タグ:クインテット ( 270 ) タグの人気記事

初夢がんじつクインテット 「ニューイヤイヤコンサート」&「ぼくのカゲ」再放送

 昨日元日のNHK教育(Eテレ)「クインテット」リクエスト再放送。番組の放送は終わったのに、年初めから40分間も、普段の4倍も「クインテット」を楽しめて最高でした!
・予告記事:【予告】2014年は「クインテット」ではじめよう 再放送決定!

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 この2件の再放送リクエストに応えての再放送でした。「ニューイヤイヤコンサート」は2009年の放送。当時まだVHSビデオで、HDに保存できたのが嬉しい。
 放送されたのは、予告どおり2009年1月2日放送の新年特番「ニューイヤイヤコンサート」(30分)と、2010年6月21日放送のドラマ「ぼくのカゲ」回。「ぼくのカゲ」はお願いどおり、ドラマで来ました。パート3の歌PV版ではありません!リクエストどおりの再放送、ありがとうございます!

・「ニューイヤイヤコンサート」当時の感想記事:あけましてクインテット ニューイヤーコンサート
・「ぼくのカゲ」は新作の回でした(この感想は翌週の再放送の時のものです):チャレンジング・クインテット&レイア様SP! 今週の教育テレビ


 まず、「ニューイヤイヤコンサート」。上にも書きましたが、1月2日の放送だったんです。元日ではなかった。でも、今回元日に再放送。この再放送の後に、本家ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートもあり、「クインテット」とウィーンフィルの両方を元日に楽しめることになりました。元日に「クインテット」の新年特番があればいいなぁと思っていたんです。それが、放送が終了した再放送で実現するとは…!まさに初夢です!

 オープニングはいつものテーマ曲ではなく、コンサート形式で「一月一日」(作詞:千家 尊福、作曲:上 真行)。コンサート形式で歌うのも珍しい。歌は、1893(明治26)年に文部省より出た「小学校祝日大祭日歌詞並楽譜」に掲載されたもの。作詞の千家尊福(せんげ・たかとみ)は出雲大社の宮司さんだったそう。そんな歴史のある歌なんですね。まさに元日にぴったりな歌。

 新春時代劇「鞠と殿様」。歌はCD「エッ!センス?」にも収録されています。冒頭、「ていへんだていへんだー!」と走ってくるシャープ君の背景、「五人囃し」とある。「クインテット(Quintet)」は日本語訳すると「五重奏」ですが、より日本語らしく「五人囃子」…おお!これには初めて気がつきました!「鞠と殿様」のインパクトのある低音が好きです。アコーディオンもいい。
 更に新春大神楽、新春かくし芸、クインテットかるたとミニコーナーと、フラットさんの寝正月など寸劇も盛りだくさん。クインテットかるたでは、フラットさんの口笛「口笛吹きと犬」、シャープ君のにらめっこも。おおう…!パート3の各キャラクターコーナーが。特にシャープ君のにらめっこは久しぶり、放送終了前でもあまり放送されてなかったはず。また、アリアさんがベートーヴェン「交響曲第7番」第1楽章から一部分を披露。全曲聴きたい!と思う華麗な、つややかな音色でした。さすがアリアさん!アキラさんはピアノで新年のご挨拶。このアキラさん・宮川彬良さんがピアノ演奏だけで表現していた「クインテット」、今となっては貴重になったのかなぁ。音楽担当舞台では演奏に徹しているから、そこでは観られるか。ただ、全国区のテレビ放送という場の影響力は大きいからなぁ。

 コンサートは4曲。当時新曲だったヴィヴァルディ「四季」より「冬」第2楽章、チャイコフスキー「くるみ割り人形」、ヨハン・シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ」、「美しく青きドナウ」。「くるみ割り人形」は獅子舞付きの特別バージョンです。また、舞台にもお花を飾っている(ように見せて)、ウィーン・フィル・ニューイヤーを完全に意識。「美しく青きドナウ」を本家の前に聴けるなんて、何たる至福。元日から「クインテット」コンサートを4曲も堪能して、幸せだ幸せだ…とひたすらつぶやいてましたw(元日のツイート参照)

 最後は、これも当時新曲「ことしこそ」。元日からこの歌詞wこの「クインテット」のノリ、ユーモア、「あるあるw」というところをついてくる痛切さが大好きです。「目はおこってる」「おわびのスキャット」「ただいま考え中」などなど。脚本・作詞の下山啓さんのセンスが大好きです!

 そしてこの「ニューイヤイヤコンサート」の見どころは、あの「ハッチポッチステーション」との夢の共演。普段からもハッチポッチメンバーからお花が届いたり、影がうつったりしていましたが、はっきりと確認できるほどに出演したのはこの回ぐらい(クリスマス回などでちらりとうつったりもしてましたが)。「ハッチポッチ」も作・脚本は下山啓さん。そして数々の教育テレビの子ども向け番組を生み出した近藤康弘プロデューサーも、「ハッチポッチ」、「クインテット」で下山さんとタッグを組み続けました。このお二方の存在無しに、「ハッチポッチ」も「クインテット」は生まれませんでした。伝説とも言えるこの2作品を生み出してくださったことに、感謝感謝です。

 エンディングは冬テーマ。1月の放送なので冬テーマです。でも、映像は今回のダイジェスト。スタッフエンドロールの仕方もいつもと違います。ここ重要。

*****

 さて、もう1本。ドラマ「ぼくのカゲ」回。上記当時の感想では、ドラマのことについては詳しく書いてなかった。再放送2年間の間も、ドラマは再放送されなかったので。書いておきます。
 手影絵をして遊んでいるクインテットメンバーたち。フラットさんもスコアさんもアリアさんも、手で色々な動物の影絵を作って遊んでいる。アキラさんも真似をしてみている(この表情がコミカル)。シャープ君は感心して見ている。シャープ君の作った影絵は…巨人。スクリーンに近づくと普通の大きさなのに、ライトに近づくとシャープ君の影が大きくなって巨人のよう。影って面白い!と話す4人。
 ここで「巨人」に吹きましたwはい、巨人…「進撃の巨人」。前日の紅白で主題歌のLinked Horizon「紅蓮の弓矢」が歌われたばかり。紅白は完全にアニメ「進撃の巨人」の演出・アニメ映像でしたね。シャープ君が巨人化…シャープ君なら立体機動に最初は苦戦してもいつの間にか器用に操ることが出来そうw巨人化しても結構強そうな気がする。「クインテット」メンバーで一番強そうなのは、怒ったアリアさんだと思う…w(但し人類側にも被害が及ぶ危険性大)すみません「クインテット」から脱線しました!!w

 話を「クインテット」に戻して、歌。オリジナル曲「ぼくのカゲ」、映像はシャープ君振り付けのダンス。シャープ君が振り付けしました。そして踊るシャープ君。間奏ではアリアさんも一緒に踊ります。楽器演奏の操演だけでもリアリティを追及している「クインテット」ですが、ダンスでも操演の巧みさはリアル。歌詞も何度聴いても深い、哲学的だと感じます。自分本体と影。両方があって存在する。この存在とは何だろう、と。

 パート3は、「ニドネノサンバ」アニメ。シャープ君の歌を堪能できます。こちらはゆったりと。二度寝、お正月にぴったりですね。アニメではピンクのくまさんが踊っていますが、この歌でもシャープ君振り付けのダンスが観たいと思いました。

 そしてパート3もう一本。おたよりイラスト紹介コーナー「展覧会の絵」。えっ!!再放送で「展覧会の絵」!!?再放送2年間の間、ルールが2つありました。ひとつ、「展覧会の絵」は無い。ふたつ、エンディング無しの回も無い。その法則が破られました!放送終了したから法則なんて無いけど…でも驚きです。「クインテット」のイラスト紹介は、絵も得意なシャープ君がトランペットで「展覧会の絵」プロムナードを演奏しながら、届いたイラストを紹介する。シャープ君がしゃべることは無い。朗々としたトランペットの演奏と、最後に「素敵な絵をありがとう!」と言わんばかりのジェスチャーのみ。そう、アキラさんと同じ。言葉を言わず、言葉を使わず、音楽だけで表現し伝えようとする音楽番組である「クインテット」ならでは、「クインテット」らしい演出に、いいなぁと思っていました。他の番組では絶対に真似できない。

 コンサート前、鏡の前にいるフラットさんとシャープ君。フラットさん、「痩せていい顔になったと思わない?」と話しかけてくる。いや、いつもと同じだと思う…。シャープ君もいぶかしげ。そんな態度に怒ったフラットさん、ならば多数決。「フラットさんが痩せていい顔になったと思う人~!」と聞いて、自分で手を挙げる。ひとり、ふたり…鏡に映ったフラットさんも入れて2人。えええ!?wそんなの無いですよフラットさん!wしてやったり、ドヤ顔なフラットさんでした…。

 コンサートはグリーグ「ペール・ギュント」第1組曲より「山の王の宮殿で」。おお、久しぶりです。イプセンの戯曲「ペール・ギュント」の劇付随音楽として作曲され、後に組曲に。「山の王の宮殿で」は、魔王の娘に結婚を申し込んだ主人公ペール・ギュントが、魔王に合うために山の宮殿に行くのですが、そこで魔王の手下のトロル(北欧神話に出てくる妖精…風貌は怖い)たちに追われ、娘に結婚を申し込んだことで魔王は怒り…大変なことに。劇付随音楽原曲では、男声合唱が入ります。
 「クインテット」版も、緊迫感のあるピアニッシモからフォルテシモへ、おどろおどろしいメロディーが迫力満点で演奏されます。この緊張感、迫力、グロテスクでダークな雰囲気にビリビリ来ます。殺気、狂気に満ち溢れたフォルテシモの部分はスリルも満点。管弦楽版の迫力にも劣らない。「クインテット」コンサートの本気です。

 エンディングは無しのまま終了。えっ!上述した再放送の法則、二つ目も破られました。異例。本当に珍しい形の再放送です。驚きました。せっかくだからエンディング(6月なので夏テーマ)も聴きたかったのですが…仕方ないので自分で歌ってましたw


 あっという間の40分でした。40分も観られると思っていたら、あっという間だった。音楽も演奏も歌も寸劇も次々とやって来て、密度の高い40分でした。ああもっと観たい。また再放送してください!
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。
 クリスマス回「リトルドラマーボーイ」の再放送要望が、まだ検討中なんですね。これの実現をお願いします!投票、応援コメントはまだまだ受付中です!

 あと、コンサートでは、ああこのヴァイオリンが、チェロが、クラリネットが、そして表にはいないけど裏にいるコントラバスが…とアンサンブル・ベガのコンサートのことを思い出していました。放送は終わったけど、「クインテット」の元であり、演奏にメンバー数人が参加している「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」のコンサートは今年も各地で開催予定。まずは明日3日、兵庫でニューイヤーコンサート。5日日曜にも新潟であります。今度は生で、リアル「クインテット」ミュージック(サウンド)を楽しんでみてね。

 本当にいい初夢でした。いや、夢じゃないね現実だったね。この”夢のつづき”また観たいなぁ。観たい。また再放送してください。このままお蔵入りなんて、残念過ぎます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-01-02 23:09 | Eテレ・NHK教育テレビ

【予告】2014年は「クインテット」ではじめよう 再放送決定!

 10月の再放送がまだ記憶に新しい「クインテット」。年末年始、特番か何かあればいいのにな…と思っていたら、来ましたよ、来ますよ!!「クインテット」の再放送が来ます!
・10月の再放送:【祝・再放送】今日の朝、「クインテット」が帰って来たよ ~また会えた、そしていつかまた会えるよね

 しかも、来年、2014年元日です!

NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 この2本を、2014年1月1日、17時から再放送します!!やりました!
 まずは、2009年に放送された新年特番「ニューイヤイヤコンサート」。
・その時の記事(ネタバレしたくない人は読まないでくださいね):あけましてクインテット ニューイヤーコンサート
 「クインテット」の初めての新年特番でした。これが最初で最後だったのですが…。新年の放送は、10分間コンサートだけというものも合ったのですが、通常放送の枠の中。30分も「クインテット」を堪能できたのはとても嬉しかったです。しかもコンサートの新曲も。新年らしい演出や楽曲、正月も相変わらずな5人が楽しかった。

 次に、「ぼくのカゲ」の回。上記Eテレのサイトでは「タンゴダンス」と書かれてます。さて、どの回の再放送だろう?「ぼくのカゲ」の部分だけの放送にはならないだろうし…。あれ、これは、「ぼくのカゲ」のドラマの回ですよね?まさか、パート3で歌の部分だけのものにはならないですよね…?「ドラマ」とお願いにも書かれているので、きっと大丈夫なはず…。きっと…。信じてますNHKさん、Eテレさん!
 ちなみにこのお願いでは、コンサート「乾杯の歌」の最初のバージョン…メンバーがワインを片手にほろ酔い(一部泥酔?)で演奏、中間部でしゃっくりが入るものもリクエストされていたのですが、通らなかった模様。残念。一度後期でも放送されたが、お蔵入りしてしまったので、また観たい。ほろ酔い気分で演奏なんて、お正月に合うと思います。

 しかも、この放送時間が17時から。夕方5時。「クインテット」のある夕方が久々に帰ってきます!!テーマ曲・五重奏団名が「ゆうがたクインテット」であり、ずっと夕方5時台に放送されてきた「クインテット」。2011年度からの再放送でも、最初の頃は夕方にもちゃんと放送があった。その後朝だけの放送に。何故夕方放送を無くした。でも、この元日の放送は夕方。「ゆうがたクインテット」が帰ってきます。久々に夕方に観られます。とても嬉しい!!

 ちなみに、このEテレの「お願い!編集長」枠で、残る「クインテット」の再放送検討中のお願いがこれ。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。
 クリスマス回「リトルドラマーボーイ」の再放送要望。「クインテット」のクリスマス回は、どれもいい。
 「アキラさんのピアノ・クリスマスメドレー」はダブルアキラさんが華麗にクリスマスソングを演奏する。これを観ないとクリスマスが来た気がしない!(本気です)
 「しあわせクリスマス」は皆であたたかなクリスマスを迎えることが出来たよろこびを、アリアさんが優しく歌います。この歌が大好きだ。
 「きよしこの夜」は、ノリノリでゴージャスなアレンジと歌が魅力。
 クリスマス後も、「サンタさんへの手紙」…これは名作です。クリスマスプレゼントを貰ったフラットさんが、サンタさんへお礼とあるお願いのお手紙を書くのですが、これがまた素敵なんだ。
 そして「リトル・ドラマー・ボーイ」は、クリスマスなのに誰もいない、シャープ君がひとりドラムを叩いているところへ…「クインテット」らしい音楽・演奏、言葉は無くても表現できるものでクリスマスの幸せを味わえる。「クインテット」のクリスマス回は、音楽で笑顔になれる。素敵過ぎる!
 ということで、是非このお願いも実現お願いします!!投票・応援支援コメントもまだまだ募集中です!

 もう元日が楽しみです。「クインテット」のニューイヤイヤコンサートと「ぼくのカゲ」を堪能して、その後ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートも。今から楽しみなお年玉です。
 録画予約はお忘れなく!HDD残量のチェックもお忘れなく!!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-12-19 21:36 | Eテレ・NHK教育テレビ

「クインテット」の素朴な疑問 フラットさんの救い?

 時々は「クインテット」の話をしましょう。
 数日前、こんな検索キーワードが。
クインテット フラットさんを慰めるキャラクターは誰


 …はて。不幸体質で、いつもツイてないフラットさん。その度に落ち込み、ネガティヴになってしまうのですが、それを慰めるメンバー…?

 アリアさんは時々は慰めるけど、「フラットさんの自業自得」のような雰囲気で見ていることも。シャープ君時々は慰めるが、逆に更に落ち込むようなことを無意識に言ってしまう、傷に塩を塗るようなことも少なくない。スコアさんは静かに、落ち着いて助言をするが、慰めにはなっていないことも。アキラさんも静かに見守っているか、呆れているかのどちらか。フラットさんを元気付けるような曲を演奏するのは、慰めることに入るかな。

 …ということで、時々アリアさんとシャープ君が慰め、スコアさんが助言をし、アキラさんが元気付けるような選曲をして演奏を始める。いつも慰める人が決まっているわけでもなく、かといってフラットさんは慰められないわけではない。
 これで答えになりましたかねぇ…?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-11-04 21:38 | Eテレ・NHK教育テレビ

【祝・再放送】今日の朝、「クインテット」が帰って来たよ ~また会えた、そしていつかまた会えるよね

 先日の予告の通り、今日はNHK教育(Eテレ)「クインテット」の再放送の日!
・予告編:【祝】「クインテット」が帰ってくる! 再放送要望実現決定

 再放送実現したお願い
NHK:Eテレ「お願い!編集長」:「クインテット」クインテットで昨年度3/24の放送された内容「楽器の話~ヴィオラはおとなのチョコレート」…
NHK:お願い!編集長:私は、小学校の時から「クインテット」を見ていましたが、久しぶりに見ようと思ったらもう終わってしまっていました。最終回がどんなものか見てみたいです。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 『ゆうがたクインテット』の最終回を再放送してほしいです。…


 今日が待ち遠しかった。待ってました。どういう風に観ようかな、と考えて、何回か観ているから、今日はtwitterで実況しながら、TLのクインテットクラスタの皆さんと一緒に、「クインテット」メンバーのように楽しく賑やかにやろうじゃないか、と。テレビの前にPCをセットして、9時10分を待ちます。

【前半】 ・以前の記事:こんな回、あった…かい? 今週の「クインテット」 【真相追記しました】

 オープニングの「♪はにほへといろ はにほへといろは はろいとへほにはクインテット!」…「クインテット」だ。紛れもなく、間違いなく「クインテット」だ。またテレビで、このテーマ曲を聴けるなんて!嬉しくてたまらない!!
 「クインテット」のテーマ曲は、2007年からの新オープニングテーマも、初年度からある春夏秋冬の4つのテーマも、曲は心躍るわくわく感に溢れ、歌詞は元気になれる。そして歌、賑やかで、「楽しい音楽の時間が始まるよ!」と、歌で伝わってくる。テーマ曲から大好きです。

 ドラマパート。ああ、いつものスタジオだ…ピアノを演奏するオレンジタートルのアキラさん。そして4人。
 歌は、童謡「グッドバイ」(さとうよしみ(佐藤義美)作詞、河村光陽作曲)、オリジナル曲「ちゃんとしまうま」。   「グッドバイ」の演奏が速くて、驚くアリア・フラット・シャープ。速いけれども、演奏の手は抜かない。さぼらない。おろそかにしません。演奏後、スコアさんはさっさとチェロを片付け始めている。そこに出てきた、ゼブラ柄のチェロケース…新しいチェロケースを早く使いたかったスコアさん…「してやったり」感w
 「ちゃんとしまうま」いつの間にか、皆も楽器のケースはゼブラ(しまうま)柄になっている。アキラさんは楽譜を入れるバッグ。アキラさんの顔芸も久々だ!w皆、楽器をしまって、スコアさんはスタコラと帰ってしまった。背中のゼブラ柄のチェロケース、素敵です。

 パート3は、シャープ君の「楽器の話」。再放送リクエストの「ヴィオラはおとなのチョコレート」。本放送ではなく、2011年度からの再放送で初めて放送された、超レア回です。
 オーケストラでは、裏方、あまり目立たないヴィオラ。でも、その渋く、落ち着いた、甘みもある音色に惹かれます。一度惹かれると病みつきになる(私のことです)。そんなヴィオラを、ビターなチョコレートと表現したのは巧い。ヴィオラの音色も渋く、ちょっと舞曲っぽい。語るシャープ君は、いつものハイテンションでお調子者、ずっこけなシャープ君ではありません。大人の色気たっぷり。いつもとは異なる一面です。

 そして、もうひとつパート3.実は「ヴィオラ~」に気をとられて、すっかり忘れていました…。アリアさんとシャープ君が歌う「うそ」。もうひとつ、シャープ君のいつもとは異なる一面が。しっとりと落ち着いた、これも大人っぽい曲。でも、歌詞は嘘をついて泣いた、嘘をついて後悔した。もう嘘はつかない、と鏡の自分に向かって謝る…。大人も子どもも、共感できる歌ですね。
 アニメのうさぎもかわいいですが、実写ドラマPVもいいよ。

 コンサート前、新しい香水の香りにときめいているアリアさん。オリジナルソング「ああいいにおい」を思い出します。
・そう言えば以前別番組で流れてたこの歌:「クインテット」は不意打ちでやってくる…
 いい香りに癒されて、演奏がんばろう!とコンサートへ。そこへフラットさんも、新しいせっけんを持ってやってくる。フラットさんも、せっけんの香りにときめいている。癒されて、演奏がんばr…「コンサートの前に、お風呂入ってこよう~」…コンサート間に合うんですか!!w

 コンサートは「チョップスティックス」。アキラさんとチーボーのピアノ連弾がメイン。いつものアキラさんの白いグランドピアノ(スタインウェイ)に、ときめく私。NHKのこの白いグランドピアノ、最近はあまり出番が無い。「らららクラシック」で、必要な時にしか出て来ない。いいピアノなんですから、もっと演奏してあげてくださいよ。勿論できるならアキラさんに!
 チーボーの演奏を、優しくあたたかく見守るアキラさん。その視線、表情…いいなぁチーボー…(羨望w)。一方、弦コンビ、管コンビ(シャープ君は前半はパーカッション)は、自分のパートを演奏。しかし、中盤まで出番の無いシャープ君は、退屈そう…wようやく出番が来て、待ってました!と張り切って演奏する。演奏者の感情が、リアルに表現されている。音がはしゃいでいて、演奏で語っている。

 「クインテット」コンサートは、編曲も、演奏も、指遣いや表情の操演も細かいところまで巧みなのですが、それ以上に、「音で伝える、演奏で語る」。演奏家・音楽家が一番大事にしているであろうことを、しっかりと表現している。ここが好きなんですよ。魅力ひとつだと思う。

 演奏も終盤。テンポアップ。アキラさんがチーボーに「ついて来れる?さぁ行くよ!」と言わんばかり。最後はダイナミックにスーパーグリッサンド!アキラさんの必殺技です!かっこいいー!とTLで騒いでましたw

 エンディングは春テーマ。この回は3月の放送。春テーマの時期ですね。先述しましたが、「クインテット」のテーマソング「ゆうがたクインテット テーマ」の歌詞は元気になれる。
 そして聴いていて感じたのだが、「クインテット」の歌は、アリアさんやシャープ君の美声を聴きつつも、一緒に歌いたくなる。ハモリを狙いすぎていない。うまい、きれいな歌なんだけど、身近に感じられる。聴いていてとにかく楽しそうで、だから一緒に歌いたくなる。そんなところが好きです。
 スタッフロールも久しぶりです。アンサンブル・ベガの名前・存在も、ここで知ったんだよなぁ。アンベガのコンサート、行きたいな。

 さて、今日は2本続けて放送。まだ続きます!

【後半:最終回】 ・以前の記事:10年間のありがとうを ~音楽はこれからも地球のどこかで 今週の「クインテット」【最終回】

 ドラマパートは「故郷(ふるさと)」(作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一)。いわずと知れた唱歌の名曲です。前半は賑やかでしたが、後半は落ち着いてしっとりと。聴き入ります。スコアさんの2番のソロパートもいい。聴けば聴くほど、この歌への想いはつのるばかりです。そして先述したように、やっぱり一緒に歌いたくなる。
 そんな余韻クラッシャーのシャープ君+フラットさんw「古いお砂糖」…w
 スコアさんの、ふるさとに対する言葉を、何度も何度も反芻しています。
「ふるさとと言うのはだ、小さいころに、君たちが育ったところ
大きくなった時、一番好きだと思う場所」

 スコアさんの答え…それは、地球。
 地球があって、生命があって、人間もいて、音楽もあって、「クインテット」もある…私も地球にいる。地球には全てがある。だから、ふるさと。
 そして3番。
志を果たして いつの日にか帰らん
山は青き ふるさと 水は清き ふるさと

 ああ、「クインテット」も、今日帰ってきたな…。壮大なエンディングを、心静かに見守ります。

 と、ここで、地球がふるさと…「地球か…何もかもみな懐かしい…」…「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長の名セリフが出てきた。ついこの間まで「宇宙戦艦ヤマト2199」を観続け、魅入り、あとアキラさん・宮川彬良さんが音楽担当という繋がりもあり…思い出してしまいました。「ヤマト」の帰還も重ねると、更に涙腺が緩みます…。

 コンサートはヨハン・シュトラウス「美しく青きドナウ」。
 ここで、はっと気がつきました。先ほどの「ふるさと」の「山は青き」「水は清き」にかけてある…! 今まで何回も観たのに、気がつかなかった。今日気がつきました。再放送で大発見!狙ったのかどうかわかりませんが、こと細かにつくられている。そんな深読みもさせてくれる。再放送を観る度に発見がある。本当にどこまでも巧い番組だ。
 コンサートの演奏を聴いていて、思ったこと。ゆったりと流れるドナウ川のように、優雅に流れる音楽。川の流れも、この演奏も、音楽も、止まることはない。「クインテット」の10年間の思い出も。そんな音楽も、演奏も、それを聴いている・「クインテット」を観ている今この時も演奏を聴いてかみしめている。はかなき今を、はかなき音楽で、伝えている。録音や録画で残るけれども、基本的に音楽はその時だけのもの。音楽は、今この時を生きていることの証なのかもしれない。

 演奏が終わって、拍手。そして…再び。アンコール・ヨハン・シュトラウス「ラデツキー行進曲」。
f0079085_2364925.jpg

 今日も、あの「10年間ありがとう」のサイドパネルです。
 半年前、このサイドパネルに声を失った。泣いた。今日も再び観て、目頭が熱い。ありがとう。「ありがとう」は、こちらのセリフだ。こちらこそ、ありがとうございます。「ました」なんて過去形では言わない。今も、「クインテット」の音楽は消えてはいないから。
 アンコールはそのままフェードアウト。コンサートはまだ続く。音楽がこの地球上にあるかぎり。演奏会に行って、公演が終わると、終わってもホールの中には音楽の余韻が漂っているといつも感じる。「クインテット」も、家で観ても、音楽の余韻がその辺に漂っているように感じています。しばらく、余韻に浸っていました。

 あっという間の20分間でした。以前も書きましたが、今日は10月14日「鉄道の日」。鉄道の日の「クインテット」と言えば、オール・鉄道プログラム。やっぱりもう10分増やして、鉄道回もやりましょうよ!アキラさんの「鉄道メドレー」が聴きたい、「鉄道唱歌 山手線」を一緒に歌いたい!w

 再放送が終わってしまって、ちょっと寂しい気もします。また、いつか会えるよね…。今日だけと言わず、また再放送してください!

 やっぱり「クインテット」が大好きだ。音楽を、音楽・演奏で、徹底的に楽しみ、その想いをビシバシと伝えてくる。表現に手抜き・妥協は一切無し。徹底的。時にシュールに、コミカルに、幅も広い。細かい仕掛けも仕組んで、でもそれを表に全て出さないから余裕があって、深読みも、大発見もできる。クオリティが高いのに、親近感もある。
 こんな番組…やっぱりこの先も無いと思う。

 ということで、
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 「お願い!編集長」のまだ検討中のお願いがあります。再放送実現しますように!よろしくお願いします。投票、コメントは現在も受け付けています。是非、投票と応援・支援のコメントを!
 勿論、NHKのサービスセンターに直に投書・メールフォームからメールも効果ありだと思います。
NHK:みなさまの声にお応えします

 長くなりました。再放送だから割愛しようかと思ったのですが、再放送でも、思うことは前と全く同じではないので、いつも通り書きました。
 久しぶりの「クインテット」記事。書けることも嬉しいです。

 いつかきっと、また会えるよね…

 ちなみに、記事タイトルはこの曲にかけました。

明日の朝、神様がいらっしゃるよ

宮川彬良/ことのみ合唱団 /フォンテック


 「ラジオ深夜便」の深夜便の歌になった歌。昨日ふと思いついて、聴いて、つい…。歌詞は深いですね…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-10-14 23:12 | Eテレ・NHK教育テレビ

【祝】「クインテット」が帰ってくる! 再放送要望実現決定

 このブログを、NHK教育(Eテレ)「クインテット」で検索してきた、私と同じく「クインテット」が好きだ、という方々はいらっしゃると思います。「クインテット」ファン、「クインテット」クラスタ(twitter風に)の皆様…とにかく「クインテット」を愛してやまない皆様、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

 3月末に「クインテット」は10年の放送に幕を下ろしました。番組は終わってしまいましたが、私は相変わらず「クインテット」が大好きです。DVD・録画を観て、CDを聴いて…。巷では「○○ロス(症候群)」なんて言葉を聞きますが、私は「クインテットロス(症候群)」であると断言できます(それ自慢できない、することじゃない)。あの最終回が半年前だったとは、ちょっと信じられません。

 前置きが長くなりました。そんな私に、「クインテット」ファンの皆様に朗報です。

 「クインテット」の再放送があります!! (知った瞬間大喜びしたのは言うまでもありませんw

【メディア情報】10月14日(月)9:10-9:30 NHK Eテレにて「クインテット」が再放送されます。「お願い!編集長」にてEね!をくださった皆様、ありがとうございました!詳細はこちらをごらんくださいhttp://akira-miyagawa.com/media.php
 宮川彬良オフィシャル (@AkiraMiyagawa):2013.10.9 11:33

 ↑アキラさん・宮川彬良さんの公式アカウントの、このツイートが発端でした。

*クインテット*ヽ(^。^)ノ「お願い!編集長」でのリクエストで再放送が実現!Eテレ 10/14(月)午前9時10分~9時30分
「楽器の話~ヴィオラはおとなのチョコレート」&「最終回」 http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/success/index1.html#main_section #nhk_quintet
 おふぃすベガ (@officevega) 2013.10.9 11:43

 ↑演奏のアンサンブル・ベガ事務局・おふぃすベガさんの公式アカウントも。

 昨年、初期回再放送が実現した、Eテレの再放送リクエスト企画「お願い!編集長」での再放送実現です。「クインテット」への再放送要望は多数寄せられ、100票を突破したものも多数。再放送検討中だったものが、今回再放送されます。
 どれが放送されるのかというと、これらのお願い。

NHK:Eテレ「お願い!編集長」:「クインテット」クインテットで昨年度3/24の放送された内容「楽器の話~ヴィオラはおとなのチョコレート」…
NHK:お願い!編集長:私は、小学校の時から「クインテット」を見ていましたが、久しぶりに見ようと思ったらもう終わってしまっていました。最終回がどんなものか見てみたいです。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 『ゆうがたクインテット』の最終回を再放送してほしいです。…

 ・「クインテット」に関する「お願い」はここにまとめています:「クインテット」の「お願い!編集長」一覧まとめ(4月5日現在)

 シャープ君の楽器の話「ヴィオラはおとなのチョコレート」の回、そして最終回の2本を続けて放送します。「ヴィオラ~」は、2011年3月末までの本放送の間ではなく、その後の土曜日週一再放送の時に放送されたものでした。本放送では放送されなかったものをお蔵出しした、貴重な、レア回と話題になりました。

 そして、最終回。2011年3月25日(26日再放送)の平日本放送の最終回、ならびに半年前、2013年3月30日の放送最後の日の回に放送されたものです。
 この2回の「最終回」は基本的に同じなのですが、最後に少し違いがあります。半年前の放送最後の日のバージョンは忘れられない回になりました。さぁ、どちらが来るか。はたまた、再放送用の別バージョンかも?

※この回です(ネタバレが嫌な人は読まないでくださいね)※
・「ヴィオラ~」の回:こんな回、あった…かい? 今週の「クインテット」 【真相追記しました】(2012年3月24日)
・最終回(平日本放送):ゆうがたクインテットが「果たした志」 「クインテット」平日放送最終日(2011年3月25日)
              :今年度最後の「クインテット」…「故郷」別解釈+α(2011年3月26日)
・最終回(放送最後の日):10年間のありがとうを ~音楽はこれからも地球のどこかで 今週の「クインテット」【最終回】(2013年3月30日)

 再放送…「クインテット」が帰ってくる、またテレビ放送で観られる。もう嬉しくて嬉しくてたまりません…!DVDや録画でいつでも観られますが、放送されるのはまた違う。その時テレビのチャンネルをEテレにしていれば、(基本的に)日本全国どこでも観られる。以前観たことがある人、何気なくテレビをつけたら放送していて初めて観る人…そんな人もいるはず。「クインテット」だ、懐かしい、と思う人(私としては「懐かしい」で終わらせたくないですけどね)。なにこの番組初めて観るけど面白い…?と今からでも遅くないかもしれない、初見の人。そして私のようなファンも、同時に一緒に観られる。twitterなどで実況するもよし、「クインテット」の楽しみをかみ締めながらじっくりと観るもよし。

 とにかく、10月14日(月・祝)午前9時10分~30分の20分間は、チャンネルはEテレで!録画予約もお忘れなく!
 NHKさん、再放送実現ありがとうございます!

 新聞の週間番組欄にもちゃんと書いてあります!
f0079085_21345529.jpg



 ちなみに、10月14日…今年は体育の日で祝日ですが、もうひとつ「鉄道の日」ですね。「クインテット」で「鉄道の日」と言えば、鉄道ネタオンパレードの鉄道の日特別プログラム。ドラマパートも「汽車」「汽車ぽっぽ」「シロホン・アコーディオン・ハーモニカ」など鉄道ソング。パート3はクインテット雑唱団の「鉄道唱歌 山手線」。一緒に歌って山手線の駅名を覚えよう!プラス、ダブルアキラさんが華麗にピアノを演奏する、アキラさんのピアノ・鉄道メドレー。コンサートは「クシコス・ポスト(クシコスの郵便馬車)」と鉄道尽くし。アイキャッチも鉄道ネタです。完璧です。
 (そういえば毎年、鉄道オタクと著名なドヴォルザークの作品の回も来て欲しいと言ってましたw)
 せっかく何かの縁で10月14日に放送があることですし、20分だと中途半端な気がするので、もう10分増やして、鉄道の日プログラムもやりませんか?NHKさん?

 あと、まだ実現していない、検討中のお願いもあります。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:クリスマスプログラムの集中再放送(もちろん12月に)があったらとてもうれしいです。「リトル・ドラマー・ボーイ」「サンタさんへの手紙」をぜひ。
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」どうしても見たいものがあります!シャープ君の声を担当されている大澄賢也さんが振り付けし、人形のシャープ君とアリアさんがダンス(タンゴだったかと思います)を踊ったドラマ。「乾杯の歌」で、メンバーが酔っ払ったまま演奏をしているコンサート。…
NHK:Eテレ:お願い!編集長:「クインテット」 「クインテット」と「ハッチポッチステーション」のコラボがあった「ニューイヤイヤコンサート」の再放送をお願いします!…

 この3つ。この3つも引き続き検討、そして再放送実現の程、よろしくお願いいたします。何より、それぞれのお願いについた沢山のコメントが、どれも熱い。「クインテット」が好きだ、また観たい、ずっと観たい…強い想いが溢れています。そのコメントのひとつひとつ、コメントに込められた想いのひとつひとつも、丁寧に汲み取って欲しいと思います。
(これは「クインテット」に限らず他の番組でも。例え100票越えできなかった・何らかの理由で再放送実現できなくて「ごめんなさい」になったとしても。)

 そういえば、NHKの番組公式サイトは、まだ残っています。時々チェックしては、まだ残ってる、まだ生きてる!と確認しています。
NHK:キッズワールド:クインテット
 残っていたのは、この再放送フラグだったのかも…!または、番組終了を惜しむ声多数で消せないとか?ならば定期的な再放送再開しましょうよ~せめて週1で。

 ↓久々に「クインテット」タグを使える。ああ嬉しい!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-10-09 21:44 | Eテレ・NHK教育テレビ

夏のご挨拶

 今日は立秋。秋といいつつも、暑い一日でした。皆さんのお住まいの地域ではいかがでしょうか。酷暑から大雨まで、お天気が安定しませんね。安定して欲しいものです。
 ということで、夏のご挨拶を描きました。
f0079085_2304827.jpg


 最初は、既製の紙にメッセージだけ書こうかと思ったのですが、せっかくなのでイラストを描きました。お絵描きは久しぶりです。今回は、持っているのにこれまであまり使ったことの無かった水彩色鉛筆を使いました。以前は巧く使いこなせなかったのですが、今回は巧く使えました。色鉛筆のタッチや風合いが好きなのですが、水彩色鉛筆はまた風情が異なり、表現の幅が広がりそうです。また水彩色鉛筆で絵を描こう。

 ちなみに、背景にある電波天文衛星「はるか」(MUSES-B)の画像は、何となく置きましたwHNの由来でもあり、大好きな衛星でもあり。「はるか」宣伝の目的もありますw(もうミッションは終わり、停波されましたが…)


 もう一枚。「クインテット」(NHK教育)ファンの皆様宛に描きました。番組の放送は終わってしまいましたが、「クインテット」はずっと大好きな番組・音楽・物語です。
f0079085_2351472.jpg


 このヨット、「クインテット」を観ていた方なら何かわかりますよね?夏テーマの歌詞も書きました。夏テーマのこの部分が大好きです。元気に駆け回る夏。沢山遊んで、お昼寝して…。楽しい夏です。
 背景にあるのは、クリアファイルの裏です。これも何となく、宣伝でもありますw


 まだ暑い日が続きますが、お身体をいたわりつつ、楽しい夏をお過ごしくださいませ!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-08-07 23:10 | イラスト・落描き

私の音楽・ピアノの原点:「ブルグミュラー25の練習曲」をオーケストラで

 6月9日放送「題名のない音楽会」は、宮川彬良さんを迎えての回。ピアノ練習曲の定番中の定番「ブルグミュラー25の練習曲」特集。先月もルロイ・アンダソン特集をやっていましたが、今回はさらにパワーアップしたと私は見ました。なにせタイトルが
「バカにするなよブルグミュラー」

 なんと挑戦的で直球ストレートなタイトル。このタイトルを見て、「そうだそうだ!!」と拳を突き上げて全面同意しましたw

 観ていて、NHK教育「クインテット」のコンサートを思い浮かべていました。「クインテット」でも、「ブルグミュラー25の練習曲」の曲目がいくつも演奏されています。第2曲「アラベスク」、第14曲「スティリアの女」&第23曲「帰途」、第15曲「バラード」、第25曲「貴婦人の乗馬」。今回はこの中から、「帰途」以外を、オーケストラ編曲(+ピアノ)で演奏。「クインテット」コンサートをオーケストラ編曲にしちゃった!そんな感じで、嬉しくてたまりませんでした。「クインテット」が帰ってきたような気がして。3月末に終了して以来、思い出しては「終わっちゃって寂しい、残念、惜しい番組を…」と思ってきました。今回の番組を観ている間、何度「クインテット」カムバック…!と思ったことか。

 今回のオーケストラ編曲版、そしてアキラさんやブルグミュラーに詳しい音楽学者・西原稔さん、そして佐渡裕さんのお話を聞いていて、あらためてブルグミュラーの凄さ、楽しさ、魅力を実感しました。お話のあらゆるところで、「わかる、それわかる!」「そこ魅力ですよね」と相槌を打ってしまう。初心者向けだけどかっこよく聞こえる(簡単そうに見えるけど実は深い…これは私の視点)、曲が立体的、歌心がある、全ての曲にタイトルが付いていて親しみやすい・イメージしやすい…。
 また、アキラさん視点では、オーケストラをイメージして作曲したのでは、と推測。私も練習していて、この部分は弦(高音・内声・低音)、木管、金管、打楽器…とイメージすることが多かった。イメージすると、演奏しやすい。佐渡さんの音楽の基礎が詰まっている、にも同感。楽譜から音楽を読むことも、技巧も表現も、このブルグミュラーには詰まっている。

 お話のあらゆるところで「わかる!」と頷いてばかりだったのですが、「クインテット」では、編曲と演奏以外、説明は一切何もない。自分で練習した時は、楽譜などの解説も読みましたが、「クインテット」版の編曲や楽譜そのものから読み取れることを頼りに、どう弾いたらいいか、どう弾きたいかイメージして演奏していた。「クインテット」の、演奏・音楽そのものだけで、その楽曲の魅力や聴きどころを伝える力に、あらためて驚き、感服し、素晴らしい、本気の音楽番組だったのだなと実感しました。「クインテット」カムバック…!(2度目…って、これ「クインテット」の感想じゃない、「題名のない音楽会」の感想だ、自分よw)

 以前も書きましたが、私が「ブルグミュラー25の練習曲」と出会ったのは大人になってから。友人が弾いているのを聴いて気になり、その後「クインテット」で聴いて好きになり、自分でも演奏してみたいとピアノを再開。ピアノを再開したきっかけであり、私のピアノの原点である「ブルグミュラー25の練習曲」(+「クインテット」)。子どもも、大人も、初心者も、難曲を弾きこなすプロも、それぞれの立場で、それぞれのイメージで向き合い、進んでいける。それぞれの解釈がある。ブルグミュラーの魅力に再会、再発見した30分でした。



 以下、各曲の感想を。

○「アラベスク」
 ブルグミュラー25の練習曲で人気ナンバー1の第2曲。25曲ある曲集の第2曲でいきなり短調、しかも左手でメロディーを弾く部分もある、難しい曲でもあります。
 編曲は「クインテット」版と大体同じ。速いテンポで、ドラマティックに展開する音楽がかっこいい。冒頭「剣の舞」っぽいところがあると感じました。
 そういえば、同じく宮川彬良さん音楽担当で、同じ日曜の番組である(放送局は違いますが)アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の戦闘曲「ヤマト渦中へ」もこんな雰囲気。アキラさんはこういう編曲が結構得意なんだなぁと感じます(「クインテット」の「マイムマイム」の編曲も凄かった)

○「清い流れ」
 この曲はピアノソロ、原曲そのまま。アキラさんのピアノソロ…これはあまりお目にかかれない。貴重です、保存版です。感激して聴いていました。カメラもっと手を写して!!と連呼もしていましたw
 アキラさんが仰っていた通り、この曲は本当に立体的。メロディーがいくつも存在する。どれがメロディーか自分で決めて、オーケストラや室内楽のような編成・編曲をイメージして演奏するのも楽しい。
 アキラさんの演奏は、テンポ遅め。楽譜の指定ではもう少し速いです。でも、ゆっくりめでも、清らかに流れる小川がイメージできる。テンポの速さで、どんな小川か変えることが出来る。遅くしても違和感がない。すごいなと思います。私はこのアキラさん演奏のテンポが好きです。

○「貴婦人の乗馬」
 演奏前の解説で出てきたアキラさんの歌…どうしてくれるんですか! もう「♪上下動~上下動~私は貴婦人~」にしか聞こえなくなっちゃったじゃないですか!!w「クインテット」のベートーヴェン「交響曲第5番」”運命”第1楽章(これは「どれみふぁワンダーランド」も)といい、モーツァルト「フィガロの結婚」序曲といい…まともに聴けなくなった曲が増えてしまった…しかもブルグ25…。
 これも「クインテット」版とほぼ同じ。トランペットも、シャープ君のあのまんま。オーケストラだと音色も多彩です。

○「スティリアの女」
 「クインテット」版では「帰途」と一緒に演奏されていましたが、今回は単曲で。ピアノもなしで。「クインテット」版とアレンジも色々と異なります。クラリネットの部分が弦になっていたり。そんな違いが、またちょっと違う味わいに。
 アキラさんの妄想想像が楽しい曲です。

○「バラード」
 トリは人気ナンバー2の「バラード」。私も大好きな曲です。解説で、「ピンクパンサーみたい」というのに笑いましたwでも、「葛藤し、自問自答する」…同感です。ブルグミュラーがどんな作曲家だったのかの解説で、シューマンが出てきましたが、シューマンのような狂気、と以前私はこの曲を読みました。シューマンの二面性を象徴する、活発で行動的な「フロレスタン」と物静かで瞑想的な「オイゼビウス」のような。
 「クインテット」版よりもゆっくりめ。「クインテット」版の方が少しテンポが速く、メリハリがあってよりドラマティックです。オーケストラなら、そのドラマ性をもっと劇的に表現できるのに、抑え目にしたのがまた面白い。抑え目にした方が内面の葛藤が感じられる、かな?
 最後の音も、楽譜では「sf(スフォルツァンド)」。強い音でジャーン!と終わるのですが、このオーケストラ版でも同じように。一方、「クインテット」版は弱音で消え入るように。「クインテット」版の終わり方が、張り詰めた緊張感を表しているようで好きだったのですが、オーケストラだとジャーン!と強い音で終わっても劇的。室内楽とオーケストラでの違いが面白いなぁ。


 観ていて、一緒に音を口ずさんだり、指を動かしたりしてしまいました。ブルグミュラー25を、ピアノを弾きたくなった。ずっと離れているのに。そんな気持ちにさせてくれるブルグミュラー25(+アキラさん編曲+「クインテット」)は、やはり私のピアノの、音楽そのものの原点です。

f0079085_2303381.jpg

私のブルグ25楽譜。まだ手をつけていませんが、「18の練習曲」も持ってます。いつか演奏したいです。

◇番組公式サイト:テレビ朝日:題名のない音楽会
 今回の裏話もあります。
 ちなみに来週は、ストラヴィンスキー「春の祭典」特集。今年初演から100年を迎えたバレエ「春の祭典」。初演後、その音楽や振付の前衛さ・斬新さに、パリの聴衆が大騒ぎ・大乱闘になったという「ハルサイ」。ちょうど100年にあたる5月29日、TwitterでNAXOS公式さんを中心に「ハルサイ」祭り(+中二病音楽祭り)をやっていたのですが、楽しかったです。
 ゲストに池辺晋一郎先生…ダジャレ警報発令ですw(…先生、どんどんやっちゃってくださいw

【過去関連記事】
ブルグミュラーと共に歩んで
ブルクミュラー25「バラード」を読む

・演奏録音置き場ブログ:Satellite HALCA:カテゴリー:ブルクミュラー25の練習曲
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-06-10 23:09 | 音楽

「クインテット」は不意打ちでやってくる…

 番組の放送は終わりました。が、「クインテット」は突然、不意打ちに現れます…。

 今日の総合「ダーウィンが来た!」。セキセイインコの回。その中で、オリジナルソング「ああいいにおい」が流れました!リアルタイムでは見られなかったのですが、録画しておいたので後で確認してみたら…驚きました。

 セキセイインコ特有の匂いに関する視聴者の疑問に答えるコーナー。匂いの秘密を専門家に聞いた後、クラリネットの前奏、
「♪ああいいにおい / このにおいが好きなんだ かわいいな」
のシャープ君の歌。はっきりと、ばっちりと流れてました!気づいた人は気づいた模様です(twitterで検索してみた)
(しかし、話題はその後、某民放の某番組のBGMが流れ、そっちに持っていかれてしまった模様…。この番組のBGMは時々、意外なものが流れる模様…。)

 セキセイインコが好きなのでたまたま録画していたのですが、録画していてよかったです。

 ちなみに、「ああいいにおい」。1年目のオリジナルソングです。私も特に好きな回、歌です。1stCD「ソングス」に収録されています。

 見逃した方は再放送を…と言いたいところですが、今のところ再放送の予定はありません…。NHKオンデマンドで観れるので、そちらをどうぞ。
NHKオンデマンド:ダーウィンが来た!

NHKキッズワールド:クインテット
 NHKの公式サイト、まだ残ってます!「この番組は終了しました」と書いてあるけどね…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-05-12 22:36 | Eテレ・NHK教育テレビ

再発見・大発見 「クインテット」を録画でたのしむ会

 3月30日、放送が終わってしまってから1ヶ月以上。でも、私の日常には「クインテット」は生き続けて、息をし続けています。

 運転中に車の中で流れているのは「クインテット」の音楽(一番落ち着く。うるさ過ぎず、静か過ぎず、運転にちょうどいいと思ってます。)CDも日常のように聴いている。録画もちょくちょく観ている。コンサートで演奏された曲(原曲も他のアレンジ版でも)が流れれば、「クインテット」アキラさん編曲版も思い出す。今日、NHKFM「今日は一日ラ・フォル・ジュルネ三昧」を聴いていたのですが、ラヴェル「ボレロ」が流れた時は、あの雑唱団の「♪ボーボレボレボッボレロー」の歌が…wどうしてくれる!wと思ってしまいましたw

 とは言え、「クインテット」の仲間たちに会えないのはさみしいです。本放送が終わった2011年4月以降も、当たり前にあると思っていた毎日の放送がないことへのむなしさ、さみしさを感じていたのですが、その時とは異なるさみしさを感じています。

 今日は土曜日。休みだったので、朝、これまで通り「おかあさんといっしょ」を観て、そのまま「パッコロリン」。「パッコロリン」の最後の音楽の後、「♪はにほへといろはにほへといろは…」と「ゆうがたクインテット テーマ」が脳内で自動再生。でも、テレビでは違う映像、音楽が。何ともいえないさみしい瞬間でした。ああ、私にとって習慣になっていたんだなとあらためて実感しました。

 せっかくのお休み、雨も降っていて、GWで混んでいるだろうからあまり出かけたくない。出かける予定もない。なら、家でたっぷり「クインテット」を楽しもうじゃないか。ちょうどたまった録画の各回のメモをつけていないものがあったので、それを観直してメモをつけよう。今日は「クインテット」三昧、録画をたのしむ会と決めました。

 観たのは2009年4月~7月のもの。再放送の2011年・2012年度に放送されたものもあり、記憶が薄れていた回もあり、再放送をほとんど観たことが無いレア回もあり。「大発見」の連続でした。

 コンサートの「さくらさくら」は、春の定番なのに2012年3・4・5月と2013年3月には放送されなかったので久しぶり。これを聴かないと、観ないと、春が来た・桜が咲いた気持ちになりません。他にも、ツバメが飛ぶ季節になり、「ツバメがきたよ」を真っ先に思い出しました。改めて観て、特に好きな回・曲だと感じました。「田植え」や「みかんの花咲く丘」…童謡・唱歌で季節を味わえるこの番組の力を感じます。

 「夏は来ぬ」のドラマで、蚊を叩くフラットさんに合わせていたらいつの間にかリズミカルな音楽になっていた…というのも「クインテット」ならでは。音楽は身近にあると感じさせてくれる。
 「幸せの黄色いリボン」の回では、演奏でアリアさんとフラットさんの意見が対立。アリアさん「楽譜に正確に演奏してください」、一方のフラットさん「楽しい雰囲気が出ればいいんです」。この違いに、2人の性格・楽器の特徴・性格がよく表れている。音楽家のこんな一面も表現してくれるのも「クインテット」ならでは。名シーンだと思う。

 その一方で、6月9日の放送では、コンサート前が非常に楽しい回に。フラットさんが歩いてきたのに合わせて階段に置いた本がドミノのように倒れ、ボールも転がり、最後には小瓶に当たって、フラットさんの頭に命中。その瞬間「ゆうがたクインテット♪」のジングル…これは…「ピタゴラスイッチみたいだ」と仰るスコアさん。その通りでございます…!w これは記憶から抜けていた。他のETV番組とのコラボ、パロディーをしてしまうところも、「クインテット」…下山啓さんらしいジョークで大好きですw(同じく下山啓さん作・脚本の「ハッチポッチステーション」ではやりたい放題でしたねw)

 「おかあさんといっしょ」の「にじのむこうに」の回は、歌もドラマも素晴らしい。弦楽器は湿気にも日光にも弱いと嘆くアリアさんとスコアさん。シャープ君の朗らかな歌。同じく「おかいつ」の名曲「ぼくのミックスジュース」の回もよかったなぁ。この回、ドラマで朝ご飯の話をしていたので、アキラさん・宮川彬良さん作曲の「あさごはんマーチ」が来るのか!?来るのか!?と期待してしまったことを思い出しました(結局やらなかったなぁ…「クインテット」で特に聴きたい歌・曲だったのにな。)

 あと、コンサートでは、2009年度から演奏後に曲名・作曲者テロップが入るようになったのですが、演奏前のアキラさんのカウント声も消されてしまった。…と思っていたのですが、観直してみたら入っているじゃないか!!春テーマの間はしっかりと入っていました。やっぱりこのカウント声で、「来るぞ!」「演奏いくよ!」と引き締まり、気合が入ります。確認し直さないとわからないこともある。

 シャープ君の「楽器の話」で、「飛べないオルガン」の話が結構熱かったのも「大発見」。

 こんな風に、「クインテット」充しました。その後思いついて、twitterでも話していたのですが、平日夕方5時50分、土曜朝8時25分と夕方5時25分に、自動的・強制的に再生してくれる「クインテット」専用ハードディスクがあればなぁ、と。10年分の放送データを全部収録。テレビが他の番組を放送していても、テレビが消えていても、時間になると自動的に再生スタート。放送内容はランダムに。勿論テーマ曲歌詞も季節に合わせます。普通に観る、好きなだけ観ることも可能。そんなHD,誰か開発してくれないかなぁ…。10年分のデータって、どのくらいの容量になるのだろう…?
 または、コンプリートDVD・CD BOXを出してください!未収録曲、ドラマの多いこと多いこと。

 そんなことを思う、「クインテット」のない、でも日常には息づいている土曜日でした。またやろう。

 関連する新聞記事を。
朝日新聞:(記者有論)音楽教科書 文化伝える歌、守りたい
 今日の朝日新聞に、音楽の教科書から消えてゆく童謡・唱歌の記事が。宮川彬良さんの、コンサートでショックだった出来事や、童謡・唱歌が音楽そのもの・詞そのもので伝えるものについても書かれています。「クインテット」は、まさにそんな音楽番組だったと強く思います。私も知らない、私が使った音楽の教科書に載っていなかった歌も沢山流れ、でも「いいな、情景が浮かぶ歌だな」と好きになった歌は数知れず。
 ネットでは会員限定になってますが、紙面には全文載っています。今日、5月4日の朝日新聞朝刊をご覧ください。

 最後にらくがき。
f0079085_23554562.jpg

 「ぼくのミックスジュース」のシャープ君。メモの横に思わず描いてしまいました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-05-04 23:58 | Eテレ・NHK教育テレビ

「クインテット」最終回記念 ありがとうイラスト

 「クインテット」記事、本日3つ目…。最終回記事に合わせてもよかったのですが、長くなるので別にしました。

 最終回を観終わって、しばらくして、イラストを描きたくなってしまいました。なので描きました。
f0079085_23385459.jpg

 鉛筆・色鉛筆で、画用紙に。スキャンする時の色合いの調整が難しい…。演奏風景も描きたかったけど、そこまでの技量は無かったorz
 いつも一緒にいる5人で和気藹々としている様を描きたくて、こうなりました。

 2年前もイラスト描いたなぁ。
2年前のもの(記事内にあります)
 この時はケント紙に。なのでタッチが異なります。あたたかい雰囲気を出したくて、今回は画用紙にしました。

 最後に描けて、間に合ってよかったです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-03-30 23:44 | イラスト・落描き


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索