<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春の獅子とISS

 国際宇宙ステーション・ISSの可視パスはいつぶりだ…?と自分でもわからなくなるぐらい、久しぶりのISS可視パスです。冬の間は雪雲でほとんど観られませんでした。

 今日の可視パスの撮影。30秒間の撮影です。
f0079085_21294542.jpg

 しし座をたどってみてね。
 しし座を通過している(画像右から左に飛行)ISSです。とても明るく、こんなにはっきりとISSを見たのは久しぶりです。もう少しシャッターを早く切っていれば、クエスチョンマークを反転させた獅子の大鎌を貫くISSの軌跡が撮影できたのですが…惜しい。それでもいい写りです。

 獅子の足元には木星がいます。天体望遠鏡を向ければ、ガリレオ衛星に、縞模様も確認できます。この時間、オリオン座他冬の星座は西に傾いています。明日から4月。当地は桜はまだですが、星空も春です。


 宇宙関係では、先月打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」が厳しい状態にさらされています。情報がもう少しまとまって、私もそれを処理できる状態(要するに体調不良)になったら書こうと思います。心配です。まずは通信が回復しますように。

 あと、金星探査機「あかつき」は順調に観測準備を進め、既にミニマムサクセス達成です。機体やカメラの状態も正常、本当によかったと思っています。
sorae.jp:金星探査機「あかつき」5年越しの完全復活、観測成果を発表
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-31 21:39 | 宇宙・天文

祝!北海道新幹線開業 記念切手&特印

 昨日書くはずが書かずに寝てしまったのでした…。

 昨日、北海道新幹線が開業しました。記念切手と特印も出てます。
日本郵便:特殊切手「北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)開業」の発行

f0079085_21555895.jpg

 東北新幹線E5系と似ていますが、紫のラインがH5の目印。内装もE5とは異なるそう。H5、乗りたいです。今度新幹線に乗る時はH5を選ぼう。切手も、青森と道南の名所がデザインされています。どちらも魅力的です。
 今回の特印は31日までやってますよ!まだもらえます。

f0079085_2156155.jpg

 初日、切手を買ったらもらえました。金沢新幹線の時もありました。

f0079085_2156374.jpg

 裏に青函トンネルのことも書いてありました。そう、元々新幹線を通すために作られた青函トンネル。ようやく、実現しました。以前開業前に「プロジェクトX」などの青函トンネルのドキュメンタリーを放送していたのですが、難しい工事で、事故もあり…。今度青函トンネルを通る時は、このことを思い出しながら乗りたいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-27 22:07 | 興味を持ったものいろいろ

耳の渚

 読むクラシック音楽もいいものです。クラシック音楽エッセイを読みました。

耳の渚
池辺晋一郎/中央公論新社/2015

 かつての「N響アワー」、クラシック音楽ダジャレでお馴染みの作曲家・池辺晋一郎先生によるエッセイです。読売新聞夕刊に月一で掲載していたものをまとめた本です。2000年に始めて、2015年の分まで収録。15年。15年でクラシック音楽界も随分と変わりました。その変化も思い出しながら読みました。

 聴いた音楽のこと、知り合った音楽家とのこと、作曲・作曲作品の演奏会でのこと、日本国内や海外のクラシック音楽事情、観た舞台や映画のこと…話題は多岐にわたります。でも、どれも音楽と繋がっている。音楽は様々なもの、この世にあるあらゆるものと繋がっている。それを実感します。

 また、音楽の懐の広さも実感します。朝比奈隆先生が「楽譜に忠実に」指揮することを信条としておられたのに、実際の演奏では楽譜と違う演奏をしていたことに関して、楽譜というものがどんなものか、そして音楽は生もの(なまもの・いきもの)なんだなと思う。「楽譜は絶対の答えではない」。浜松国際ピアノコンクールを聴いた話でも、そんな楽譜をどれだけ読み込んで演奏に反映できるか。
楽譜という不完全なものを超えて、そこに自分の音楽を確立させ、説得力ある主張を貫徹させる(233ページ)

クラシック音楽というと、何かと堅苦しいイメージがあるが、このあたりを読むと、やわらかく懐の広く深いものなのだなと思う。「音楽の父」と呼ばれるJ.S.バッハも、"神格化"されて迷惑だったのではないか、とも。オペラも大きなものだけでなく、小さな「人民のオペラ=フォルクスオパー」をやりたい、と。池辺先生の代名詞「N響アワー」についても語られていて、クラシック音楽はこうあるべき、コンサートには音楽だけがあるべき、という概念を捨て、アットホームな雰囲気を目指した。
棚の上に鎮座している「音楽」をこたつに持ち込んでしまえ。(173ページ)
現役の作曲家の先生がおっしゃるのだから心強い。

 海外のクラシック音楽事情では、ベネズエラのエル・システマとグスターボ・ドゥダメル、フィンランドの指揮者・作曲家、シベリウス音楽院やフィンランドのオーケストラの取り組みも紹介されている。フィンランドクラシック好きとして嬉しい(シベリウスがフィンランドから年金を貰って、晩年作曲をしなかった…と書かれていたのは残念。自己批判が強くなり過ぎて書けなくなってしまった)。そのフィンランドで演奏会を聴きに行った時のエピソードも興味深い。客席には様々な人がいるが、皆聴くことに集中している。「集中の相乗」「芸術の享受」「同じ時、同じ場所に居る者の連帯」(151ページ)…フィンランドの聴衆の音楽の受け止め方が、フィンランドのクラシック界の盛況に繋がっているのかもしれない。

 池辺先生の作曲の話も面白い。同時進行で作品を仕上げるのがいいのかどうなのか。エジプトのオーケストラのために作曲した話。オペラ「鹿鳴館」の作曲。「鹿鳴館」は作曲者の手を離れ、意図を超えて成長しているというのも面白い。作曲家ならではの視点。大河ドラマでも音楽を手がけていた池辺先生。ドラマの音楽の話、そして「音楽にも注目して欲しい」と。大河ドラマの音楽は私もとても重要だと思っています。また池辺先生が音楽担当にならないだろうか。なって欲しい。

 音楽を様々な方向から楽しめるエッセイです。最後に、エッセイではダジャレはあまり出さないのかな…(寂しい)。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-25 22:23 | 本・読書

フィンランド 白夜の国に光の夢

 図書館で見つけて、面白そうだと借りてきた本。タイトルだけで気になりました。


フィンランド 白夜の国に光の夢 (世界・わが心の旅)
石井幹子/日本放送出版協会/1996

 NHKBS2で放送された「世界・わが心の旅」シリーズのフィンランド編の書籍化です。番組は見たことはありません。照明デザイナーの石井幹子さんが大学卒業後の1965年、北欧デザインを紹介した本を読んだことがきっかけで、フィンランドで働きながら留学したいと考える。特に気になった女性デザイナー・リーサ・ヨハンソン・パッペさんの下で照明デザインの勉強をしたいとフィンランドへ。ヘルシンキにある、ストックスマン・オルノ社で働きながら、フィンランドの自然や人々、そして光に対するフィンランド人の感性に触れ暮らす毎日。


 本を読んで、これは番組を観たかったなぁ。本にも写真はいくつが掲載されているのですが、季節や時間で変化する光とヘルシンキの町並み、石井さんがどのようにデザインの仕事を手がけていったのか、作られた照明器具などは映像で観たかった。書籍では、石井さんがフィンランドに仕事をしながら留学した時のこと、フィンランド人の光に対する捉え方や暮らし、番組で30年ぶりにフィンランドを訪れたエッセイになっています。

 北欧デザインというと、フィンランドだとマリメッコのようなカラフルなテキスタイル、アルテックのような木のぬくもりを感じられるシンプルな椅子、イッタラやアラビアのような生活に溶け込む食器を思い浮かべますが、照明も忘れてはいけません。石井さんがフィンランドに留学した後の作品ですが、ハッリ・コスキネンの「ブロックランプ」…氷のようなガラスに電球を閉じ込めたようなライトなど、やわらかくあたたかい光を演出するデザインの照明機器が多いです。シンプルで、木やすりガラスを使っているあたりは日本と似ているような感じもします。そんな照明デザインがどのように生まれたのか。フィンランドの人々の暮らし、フィンランドの気候にヒントがありました。

 春分を過ぎ、昼の時間が長くなってきましたが、夜の時間が長く、さらに雪雲で日照時間も少ない冬場は暗く、冬季うつ病になりやすい…わかります。雪明りでまだ明るいとも思えますが、吹雪の日は本当に暗い。さらに寒い。これだけでもう気分は落ち込み、憂鬱になります。北日本でもこの有様なので、フィンランド・北欧諸国ではもっと厳しいのだろうなと思います。冬をなるべく明るく暖かく過ごそうと、照明やキャンドルで光を演出し、大事にするフィンランドの人々。一方、夏になり、白夜の季節でも、その明るさの中で思う存分楽しむ。自然の中の光と闇の狭間で、フィンランドの人々の光への感性が磨かれていくのだなと感じました。

 その照明も、ただ明るくすればいいというものではない。日本のような蛍光灯の白い明るさの強い照明で部屋を均一に明るく、というのはない。間接照明でやわらかく、本を読む時など明るい照明が必要な時はライトでそこだけを明るくする。闇を全否定しない。暗い冬の長い夜、光で闇を一切なくすのではなく、共存している感じがある。グラデーションを大事にしている。

 フィンランドの人々との出会いや彼らの暮らしにも書かれています。サウナや、家で食事に頻繁に友人たちを招く。現在と同じように、1960年代から既にフィンランドは女性の社会進出が盛んな国だった。また、スウェーデン語系フィンランド人についても触れています。あと、旧ソ連との関係も。1960年代、冷戦真っ只中です。

 30年後に石井さんがフィンランドを訪れて向かったのは、フィンランディアホール。アルヴァ・アアルト設計のヘルシンキの名所です。かつてはフィンランド放送響、ヘルシンキフィルの拠点となっていましたが、音響が悪いとずっと言われてきました…。そこで現在は、サントリーホールの音響も手がけた永田音響設計による、ヘルシンキ・ミュージック・センターが出来、2つのオーケストラの拠点であり、シベリウス音楽院でも利用し、ヘルシンキの演奏会・音楽界の拠点になっています。とはいえ、やはりアアルト設計のあの白い内壁のデザインは美しいなと思います。照明の関係で譜面台にひとつずつライトが付いているのも、演奏する側からはどうかわからないのですが素敵。まさに光と暗さを共存させている。この2つのホールの証明の使い方を見ると、とても対照的だなと感じます。

 石井さんは旅の締めくくりにロヴァニエミ、ラップランドへ。オーロラを見て、「光のシンフォニー」と。フィンランドはやわらかな光と共に暮らしている。そんなフィンランドに、またさらに惹かれました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-23 22:27 | 本・読書

レベレーション 啓示 1

 読んだのに感想を書いていない漫画の感想を。この作品は単行本化を待ってました!!


レベレーション 啓示 1
山岸凉子/講談社・モーニングKC/2015

 1425年、フランス・ロレーヌ地方・ドンレミ村。ジャンヌ・ダルク、13歳。ジャネットと呼ばれていた彼女は気が強いが、信心深く、事あるごとに祈りを捧げる少女。17歳の姉・カトリーヌは他の村の村長の息子・コランに嫁ぐことが決まっていた。当時はフランスとイギリスの間での「百年戦争」の真っ只中。人々の間に不安と怒りが募っていた。そんなある日、ジャネットが家事をしていると、教会の方から光のようなものを感じた。そして「汝 善きことのみを行い 教会へ繁く通え」と聴こえた…。


 ジャンヌ・ダルク…百年戦争で活躍したが、"魔女"と呼ばれ、処刑された女性…この程度のことしか知りません。ジャンヌ・ダルクは小説、映画、漫画…様々なメディアの題材となっている。何故そこまで取り上げられるのか。ジャンヌ・ダルクとは一体どんな人だったのか。「日出処の天子」「ツタンカーメン」などで歴史ものを描いてきた山岸先生はどう描くのか。しかも連載(週刊誌で隔月ペース)されているのが「モーニング」。最初、「モーニング」で山岸先生が連載を始めると聞いた時は驚きました。少女漫画誌のイメージだったので。でも、「テレプシコーラ 舞姫」は書籍情報誌「ダ・ヴィンチ」だったなぁ…。とにかく、単行本で読めるのを楽しみにしてきました。

 物語は処刑直前のジャンヌの回想で綴られます。何故ジャンヌがこんなことになったのか。いつから"啓示"を受けるようになったのか。
 13歳、少女のジャンヌ(ジャネット)は、中世フランスのどこにでもいそうな普通の少女。フランスののどかな村で、家を手伝っていた。気が強く、物事に敏感。信仰心が篤く、教会の鐘が鳴るとお祈りを欠かさない。そんなジャンヌが、"啓示"を受け始める。最初は夢で。次に光のようなもの。さらに、その姿が見えるようになるまでに。教会の司祭に告解もするが、司祭様もその内容に戸惑う。ジャンヌが預言を聞く描写がシンプルでうまい。言葉が空間に漂っている。耳で聞くというよりも、声が心の中に入りこんでくるような。徐々にその姿を現す様にドキドキします。
 ちなみに、ジャンヌがはっきりと預言を聞く前の地震のようなものを感じるシーンで、「ツタンカーメン」の"揺れる墓"を思い出しました。「ツタンカーメン」は史実に基づくもフィクション多めでしたが、「レベレーション」はどうなるか。楽しみです。(とはいえ、「ツタンカーメン」は20世紀初頭、「レベレーション」は15世紀、時代が全くことなりますね)

 啓示を受けるジャンヌも、普段は普通の少女。当時の農村での生活、結婚などのしきたり、人々にとって教会はどんな存在だったのか、そして百年戦争がのどかな農村にも影を落としていたこと。当たり前の日常の中に、戦争の影響があり、解雇された兵士たちは村を焼き略奪し、村人たちは逃げるしかなかった。戦乱に明け暮れる中世のフランス。歴史やイギリス・フランスの王家の状況の骨太な部分と、農村の日常ののどかな部分。この対比が面白いです。百年戦争はややこしいと学生時代世界史を勉強していた時に感じたのですが、漫画でもやっぱりややこしい。あらためて勉強するかたちでも読みます。
 のどかな農村の生活、と書きましたが、カトリーヌの結婚は穏やかではなかった。読んでいて辛いです。こんな辛さが、ジャンヌが"啓示"を受けやすくしたのだろうか…?

 物語は始まったばかり。これからが楽しみです。

・「ツタンカーメン」についてはこちら:思い出の"発掘" 山岸凉子「ツタンカーメン」再読
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-17 22:58

「ジオスペース探査衛星(ERG衛星)」とヴァン・アレン帯を旅しようキャンペーン実施中

 最近JAXAの衛星の名付け親キャンペーンも無く(「はやぶさ2」の向かう小惑星の名前を募集していたけど、難しくて何も思いつかなかった)、何か面白そうなイベントはないかなと思っていたら、ありました。

JAXA:ISAS:ERG衛星にあなたの応援メッセージを載せよう!

 地球を360度ドーナツ状に地球の磁場にとらえられた陽子・電子からなる放射線帯を「ヴァン・アレン帯」と呼んでいます。二層構造になっていて、内側の層は赤道上高度2000~5000km、外側の層は10000~20000kmに広がっています。ヴァン・アレン帯の高エネルギー粒子は、人工衛星の搭載機器に障害を起こし、観測はきわめて難しいものでした。ヴァン・アレン帯があることはわかっていても、そのメカニズム、中身はよくわからないままです。
 そのヴァン・アレン帯を探査する「ジオスペース探査衛星(ERG:エルグ衛星)」が、2016年度中にイプシロンロケットで打ち上げられます。26年もの長い間、オーロラ観測をしてきた衛星「あけぼの」の後継機です。
◇詳しくは:ファン!ファン!JAXA:「あけぼの」のバトンを受け継ぐ探査機「ERG」

 この「ERG衛星」に、名前とメッセージを載せて一緒にヴァン・アレン帯の探査をしよう!というキャンペーンを開催中です。名前とメッセージはバランスウェイトに刻印され、衛星に取り付けられます。日本語・全角50文字、アルファベット・半角100文字まで。不思議なヴァン・アレン帯を、応援メッセージをつけて名前が宇宙飛行する…なかなかないチャンスです。

 締め切りは4月25日まで!お早めにどうぞ!
(明日3月17日に、サーバーメンテナンスのため、応募フォームが止まります。)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-16 21:41 | 宇宙・天文

Im ~イム~ 3

 漫画の感想がまた溜まっています…。


Im ~イム~ 3
森下真/スクウェア・エニックス、ガンガンコミックス/2016


 マガイが生まれる原因となったジェゼル王子と、ジェゼル王子を守ろうとした行動が裏目に出てマガイを世界中に広めてしまったイム。封印されるまでの経緯を語り、コンスはイムに「記憶抹消魔法」でジェゼル王子の存在そのものを消し、マガイも消せと命令する。親友の存在を消す…イムにとっては酷なこと。陽乃芽は反発する。明日エジプトに帰るために迎えに来ると言って去るコンス一行。イムは朝早く出かけていった。
 一方、マガイ退治をしていた晴吾は突然何者かに襲われる。そして、ジェゼルとの思い出、誓いを回想していたイムの目の前に現れたのは、封印されているはずのジェゼルだった。親しげにイムに話しかけてきたが…。


 表紙はジェゼル。ですが、2巻と雰囲気は全く異なります。2巻でイムとジェゼル、マガイがどうして生まれたかも明らかになりました。マガイ退治のための神官団の現在も。さらに、マガイを崇拝し、ジェゼルを祖と崇める人間も存在することも。ジェゼルを守れず、マガイを生んでしまったことを思い悩むイム。しかし、イムは自分が守るべきなのは今生きている人…陽乃芽たちだとも考えている。イムの苦悩の深さは計り知れません。

 そんなイムの目の前に、ジェゼルが…!?しかも、イムと駆けつけた晴吾に攻撃をしてくる。大バトルシーンの迫力がたまりません。死闘の間にも、イムは自分が何をすべきか考える。

 2巻の感想で、この漫画のテーマは友情と、何かの犠牲の上に何かは成り立っているということなのかなと考えました。何かの犠牲…ジェゼルは世界を守るために生贄となり、イムはそれを執行するための神官という宿命。2人は宿命の犠牲になっている。自由に自分の生き方を選べない。陽乃芽が8年間、一言も発することができず孤独な毎日を過ごしていたのも。しかし、陽乃芽やこぶしはイムに助けられ、自由になった。自由とは自分で何かを選ぶこと。それが残酷なことだったとしても。かつての親友と戦い、トドメをさすことになっても。
 自由と何かの犠牲になること。これもこの漫画の大きなテーマのようです。

 イム・晴吾とジェゼルの戦いに、コンスも参戦。コンス…ではなく、コンスの護衛のセドとラト。この3人も古代エジプトの神話が元になっています。この2人、とにかく強い。イムも強かったが、ジェゼルを倒すことはできなかった。コンスはこのジェゼルが何なのかを見破り、セドとラトが追い詰める。コンスのキャラが面白い。俺様キャラの一方で、イムを何かに利用しようとしているのか…実は腹黒いのかもしれない。コンスはこれからも注目です。

 第11話、バトルもひと段落し、日常パート。イムが陽乃芽の学校に…!?イム、さすがは大神官。教科書をちょっと見ただけで現代の学問も全て習得。おそろしい(羨ましいw)。一方陽乃芽は、進路希望調査で悩む。ここでも、選択できる自由が大きな鍵になります。イムが陽乃芽に言った言葉がとても好きです。イムは見た目は少年ですが、やはり古代エジプトから来た大神官。その後のエジプトで起こったことも知りません。そして、全て終わって、現代にもし生きられるなら…。イムの笑顔、また見ることができるだろうか。いい笑顔です。
 この11話には、古代エジプト神話の神がちょっと登場します。何かと話題の…メジェド神。「メジェド様」、私もほしいです!w

 イムの新たな、いや、本当の戦いが始まりました。これからどうなるのか。4巻が楽しみです。4巻では、また古代エジプトの有名な人が出てくる予定。

【過去記事】
・1巻感想:Im ~イム~ 1
・2巻:Im ~イム~ 2
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-10 23:14 | 本・読書

3月9日は部分日食

 曇りばっかりで、最近星見できていません。星分欠乏中です。

 明後日9日は新月。インドネシア方面では皆既日食があります。日本では部分日食です。あまり食が深くない、天候もいまいちなので、あまり期待していません(正直)。でも、久しぶりの日食なので、メモはしておきます。

アストロアーツ:【特集】2016年3月9日 部分日食
国立天文台:2016年3月9日 日本全国で部分食

 食は南の方から始まります。那覇なら朝9時半には欠け始めますが、札幌だと10時半ごろ欠け始めます。食の最大の時間も異なります。お住まいの地域の食の始まり、最大、終わりの時間をチェックしておいてください。どのくらい欠けるかも、南北で異なります。那覇だと太陽の面積の22%、東京で15%、札幌だと5%しか欠けません。

 部分日食を観察する上で、一番大事なのが安全面。以前の日食でも注意がありましたが、太陽を直接見ることは、たとえ数秒だけでもとても危険です。
 
必ず、日食観察用メガネを使ってください。
使っていても、長時間見続けるのは目に大きな負担をかけます。

 安全で面白い観察方法は、ピンホール観察法。厚紙などに小さな穴を開け、その穴を通った太陽の光の影がどう写るか。前回2012年の日食でも色々なもので試しました。ざる、小さな穴の開いたクラッカーやスナック菓子、穴あきお玉、などなど…。ポテトチップの筒状の入れ物を使って、ピンホール観察筒を作る方法もあります。過去記事に詳しく書いてあるのでどうぞ。
【5.21 日食】金環日食・部分日食資料まとめ&ピンホール観察法いろいろ

 平日の昼間なので、観測のための時間が取れない人も多いと思います…。もし食の間に手が空いて、晴れていたら、外に出て日食メガネなどで観察してみてくださいね。曇りでも、雲越しに欠けた太陽が見えるかもしれません。曇りでも太陽を直接見るのは危険です!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-07 23:06 | 宇宙・天文

ポホヨラの調べ 指揮者がいざなう北欧音楽の森

 昨年のシベリウス&ニールセン生誕150年メモリアルイヤーには、この2人に関する著書もいくつか出版されました。そのひとつがこの本。


ポホヨラの調べ 指揮者がいざなう北欧音楽の森
新田ユリ/五月書房/2015

 書名の「ポホヨラ(pohjola)」は、フィンランド語で「北、北国、北の方」という意味。シベリウスの管弦楽曲に「ポホヨラ(ポヒョラ)の娘」op.49がありますね。フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」で、老賢者ワイナモイネンが出会った北の方に住む娘に求婚する物語をモチーフにした作品。この本の場合は、北欧、シベリウスのフィンランド、ニルセンのデンマーク、さらに、ノルウェー、スウェーデン、アイスランドも含みます。

 著者の新田ユリさんは、フィンランド人指揮者・オスモ・ヴァンスカ氏に師事、フィンランドでシベリウス、ニルセンをはじめとする北欧音楽に接し、研鑽を積んでこられた方。日本人指揮者の中では北欧音楽のエキスパートのひとり。シベリウス専門アマチュアオーケストラ・アイノラ響でシベリウス作品を指揮するほか、あちこちのオーケストラで北欧作曲家作品を指揮されています。

 そんな新田さんが読み解く、シベリウスとニルセンの作品。各作品の作曲経緯、その頃のシベリウスとニルセンはどんな生活をしていたか、スコアの読解…などは他の本にも書かれています。この本の読みどころは、指揮者視点、フィンランドで学び、北欧作品に深く接してきた新田さんの視点。オーケストラのスコアにほとんど馴染みのない私には難しいところもありますが、指揮者はこうスコアを読み解いて、どう振るかを考え決めているのかと思うと面白い。各パートの演奏家がどう感じるか、についても。この本は、実際にCDなどで演奏を聴きながら読むのがいいと思う。2回ぐらい読みましたが、演奏を聴いたほうが「こういうことか!」とわかりやすい、より作品を楽しめると思う。

 内向的なシベリウス、パワーのあるニルセン。ニルセンに関してはまだまだ入門レベルなので、作曲背景やニルセンに影響を与えた人々についてなども興味深い。ただ、残念なのが、ニルセンは交響曲1,2,4番のみ。3,5,6番や協奏曲、管弦楽曲はない…。

 そのニルセンの前に、ニルス・ゲーゼも出てくる。デンマークの作曲家で、北欧音楽の父とも言われる。シューマン「こどものためのアルバム」op.68の第41曲北欧の歌「ガーデへの挨拶」は、ゲーゼの友人であったシューマンがゲーゼを意識して書いた作品。ゲーゼの名前の綴りGADE:ソ・ラ・レ・ミの音をモチーフにしている。また、グリーグ「抒情小品集」第6集op.57、第2曲に「ガーデ」という曲があり、これはゲーゼがなくなった後、その回想として書かれている。ゲーゼというと、この2曲を思い出した。が、ゲーゼの作品そのものは聴いたことがなかった。デンマークの音楽はドイツの流れを汲んでいること、そこから「北欧らしさ」がどう生まれてくるのか。聴いてみたい。ちなみにニルセンも、ブラームスの流れを汲んでいる。

 さらに、シベリウスとニルセンの後の作曲家も。フィンランドのクラミ、エングルンド、ラウタヴァーラ、ノルドグレン。ノルドグレンは、フィンランドと縁の深いピアニスト・舘野泉さんのために、左手のためのピアノ協奏曲を書いている。
 そして巻末には、北欧5カ国の作曲家200人のリストと楽曲紹介。シベリウスとニルセンの前の時代、同じ頃の作曲家たち、その後の、現在も現役の作曲家まで。少し前から、シベリウス、ニルセン、グリーグ以外の北欧の作曲家とその作品にも興味を持って聴き始めているので、このリストはありがたい。まさに北欧の深い森。現代作品も以前は身構えて馴染めなかったが、今は臆せず聴いてみている。聴こうと思って聴くと、響きやリズムがすっと入ってくることもあって面白い。フィンランドの現代音楽の振興を目的とした作曲家のグループ「korvat auki!(耳を開け!)」のことを思う。耳を開いて、自分から近づいていく姿勢が大事なんだな、と。

 マイナーな北欧音楽にどうやって接するかについても書かれていますが、私がひとつ付け足すとすれば、フィンランド国営放送YLEのクラシック専門ラジオ「YLE Klassinen」.ラジオなので番組表をチェックする必要がありますが、フィンランドのシベリウス以外の作曲家の作品も頻繁に放送されます。フィンランド国営放送なので、そのオーケストラであるフィンランド放送響(&フィンランド指揮者)の演奏が多いですが、CD化されていない音源も続々放送してくれます。こんな演奏あったのか!と思うものも。北欧ものだけでなく、ちょっとクラシック音楽を聴きたいなと思った時にもおすすめします。
YLE Klassinen※サイトに飛ぶと再生が始まるので注意!※
 スマートフォンからは、「YLE Areena」、もしくは「YLE Klassinen」のアプリでどうぞ。「YLE Areena」サイドバーのメニュー「Radio-opas」をタップすると番組表を表示することができ、再生できます。フィンランド語は、翻訳サイトを使って英語に翻訳してください。

 残念ながら、この本の出版社が倒産してしまい、この本も絶版に。北欧音楽に関するいい本が出たと思ったのに…
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-02 23:04 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索