<   2012年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いざ、再挑戦! 創作舞踊「欲望という名の電車」(芸術劇場) 再放送リクエスト

 以前、NHK教育/Eテレの再放送リクエスト企画「お願い!編集長」で、再放送リクエストを出した”創作舞踊「欲望という名の電車」(芸術劇場)”。2週間の間に100票達成すると再放送検討になるのですが、97票で惨敗。悔しい思いをしました…。

「お願い!編集長」でお願い! 創作舞踊「欲望という名の電車」(芸術劇場)
「お願い!編集長」でお願い! 結果発表

 「結果発表」の記事で、こんなことを書いていました。
ちなみに、リクエストは何回でもできます。達成できず、再チャレンジというものもあります。再チャレンジしたい方は是非どうぞ。私も投票、このブログやツイッターで支援します。


 その再チャレンジが来ました!
NHK:Eテレ:お願い!編集長:2008年放送の芸術劇場、「創作舞台“欲望という名の電車”」(脚本:齋藤雅文、監修:花柳壽輔、演出・振付:花柳輔太朗、出演:花柳寿美、藤間紫、他)への再放送希望の投稿があるのを発見。現在97Eね!で、ごめんなさいになっています。私はこの番組の再放送をずっと待っていました。…

 私がこの番組(舞台)の再放送をリクエストしたのが、この舞台の音楽の吹奏楽組曲版(バレエ音楽「欲望という名の電車」、宮川彬良:作編曲・指揮、大阪市音楽団)のCDを聴いて、原曲を聴きたい、その音楽と一緒に舞台そのものを観たいと思ったのがきっかけ。しかし、「結果発表」の記事で書いたとおり、舞台を観たことがないので、舞台そのものの魅力がわからず、語れず、伝えきれなかったのが敗因だったと思う。音楽だけで語るのは難しい。いくらNHK教育では「クインテット」でお馴染みのアキラさんが音楽担当(作編曲・演奏)してるよ、と言っても、「クインテット」以外のアキラさん=”舞台音楽家”としての宮川彬良さん、とつながっていかないとわからない。

 しかし、今回のお願いを出された方は、舞台を観たことがあり、更に日本舞踊・洋舞に関わってきた方とのこと。
この番組は日本の舞踊界の未来を拓くものであると感じています

 テネシー・ウィリアムズの戯曲を、舞台を大正時代の日本に置き換えて、日本舞踊で表現する、という意欲的な作品というのは調べてわかったのですが、実際に観た、しかも日舞・洋舞に関わってきた方からこのようなコメントが寄せられている。これはますます観たい。

 ダンス・舞踊を観るのは好きです(バレエ、ミュージカルなどなど)。観た後、自分でも踊ってみたくなる。舞踊・ダンスは中学の体育で創作ダンスを少しやったぐらいですが、音楽に合わせて身体を動かす、音楽と一緒に舞うのは楽しいなと感じたのを、今でも覚えています。音楽を聴いていて、踊ってみたいと思うこともよくあります。テレビを観ていても、ダンスシーンが出てくると注目してしまいます。

 この「欲望という名の電車」では、どんな舞踊が出てくるのだろう?そして、物語はどう語られるのだろう?やっぱり観たいです。

 と言うことで、再挑戦。賛同される方は、リンク先のサイトの「Eね!」ボタンをクリックして投票をお願いします。コメントも受け付けています。舞台を観た方の推しどころコメントは大変力になります。是非ともお願いします。

 ちなみに、ツイッターでも支援ツイートしてました。
「創作舞踊“欲望という名の電車”(芸術劇場)」再放送要望が再び。今度こそ100票達成して再放送実現を!1票入れました。全力で応援させていただきます。 #Eテレ #etv #nhk_rerun #nhk http://t.co/0Gfxz0uh
posted at 2012.7.29 11:40:50


 投票期間は2週間。8月11・12日あたりまで(だと思う。この辺りがはっきりしないこの企画…)。どうぞよろしくお願いいたします。

・ちなみに、吹奏楽版CDについてはこちら:この音楽の中に自分がいる 宮川彬良&大阪市音楽団「欲望という名の電車」

欲望という名の電車

宮川彬良/大阪市音楽団/ フォンテック/2012


[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-31 23:18 | Eテレ・NHK教育テレビ

「こうのとり(HTV)」3号機ISSに到着

 先週、数日前のことですが…28日、宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」3号機が無事国際宇宙ステーション(ISS)に到着しました。ISSには、星出彰彦宇宙飛行士が長期滞在中。HTVをロボットアームで把持し、ISSに結合させる作業を担当しました。

JAXA:宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の国際宇宙ステーションとの結合について
JAXA:こうのとり3号機/H-IIBロケット3号機特設サイト

 27日20時過ぎ、中継が始まりました。生中継は勿論観てました。

f0079085_2152164.jpg

 筑波にあるHTV管制室。打ち上げの時、2号機の時にもあったこうのとりぬいぐるみは、この日も運用室のマスコットでした。

f0079085_2163032.jpg

 ISSに近づいてゆくHTV。時々、スラスタを吹いているのが確認できました。青い地球に、きらきら輝くHTV.美しいなぁ。

f0079085_2171577.jpg

 こちらはNASAの管制室。手前の机の上にHTV模型が。ビール缶にしか見えない…w 「空飛ぶビール缶」と呼ばれているのを再確認しました。

f0079085_2184514.jpg

 21時過ぎ、HTVが「キャプチャーポイント」と呼ばれるISSの下方10m付近で静止。ここからは、ISSのロボットアームがHTVに近づいてゆきます。キャプチャ完了寸前。

f0079085_21132816.jpg

 把持の際、ISSからの映像が届かない領域にISSが。CGでキャプチャ完了を見守ります。その瞬間、拍手が。把持完了です。これは後で届いた把持されたHTV。

 把持完了後、星出さんのコメントが。
日本の皆さん、日本の技術と誇りの詰まったこうのとりが到着しました。宇宙ステーションの窓から見えるこうのとりは非常にきれいです。関係者の皆さんの努力に敬意を表したいと思います。おめでとうございます。

 HTV到着時に、ISSに日本人飛行士がいて、作業に関わり、こうしてコメントも聞ける…感慨深いです。

f0079085_21152915.jpg

 HTV管制室では、拍手しあったり、握手しあったり。ピンクのシャツを着ているのが3号機のフライトディレクタ・内山崇さん。2008年の宇宙飛行士候補者選抜試験に応募し、最終試験にまで残ったこともある方です。

 その後、日付が変わって28日深夜(日本時間)にISSに結合。無事到着しました。

 星出さんのツイートも。
コウノトリ、捕獲!日本の技術と誇りの詰まった機体に、ほれぼれ。
2012年7月28日 - 2:02 (@Aki_Hoshide)


 その後、28日夕方にハッチオープン。入室です。
JAXA:「こうのとり」3号機の補給キャリア与圧部ハッチオープン、クルー入室

 中の動画とかないものか…。

 星出さんのツイートが、今日また追加されたので引用しておきます。

Right before capture. キャプチャー直前。 http://t.co/xWAnpS4A
2012年7月30日 - 14:17

Photo of HTV3 arriving to ISS. Earth's night sky in the background. もう先週の話ですが、「こうのとり」3号機の到着の様子。夜の地球をバックに。 http://t.co/D2ZlROLK
2012年7月30日 - 14:18

Capture complete! キャプチャー!http://t.co/zB2zRQX5
2012年7月30日 - 14:18

 このHTVの画像をよく見ると、HTVの底に当たる部分に、日の丸が。今までこのアングルで観たことがなかったので、初めて気がつきました。

 さて、この「こうのとり(HTV)」3号機に搭載されている、超小型衛星たち。この放出実験ミッションが楽しみです。また、大気圏再突入の際も、再突入時の温度や画像などのデータを収集できる装置「i-Ball」が搭載されています。再突入時も楽しみです。
IT MONOist:日本が誇る宇宙技術の名脇役(1):宇宙から燃えずに地球に帰ってこれるんです。そう、「i-Ball」ならね
 「i-Ball」について詳しく。HTVは大気圏再突入時に大部分が燃えてしまいますが、「i-Ball」は帰還カプセルのように燃え尽きず、帰還します。HTVがどのように燃えるのか、燃え尽きずに残った破片はどこに、どの程度落下するのか。これは、HTVに帰還機能をつけた「HTV-R」の開発に必要なデータになります。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-30 22:06 | 宇宙・天文

初期回再放送第1弾・雨は歌い踊り、大河となって 今週の「クインテット」

 先日の号外で書いた、Eテレ「お願い!編集長」でのリクエスト実現第1弾の「クインテット」です。アキラさんのピアノ「雨に唄えば」が来ることはわかっている。後は何が来るかな?ワクワクが止まりません!
・先日の号外:【号外】「お願い!編集長」、「クインテット」再放送要望実現決定!


 ドラマパートは「雨降りお月」(作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。野口雨情が「雨降りお月」と名づけたが、中山晋平は「雨降りお月さん」にしたほうがいいと提案。その後、「雨降りお月さん」が一般的なタイトルに)。2年目(2004年6月17日)の新曲です。久々に観ました!5年目・新テーマに変わってからは放送されていない。レア曲です。
 この歌が生まれたのは1925年(大正14年)。2番までありますが、元々1番と2番は別の歌だった。後から「雲の蔭」という続きの歌が作られていたのですが、レコード化する時それを2番として一緒にしてしまった。そのため、実は2番のメロディーは1番のものとは少し異なります。アクセントによって、メロディーを変えてあるのです。「クインテット」版では、同じメロディーに。初回放送時から、ここが謎なのです。何故変えた、何故一緒にしたのだろう?原曲のよさ、持ち味を大切にする「クインテット」のコンセプトからすると、そこから外れている。謎です。

◇原曲を聴いてみよう:フォレスタ - 雨降りお月さん


 雨の降る日、いつものスタジオで、パンを食べているメンバーたち。シャープ君はぶどうパン(レーズンかな。しかし、このレーズン模様が…カビに見える…ちょっと待てw)。フラットさんはクロワッサン。ここでアリアさん「クロワッサンは何故クロワッサンという名前なのか知ってる?」シャープ君の答えは「クロワという人が作ったから」…シャープ君もダジャレで参戦していた時があったんです。正解は、「三日月」の意味。クロワッサンは三日月の形。一方、スコアさんはメロンパンは満月だ、と。雨の向こうの今夜の月は、クロワッサンか、メロンパンか。はたまた…。ということで、「雨降りお月」。雨の中を馬に乗ってお嫁に行く情景…馬もゆっくりと進む。この雨はしとしとと降っているのだろう。(たぶん)
 シャープ君のダジャレはなかなか珍しい。フラットさんも、低い声で落ち着いているようだけど、不幸体質で乙女チックでロマンチストな趣味で、アリアさんと様々なバトルを繰り広げる…ところはそんなに変わってません。このギャップがたまらんのです(ギャップ萌え?)
 あと、アキラさんのコケがよかった。ピアノで、シャープ君のダジャレをさらりと流し、スコアさんのボケ(?)にずっこける。初期はアキラさんのこんなコケが見所だったなぁ。回を重ねるごとに、アキラさんのコケが派手になってゆくのを観て大笑いしてた。この頃、アキラさんのことは「クインテット」でしか知らなかった(舞台作品やコンサートのことは知っていたけど、行けないのでわからない)。勿論、話したところは観たことが無い。だから、アキラさんを物静かな方なのかなと思っていた。それがこのコケで、面白いこともやるんだなぁ、と思っていました…。後に、これらのコケは、アキラさんが自然にやっていたこと(たぶん)だとわかるのでした…。いや、この面白さがいいんですよ!

 パート3は予告どおり、アキラさんのピアノ「雨に唄えば」。ミュージカル映画「雨に唄えば」の表題曲。主人公が土砂降りの雨の中、タップダンスを踊りつつ朗らかに歌う歌です。それを、ピアノ、鍵盤ハーモニカ、カスタネットで。あれ、パートが3つ…そう、アキラさんもトリプルです!最初観た時は驚いた。アキラさんが3人!?ダブルアキラさんの「しゃぼん玉」(ピアノ&鍵盤ハーモニカ)にも驚いたが、まだ増えるのか!?と。でも、演奏もアキラさんの表情も素敵です。カスタネットアキラさんが楽しそうwピアノアキラさんの手をアップで観たかったなぁ。そして演奏後、3人が目線を合わせるところでノックアウトです。あの笑顔…!
 カスタネットはタップダンスの靴の音ですね。アキラさん、楽器は何でもいけるなぁ。

 コンサート前は「磨く」がテーマ。シャープ君は歯を磨く。歯を磨くとさっぱりするね。アリアさんはヴァイオリンを磨く。「集中力が高まるの!」の声が男っぽい。時々、アリアさんは勇ましく、カッコイイ、男前な雰囲気になることがある。ヴァイオリンの音色も。さて、スコアさんは靴を磨いている。「昔、靴磨きだった…」って「今だから話そう」の続きですか!

 コンサートは、スメタナ・連作交響詩”わが祖国”より「モルダウ」。雨(雨降りお月・雨に唄えば)が続いて、モルダウ…大河へ。ちなみに、この回がこの「モルダウ」の初回でした。曲そのものも、小編成のアンサンブルなのに雄大でじわりじわりと盛り上がりつつ、しっとりと哀愁も漂うアレンジも気に入り、大好きな作品になりました。勿論、最後のアキラさんのお辞儀も含めて(いつも書いてますねw)。
 ところで、今日からロンドンオリンピックが始まりました。スメタナは祖国チェコを想って「わが祖国」の6曲を書きましたが、選手たちも祖国を代表して集まりこれから競う。そんなことも思いました。


 そういえば、コンサートでイギリス音楽ってやってないなぁ。エルガーとか、ホルストとか、演奏されてもおかしくなかったのになぁ。(エルガーは「愛の挨拶」に合わせて各国語で挨拶するので出てくる。これも初期のもの。観たい!) ブリテンとか、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ、ディーリアスあたりはちょっとマニアックか。でもレイフ・ヴォーン・ウィリアムズの「グリーンスリーヴスによる幻想曲」とか、「揚げひばり」はいいですよー。

 すみません、脱線しました…。

 最後にもうひとつポイントを。コンサートの最後、2009年度から曲名と作曲者のテロップが出るようになったのですが、それが無い。まさしく初期回の再放送です。オープニングは2007年度(5年目)からの新テーマ、エンディングもスタッフロールは現在のものに(初期のは違うんです)。初期回を今放送するために手直ししたものなんですね。

 次回の初期回再放送は、来週8月4日。「歩く歩く歩く」のドラマなどの予定。録画予約お忘れなく!!
 初期回が観られるって、幸せだなぁ。「クインテット」はこうやって、成長していったんだ…しみじみと思い返す回でした。「クインテット」も最初は雨粒のようで、徐々に大河へとなっていった…なんてね(いやいや、そうだろう!)。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-28 23:05 | Eテレ・NHK教育テレビ

ここではないどこかへ

 「今ここにいること」がたまらなく嫌になることがある。ここから出て、どこかへ行きたい。「ここではないどこか」へ行きたい。でも、どこへ?自分のするべきことがここにあるから、結局どこへも行けない。このするべきことは、私にとっては重圧でしかない。出来るものなら放り出したい。

 そんな問いが、自分自身の中で頻繁に出てきては消えて、また出てきて…の繰り返し。毎日落ち着かない、あせってばかりいる。「今ここにいること」には満足していない、納得できていないのは確か、だと思う。違う、新しいことをしたい。

 そんな中で、誰かがどこかへ自由に駆け回る様を見ると、たまらなく羨ましいと感じる。重圧でしかないすべきことなんてない自由な様と、自分自身を比べてみる。落ち込むしかない。

 そんなことを思っていたら、自分は羨ましがるだけしかできない人間なのかと情けなくなってきた。自己嫌悪。

 自由にどこへでも駆け回る他者のようなことをしたいのか?それと同じことをしたいのか?…ちょっと違う。私ならこうしたい、これはしたくない…と考えていて、ああ、自分も漠然とではあるけれど、「ここではないどこか」のどこかが何なのかということを考えているんだと実感した。何もわからない状態ではない。

 「ここではないどこか」の「どこか」は何処なのか。答えはまだ先に。


*****

 何かをつくる趣味を久しくしていない。ピアノを弾くことも、絵を描くことも。やる気にならない。これも、毎日落ち着かない、あせってばかりいることに関係しているだろうか。以前は、仕事から帰ってきたら真っ先にピアノに向かったし、絵もどんどんアイディアが出てきたのにな。

 どちらも、手の届かない遠いものになりつつある。また自己嫌悪。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-27 22:38 | 日常/考えたこと

アニメ版「銀河のワールドカップ」 「銀河へキックオフ!!」

 今年は、何故か毎週観る・観ているテレビ番組が多くて大変です。録画も多い。レコーダーが…。

 そんな番組のひとつが、NHKのアニメ「銀河へキックオフ!!」。2006年に出版され、私も読んだ川端裕人さんのサッカー小説「銀河のワールドカップ」がアニメ化されました。その後、今年出版されたスピンオフ作品「風のダンデライオン 銀河のワールドカップ・ガールズ」も原作です。

・原作私の感想記事:銀河のワールドカップ

◇アニメHP:NHK:NHKアニメワールド:銀河へキックオフ!!

 ストーリーは、スピンオフの「風のダンデライオン」も入っていて、また原作は大人向けなのに対してアニメは小学生から、家族で一緒に観られる内容になっているので、結構変えてあります。まず、原作では「翼」だったのがアニメでは「翔」に名前が変更されています。原作のままだと、某名作サッカーアニメと混同してしまって大変だから、変えたのかなぁ。でも、キャラクターの性格や、物語のコンセプト、目指すところは変えてません。原作と変えても、物語を広げるような変え方をしていて、いいアニメ化だなぁと毎回楽しみに観ています。

 原作を読んで、サッカーの戦術や試合でのボール回しなど、私がイメージしきれない部分がいくつかあった。そんなにサッカーに詳しくないので…。しかし、アニメだと絵ですぐにどんな作戦なのか、どんな状況なのかすぐに観てわかる。「こういうことだったんだ!」と原作で不明だった点が解明して面白い。しかも、アニメを観た後で実際のサッカーを観ると、選手がどうパスを回そうとしているのか、フリーの選手が走っていく方向と今後のゲーム展開が見えてきたり、ますます面白い。

 毎回、キャラクターの成長を見てゆけるのもいい。シュートもパスまわしも恐ろしく巧い三つ子もまだまだ成長過程である。エリカちゃんのすばやいプレー。しかも毎回可愛い、カッコイイ。2話でプロのミサキさんと話している内容は、未来のなでしこジャパンを目指すサッカー少女たちが悩んでいることでもあるだろうし、エールにもなっていてよかった。玲華ちゃんはひたすら努力。ひたむきに練習している姿を観ていると、応援したくなる。翔君(原作の翼)も、落ち込みやすいけれども、けなげでひたむき。共感したくなる。視野の広さと観察眼に驚かされる。家が焼肉屋というアニメオリジナルの設定も生きてる。さらに、脇役でしかなかったスリーU・植松・浮島・内村の3人にもちゃんとスポットを当てていて、プレデターのチーム全員を大事にしているのが感じられる。受験勉強・塾通いとサッカーの両立は、実際悩んでいる子も多いと思う。これまたエールだ。花島コーチも、いいところでいい台詞を言う。

 これまで少しだけ登場はしましたが、青砥(あおと)と多義(たぎ)が本格的に登場するのが楽しみです。ブラインドサッカーも、少し登場したのでやる模様なのかな?ちょうどオリンピック・パラリンピックもあるので、実際の試合を観つつ、楽しみたいです。

 ただ残念なことに、オリンピック期間中は放送はお休み。次回は8月28日(BS。NHK総合では9月1日)。それまで、原作を再読しようかな。原作は「風のダンデライオン」とともに文庫版(集英社文庫)が出ています。あと、原作は大人向けなので、小学生にはアニメ版ノベライズをどうぞ。アニメでは省略されてしまったシーンもあるそうなので、こちらも読もうかな。

銀河のワールドカップ (集英社文庫)

川端 裕人 / 集英社



風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ (銀河のワールドカップ) (集英社文庫)

川端 裕人 / 集英社



銀河へキックオフ! ! 1 (集英社みらい文庫)

金巻 ともこ / 集英社




 あと、オープニング、エンディング曲もどちらも気に入っています。それから、アニメ本編終了後の「Jリーガーに挑戦!」のコーナーも面白い。このアニメの監修をJリーグがしているのですが、Jリーグのプロ選手が、小学生とミニゲームで対決。小学生たちも、Jリーグチームのジュニアチームのメンバー。プロも驚く、舌を巻くプレーも出てきて、見ごたえあります。ここから、将来のJリーガー、日本代表が出るのかな。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-26 22:58 | 興味を持ったものいろいろ

【号外】「お願い!編集長」、「クインテット」再放送要望実現決定!

 嬉しい報せが入ってきました。毎週、まだかまだかと実現を待っていたEテレ「お願い!編集長」での「クインテット」再放送要望が、実現します!

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」の初期の再放送をお願いします。現在再放送されていますが、ほとんどが後期のもので、放送初期の頃にだけ放送されたものをまた見たいです。…

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 すでに出ていますが、『ゆうがたクインテット』の全回再放送希望です!!!

 今回実現するのはこの2つ。リンク先から引用すると、
みなさんからリクエストいただいた「クインテット」の初期の番組の中から、3作品をレギュラー放送の時間帯にお届けします。

①7月28日(土) 午前8時25分~8時35分
紹介する曲:「アキラさんの雨に歌えば」など

②8 月 4 日(土) 午前8時25分~8時35分
紹介する曲:「歩く歩く歩く」など

③9月15日(土) 午前8時25分~8時35分
紹介する曲:「幸せなら手をたたこう」
(クインテット雑唱団)など

お見逃しなく!


 とのこと。これまで、「お願い!編集長」で再放送が実現した番組は、大抵土日の午後か深夜の枠で放送されてきました。しかも、初回のみ、最終回のみという形が多く、実現は嬉しいけど消化不良感がありました。(特に、「味楽る!ミミカ」のは酷かった。要望が3期エンディング「恋のチューイング」への要望だったのでそれは実現していたが、3年目の第1週・月曜の放送のみ…初めて観た人にとっては続きが気になる、ファンにとっては中途半端。まったく酷かった…。)

 今回の「クインテット」での実現は、いつもの土曜朝のレギュラー枠。お願いを読んで、投票した時から、いつもの放送枠で、いつもの放送を後期のものだけじゃなく初期の作品もどんどん混ぜて放送してほしいと思っていました。あくまで、現在の再放送での延長線上で。それが実現したのが嬉しいです。ありがとうございます!
 トリプルアキラさんの「雨に唄えば」、これは必見ですよ。DVDにもCDにも収録されていない。アレンジも演奏も、そしてアキラさんの表情もたまりません。「歩く歩く歩く」はいつもアニメで歌だけですが、ドラマ付き。シャープ君に注目です。

 ただ、放送日と放送内容がネタバレされてしまった…。いつも、今日は何が来るかな?と予想しつつ楽しみにしていたのですが、その楽しみが…。まぁ、「など」と、全部ネタバレされてしまったわけではないので、「など」を楽しみにしています。

 それから、この2つの「お願い」の実現は、これで終わりなのかということ。上記他の番組の再放送要望実現でも、「実現」はした。でも、初回だけ・最終回だけの、ほんの一部だけ。後は「枠がないので…ごめんなさい」。この”「実現」はした”感に、違和感を覚えてしまいます。実現してくれてありがたい、嬉しい、けれども…これだけなの?
 初期回要望のコメントを見ても、再放送してほしいのはこれだけじゃない。全回再放送は?

 「ニューイヤイヤコンサート」などの他のお願いはまだ検討中なので、注意深く見守ることにします。


 まだまだ投票・コメント受付中です。(実現すると投票できなくなるのね…コメントはできます)
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。… 
 「ぼくのカゲ」のドラマ&しゃっくりつきの「乾杯の歌」。

NHK:Eテレ「お願い!編集長」:「クインテット」クインテットで昨年度3/24の放送された内容「楽器の話~ヴィオラはおとなのチョコレート」…

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 コメントに、放送枠増、来年度も放送…数多く書かれています。これらの投票ボタンでは表現できない”中身””想い”にも応えてほしいと思っています。BSプレミアムで以前「クインテット・プチ」を平日1週間放送したように。

 なんだかんだ言っても、嬉しいものは嬉しい。まずは今度の28日。楽しみにします!以上、号外でした。

ちなみに、28日は東京でアキラさん&新日本フィルの「コンチェルタンテⅡ」コンサートもありますよ。
新日本フィルハーモニー交響楽団:コンチェルタンテII 宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団

 明日はこの「コンチェルタンテⅡ」から生まれたCDが発売。私は注文の到着待ちです。楽しみ。

風のオリヴァストロ

宮川彬良/新日本フィルハーモニー交響楽団/ ビクターエンタテインメント


[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-24 22:44 | Eテレ・NHK教育テレビ

ISSに向かって「こうのとり」の飛翔

 昨日無事に打ち上げられ、飛行中の宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」。今朝、ISSの可視パスの後に観られるということなので、夜中に起きて観ました。

・昨日の打ち上げ記事:雨雲を突き抜けて H2B/「こうのとり(HTV)」3号機打ち上げ

 可視パスの時刻、方角などはJAXAのサイトにあります。
JAXA:「きぼう」を見よう
 トップページの地図表示フラッシュに、ISSともうひとつ…スペースシャトル? あの…JAXAさん…。(中身はHTVの可視パス情報です)

 今日の画像は、どちらも30秒間の撮影です。

 さて、今朝3時過ぎ。東の空が徐々に明るくなり始めたころ。まず、ISSが。
f0079085_16125844.jpg

 ISSはいつものように、とても明るく輝いていました。ペルセウス座を通過中。光跡の下のそばの明るい星はぎょしゃ座のカペラ。画像左側には、すばる(プレアデス星団)。右下の明るい星は木星です。

 ISSが北東の空へ飛んでいってしまった後、もうひとつ光の点がすーっと。
f0079085_16163552.jpg

 画像の左側に、うっすらと赤っぽいオレンジの光跡。これが「こうのとり(HTV)」です。実際はもう少し明るく見えていました(空が明るくなり始めたので、シャッターを開けっ放しだと撮影しにくくなります。撮影時間を短くすればよかったかも)。ISSに比べると暗いですが、はっきりとそれだとわかりました。最近よく観ている「だいち(ALOS)」よりは明るく、「だいち」のように途中で明るくなったり暗くなったりしないので観やすいです。
 ISSと大体同じルート。明るい星は、先ほどのISSでも写ったぎょしゃ座のカペラ。冬の一等星のひとつが、夜明け前にはもう昇ってきています。見ている途中、少しだけ明るさが増しました。この画像でも、光跡の下のほうが明るめに写っています。太陽電池パネルの角度の関係かな。

 夜明け前の空に、ISSと、ISSを追いかける「こうのとり」の飛翔。すばらしい光景でした。「こうのとり」は2号機の時にも観たので、これで2回目。そして、この時は撮影できなかったんだ。今回は撮影できた、やった。
・その時の記事:「こうのとり」の飛翔 HTV2号機を見てみよう その後

 また可視パスのチャンスはあります。「こうのとり(HTV)」はISSに向かうために軌道・高度変更を行い、可視パス情報も変更される可能性があります。観る前に、チェックを忘れずに。

 あと、ここでISSと「こうのとり(HTV)」の現在位置がわかるサイト。どのくらい離れているのかもわかります。
GoogleSatTrack HTV
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-22 16:34 | 宇宙・天文

スコアさんの人心掌握術 今週の「クインテット」

 私としては、H2Bロケット打ち上げで精一杯な一日なのですが、今日は土曜日。忘れてはなりませぬ「クインテット」の日です。

 ドラマパートは「アルプス一万尺」。お馴染みの歌です。しかし、調べてみたら深かった。原曲は、アメリカ民謡「ヤンキードゥードゥル(Yankee Doodle)」。歌詞は、日本語のものとはまったく異なります。その後、日本ではご存知の登山(このアルプスとは「日本アルプス」のこと)に関する歌詞がつけられたのですが、実際は29番まであるそうな。凄い…!
◇詳しくは:wikipedia:ヤンキードゥードゥル

 シューベルトの「セレナーデ」(歌曲集「白鳥の歌」より第4曲)を演奏しているスコアさんとアキラさん。スコアさんのチェロが渋いです。しかし、あとの3人は暗い表情をしている。アリアさんは大切にしているお皿を割ってしまって泣いている。シャープ君は描いている絵がうまくいかないのか、くじけちゃう…と弱気発言。フラットさんも、この曲を聴いていると悲しくなる…と涙を。そんな3人を見て、スコアさんがアキラさんに相談。曲を変えましょう、と。
 そして演奏したのが「アルプス一万尺」。最初は暗い声で歌う3人。暗いよ!wしかし、徐々に明るく、元気になってゆく。歌い終わる頃には、すっかり元気になった3人。人の感情を下げたり、上げたり。「音楽は魔法使いです」スコアさんの言葉に納得。
 私の場合、暗い気持ちの時は暗い、静かな曲を聴きます。聴いていると逆に落ち着いてきます。あれ?

 パート3はスコアさんのチェロ小噺「カニ」。カニは横に歩くのだが…縦に歩いているカニ?「酔っ払っていますから」。♪おあと~がよろしいよう~で
 スコアさんのチェロ小噺スペシャルなんてやってほしいなぁ。

 コンサート前、扇風機の前で暑い暑いとうちわを片手にあおいでいるアリアさんとシャープ君20代コンビ。暑い日が続きますね。一方、スコアさんは平気そう?「暑いと言うのはおよしなさい」と諭す。そんなこと言われても…と思ったら、スコアさんの手にアイスが。「アイスを食べれば涼しくなります」それを聞いて喜ぶアリアさんとシャープ君だが…「でもこれは私の分」。スコアさん…お茶目で、でもいじわるです…w

 コンサートはヨハン・シュトラウス「皇帝円舞曲」。アキラさんのピアノの指に魅入ってしまう曲です。優雅だけど、ピアノは時に力強い。素敵です。

 今日はスコアさん回でしたね。しかも、クインテットメンバーはスコアさんの思うまま…w さすがは最年長。人心掌握術にも長けています。


*****

 さて、今週の「お願い!編集長」続報。

 新しいお願いが来ました。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:『ゆうがたクインテット』の最終回を再放送してほしいです。その日は、かわいい魚屋さんが流れていたそうなのですが
 最終回への要望です。最終回は、あの震災直後。見逃してしまった方も多いと思います。しかし…最終回は、「かわいい魚屋さん」ではなく「故郷」。ん?
◇最終回私の感想記事
ゆうがたクインテットが「果たした志」 「クインテット」平日放送最終日
今年度最後の「クインテット」…「故郷」別解釈+α


 クリスマス回「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」100票達成しました!
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。

 以下は既に100票越えしているものです。

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。… 
 「ぼくのカゲ」のドラマ&しゃっくりつきの「乾杯の歌」。

NHK:Eテレ「お願い!編集長」:「クインテット」クインテットで昨年度3/24の放送された内容「楽器の話~ヴィオラはおとなのチョコレート」…

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…
 2009年新年に放送された、新年特番「ニューイヤイヤコンサート」。

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 すでに出ていますが、『ゆうがたクインテット』の全回再放送希望です!!!
 全回再放送希望!!本放送8年間に放送されたものを全部!

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」の初期の再放送をお願いします。現在再放送されていますが、ほとんどが後期のもので、放送初期の頃にだけ放送されたものをまた見たいです。…
 初期回の再放送希望。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-21 23:17 | Eテレ・NHK教育テレビ

雨雲を突き抜けて H2B/「こうのとり(HTV)」3号機打ち上げ

 今週はロケット打ち上げが続きます。日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)3号機を載せたH2Bロケット3号機が打ち上げられました。

JAXA:H-IIBロケット3号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の打上げ結果について

 打ちあがりましたが、昨日からお天気が心配でした。種子島は曇り雨の予報。雷雲もあり、警報もでている、と。雷雲はロケットの天敵。しかし、中止のアナウンスはなく、GO/NOGO判定もGO。打ち上げへの準備は進みます。中継を観ながら、本当に大丈夫なの…?心配していました。

 JAXA/NASATVの生中継からのキャプチャ画像。
f0079085_2129889.jpg

 打ち上げ生中継が始まった10時過ぎの種子島、射点。H2Bロケットは大きいなぁ。

f0079085_21302485.jpg
f0079085_21303164.jpg

 中継で紹介された、昨日の機体移動の模様。VAB(大型ロケット組み立て棟)から、発射場までロケットをドーリーに乗せて移動させます。ゆっくりと移動する様も見所です。生で観たいなぁ。

f0079085_21364476.jpg

 HTV管制室。画像の右下に注目。くちばしと脚が赤、身体は白のこうのとりぬいぐるみが置いてあります。2号機の時にもありました。管制室のマスコットのようです。かわいい。そして、管制室とHTVを見守っています。

f0079085_2141160.jpg

 打ち上げ数分前。雲がどんよりと…本当にGOなの…?

 それでも最後のGO/NOGO判定もGO,進むカウントダウン。打ち上げ直前には雨も降ってきた。でもカウントダウンは止まらない。これは打ちあがるんだ。いつもロケット打ち上げはドキドキしますが、雨で余計ドキドキしました。
 そして、リフトオフ!轟音と閃光。しかしロケットはあっという間に雲の中へ。音だけが響きます。

f0079085_21503478.jpg

 SRB-A分離の時に見えた、青い地球にグッと来ました。さっきまで雨の中、雨雲の下にいたロケットが、雨雲を突き抜けて、青い地球を背景に飛んでいる。そのまま順調に飛んでくれ!そう願っていました。
 そして、1段目エンジン分離、2段目も無事燃焼完了して分離、HTV3号機は所定の軌道に載りました。おめでとうございます!

 打ち上げの模様は動画でどうぞ。
Cargo Ship Launches to ISS

 NASATV版。ISSに関係するので、NASATVでも中継します。

こうのとり」3号機/H-IIBロケット3号機 打ち上げライブ中継

JAXA公式。1時間40分、生中継の模様をフルで。長いのでお時間のある時にどうぞ。

 打ち上げの画像もあるよ。角度がたまらん。迫力満点です。
JAXA: こうのとり3号機/H-IIBロケット3号機特設サイト : ミッション写真・動画

 さて、これから1週間かけて、HTVはISSに近づいてゆきます。28日に到着予定。それまで、HTVもISSと同じように目視できますよ。
JAXA:「きぼう」を見よう
 いつものISS可視パス情報サイトに、「こうのとり」を見ようコーナーもできてます。7月22日は、午前3時10分頃日本上空を通過予定。ISSの約5分後。ISSが先です。ISSと大体同じコースを飛んでいきます。夜中に起きて、「こうのとり」を探してみよう!ISSに比べると暗いです。ISSと明るさ比べをするのも面白いかも。私も観るよ!

 そういえば、学生さんはちょうど夏休みに入ったところですね。夏休みの自由研究、日記・絵日記に書くのもおすすめです。特に小学生のお子さんは、安全のためおうちの方と一緒に見てね。


 それにしても、雨の中でも打ち上がるとは思ってもいなかった。条件が合えばできるものなんだな。3回連続成功。このまま安定して進化していってほしいです。


 ということで、いつもの祝杯。
f0079085_2224221.jpg

 HTVに似ていると言われる缶は色々あるのですが、今日はこれで。いつものは、到着後かな?w
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-21 22:26 | 宇宙・天文

夜明けの「きぼう」

 現在、国際宇宙ステーション(ISS)は、未明~夜明け頃に見えます。お天気もよく、星出彰彦宇宙飛行士の長期滞在も始まったので、久々にISSを見ようと夜中に目覚ましをセットしました。

 今朝のISS可視パスの時間は午前3時過ぎ。しかし、何故か1時間前、2時ごろ目が覚めてしまった(私にはよくあること)。空は晴れているかなぁ?と窓の外を見てみたら…雲ひとつ無い晴天、澄んだ暗い夜空。満天の星空が広がっていました。今の季節の夜中、東の空からは秋の星座たちが昇ってきています。ペガスス座、アンドロメダ座、うお座、くじら座…。秋の星空は、一等星が1つ(みなみのうお座のフォーマルハウト。しかも南の空低いところにあるので、あまり明るく見えない)しかない。目立たない、暗い、明るい星が無い、というイメージのある秋の星座たち(でも、エチオピア王家の神話物語の壮大さ、暗いけれども目印さえわかればたどりやすい)。暗い空なら、こんなに賑やかだったんだ。まさにドラマティックなエチオピア王家の神話物語。南の空のペガスス、そこからたどるアンドロメダ座。アンドロメダのひざの近くには、アンドロメダ銀河・M31が。そんなアンドロメダ姫を狙うお化けくじらのくじら座。流れ星もひとつ。そして、東の空低くにはひときわ明るい星が2つ。あれは…なんだっけ?(後に続く)

 今度は西の空を。高い位置にこと座のベガ・はくちょう座のデネブ・わし座のアルタイルの夏の大三角形が。そして、うっすらと天の川が。淡い雲のような細かい光の粒々。見惚れるしかありません。たまりません。
 そして、カメラのことをすっかり忘れていました…w


 ISSの時間までもう一度寝て、3時に起きました。2時には真っ暗だったのに、今は3時になるともう空が明るくなり始めるんだ…。こんなに早く起きたのは久々です。東の空から昇ってきた、ひときわ明るい星2つは、金星と木星でした。おうし座に位置しています。そういえば、この間金星・木星と細い月が見られたんだっけ?その時は天気が悪かったから、諦めて寝てた。さて、ISSを待ちます。

f0079085_21502985.jpg

 南の方からやってきたISS.くじら座を通過中です。ISSの光跡の左端、五角形の星の並びがうっすらと確認できるかと思いますが、これがくじらの頭の部分。右端の下のほうに、変光星ミラがあります。今は暗い時期。

f0079085_21562290.jpg

 おうし座に入り、ヒヤデス星団、金星と木星の間を通過するISS。このコースで来ましたか!ワクワクするコースです。明るいほうが金星。
 この後、ISSは北東の空に飛んでゆきました。思わず、「星出さーん!」と手を振っちゃいましたwこれからも、ISSを見るたびに手振りますよ~。もしかしたら、星出さんがISSから日本列島を見ているかも。
 夜明けの空にISS、「きぼう」。美しいひとときでした。


 ISSを見る前に夏の大三角を撮ってみた。星が多いですね。三角を結んでみよう。あと、私の大好きないるか座も写ってます。どこでしょう?
f0079085_21582328.jpg


 明日は、宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」3号機を載せた、H2Bロケット3号機が打ち上げられます。種子島では、既にロケットを打ち上げ地点に移動する作業も完了。明日のお天気が問題です。晴れますように。11時06分18秒打ち上げです。
JAXA:H-IIBロケット3号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の打上げ時刻について
JAXA:こうのとり3号機/H-IIBロケット3号機特設サイト
 ライブ中継は10時から。Twitterで「 #こうのとり応援 」ハッシュタグをつけると、応援メッセージとしてJAXAの中の人も読んでくれます。

 最後に、今日7月20日は、日本の宇宙開発の父・糸川英夫博士の生誕100年。1912年7月20日のお生まれです。糸川博士のペンシルロケットから始まった日本のロケット、宇宙開発。ISS・「きぼう」、Hシリーズロケット・HTVは糸川博士が研究していたものとは違う路線(当時の東大の研究室→文部省宇宙科学研究所/ISASへ。「きぼう」やHTVは旧宇宙開発事業団/NASDAの管轄)ですが、日本の宇宙開発もここまで来たのだなぁ、と。いや、まだまだ先が長く長くありますね。

 今夜も晴れの予報。ISSも観られる。また夜中に起きようかな。
◇可視パスの時刻・方角はこちらでチェックJAXA:「きぼう」を見よう
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-20 22:15 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索