ふたつのスピカ 8

「ふたつのスピカ 8」(柳沼行、メディアファクトリー)


 私の大好きな漫画です。1巻が出たとき「ダ・ヴィンチ」で紹介されていて、ちょっと興味を持ったので読んでみたら、まさにツボにはまりました。一言でいうなら、「純情SFファンタジー」といったところでしょうか。NHK教育でアニメも放送されています。(まさかアニメ化されるとは思わなかった。)

 2010年、日本初の有人宇宙ロケット「獅子号」が打ち上げられるが、打ち上げ後に爆発、市街地に墜落して大惨事となる。その事故に巻き込まれ、母を亡くした少女・アスミは、ある日神社の境内でライオンの被り物をかぶった青年と出会う。彼は「獅子号」の乗組員で死亡した幽霊。「ライオンさん」と名乗り、アスミ以外には見えない。ライオンさんから宇宙の話を聞くうちに、アスミは宇宙飛行士になりたいという夢を持つ。
 中学を卒業したアスミは、宇宙飛行士の夢をかなえるために、厳しい試験を突破し東京宇宙学校に入学する。そこで出会った友達との友情、恋愛、そして宇宙への夢。訓練は厳しいが、アスミたちは助け合い、成長し、宇宙への道を歩んでいく。

 大体のあらすじはこんな感じ。この8巻では、突然の脱獄訓練や、アスミが気になっている高校生・桐生との関係、アスミの友達・ケイの恋心が中心。桐生君との関係にやきもきする幼なじみ・府中野や、宇宙飛行への推薦を受けたにもかかわらず困っている秋君も見逃せません。

 SFとはいっても、心が温まりやさしくなれるファンタジーの要素のほうが強いです。絵もほんわかしていて、本当に男性が描いたのかと思うほど。その一方で人間関係も巧妙に入り組んでいます。

 読んで損はない。本当にお勧め。ちなみに、スピカが好きなら「プラネテス」も好きなはず。もちろん私もその一人。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-05-24 22:35 | 本・読書

クインテット@読売新聞

まずはこのサイトをご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050520et06.htm

 読売新聞にて、クインテットの特集が掲載されています。記事は、クインテットの番組紹介、キャラクタ、音楽と操演の徹底振りについて書かれています。

 私は弦楽器も管楽器もやったことがないので、演奏方法についてはよくわからないのですが、本物志向を貫いているその姿勢と努力に拍手。

 さらに朗報。クインテットの楽譜集も発売されるらしいです。それは素晴らしい!でも、アンサンブルの楽譜?それともピアノソロ?よくわかんないけど、これは買う。演奏できなくても買う。持っているだけでもいい。いつになるのか、楽しみ。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-05-20 22:17 | Eテレ・NHK教育テレビ

「歩く歩く歩く」アニメとかコンサート取り直しとか

 今週のクインテット、いつもに増して面白いです。今週の歌は「歩く歩く歩く」。この歌、とても好きです。歌詞が明るく、好奇心にあふれていて。曲もテンポがよくて。本編ではシャープ君の台詞で聴き取りにくかった前奏もちゃんとついてる。アニメは、以前の紙人形のほうが好きだけど。

 コンサートも撮りなおしされて、新しくなってる。「椿姫より乾杯の歌」はワイングラスとしゃっくりがなくなってる。やっぱり子ども番組で酒はまずかったか?でも、フラットさんのソロとか、アキラさんの表情とかがいいなー。「カルメン」もスコアさんのソロにスポットライトがついてる。チェロの弓さばきもかなり自然に近い。(前のはちょっと不器用だった)すごーい!

 今日の「マーマーヨ」にはやられました。マーマーヨ…。スコアさん…。「ヴォラーレ」、そういえばビールのCMで使われてた。かっこいい。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-05-19 20:35 | Eテレ・NHK教育テレビ

恋火 天国の本屋

「恋火 天国の本屋シリーズ」(松久淳+田中渉、小学館)

 「天国の本屋」シリーズ第3弾。竹内結子主演で映画化もされました。リストラされたピアニスト健太は、やけ酒を飲んでいる途中でヤマキという怪しげな老人と出会う。酔っ払って気が付くと、とある本屋の2階で寝ていた。その本屋が天国にある本屋だったのだ。健太はそこでアルバイトをするようにとヤマキに言われる。しぶしぶ本屋での仕事をはじめるが、バイト初日、「椿姫」を読んでほしいというある女性に出会った。
 一方、青年団に所属する飴屋の気の強い娘、香夏子は商店街でかつて行われていた花火大会のことを耳にする。その花火大会のフィナーレには、「恋する花火」と呼ばれる伝説の花火が打ちあがっていたのだが、ある事件を境になくなってしまった。花火大会を復活させたいと願う香夏子は、「恋する花火」を作っていた職人を探し始めた。

 読んだ後、しばらく衝撃が心の中を駆け巡っていました。健太が出会った「椿姫」の女性の過去、ピアノを巡る物語、「恋する花火」の秘密、物語にぐいぐいと引き込まれていくようでした。切ない、けれども強い力のある作品です。人を思う気持ちが、人を動かすというのでしょうか。

 この物語の鍵となるのがピアノ。健太は、楽譜どおりの演奏はできても人の心を動かせないというのでリストラされました。「椿姫」の女性とピアノ・音楽の関係、香夏子とある女性ピアニストのこと、健太の思い出の中にあるあるピアニスト。そしてクライマックスの演奏。読んでいるうちに、音楽っていいなと思いました。音楽は時空を越える。人の想いとともに。クライマックスが切ないです。

 これ以上書くと完全にネタばれしてしまうので、この位にしておきます。本当にお勧め。

[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-05-18 21:39 | 本・読書

流星ワゴン

重松清「流星ワゴン」(講談社文庫)

 私の一番好きな作家がこの人、重松清さんです。「エイジ」や「ナイフ」、「ビタミンF」などかなり読んだと思います。家族や教育の現代の問題をしっかり見据えていて、それでいてとても優しく語る文章が好きです。でも、この「流星ワゴン」はなぜか読まずにいました。今回文庫化とあって、即買いました。

 38歳の一雄はリストラされ、妻とも離婚寸前、中学生の息子は不登校。駅で「死んじゃってもいいかなぁ」と思っていたところへ、一台のワゴン車がとまった。乗っていたのはとある父子。ただし、交通事故で死んだ幽霊。その父子は一雄を大切な場所へと連れて行ってくれるという。そして着いたのは、1年前の交差点。妻の浮気現場を目撃し、追いかけなかった場所。そしてそこには病に付しているはずの一雄の父がいた。しかも一雄と同じ歳の。人生をやり直せるのか、一雄は父とワゴンとともに、時空を飛び越えた。

 重松さんには珍しいファンタジーですが、登場人物はどこにでもいそうな現代の家族。父親に反感を抱く一雄と父の会話とか、交通事故死した息子の成仏を願う父の会話とか、心に染みる。そこにあるのは過酷な現実。それでも立ち向かう姿がいい。家族とは、生きる意味とは、考えさせられます。私も今家族や生きることに悩んでいる。その気持ちを代弁してくれているような気もする。失敗してもいい。何があっても、家族の絆は消えない。ラストにぐいぐい引き込まれました。

 やっぱり重松清はいい。そう思わずにいられません。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-04-22 20:00 | 本・読書

NHKこどものうた楽譜集 第32集

「NHKこどものうた楽譜集 第32集」
NHK教育テレビの歌を集めた楽譜です。おかあさんといっしょから、クインテット、英語であそぼ、いないいないばぁっ!、うたっておどろんぱ、ピタゴラスイッチなど人気番組の歌が目白押し。見ているだけで楽しいんです。曲目はというと、主なものはこれです。感想つき。

<おかあさんといっしょ>
 ぺたぺたぺったんこ(かわいい曲)
 風のおはなし(映像がとてもさわやか)
 わくわくスーパーマーケット(買い物しながら口ずさんでしまう)
 しってしまったぼく(パンツぱんくろうの歌。一番好き。)
 ふしぎはすてき(これもいい歌。なんとなく「びっくりか」)
 きみにあいたくて(ファミリーコンサートで歌われる歌)

<クインテット>
 歩く歩く歩く(一番好き。歌詞がいい。)
 目はおこってる(クインテット最強ソング)
 あくびのうた(いっしょにあくびをしてしまう)
 おんぷのマーチ(とっても楽しい)

<ひとりでできるもん!どこでもクッキング>
 はんじゅくコロンブス(とても強引な歌詞。まいった。)
 SAYいっぱいをありがとう(子ども向けの歌じゃない)

<うたっておどろんぱ!>
 ん?バナナのななばん(なぞの回文ソング)
 YMOP(タイトルどおり、ヤングマンのおどろんぱ版)

<ピタゴラスイッチ>
 ぞうのあしおと係(ぜひ本当の楽器を使ってほしい)
 ピタゴラそうち41番の唄(…弾けるのか?)

いい曲ばっかりなのに、難しすぎて弾けないです。誰か弾いてください…。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-04-16 19:52 | Eテレ・NHK教育テレビ

教育テレビは新年度

 今日から教育テレビは新学期。
 話題を集めそうなのは「おかあさんといっしょ」あれ?5分縮まった?体操のお兄さん&ダンスのお姉さんが新しい人になって、コーナーも一新。新しい体操は…様子を見よう。「でこぼこフレンズ」と「パンツぱんくろう」に新キャラが!これは期待。

 「ピタゴラ」が朝も見られるようになりました。朝からピタゴラってのも面白いね。

 「クインテット」も当然新年度。春に浮かれているフラットさんとか、「目はおこってる」のアニメーションが何気にグロイのとか、こちらも話題が尽きない。「目はおこってる」は歌詞がでてうれしい。コンサートは「軽騎兵序曲」いつか来ると信じてた。

 今年度も教育テレビから目が離せません。
[PR]
# by halca-kaukana057 | 2005-04-04 20:17 | Eテレ・NHK教育テレビ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索