<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雨上がりの空に再接近の火星

 今日は地球と火星の距離が近くなる日。火星まで7528万kmです。巷では変な造語が出来てしまっているらしく…無視します。
 今日は雨の予報で、日没後も雨が降っていたので見られないだろうと思っていたのですが、火星が南東の空に見える時間には雨は上がり、雲間に火星を見られました!
f0079085_22574865.jpg

 赤く、ひときわ明るく輝いています。2016年限定夏の大三角、土星、アンタレスは雲の中です。

 せっかくなので、天体望遠鏡で見てみようと思い、組み立て、火星を視野に導入しようとしていたのですが…ここで火星は雲に隠れてしまいました…。残念。前にも書きましたが、火星はこの夏、さそり座に位置して赤く輝いているので、今日だけではありません。晴れた日にまた挑戦しよう。火星は地球のお隣の惑星ですが、小さいので、口径5~8cm程度の望遠鏡では、図鑑などで見る模様を見るのはなかなか難しいです。遠いのに、木星は縞模様を確認できる、土星は環がわかるのに。それだけこの2つの惑星は大きいのだなと思います。

火星最接近 - 本番は2年後?
 国立天文台の縣秀彦先生による記事です。火星最接近の際、かつては様々なパニックも起こった歴史や、火星探査についても書かれています。火星では探査ローバー「キュリオシティ」が探査を続けています。金星を見て金星探査機「あかつき」を思うように、火星を見て「キュリオシティ」他の探査機を思うのもいいですね。

 そんな今日はホルストの組曲「惑星」の第1曲「火星」を手当たり次第聴いています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-31 23:09 | 宇宙・天文

[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その4 ヴァンスカ盤

 前回の投稿からかなり間が開いてしまいました。体調がよくなく、集中して長い曲を聴く気力体力がありませんでした。回復してきたので再開します、シベリウス:クレルヴォ交響曲聴き比べシリーズ。生誕150年記念…過ぎてしまったじゃないか…いいえ。シベリウスの150年の誕生日の間、2016年12月7日までは生誕150年だと考えています!(何度も書きますw)シベリウスが12月生まれでよかったですw

 前回は150年記念の特別演奏会での演奏でしたが、今回からは一般に発売されているCDの録音にに戻ります。
 今回取り上げるのはこちら。
オスモ・ヴァンスカ指揮、ラハティ交響楽団
リッリ・パーシキヴィ(メゾソプラノ)、ライモ・ラウッカ(バリトン)
ヘルシンキ大学男声合唱団(男声合唱)


 シベリウスと言えば、ヴァンスカ&ラハティ響のコンビは外せません。勿論「クレルヴォ交響曲」も録音しています。2003年の来日公演でも演奏されました。日本で「クレルヴォ交響曲」を聴ける機会はなかなかないですね…。

 この演奏、まず、長い。平均的な演奏時間は73分程度。ベートーヴェン第九と同じぐらい、と前に書きました。しかし、ヴァンスカ&ラハティ響盤は80分あります。特に第2楽章「クレルヴォの青春」はゆっくりと。一般的な演奏は14~15分のところを、19分かけて演奏しています。溜めるところをじっくり溜め、休符もたっぷりと休符をとる。全体的にやわらかい音色。ヴァンスカ&ラハティ響お得意の「スーパーピアニッシモ」が随所でいかされていて、その緊張感にはっとします。緊張感と言っても、鋭い突き刺さるような緊張感というよりも、「静寂がものを言う」「音が鳴っているけど静寂を感じる」シベリウスの音楽を表現するような弱音、緊張感です。

 この演奏の特徴的なところがもうひとつ。第3楽章「クレルヴォとその妹」で出てくるクレルヴォの妹役がメゾソプラノであること。普通はソプラノです。まれにメゾソプラノが歌う録音が存在します。歌うのはフィンランドの名メゾソプラノ・リッリ・パーシキヴィさん。ソプラノに負けない澄んだ高音と、メゾソプラノだからこその低音が映えます。クレルヴォも過酷な運命に立ち向かうことになりますが、妹もやはり過酷な運命を背負っている。クレルヴォに出会った時に投げつける乱暴な言葉や、自身の過去、そして嘆きの歌は深いメゾソプラノの方が合うかもしれない、とも思いました。
 クレルヴォの嘆きの部分も、ハリのある深いバリトン。この歌に入る前に、長く休符をとっています。

 ヘルシンキ大学男声合唱団の合唱も、ソフトな感じです。他の録音ならもっと鋭利な歌い方をするところを、儚いようなやわらかい歌い方をしています。でも、第5楽章「クレルヴォの死」の最後は劇的に。ヘルシンキ大学男声合唱団は、このシリーズ1回目のベルグルンド指揮ボーンマス響の演奏でも歌っています。同じ(とはいえ時代もメンバーも変わった)合唱団でも、解釈により歌い方を変えているのが興味深いです。カレワラのクレルヴォの章をどう読み込んでいるかでも違いが出ているのでしょうか。面白いです。

 音、各パートの構築も緻密で、他の録音ではあまり聴こえてこなかった楽器も聴こえてきて、そうだったのかと思うところもありました。さすがは優秀録音のBISです。

 ヴァンスカさんは現在音楽監督を務めるミネソタ管でも、以前クレルヴォ交響曲を演奏していました。ミネソタ管は色々ありましたが、持ち直してきて、途中で止まっていたシベリウス交響曲全集も再開するそうです。本当によかった…一時はどうなるかと…。クレルヴォ交響曲も入るとのこと。楽しみです。

【これまでの記事】
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その1
 ベルグルンド指揮ボーンマス響盤
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その2 P.ヤルヴィ盤
 パーヴォ・ヤルヴィ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィル盤
もうひとつの「クレルヴォ」
 番外編:レーヴィ・マデトヤの交響詩、アウリス・サッリネンのオペラ
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その3 バレエのクレルヴォ?
 サラステ指揮フィンランド国立歌劇場管弦楽団、バレエ付き。(動画はもう観られなくなりました)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-29 22:33 | 音楽

久々のISS&今日の火星・土星

 国際宇宙ステーション(ISS)の可視パスの時期がやって来ました。今日は快晴。コースも日本縦断コース。期待できます。

 南西の空から昇ってきたISS。しし座の獅子の大鎌、木星の間を通り抜けます。
f0079085_22215860.jpg

 この後、天頂に近いところを通っていきました。とても明るい、ぴっかぴかでした。

 北東の空へ。
f0079085_2223598.jpg

 北東の空には、こと座とその一等星・ベガ(織姫星)が既に見え始めています。夏の大三角の星ですが、今の時期からもう見え始めています。

 今日は長い可視パスでした。このISSに、来月、いよいよ大西卓也宇宙飛行士が向かいます。
NHK:大西卓哉さんが最終試験に合格 宇宙長期滞在へ
 名物(?)ソユーズの最終試験にも合格しました。まもなくです。

 南東の空には、火星、土星、さそり座のアンタレスが見えています。2016年限定の夏の小三角、と天文ファンの間では呼ばれているようです。
f0079085_2227260.jpg

 今日はこんな位置関係です。火星、土星は毎日位置が変わるので、この三角形は毎日形が変わります。
・先日の記事と見比べると:接近中の火星と土星&満月(5月22日)
 満月があるので他の星が見えないのですが、三角が伸びているような。これからでも、31日の最接近後も観察可能です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-28 22:34 | 宇宙・天文

接近中の火星と土星&満月

 今年は、今の季節から夏にかけて南の空が面白いです。何と言っても地球と接近している火星。
アストロアーツ:【特集】火星を見よう(2016年)

 地球と火星の公転軌道は楕円形で、横に並ぶ接近でも遠い時もあれば近い時もあります。今年は中接近。5月31日の最接近時、地球と火星の距離は7530万km.さそり座の位置し、「火星に対抗するもの」の意味を持つ一等星・アンタレスの近くで赤く明るく輝いています。アンタレスと火星の勝負、是非見てみてくださいね。

 火星の近く、へびつかい座の足元には、土星が位置しています。口径5~8cm程度の天体望遠鏡で、土星の環も確認できます。火星も図鑑に載っているほどはっきりは見え難いとは思いますが、赤い姿を確認できると思います。観望会などで見てみてくださいね。

 今日は満月。月はさそり座に位置しています。月、火星、土星、アンタレスの共演が見られました。
f0079085_2224271.jpg

 火星の赤さがはっきりわかります。月明かりで見づらいですが、土星、アンタレスも確認できます。

 火星と土星の位置は毎日少しずつ変わります。アンタレスも含めてこの3つの星で、今年はもうひとつの夏の三角形が見られます。毎日どう形が変化するか、観測するのも面白いです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-22 22:28 | 宇宙・天文

宇宙飛行士という仕事 選抜試験からミッションの全容まで

 昨年末から今年初めにかけて、宇宙飛行士に関する新書が2冊出ました。どちらも、宇宙飛行士を「仕事」として捉え、その「仕事」に迫っている。そのうちの1冊。


宇宙飛行士という仕事 - 選抜試験からミッションの全容まで
柳川孝二/中央公論新社・中公新書/2015

 筆者の柳川さんは、旧宇宙開発事業団(NASDA)で国際宇宙ステーション計画の立ち上げに関わり、JAXAになってからは有人宇宙利用ミッション本部・有人宇宙技術部部長に。2008年の宇宙飛行士候補者選抜試験も担当。日本の宇宙飛行士たちをそばでずっと見守り続け、日本の有人宇宙飛行を支えた方。


 このブログで、私は宇宙へ行くこと、宇宙飛行士という仕事が、地上のものの延長線上にあるという認識が広まればいいとずっと思っている。地上での暮らし・生活や仕事を伸ばしていくと、宇宙・国際宇宙ステーションでの暮らしや仕事にたどり着く。そして、その延長線が徐々に短くなっていけばいい、と。日本人宇宙飛行士の活躍で、その延長線は短くなってきていると感じている。でも、宇宙飛行士は具体的に何をしているのか、どんな訓練をしているのか、日本人飛行士の活躍の裏に何があるのか。よくわからないことも多い。

 この本はそんな、宇宙飛行士とは、宇宙飛行士の訓練や仕事について、歴史を踏まえて書かれた本。全体を大まかに見るのに適している本だと思います。
 宇宙飛行士と言っても、黎明期のガガーリンやマーキュリー・セブン、アポロ計画、スペースシャトル時代、国際宇宙ステーション建設期、そして現在の長期滞在ではタイプが異なる。日本人飛行士でも世代、何期生かで異なる。日本人飛行士の歴史、軌跡についても書かれていますが、訓練も何もかも手探り状態だった第1期生(毛利さん、向井さん、土井さん)の初期の訓練や飛行についてもう少し詳しく書いて欲しかったと思うところ。

 この本でメインに語られるのは、現在のISS長期滞在宇宙飛行士の仕事。選抜試験についても、あのNHKが取材した2008年の第5期生の時のことを詳細に書いています。先述のとおり、柳川さんは2008年の選抜試験の担当者。NHKの取材とはまた違う担当者ならではのエピソードも出てきて、選抜試験で何を見ているのかがよりわかります。
 訓練についても、ひとつひとつ細かく書いています。ISS長期滞在で、JAXAが目標としたのは、日本人飛行士からISSの船長(コマンダー)を出すこと。その候補を若田光一宇宙飛行士に決め(本人も希望するかどうかを尋ねた上で)、NASAやロシアと交渉、若田さんも船長になるための訓練やキャリアを積んでいく。ISSに搭乗するための交渉の舞台裏は面白い。日本はISSで何をするのか、何を提供するのか。「きぼう」日本実験棟や輸送船「こうのとり」(HTV)が強みとなっていく。そして若田さんを船長にするために、どう推していくのか。自己主張をはっきりしないと、欧米の人は取り合ってくれない。毅然とした交渉にドキドキする。若田さんはISS運用ブランチチーフに就任。これが船長になるのに重要な仕事だった。訓練だけでなく、管理職…地上での「コマンダー」を経験することが、ISSでの船長(コマンダー)へ近づく一歩。巻末にも若田さんのインタビューがあり、ISS運用ブランチチーフの経験は船長になる上で役立った、と言っている。コマンダーにアサインされてから、コマンダーの訓練を始めるのは遅い、とも。若田さんは、さらに日本人コマンダーを輩出するために行動を開始しているという。このような交渉も、努力なのかなぁと思う。

 来月、大西卓哉宇宙飛行士がISSへ向かう。第5期生2人目の初飛行。大西さんはインタビューで、地球の写真を撮って「きれい」というのはやり尽くした。どんな生活をしているのか、失敗したことも、着飾らず、ISSで何をしているのか紹介したい、と言っている。宇宙飛行士の視点、どこを向いているのかが変わってきていると確実に思う。大西さんのそんなISSからのレポート、ミッションが楽しみです。
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー:DHBR Featureインタビュー:日本の期待を背負うプレッシャーも、楽しさもある —JAXA宇宙飛行士・大西卓哉


 もう1冊はこの本。若田さんの船長の仕事について、さらに深く掘り下げます。

若田光一 日本人のリーダーシップ~ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験II~ (光文社新書)

小原健右・大鐘良一 / 光文社


[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-21 22:39 | 本・読書

色とりどりの島の景色 ペッテション=ベリエル:フレースエーの花々

 5月の連休恒例、3~5日に東京で開催されていた『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭』。その開催に合わせて、クラシック音楽配信サービス・ナクソス・ミュージック・ライブラリーを期間限定で無料公開するイベントが開催されていました。その時、聴いてみて気に入ったのがこの曲。

ペッテション=ベリエル:組曲「フレースエーの花々」
小川典子/BIS








ニクラス・シーヴェレフ/NAXOS


 スウェーデンの作曲家、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(Wilhelm Peterson-Berger)。1867年生まれ。フィンランドのシベリウス、デンマークのニールセン、同じスウェーデンのステーンハンマルと同年代の作曲家です。名前は聞いたことはあったけど、曲を聴いたことがなかった。5曲の交響曲や歌曲などを残していますが、有名なのがこのピアノ曲集「フレースエーの花々」なのだそうだ。

 フレースエー(Frösö)は、スウェーデン中部の山岳地イェムトランド(Jamtland)のストゥーシェン(Storsjon)湖に浮かぶ島の名前。ペッテション=ベリエルはイェムトランドに魅せられ、フレースエー島に別荘を建て住むようになった。

 「花々」とタイトルにあるけれども、それぞれのタイトルに花の名前があるのは少ない。フレースエー島の景色を彷彿させるようなものが多い。曲はどれも愛らしくて美しい小曲。フレースエーでの情景そのものが、花々のように色とりどりで愛らしいという意味なのだろうか。ウィキペディアにある通り、グリーグの「抒情小曲集」の雰囲気。シベリウスのピアノ曲のような愛らしさにも似ている。でも、ペッテション=ベリエルは全体的に明るめで朗らか、おおらかに感じました。「花々」の明るめだけれども派手とは違うやさしい色鮮やかさ。

 第1巻第2曲「夏の歌」は北欧の爽やかな夏をイメージします。心地よい風が吹いてくるよう。第3曲「ローンテニス(Lawn Tennis)」何のことだろう?と思って調べてみたら、テニスのこと。試合ではなく、ゆったりとラリーを楽しんでいるのだろうか。第2巻第3曲「森の奥深く」は薄暗い森の中を歩いているよう。中盤で曲調ががらりと変わって、愛らしい雰囲気になるのはグリーグやシベリウスとは違う点だなと思う。スウェーデンの森とフィンランドの森、隣同士だけど違うのだなと感じます。
 第3集第7曲、曲集の最後のタイトルは「何年も過ぎ」。フレースエーでの年月をいとおしむよう。感慨深い締めです。

 ピアノ曲ですが、抜粋で管弦楽編曲もあります。

スウェーデン管弦楽名曲集

オッコ・カム:指揮、ヘルシンボリ交響楽団/ Naxos


 オッコ・カムがスウェーデンのヘルシンボリ響を指揮しているスウェーデン管弦楽曲集です。
 第3巻第2曲「夏の隠れ家に入居して」、第1巻第2曲「夏の歌」、第5曲「お祝い」、第6曲「フレースエーの教会で」の4曲を収録しています。オーケストラで演奏されると、また情景が鮮やかに浮かぶようです。

 ペッテション=ベリエルの他の作品、交響曲なども聴いてみたくなりました。北欧クラシックは探せば色々な作曲家や作品が出てきて興味深いです。

第1巻


 体調もよくなってきたので、止まってしまっているシベリウス:クレルヴォ交響曲シリーズをまた再開したいです。体調がよくない時に「クレルヴォ~」は重い、ヘヴィーです…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-17 22:12 | 音楽

念願の万年筆 セーラー「ほしくず」

 万年筆を使い始めた頃、この万年筆が出ました。
セーラー万年筆:プロカラー500万年筆 四季彩「ほしくず」

 セーラー万年筆の、万年筆入門・初心者にもいい万年筆。お手ごろなクリアーキャンディよりは高めだけど、そんなとても高いわけでもない。何より、軸が美しい。その名の通り、満天の星空をイメージしたという。冬の一等星の多い、済んだ凍るような漆黒の夜空に輝く数多の星。ずっと憧れていました。でも、近場の万年筆を扱っている文房具屋さんにはなく。ネットストアでもいつも品切れ状態。まぁ、今ある万年筆でいいかと思っていました。

 しかし、いつもは行かない文房具店を見てみたら、ありました。ほしくず万年筆。しかも値引きしてた。試筆ができないのが不安だったのですが、万年筆に詳しい人や使っている方の話によれば使いやすい・書きやすいとのこと。お得だし、これはチャンスだ…思い切って買っちゃいました。

 ということでお迎えしました。「ほしくず」万年筆。
f0079085_2146472.jpg

 画像では伝えきれない、美しい軸。派手過ぎず地味じゃない、きらきらのラメがとてもきれいです。まさに満天の星空、綺羅星、天の川。

f0079085_21475629.jpg

 ペン先部分。ちゃんとした万年筆はニブが違いますね。セーラー万年筆の錨のマークと、1911年の刻印。

f0079085_2149045.jpg

 持ってみるとこんな感じ。

 書いてみた。
f0079085_21503392.jpg

 ニブはステンレス。硬いです。でも、同じセーラーのクリアーキャンディと比べると、がっしり、しっかりとしていて、安定していると感じました。書き味もサラサラ。書きやすいです。カリカリしない。ニブの太さは細字のみ。濃淡はある程度は出ます。速く書くより、ゆっくりと書いたほうが濃く書けます。あまり速いとかすれます。字を丁寧に書くための万年筆ですね。あと、使い続ければ変わってくるかなぁ。
 同じく細字のパイロット「カクノ」と比較してみました。大体同じです。


 万年筆は使えば使うほど手に馴染んでくるもの。これから使い続けて、馴染むのが楽しみです。大切に、可愛がって、末永くお付き合いしていきたいです。しかし、本当に軸がきれいだ…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-16 21:59 | 興味を持ったものいろいろ

海とドリトル 4 [最終巻]

 これまた何月に買って読んだんだっけ…という漫画の感想を…。


海とドリトル 4 <完>
磯谷友紀/講談社・KC KISS/2016

 大学4年の夏。烏丸研は毎年恒例のフィールドワークへ。その前に、七海はクジラにロガーを付ける時の捧を改良したいと考えていた。ロガーを付ける際に過って海へ落ちてしまった経験から、安全に確実にロガーをつけられるようにしたいと棒や吸盤を研究室に入りびたりで試していた。そんな七海を研究者向きだと見ていた烏丸。そして、卒論前の小笠原でのフィールドワークが始まった。七海はあのマッコウクジラに出会いたいと願っていた…。


 いよいよクライマックスです。七海の大学生としての研究もクライマックス。卒論へ向けて、フィールドワークが始まります。ロガーを安全に効率よくクジラにつける方法・仕組みを考え、試していた七海。研究者は調べるための道具も作らなければなりません。でも、それも楽しいと取り組む七海。烏丸先生が研究者向きだと思うのも頷けます。改良ロガー付け捧も見事完成。大活躍です。

 一方、七海と戌飼の関係…こうなりましたか…。離れてしまっては、恋よりも研究。2人にとってはこれでよかったのかもしれません。その後の七海ですが、ネタバレになるので書けません。そう来るか!そう来たか!?驚きでした。4巻はそれが大きな柱となってくるのですが、ネタバレになるので書けません。

 烏丸先生の子どもの頃の回想が興味深かった。研究の第一歩は、相手を知りたい、それが何なのか知りたいという気持ちから始まるのだろう。

 海洋生物研究の道に進んだ七海。烏丸先生や陸男さん、戌飼さんも。海洋生物研究は「観察すること」が第一。普段は見えないものを見たい。より詳しく観察するために、クジラや海鳥にロガーをつけ、ウミガメを飼育する。じっくりと見て、その生物が何をしているのか、何のためにそのような行動をとっているのか、観察するうちにその生物に思い入れも出てくる。七海が出会ったあの大きなマッコウクジラのように。観察することに感情は必要か。必要かもしれないし、余計な思い入れは必要ないのかもしれない。でも、長く見ていくうちに思い入れも出てくる。その生物の行動がよりわかった時、愛着も沸くかもしれない。その生物を面白いと思って見ている時点で既に、何らかの感情を持っているのかもしれない。例えば、研究対象のクジラが恋人というように。

 その観察したい、よく見たい、よく知りたいという感情は、人間が相手でも当てはまるのだろう。面白いヤツだと興味を持って、その人の行動を見ているうちに、どんどん気になり、「好き」になっている。恋愛感情に繋がることもある。恋愛感情も、相手をよく知りたい、ずっと見ていたいという感情が働く。そして、その人の新たな面や、好きだと思っている面を見て、より愛しいと思う。行動生物学と恋愛感情は似ているのかもしれない。

 卒論も無事に提出し卒業、そして更なる研究者への道へ進んだ七海。1巻で落ち込んで、行き場を見失っていた七海が、自分の道を見出した。物語は終わってしまうが、七海や陸男さんのように研究者の道を進んでいる学生さんは沢山いる。彼らの学問の道が喜びあふれるものであればと思う。

 番外編は川名さんと陸男さんのお話。川名さんの父は厳しい研究者の道をあきらめてしまった。川名さんはそんな父のことを見ているので、七海たちとは立ち位置が違う。でも、親子で新しい道を見出したよう。陸男さんは烏丸研のお母さん的存在だと思っていたら、そんな面があったのですか…。これも面白い。

 海洋生物研究を舞台にした、面白い漫画でした。ありがとうございました!

・3巻:海とドリトル 3
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-10 22:05 | 本・読書

ヴィンランド・サガ 17

 この漫画を買ったのはいつだろう…またしても遅れに遅れて感想書きます。

ヴィンランド・サガ 17
幸村誠/講談社・アフタヌーンKC/2016

 ギリシアを目指すトルフィン一行。ノルウェー、ベルゲン近郊の「凪の入り江」で女猟師のヒルドに出会う。ヒルドはトルフィンたちに熊の鍋をふるまうが、トルフィンを弩(いしゆみ)で狙い撃とうとする。ヒルドは子どもの頃、村がアシェラッドたちに襲われ、父はかつてのトルフィンに殺された。トルフィンに復讐するチャンスと考えたヒルドは、トルフィンに熊の鍋に入れた毒の解毒剤が欲しければ一人で森に来い、と言う。トルフィンは言われるとおり、武器も持たず一人で森へ行く。ヒルドに過去を詫び生きて罪を償いたいと訴えるトルフィンを、ヒルドはじっと見つめていた…。

 16巻で登場した女狩人のヒルド。表紙はヒルドさんです。金髪碧眼、弩を持ってカッコイイですが、心の中はトルフィンへの復讐で燃えています。
 父は大工で、ヒルドの村は船を造っていた。ヒルドも大工・設計の才能があり、水車を動力源とした自動のこぎりも設計するほどの腕前。ヒルドも子どもの頃から普通の女の子とはちょっと違う子だった。その辺り、そのうちグズリーズと分かり合えそうな気がする。父はヒルドの才能を認め、好きなように生きろと言い、幸せな生活を送っていたのだが…アシェラッドたちの襲来で全て壊された。アシェラッドの標的はヒルドの父。そのヒルドの父を、かつてのトルフィンが殺した。「オレが狩る側で、お前らが狩られる側だ」(91ページ)という言葉を残して。かつてのトルフィンが言いそうな言葉です。その一方で、ヒルドの父は、恨みと憎しみに押しつぶされそうになったら、「人を赦しなさい。赦す心だけがお前を救ってくれる」(77ページ)とも。

 その後、ヒルドは何とか生き残り、狩人の「師匠」に助けられ、狩人になろうと狩りを学ぶ。しかし、女の力では弓を引くのは困難。破壊力のある弩も、装填するのにやはり力が要る。女の腕力でも扱いやすく、装填も素早くできる弩を設計し、造り、実用化する。ヒルドさん凄い。師匠も、ヒルドの怒りや憎しみを読み取り、それを捨てろと言っていた。その師匠も、熊に襲われてしまう…。
 このヒルドさんの回想シーンは読んでて辛かった。

 そして現在。森の中でトルフィンを「狩ろう」とするヒルド。かつてトルフィンに言われた言葉を、そっくりトルフィンに返している。これも辛い。一方で、トルフィンは武器も持たず、ヒルドに今の自分を伝えようと必死に駆け回る。トルフィンが心を入れかえたことをずっと理解しているエイナルや、トルフィンに助けられたグズリーズたちも、今のトルフィンは違うと訴える。この物語…「プラネテス」でも幸村先生の物語には「愛」がテーマとして出てきますが、トルフィンも「愛」(キリスト教においての)を持っているし、エイナルやグズリーズ、レイフのおじさんたちからも「愛」を受け取っている。かつてのトルフィンも、今のヒルドと同じように、父・トールズをアシェラッドに殺され、復讐に燃え、怒りと憎しみだけで生きていた。それだけで生きるのは苦しい。人を苦しめ、自分も苦しむ。それがヒルドに伝わればよいのだが…。ヒルドさん強いです。改良した弩が凄い。トルフィンの想像以上。それでも無抵抗で立ち向かってゆくトルフィンも強いです。

 でも、ヒルドさんも「愛」を受け取っていた。父、師匠から。ラストのシーンがよかった。奴隷をしている間、憎しみや怒りから解放されていった(それでも、今でも多くの人々を殺したことでうなされている)トルフィンのように、ヒルドさんもその怒りや憎しみが和らいでいけば…と思う。復讐相手を目の前に…ってやっぱりかつてのトルフィンと同じだ。今後のヒルドさんに注目です。

・16巻:ヴィンランド・サガ 16
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-05 21:57 | 本・読書

近況報告&北国の春 2016

 4月はブログをお休みしました。体調も少しずつ回復しているので、5月はぼちぼちとブログを更新していけたらいいなと思っています。体調が悪いと精神面にも影響する。これ本当ですね。

 連休ですが、まだ体調がパッとしないのでのんびりと過ごしています。お供は音楽。イギリスBBCやフィンランドYLEのクラシックネットラジオ、オンデマンド配信を聴いたり、5日まではナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)が聴き放題なので、これまで聴きたかった曲を聴いています。聴きたいと思ってもCDを買えずにいたシベリウスや、フィンランド・北欧作曲家作品も聴き放題。廃盤も聴き放題。以前からNMLは入会を考えていたので、お試しのように使えるのが嬉しいです。これは本気で入会しようかな。

 北国にも春が来ました。春の花をどうぞ。
f0079085_2284129.jpg

f0079085_2210538.jpg

 満開の頃に撮影した桜。今は5割程度散っています。桜が散るのは寂しいですが、桜吹雪は美しいです。これから、八重桜も咲きます(今日はまだ咲いてなかった)。

f0079085_22114080.jpg
f0079085_22114830.jpg

 道端に咲いている菜の花。黄色が鮮やかでまばゆいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-03 22:13 | 日常/考えたこと


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索