<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議

 夏至は21日でしたが、この週末は北欧では夏至祭。フィンランドもユハンヌス(Juhannus)です。いつもは夏至、夏至祭、白夜の季節に聴きたいフィンランド、北欧の音楽について書いてきましたが、今年は本を。


マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議
カロリーナ・コルホネン:著、柳澤はるか:訳 / 方丈社 / 2017

 フィンランドで大人気、ベストセラーのコミック「FINNISH NIGHTMARES」の日本語版です。これまで、何度も海外向けのフィンランドの情報ツイッターアカウントで紹介されていて、気になっていました。日本語訳出版が決まった時はとても嬉しかったです。これ絶対買う、と。

 この本の主人公、マッティは典型的なフィンランド人男性。そんなマッティが日々遭遇する「苦手なこと」「避けたいこと」「憂鬱なこと」「フィンランド人あるある」をコミカルに、時に自虐的ジョークを交えて書かれています。マッティが可愛いです。シンプルな、愛らしいキャラクターです。フィンランドのキャラクターはムーミンだけじゃない!?これからはマッティもよろしく!

 帯に、「なぜか日本人にそっくり!?」とあるのですが、読んでいると、「わかる」「あるある」「マッティ、君は私か」と思うところばかり。これまで、他の本やメディアでも、フィンランド人の性格・国民性と日本人のそれは似ていると言われてきました。この本は日本向けに書かれたものではありません。フィンランド人のコルホネンさんが、フィンランド人を紹介するために書きました。それが、日本でも、日本人に似ているんじゃないかと受け入れられている。それが不思議ですし、嬉しくもあります。

 平穏と静けさと個人的領域(パーソナルスペース、他者と自分との距離。フィンランド人は広め)を大事にしているマッティ。シャイで、照れ屋で、目立つのが苦手。自己主張するのも苦手。多くは書きません。是非ともこの本を手にとって、読んでください。「あるある」「わかる」の意味がわかると思います(多分)

 フィンランド本国で出版されている本も、本文は英語です。でも、サウナやクリスマスのミルク粥など、フィンランドの文化も出てきます。あと、フィンランドのバスの乗り方や、フィンランド人と信号、ハロウィンなど、フィンランドに旅行する際、住む際に注意したほうがいいことも書かれているので、フィンランドに行く予定がある方には是非オススメします。

 森と湖の民と呼ばれるスオミ(Suomi)の民。湖のほとりの森の中で暮らしている(都市で生活している人も休みになれば質素なサマーハウスで暮らす)人々の由縁がわかる気がします。ユハンヌスは、湖のほとりでかがり火を燃やし、なかなか暗くならない、すぐに明ける夜を謳歌します。短い夏を存分に楽しもうと。ユハンヌスのフィンランドの人たちには、この本にある「憂鬱なこと」が起きないで楽しく過ごせるよう、願うばかりです。

 フィンランド本国では第2弾も出版されたそうです。第2弾も日本語訳の出版、よろしくお願いします!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-23 22:49 | 本・読書

イリジウムフレアを見たくて

 現在、国際宇宙ステーション(ISS)可視パスはなし。でも、イリジウムフレアは毎日のようにあります。そういえば、イリジウムフレアはずっと見ていなかった。ご無沙汰です。

 先日から、イリジウムフレアを見よう、撮ろうと狙っていました。日によって明るさに差がある。これはとても明るい時のこと…
f0079085_2251526.jpg

 肉眼ではしっかり見たのですが、撮影は失敗…。シャッターを押す前に、慌てて、10秒間のタイマーを設定してしまった…。その10秒のうちにフレア、減光しているところを撮れました…。とても明るかったのに!しかも木星の近く、いいアングルだったのに!残念な失敗でした。

 それから、毎日のようにイリジウムフレアを見よう、撮ろうとするのですが、曇ってる、予報より暗くてうまく撮れなかった…そんな毎日が続きました。ようやく今日、一応の成功画像を撮ることができました。
f0079085_22105866.jpg

 フレアはあまり明るくありません。でも、ふっとイリジウム衛星の光の点が現れて、増光、すーっと消えていく数秒間は、何度見てもワクワクします。画像もそんなにインパクトはありませんが、イリジウムフレアの雰囲気は撮れたかな?
 明るい星は木星です。木星のそばの明るい星は、おとめ座γ星・ポリマ(Porrima)。イリジウムフレアの軌跡の斜め右上の明るめの星はしし座のデネボラ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-20 22:21 | 宇宙・天文

6月はばらの季節

 南の方は梅雨入りで、アジサイの季節ですが、こちらは6月なのに寒い日が続くこともあります。アジサイはまだ。こちらはばらの季節です。

f0079085_22461522.jpg

f0079085_22461918.jpg

f0079085_22462116.jpg

f0079085_22462421.jpg

 この日、朝寒かったので、朝露がついています。とてもきれいでした。まだこれから咲くバラもあって、まだまだ楽しめそうです。

f0079085_22475750.jpg

 こちらはバラの仲間のハマナス。ハマナスも今が季節です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-12 22:49 | 日常/考えたこと

Im ~イム~ 6・7

 漫画を読んでも感想を書けずにいたので、何巻かたまってしまった作品もあり…。まとめて書きます。エジプト神話をモチーフにしたマンガ「イム」の6巻と7巻です。この2巻は続いている部分が多いので、まとめて書いてもいいかもしれない。

Im~イム~(6)

森下 真 / スクウェア・エニックス、ガンガンコミックス/2017



 支部長を助け出したイムたち。羽羽方家でパーティーを開くことに。陽乃芽はイムがエジプトに帰ってしまう前の送別会だと思っていたが、パーティーで、羽羽方父がアメン神官団に事務員として入団することになったこと、それに伴い、陽乃芽も夏休みはエジプトに行くことが決まった。
 そしてエジプトにやって来た一行たち。観光している間、荷物を盗まれ、盗んだ男を追うと、晴吾の攻撃に対して人間離れした能力を使い逃げようとした。そして、蛇のような黒いアザが体中に現れ、死んでしまった。イムは、かつて大神官として"地獄の番人"をしていた時、負の感情に飲まれた者たちにそのアザが現れていたのを何度も見たことがあった。そのアザに何があるのか、コンスが本部から呼んだ、ラトの弟であるワジトユートと共に、黒アザの原因を探りに街へ出たが…

Im~イム~(7)

森下 真 / スクウェア・エニックス、ガンガンコミックス/2017



 8年間もとり憑き、イムによって離れた"マガイ・セクメト"を、精霊(カー)として自分の中に戻した陽乃芽。イムを助けるため、その力で戦うも、魔力を制御しきれず倒れてしまう。ひとまず停戦し、去る新たな敵・ラムセス2世。陽乃芽が何故マガイ・セクメトを精霊(カー)に出来たのか。それには、陽乃芽の母・ひまわりが関係していた。羽羽方父は、ひまわりと出会った時のことをイムたちに語りだす…。


 この6・7巻で急展開です。舞台はエジプトへ。支部長誘拐事件で、浮かび上がったいくつかの謎。支部長にとり憑いていたマガイには、「創世九柱神(エネアド)」が関係している…?エネアドたちは何を考えている…?何かを隠している…?それらの謎を解きに、エジプトへ向かいます。
 エジプトに行くことに関して、イムは故郷を皆に見せられること、羽羽方パパは妻・ひまわりと出会った国を陽乃芽に見せられることを喜んでいる。そんな2人がいい感じです。

 エジプトでは、新キャラも登場。そのひとりが、ラトさんの弟というワジトユート君。上位神官です。まだ少年ながら、かなりの力を持っています(その理由は7巻で明らかになります)。そして、敵方はラムセス2世。クレオパトラの次はラムセス2世!強いけれども、ちょっと変わったところもある敵です。

 一方、ユート君の登場で、陽乃芽にある事実が発覚します。その事実をユート君に突きつけられた6巻の144ページからの陽乃芽の自分を責める気持ちが苦しい。そこからの、陽乃芽の本心が、7巻へと続きます。7巻では陽乃芽ちゃんが表紙。しかもカッコイイ!本編でも強くてカッコイイ!

 7巻では、これまでの伏線、謎が一気に解けます。展開が早くて、読み返さないと理解しきれない。古代エジプトの神々をうまく創作に当てはめていて、面白いです。7巻の読みどころは、若き羽羽方父と妻となるひまわりとの出会い。羽羽方パパがカッコイイ、なかなかのハンサムで、心意気も男前です。陽乃芽を産む時のひまわりさんの決意が、とても強くて…、陽乃芽は強い両親から、強いもの、強い心を受け継いでいるんだなと感じました。

 7巻ではついにアメン神官団の本部へ。更に新キャラが登場します。精霊(カー)を診察する医師の神官・ヘシレさんがなかなかいいキャラです。黒アザを発症するメカニズムも解明されます。エジプト神話を題材にしたファンタジーですが、普通の人間の心理に通じるものがあります。そして本部でまさかのあの人が登場。怒涛の展開でした。8巻が待ち遠しい。陽乃芽ちゃんが…どうなってしまうのか!

 謎めいた部分を持つコンスに関しても、徐々に明らかになっていきます。あのシーンのあれはそういうことだったのか…。よくわからないところが多いけれども、コンスの言うことは筋が通っているし、人間的でもある。イムを思いやってもいる。ただ、これからコンスが無茶をしないか…心配です。

 2巻一緒に書くと、まとまりに欠けます。細かい部分も欠けます。どう書いていいかわからない。下手するとネタバレになってしまう…。漫画の感想は溜めないほうがいいね。負の感情もね。そんな6・7巻でした。

Im ~イム~ 5
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-12 22:43 | 本・読書

カリグラフィニブが楽しい

 少し前、新しい万年筆を買いました。
f0079085_22224972.jpg

 パイロットの「プレラ 色彩逢い(いろあい)」の、カリグラフィニブ(CM)です。
PILOT:万年筆:プレラ 色彩逢い iro-ai

f0079085_2223022.jpg

 ニブの先が平らになっています。
 お友達から貰うお手紙の文字が特徴的で、何のペンで書いているのが気になっていました。スタブニブという、横の線は細く、縦の線は太く書けます。ただ、スタブニブはちょっと入手しづらい。気軽に、入手しやすい、スタブニブとほぼ同じような文字を書けるのがこのプレラのカリグラフィということで、買っちゃいました。

f0079085_22323274.jpg

 この通り、書き味が面白いペンです。ちなみに、購入の際、店員さんにインクも一緒にいかがですかとすすめられ、流れで買ってしまったw 乗せられたw パイロットの「色彩雫(いろしずく)」の「露草」です。こんな明るい青のインクが欲しかった。いい色です。
PILOT:万年筆:インキ:iroshizuku<色彩雫>

f0079085_22374784.jpg

 カリグラフィは、日本語を書くのも楽しいのですが、アルファベットはもっと楽しい。英字のカッコイイサイン風の文字が書けます。例として、フィンランド語会話を書いてみました。様になる!

f0079085_22392117.jpg
f0079085_22393236.jpg

 ペンに入れていた「露草」がなくなったので、お気に入りのインク「冬将軍」を入れてみた。濃淡がよく出る。インクの色の持ち味、その色がよく出るペンなのだろうか。書いた文字も様になるし、発色もいい。これはいい万年筆です。とても気に入りました。
 以前買ったセーラー「ほしくず」は同じ色のインク(セーラー ジェントルインク ブルーブラック)をずっと入れていますが、このプレラカリグラフィはいろんな色のインクを入れて楽しみたいペンです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-10 22:49 | 興味を持ったものいろいろ

お久しぶりISS

 ずっとISS・国際宇宙ステーションの可視パスを見て、撮影するのもご無沙汰になっていました。冬の空をほとんど観れず、撮影もできなかったのが残念です(曇ってるんだけど)。

 今日のISSの可視パスは好条件。お天気もいい。明日からまた崩れるとのことなので、見ます。
f0079085_22939100.jpg

 北西の空から昇ってきたISS.ちょっと暗めです。肉眼ではもっと明るく見えたのですが、空が明るいせいか…。画像右上にこぐま座があります。先っぽは北極星です。

f0079085_22142378.jpg

 北の空を通過中。ISSは明るかったです。ISSの軌跡の上にある台形の星は、りゅう座の頭の部分。画像右の明るい星はこと座のベガ。夏の星座のこと座ですが、北寄りなので、今からでも十分見えます。
 この後、ISSはすーっと消えて見えなくなりました。この瞬間がちょっと切ないです。
 ISSは、数日前までシグナス補給船7号機がドッキングしていましたが、離れました。その代わり?、ドラゴン補給船11号機が、日本時間今日未明キャプチャ・結合しました。あのISSにはドラゴン宇宙船もいたんですね。


 記事にするのを忘れていた(機会を逃がした)先月末に見たISS。
f0079085_22193017.jpg

 しし座の頭の部分、獅子の大鎌とISS.星座もISSもはっきり明るく煌びやかに撮影できました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-06 22:23 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索