒業となると寂しいなと感じます。「ゴッチャ!」(1年目は「ズーズーダンス」)で楽しく、元気に踊るまゆお姉さん。踊りつつも、一緒に踊るこどものことをちゃんと見ていて、その子に合わせて踊る。また、歌のクリップでのダンスだけでなく、コミカルな被り物や身体をはった演技も観ていて楽しかった(「クシカツはいっぽん」とか)。本当に、元気で明るい、一緒にダンスを踊りたくなるお姉さんでした。
 今月の歌「みんなだれかがすきになる」のラストでのダンスは、まゆお姉さんのためのものだったのかなぁ…なんて思っています。
 最終日は31日(土)。最後にお別れのご挨拶があるらしい。必見。

 新年度からは上原りさお姉さんが登場。現役音大生だそう。ダンスのお姉さんが、音大生。珍しい。ミュージカルを目指していたとか?ダンスコーナーは「パント!」。パントマイムをモチーフにした身体表現遊び。まだ現役の学生さんということで、どんどん伸びていって欲しいなぁ。


 次、「シャキーン!」のあやめちゃん。今年度から妹分のあゆちゃんが加わり、あやめちゃんの年齢を考えるとそろそろ…と思っていたら、やっぱり…でした。
 「シャキーン!」は朝しかやってない、しかも朝の忙しい時間で、なかなか続けて観られなかった。でも休日や、特番などであやめちゃんのパワフルで元気な声を聴くと元気になります。一緒に「シャーキーン!!」と振りつきでやってみたりwもっと早くから観てればよかったなぁ。
 新年度、あゆちゃんが司会を務めます。この1年で慣れてきたみたいだし、「さ~YOU!」で歌も披露。この歌は凄くよかった。ジュモクさんやネコッパチ、ウロベエもいるから大丈夫、かな。

シャキーン!スペシャルアルバム~いってきマーチ!/さ〜YOU!(DVD付)

TVサントラ / フォーライフミュージックエンタテインメント


 「さ~YOU!」収録のCDは近日買う予定。「シャキーン!といこう」は保存版になりますな…。あと、まいんちゃんとのコラボソング「どんまい・ふれんず」も。これがまたいい歌で。

 最後、まさかの卒業です。「みいつけた!」のスイちゃん(熊田胡々ちゃん)。来年度から、番組表に違う名前の子(野原璃乙ちゃん)が…。えええええ!!まさか過ぎてびっくりです。しかも、今週の「みいつけた!」は再放送。スイちゃんからのご挨拶は無しか…?いや、金曜だけ違うかもしれない。来年度からどんな形になるのか、よくわからないので不安です。スイちゃんも元気で、可愛い子だったなぁ。月曜のかけるくんとのお話もよかった。そのお話で、「スイとコッシーはずっと一緒だよ」って言っていたのに…。
 コッシーの新曲「あしたわらおう」も、もしかするとスイちゃんへの友情ソングなのかもしれない。以前書いたとおり、この歌は歌詞などから別に「みいつけた!」の歌でなくてもよいと思う…と書いたのだが、スイちゃんのことを思うと、そうでもないかも、と思うようになりました。かけるくんとのお話のエンディングがこの歌だったのですが、合ってた。
 野原璃乙(のはら・りお)ちゃんがどんな子か調べてみようと思ったら、「みいつけた!」のウィキペディアが既に変更されてて驚いた。
ウィキペディア:みいつけた!
 2代目スイちゃん、らしい。観てみないとわからないので、保留にしておきます。
 しかし、いきなり過ぎてショックだー…。

 以上、NHK教育テレビ・こども番組での卒業記事でした。NHK教育で好きな番組のひとつである、先日最終回を迎えてしまった「N響アワー」については後日。あああ…。
 新年度からのNHK教育は、楽しみなところもあるし、不安なところ(「クインテット」が完全週1、「N響アワー」の後番組、など)もあり…複雑な春です。


【追記】
 なんと、この春の教育テレビ卒業はこの3人だけではありませんでした…!
 「えいごであそぼ」のジェニー&エリック。えええええ!!一気にこの2人が卒業なんて…。時々観る程度ではありましたが、陽気なエリックさんがギター片手にあちらこちらへ出張し、こどもたちと英語で遊ぶコーナーは大好きでしたよ。ジェニーさんも歌が好きだった。ケボ&モッチと可愛く歌う姿が印象的です。
 ああ、今年度の教育テレビ卒業者が多過ぎる…!!ますます複雑な春です…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-27 23:17 | Eテレ・NHK教育テレビ

金星と木星のランデブー 月も一緒

 金星と木星の共演は、シリーズ化になったようですw今日は、細い月も共演に加わりました。これは豪華だ!

f0079085_22485185.jpg

 まずは月だけ。この細さ、繊細さがいいですね。
 
 では、今日の金星と木星。そして月です。
f0079085_22493325.jpg

 金星と木星はまた離れました。画像を調整してみたのですが、荒い…。

f0079085_22494756.jpg

 こちらは地球照も写ってます。

 明日は、この月が金星と木星の間に入ります。楽しみです。しかし、我が地域は雪の予報。日没後だけでも晴れてください。


【追記 3/25】
 今日の金星・月・木星の並びは…雪で観られませんでしたorz 雪…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-25 22:53 | 宇宙・天文

こんな回、あった…かい? 今週の「クインテット」 【真相追記しました】

 先週書いた通り、昨日の金曜再放送はありませんでした。わかっていても、放送がないと寂しくなる。昨日はそのせいか(どうなのか)、一日中調子が出ませんでした。しかし、4月からこうなる…土曜日だけ、本当の週1放送になります。ああ、4月からが怖い…と感じた金曜日でした。

 さて、今日は1週間ぶりの「クインテット」。何が来るか、楽しみで楽しみで。

 ドラマパートは「グッドバイ」&「ちゃんとしまうま」。「グッドバイ」はさとうよしみ(佐藤義美)作詞、河村光陽作曲の童謡。「グッドバイ」というタイトルから、お別れの歌なのですが、また明日という感じの明るい「グッドバイ」です。しかもテンポがだんだん速くなる。速くしているのは…スコアさん。テンポの速さに驚く4人(でも、そのテンポに合わせているのが凄い)。スコアさんはさっさと帰ろうと、支度をする。そして出したチェロケース。何とシマウマ・ゼブラ柄。スコアさん、お洒落。そして「ちゃんとしまうま」だからシマウマ。洒落も効いてます。
 「ちゃんとしまうま」(言うまでも無くオリジナル曲)を歌いつつ、全員が楽器をしまって帰る支度を。アリアさんのヴァイオリンケースは、さりげなくゼブラ柄でこれまたお洒落。アキラさんは楽譜を入れるバッグ。シャープ君は、トランペットと、マレットが何本も。持ち物が多いシャープ君。そしてさっさと帰ってしまうスコアさん。ぼんやりと映っている舞台裏を凝視してしまったのは、言うまでもありません。もっと見せて~。

 パート3は、シャープ君の「楽器の話」。「ヴィオラはおとなのチョコレート」。ヴィオラの落ち着いた、渋く、甘い音色とともに、シャープ君が艶っぽく語ります。シャープ君が、大人です。いつもは、ハイテンションで、悪く言うと落ち着きのないシャープ君。でも、こんな面もあるんです。素敵。

 …しかし、この「ヴィオラはおとなのチョコレート」。これまでに放送、ありましたっけ…?twitterで、「クインテット」ファンの方々と無いよね、無いよね!?と混乱状態。「ちゃんとしまうま」は2010年1月に初登場したので、その後の春テーマの期間、2010年3月~5月の録画を観直したのですが、ありません…。どういうこと!?未放送回、なのかなぁ?

 パート3はもう1本。「うそ」アニメ版。これまた落ち着いた、大人なシャープ君です。この「うそ」、好きなオリジナル曲のひとつです。落ち着きと共に、嘘をついた後味の悪さや苦味、後悔、かなしみも感じる。先ほどの、ヴィオラの音色にも似ています。

 コンサート前、新しい香水の香りにうっとりしているアリアさん。嬉しくなって、演奏も頑張ろう、と。きつい香水の香りは苦手ですが、優しい、そっと香る香水やアロマの香りに、心が落ち着いたり、ときめいたりすること、あります。一方、フラットさんは新しいせっけんの香りにうっとり。せっけんもいいですねーと思っていたら、演奏前にお風呂へ…。フラットさん、間に合うんですか!?

 コンサートは「チョップスティックス」(作曲者不明)。「トトトの歌」とも呼ばれることもあるみたいです。チーボーのデビュー曲。アキラさんとピアノ連弾します。この曲、編曲・演奏も勿論いいのですが、見どころも多い。私なりのみどころを箇条書きしてみる。
・チーボーの演奏を見守るアキラさん。とても優しい目・表情をしている。これだけでたまらん。
・シャープ君は最初のあたりは出番なし。退屈している表情w
・中盤、ようやく出番が。待ってましたとばかりにノリノリで演奏するシャープ君。
・そのノリノリの演奏につられて、後ろのフラットさんもノリノリにw
・終盤、ピアノが難しくなってゆく。アキラさん、チーボーに気合を入れている?
・最後のグリッサンド。チーボーが吹っ飛ばされた!w(幕の外のチーボーまで入れて欲しかった)
以上。見どころでした。あれ、弦コンビは?弦コンビも、通常通りに演奏しつつも、チーボーを見守っている感じです。


 さて、今日のこの組み合わせ。この組み合わせ自体がこれまでに、無かった。今年度は、再放送なんだよね…なのに、何故!?やっぱり、放送できなかった回を放送したのかなぁ。現在調査中です。

 もし、未放送回を放送したとなると、嬉しいな。

【4・2:追記:真相判明!】
 アンサンブル・ベガ事務局・おふぃすベガさんのご協力により、この回の真相がわかりました!
【「クインテット」未放送回?ナゾ解決】3/24(土)、30(金)の「クインテット」放送内容について「初めて見る!」「新作では!?」と沢山のお問合せを頂いておりましたが、番組スタッフの方より真相を伺うことが出来ました!皆さんご名答!スバラらしいです!(続く #nhk_quintet
posted at 2012.4.2 12:54:17

【初出しでした!】3/24(金)、30(土)の内容は、諸事情により前年度(つまり昨年)に放送できなかったものが放送されたそうです。「再構成ですので既に放送されたコーナーもありますが、楽器のはなし「ヴィオラはおとなのチョコレート」は新作です。」とのことです!#nhk_quintet
posted at 2012.4.2 12:57:42

「クインテット」3/24,30放送内容の件、やはり初出しだったのですね。私より遥かに鋭い皆さん・・・すばらしいです!@halcakaukana @sakomakoharu ←お二方はじめ、他にもお問合せ頂いた皆さん、ありがとうございました! #nhk_quintet
posted at 2012.4.2 13:01:29

「クインテット」番組スタッフの方からも、皆さんの熱い観察眼!?に驚きと感謝のお声が届いています。皆さんにくれぐれもよろしくお伝えください。今後とも「クインテット」をよろしくお願いしますとのことでした♪  #nhk_quintet
posted at 2012.4.2 13:16:06
・twitter:おふぃすベガ(@officevega)より引用



 なんと!!!やはりこれまで放送されなかった回でしたか!しかも楽器の話(シャープ君版)「ヴィオラはおとなのチョコレート」は新作!!
 ベガさん、スタッフの皆様、お忙しい中本当にありがとうございました。未放送回があった、それを未放送のままで終わらせず放送してくれたことに、感謝していますし、とても嬉しいです。未放送回がもしまだあるなら、お蔵入りさせずにどんどん放送してください!
 こちらこそ、よろしくお願いいたします。これからも応援してます。観続けます!!




*****

 今日は、+αを多めに書く予定だったのですが、まさかのプログラムでそれどころではなくなってしまいました。最後に2つだけ書いておきます。

f0079085_23441030.jpg

 「クインテット」コンサートスコア集第1巻を入手しました!中身を観て、感激しました。冒頭のアキラさんによる、このスコアに込めていること、「クインテット」の始まりのエピソード。読んで胸がいっぱいになりました。そしてスコア。感激です。ただ、移調楽器であるクラリネットとトランペットのパートが読めない。読み方がわからない…orz B♭管なのですが、どうすればいいんだこれは。
 所々にある写真も必見です。
 「クインテット」が好き、あのコンサートが好き、アキラさんの編曲の技・魅力を紐解いてみたい、あの編曲で演奏したいなどなど、少しでも気になっているのなら…おすすめします。
 購入は、アンサンブル・ベガコンサート会場、もしくは公式オンラインショップでどうぞ。
おふぃすベガ・オンラインショップ:「クインテット」スコア全集第1巻


 もうひとつ。明日、夜8時から、NHKラジオ第二にアキラさんが出ます!
NHK:ラジオ第二 カルチャーラジオ日曜版 3月・人間を考える ~音楽の力~
NHK番組表:カルチャーラジオ 日曜カルチャー「人間を考える~音楽の力」(4) ピアニスト、作・編曲家…宮川彬良
 4月1日にも再放送があります。アキラさんが1時間、どんなお話をするのか楽しみです(しかも、ひとりで。どんな形になるのだろう?)。

 今日の記事タイトルは、「ちゃんとしまうま」の洒落に対抗して(?)、私も洒落を…w
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-24 23:57 | Eテレ・NHK教育テレビ

「わからない」ことをたのしむ

 ちょっとしたことから思ったこと・感じたことを、記事にしようと思って、ノートに書いてまとめていたのですが、自分でも何を言いたいのか、そしてつじつまが合わないような気がしてまとめられなくなり、わけがわからなくなりました。こんなことが、時々あります。

 「わけがわからないなぁ」と首を傾げていたら、以前考えたことを思い出しました。

 「わからない」ことが、世の中にはたくさんある。何度説明を聞いても理解できないこと。なかなか馴染めないもの。親しみたい・近づきたいと思って何度も挑んでみてはいるけど、結局疲れるだけで収穫がないもの…。こんな時、世界は広いなぁと思います。

 その時、ふと思ったのが、「わからない」ことをそのままたのしんでみるのもいいんじゃないか、ということ。「わけのわからなさ」が逆に面白いと思えることもある。例えば、私があまり詳しくない機械のことを説明されて、さっぱり理解できないのだが、機械そのものは面白く感じてしまう、とか。数学も苦手ですが、何故か惹かれて数学の本を読んでしまう。実際のところ、半分も理解していない。でも、惹かれる。また読んでしまう。何故なのかもわからない。でも、面白いなと思ってしまう。

 「わかる」ものだけが面白いのではない。もちろん、この「わかる」というのは主観的なもので、他の人にとっては身近で、親しみをもっているものだということを忘れてはならない。自分には「わからない」けれども、自分の理解を超越した魅力を感じて、「わからない、けど面白い」と思うのかもしれない。

 「わからない」ものは、その時はそう感じてもそのままにしておこう。気になること、惹かれるものが少しでもあるなら、少し距離を置いていたとしても、なるべく近くにいよう。記事にしようとしてわけがわからなくなってしまったことも、ノートに書いて、そのままにしておこう。時々読み返そう。そうやって近くにいれば、少し近づける時が来るかもしれない。

 という、今日の備忘録でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-23 22:40 | 日常/考えたこと

金星と木星のランデブー 共演星が増えた

 昨日は春分の日。これからまた日が長くなり、春が来る。この冬は雪が多く、厳しい寒さだったので、ますます春が待ち遠しいです。しかし、昨日は雪で寒い春分の日でした。

 今日も午前中は雪がちらほら。しかし、午後になると晴れ間が見え、日没後は快晴。これは、いい星空を拝めるかも!先日の記事以来、金星と木星の様子を観られず、どうなったかな。

f0079085_2233788.jpg

 まだ西の空が明るい頃。風が強く、雲が流れている。ふたつの明るい星。大分離れてしまいました。

f0079085_22343096.jpg

 日没後、空が暗くなってからまた撮影。明るい金星と、下のほうに木星。その上にはプレアデス星団(すばる)が。その左にはVの字のヒヤデス星団と、赤いおうし座の一等星・アルデバラン。2惑星のランデブーに、2つの星団も加わってますます賑やかになりました。

 今日は部屋の中から望遠鏡で2惑星を観察。金星は半分に欠けていました。とても明るく輝く、小さなオムレツに見えましたw(どういう例えだw)金星は、目のいい人なら肉眼でも欠けた様子を確認できる、そうなのですが、望遠鏡で観た後、肉眼で金星を観たら何となく欠けている様子がわかりました。心眼かな?w
 木星は、今日も見事な縞模様。いつ観ても見事です。そして、4つの可愛いガリレオ衛星たちがお供しています。

 15日(現地時間)、ハワイのマウナケア山でもこの共演を撮影していました。
国立天文台・すばる望遠鏡:接近する金星と木星、彩りを添える二つの「すばる」
 「すばる」と「すばる望遠鏡」。これはまた素敵な共演。そしてマウナケアの満天の星空!見惚れます。「黄道光」まで見えています。黄道は天球上の太陽や惑星の見かけの通り道のこと。そこには太陽系の中に浮かぶ小さな塵粒もあり、それらが太陽の光を反射してい光っているのが「黄道光」。天の川よりも淡く、空の澄んだ暗いところでないと観られない。日没後の西の空、また日の出前の東の空に観られます。一度観てみたいものだなぁ。

 日没後、南の空に見えている冬の大三角。
f0079085_2247426.jpg

 この華やかな冬の星座たちも、東から昇ってくる春の星座たちともうじきバトンタッチです。

 昨日の春分の日に観れたらよかったのですが、天気はどうしようもない。今日観られてよかった。

・以前の記事
・3月13日:金星と木星がランデブー
・3月15日:金星と木星のランデブー・リプライズ
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-21 22:57 | 宇宙・天文

113年前の天体観測記録

 先日は日没後の金星と木星の共演が観られたのに、ここ数日一気に冬に逆戻り。暴風雪の日々です。星空は雪雲の上…。こんな時は、天文ニュースを。最近、とても嬉しいと感じた天文ニュースがこれ。

国立天文台:日本最古の星野写真の発見

NHKニュース:国内で最も古い星空写真を発見
アストロアーツ:日本最古の星野写真を発見 113年前の麻布で撮影

 19世紀末から20世紀初めにかけて撮影された星空の写真の乾板が、国立天文台三鷹キャンパスの倉庫から発見されました。その数437枚。関東大震災などで焼失してしまったと思われていたのですが、ありました。しかも、乾板の状態も、ほとんどは何が写っているかわかる状態。

 現在はデジタルカメラや、自動追尾のできる赤道儀(星の日周運動に合わせて、モーターで自動的にカメラを動かして長時間の撮影・観測ができる機材)で比較的簡単に長時間の撮影・観測ができますが、当時はそんなものは無い。どうやって撮影したかというと、手動で機材につけたひもを少しずつ動かして、追尾していたそう。しかも、カメラの精度もそれほどでもないので、長時間の露出(シャッターを開けっぱなしにして撮影)が必要。約1時間で14等級の星を撮影。更に、7時間以上もの露出をかけたものも。勿論、手動で追尾して。…凄いとしか言いようがありません。

 撮影地は、現在の国立天文台の前身・東京帝国大学東京天文台があった麻布。都心でも、真っ暗だった夜空に撮影機材をつけた望遠鏡を向け、じりじりとひもで機材を動かしながら観測・撮影していた当時の天文学者たち。その苦労は相当のものだっただろう。その夜空に、どんな星が見えていたのか、どんな星空だったのか。それらを教えてくれる乾板。当時の天文学者たちの苦労と努力、そして星空への眼差しがうかがえるものがよくぞ残っていてくれた、喪失していなくて本当によかった、…心から嬉しくなりました。

 今後、これらの乾板はデジタル化して、公開されるのだそう。このデータを元にプラネタリウム番組を作るとか、活用もできればいいなと思います。そして、更に後世に残し、繋いでゆく。何かを残してゆくことって、大切なことなんだなと感じています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-03-20 23:33 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索