はじめに ~このブログについて

 ようこそいらっしゃいました!わざわざ目を通してくださってありがとうございます。

 当ブログは管理人である遼(はるか)が好きなものや興味のあることについて、ざっくばらんに学び、考え、語るブログです。管理人の性格ゆえ、カテゴリーが広範囲にわたっておりますがあまり気にせず、こういう奴なのだと思っていただければ幸いです。でも、カテゴリ倒れは多分ないと思います。たぶん。以前は日常日記に趣味も含めてブログを書いてきましたが、趣味に統一しました。昔の記事がやけに少なかったりするのはそのせいです。

 時間はかかっても、興味のあることをどんどん掘り下げ、視野を広げていきたいと思っています。人づてに聞いた話で留まらせることなく、興味のあるものは自分の五感で判断する考える。そして、その感じたことを自分の中に押し込めておくのではなく、文字にしたり人の意見を聞くことでさらに創造する。もっと楽しみが増えるように。そんなことを考え、願って記事を書いています。このブログで、興味のあることをもっと楽しみたい!
○私が思う「ブログとはどんな場なのか」など、ブログについて考えていることは、「ブログ」タグにまとめています。
 もしくは、「自分のこと」タグ「日常/考えたこと」カテゴリにも入ってます。


《ブログタイトル:「見知らぬ世界に想いを馳せ」
 このタイトルの由来は、シューマン作曲「子供の情景」第1曲「見知らぬ国ぐに」から考えました。この曲自体が大好きで、またどんなブログにしたいかのイメージにぴったりだったからです。知らないもの、見たことないもの、よくわからないもの。でも、そんなものにも「面白い」と思う要素は沢山詰まっている。それを見つけて、知って、楽しみたい。学ぶこと、何かに興味を持つことにゴールはないと思っています。私の物事を追及することも、これで最後ということはありません。まだまだ未熟で、なかなか視野が広がらず、考えも深まらないことも多いと思いますがゆっくりじっくりと向き合っていこうと思っています。


《各カテゴリについて》
はじめにお読みください:ここです。
本・読書:読んだ本の感想。小説から学術書、漫画まで色々と。
音楽:8割方クラシックに関して。聴いたCDに関することがメイン。コンサートレポも。
ピアノ演奏・ピアノ考:独学で再開したピアノ練習の記録と、音楽・演奏について考えたこと。ブルグミュラー25を終えて、ソナチネアルバムへ。ヘボ演奏も恥かき目的でアップします。
フィンランド・Suomi/北欧:大好きな国、フィンランドの文化や言葉などに関して調べたことや話題など。北欧全般もここ。
Eテレ・NHK教育テレビ:Eテレ・NHK教育テレビマニアの管理人による、Eテレ番組鑑賞記録。こども番組が中心です。よく出てくる番組は「クインテット」「おかあさんといっしょ(略称:おかいつ)」他。
宇宙・天文:宇宙開発から天文まで、ニュースや話題など。星空・国際宇宙ステーション(ISS)写真もここ。
イラスト・落書き:管理人によるヘボ絵。
日常/考えたこと:自分自身やその他のことに関して考えたこと。
興味を持ったものいろいろ:上記のカテゴリに当てはまらないものに関して。全ての始まりは好奇心!
旅で観たもの、思ったこと:旅行記録。あまり行かないけど…。
information:ブログに関するお知らせ。管理人の近況、バージョンアップや機能追加もここ。
プロフィール:管理人について詳しく。

*その他タグではもっと細かい分類をしています。記事を探す時の参考にしてください。
*サイドバーにある「ライフログ」はこれまでに紹介したもの、もしくはお気に入りの本やCDの一覧です。好きなものの傾向が見えてくると思うので参考にしてください。ちなみにこれはただ表示されているだけで、アフィリエイトではありません。

※ちなみに、URLの「thurayya」とは、アラビア語で「すばる(プレアデス星団)」を意味する言葉(正確には「Al thurayya:アル・トゥラヤー」)。「多くの小さいものたち」という意味です。


《管理人について》
NH:遼(「はるか」と読みます)
コメント欄でのID:halca-kaukana057(「kaukana」とはフィンランド語で「遠い」の意)
由来は電波天文衛星「はるか」(MUSES-B)から。後は好きな漢字を当てはめた。
 ブログの通り、何かを一度好きになると息が長い、熱しやすく冷めにくいオタク体質。さらに詳しくは管理人プロフィールへ。好きなものに関してはエキサイトネームカード(サイドバーにあります)でもどうぞ。


《管理人に対してコンタクトをとるには》
 コメント、トラックバックはお気軽にどうぞ。大歓迎です。
 ただし、記事の内容に関連の無いものや、迷惑・スパムコメントなどは削除させていただくことがあります。特に初めてトラックバックする時は、コメントを入れていただけると嬉しいです。
 サイドバーの「web拍手」にもメッセージを記入することが出来ます。メールは[メールフォーム]にどうぞ。記事に関係のない話題は、メールフォーム、web拍手のメッセージでどうぞ。
 


《トラックバックに関して》
 一言のみ、記事に関係ないもの、またアフィリエイト・商用のみもしくは公序良俗又は法令に反するブログからのコメントやトラックバックは容赦なく削除させていただきます。


《著作権について》
 このブログに載せている文章、写真、イラスト、ピアノ演奏録音の著作権は管理人(遼)にあります。管理人に許可無く自分のサイトに掲載するなど、第三者が閲覧できる状態にする等の行為を発見した場合には、しかるべき対応をさせていただきます。わからないことがあれば、[メールフォーム]から管理人へお知らせいただけると嬉しいです。

《リンクについて》
 リンクも報告無しでどうぞご自由に。リンクしたことをお知らせしていただければ、喜んでお伺いいたします。

 長くなりましたが、ご挨拶とさせていただきます。


2006.4.30作成
2006.5.5 削除するコメント・トラックバックについての部分を追記
2006.5.8 プロフィールについて
2006.7.23 少し文章変更
2006.10.16 ライフログに関して追加
2006.11.17 カテゴリに「ピアノ独学」追加。リンクについて明記。
2007.1.17 トラックバックに関して変更。
2007.2.26 トラックバック、著作権に関して追記
2007.8.24 リンク集に関して追加
2008.12.31 コメントについて追記
2009.2.3 文章手直し
2011.5.28 内容を変更
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-01-01 20:15 | はじめにお読みください

音楽・ピアノに関する考察記事まとめ

 音楽(主にクラシック音楽)やピアノ演奏、ピアノ独学について、色々考えることがあります。時々、ブログに考えたことを書き綴ってきましたが、記事があちこちに飛び読みづらいと感じたので、このページにまとめておきます。

私とピアノとブルグミュラー(2006.6.10)
これまでのピアノ歴と、何故大人になってからピアノを再開したくなったのかについて。NHK教育「クインテット」は、私にとって"演奏すること""音楽をたのしむこと"の原点だと今も思います。

ピアノで広がる「自分」(2006.10.10)
 ピアノを演奏することで、自己の気が付かずにいた一面、自分で考えていた(思い込んでいた)性格を越えたものを表現できるんじゃないかという話。「演奏を聴けばその人のこと(人柄や性格など)がわかる」という言葉があります。私も一部そうだとは思いますが、全面的に賛成はしません。数分間の、その時だけの演奏でその人全てを理解できるなんて思えません。このことに関してはまだまだ続くよブルグミュラー25カップ…(2006.9.23)でも少し触れています。

クインテット的、演奏者の苦悩(2006.11.17)
 NHK教育「クインテット」を観て、演奏することの困難について考えた。感情のこもった演奏とは何だろう?とりあえず、「クインテット」のメンバーたちの感情表現と演奏は、人形とは思えません。そして、子ども向け番組と言い切ることも出来ません。

氷山の下に隠れているもの(2006.11.25)
 ピアノコンクールのレポを読んで感じたこと。コンクールで入賞するような"上手い"演奏者の演奏は勿論聴きたいけど、入賞できなかった方やコンクールに出ることすら出来なかった方の演奏は聴く価値がないのか…?そんなことない。演奏としての完成度は低いかも知れないけど、別の物差し・価値観で聴けば「上手い」と感じるところに出会えるはず。一人の人間としての演奏を聴きたいと思う。
 この記事を久々に読み直して、忘れていたことを思い出しました。もっと謙虚に、音楽と向き合っていかなければ。再確認しました。

サシで学び、演奏したい ~ピアノ独学の理由(2006.12.3)
 ピアノの独学を続けることへの決意文。好きなだけ試行錯誤しながら、音楽について学びたい。一人で向き合うのも、自分のスタイルだと思っています。

風邪はピアノに影響する +ピアノについて考えた(2007.2.26)
 フィンランドの指揮者であり、シベリウス音楽院指揮科元教授ヨルマ・パヌラ氏のインタビューを読んで考えたこと。楽譜からどれだけのことを読み取れるか、ピアノ曲でもオーケストラならどう演奏するか、そんなことを考えながら練習する必要があると感じた。オケ曲出来る限り沢山聴くことも。

「せきれい」の誓い(2007.3.20)
 ピアノを独学する上で、独学を続けることに自信が持てなかった時期があった。習っている人のレッスンの話を聞けば「羨ましい」と感じる。ブルグミュラーの「せきれい」の練習につまづき、悩んでいた。しかし、その「せきれい」が、独学について考えさせてくれた。
 今も独学を続ける自分にとって、重要なポイントになった記事のひとつです。

せきれいの月面三段跳び(2006.3.27)
 後半部分。子どもの頃、ピアノ教室に通っていたが、練習嫌いでたいした曲は弾けなかった。だから、習っていても「ピアノが弾ける」と人には言えなかった。今も変わりません。

この鍵盤の向こう側(2007.10.29)
 私にとってピアノを演奏するとは何だろう?と考えて、辿りついた答え。ある曲を演奏したいというよりも、曲を演奏することで音楽に触れていたい。作曲家たちが何を考えていたのか、表現したかったのか、曲を通してそれに触れてみたい。自分でも表現してみたい。ある曲を弾けるようになることが、私にとってのゴールじゃない。音楽を通して、言葉とは異なる方法で、作曲家がこめた想いを表現したい。
 今自分が、独学でもピアノを練習し続けている理由です。

目標への順序と段飛ばし(2008.7.2)
 ピアノを練習する上で、練習曲を積み上げていくか、弾きたい曲をいきなり弾いてしまうか、問題になることがある。私は練習曲を積み上げていく派。遠回りしても、練習しながら様々な音楽を楽しみたいと思う。

ピアノと体操の美しさ(2008.8.14)
 オリンピックの男子体操を観ながら思ったこと。美しさを引き出すために、何が必要なのか。体操も芸術だと感じます。

ブルグミュラー「帰途」から学んだこと(2008.10.31)
 指定テンポについて、ブルグ25「帰途」を通して考えた。その時、その作品の指定テンポで弾けなくても、演奏者にとっての理想的なテンポがあるはず。指定テンポでなくても、演奏者に、自分に合ったテンポでその作品の魅力を引き出せるんじゃないか。

記事が増えれば追加します。「ピアノ考」タグでもまとめて読めます。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-01-01 06:22 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18
流れ行く者 守り人短編集 /..
at 2017-05-09 22:51
北国の春 2017
at 2017-05-04 21:21
日本とデンマークの150年切..
at 2017-05-02 21:54
理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索