タグ:クラシック ( 232 ) タグの人気記事

合唱大国・フィンランドを堪能する

 前に聴いていたのに感想が書けなかったCDについて。フィンランドは合唱大国といわれるらしい。とにかく合唱がさかんで、しかも声がきれいなのだという。それを証明するかのようなCDを2枚。

 
まず、「フィンランドの讃美歌集」(FINLANDIA)フィンランド語での賛美歌を集めたCD(そのまんま)。私はクリスチャンではないので、賛美歌のことはよくわからない。でも、普通に音楽として楽しめる。また、歌詞や題名に自然を愛するフィンランドらしいところが表れているのもいい。長い冬に耐え、春を待ち望む。バッハやシベリウスが作曲した歌もあって興味深い。歌詞でフィンランド語の勉強をするのにもいいかもしれない。生で聴いてみたいけど、音楽聴くだけのために教会って行っていいのだろうか…。


 
もうひとつ。「フィンランド民謡の花束」(これもFINLANDIA)フィンランドの民謡なんて勿論知らなかったのだが、ロッテのキシリトールガムのCMに使われているので興味を持った。(そのCMの曲はここで聴くこともできます。ロッテのページより音がいいと感じる。左側上から7番目。斜め下にはロゼミント味のCM曲も。これは民謡ではないけどフィンランド語で歌われているオリジナル曲らしい。)

 民謡ということで、まさにフィンランド人の心を表現していると言えばいいのかなぁ。祖国、自然、家族、恋人や友達を愛する心。CMに使われている「私たちもまた価値ある民」の歌詞なんて、前向きな肯定の言葉が爽やか。また、「森の王」他「カレワラ」が題材になっている歌も多い。


 どちらも声、ハーモニーが本当にきれい。自分の耳で確かめたけど、本当でした。伴奏が無い合唱はあまり聴いたことがないのだけれど、人の声だけを堪能できるのもいいなぁと思う。とにかく歌詞だけ、歌だけでもフィンランドの美しさに浸れる。たまらん。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-01-25 20:29 | フィンランド・Suomi/北欧

You gotta quintet ~a la carte&concert


 ようやく届きましたクインテットCD!長かった…。事前には知らされていなかったのですが、なんとステッカー付です。デザインはそれぞれ違います。可愛すぎ。使えません、これ。

 まず、「コンサート」から。今回からちゃんと作曲者名も書くようになったのね。「ゆうがたクインテット・オーケストラヴァージョン」…どうやら私の想像と違っていたようで。フルオーケストラでバーンと演奏するのかと思いきや。ぜひ、今度は大フィルあたりで収録していただきたい。本気。

 発売前は「バラード」がない「英雄ポロネーズ」がないと騒いでおりましたが、そんなことを忘れるほどの出来です。「ファランドール」や「禁じられた遊び」、「チゴイナーワイゼン」の疾走感、「ジュトゥブー」や「金婚式」の切なさ、「モルダウ」「新世界から」の荘厳な雰囲気、どれも本当に6~7人のアンサンブルで演奏しているとは思えない。「トルコ行進曲」もクインテットで見直しました。短い曲ばかりだから気軽に聴くもよし。じっくり聴くもよし。ライナーノーツのアキラさんの言葉が素敵です。「楽譜を見ないで音を見なさい」私の音楽の見方が、また少し変わりました。


 次、「アラカルト」。もうこっちは楽しいの一言。一緒に歌ってすっきりです。3年目で気に入っている「へんしんするぞ」や「シロホン・アコーディオン・ハーモニカ」「ねむれん節」「練習だいきらい」も入っていて満足。「歩く歩く歩く」に「広場のチェロ弾き」もずっと好きな歌だったので、CD化は嬉しい。ドラマも増えたようだ。「いつか星になったら」のシャープ君の歌に心をわしづかみにされたと思ったら、またあなたと言う人は…。そこがシャープ君の良さなんだろうけど。

 今回のジャケットも可愛い。やっぱりクインテット大好きだ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-12-10 21:09 | Eテレ・NHK教育テレビ

NHK音楽祭2005

 昨日、NHK音楽祭2005のハイライトを観ていました。クラシックを聴くようになってから、「N響アワー」を時々見るようになりました(日曜21時は他に面白い番組がないし)。未だにコンサートにいったことのない私。これで少しはコンサートの様子が分かれば…と思って見てます。

 で、昨日の放送はかなり満足。そのせいでまた夜更かし…(今も勿論眠い)。最初の小澤征爾の「運命」、この交響曲を全曲しっかりと聴いたのは初めてかも…。全曲を聴いて印象が変わった。(そう言えば以前ここでベートーヴェンの交響曲も聴いてみると言っておきながら聴いてなかった。6・7番で挫折。)今度こそCD借りてくる。

 それから、ここからが本題。サカリ・オラモ指揮フィンランド放送交響楽団。フィンランドと「フィンランディア」につられて録画までしてしまった。……かっこいいっ!!オラモさん、素敵です。とても元気な「フィンランディア」で夜中なのに気分爽快。特にティンパニさんがとっても元気。一発で気に入りました。(ちなみに明日12月6日はフィンランド独立記念日。この曲がフィンランドのあちこちで演奏される…のかな?さらに、12月8日はシベリウスの誕生日なんだそうな。これだけでも今週はワクワクします。)

 このフィンランディアの後で寝てしまったのだが、メインのマーラーの4番(ただし3・4楽章だけ)も録画を見てきれいだなと感じた。マーラーの交響曲は長い・巨大すぎる・声楽までついている、よって訳が分からないというイメージを持っており聴く気になれなかったのですが興味が持てた。今度はぜひ全曲を聴いてみよう。

 夜更かししたけど、とても満足。今日は早く寝る…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-12-05 20:21 | 音楽

祝!受賞

 今日からクインテットのテーマも冬ヴァージョンになりました。私、冬の歌詞が一番好き。「早く明日が来ないかな 気がつきゃほら冬の星が降る」この部分。雪だるまが踊っているアニメも可愛い。ひとつだけ赤くなって怒っているのもいるけれど…。

 で、本題。クインテットがアジアのテレビ番組コンクールABU賞を取ったとのこと。おめでとうございます!国際的に認められたレベルということで。ABU賞のページはこちら。近藤プロデューサーのコメントつき。

 先週はすごかった。シャープ君の「ビリーブ」とか、「紅葉」の感動大作(?)とか、アキラさんのトライアングルとか…。今日はモーツァルトスペシャル(スコアさんの作曲家の話・モーツァルト編/セレナード)でしたが、調べてみたら来週月曜日、12月5日はモーツァルトの命日だそうです。1年目にしか放送されていなかった作曲家アニメが再び観られたのが嬉しい。これ、シューベルトとかヴィヴァルディとか色々あったんだよね。ムソルグスキーは「禿山の一夜」で。他のも再放送しないかなー。

 もうすぐ12月。CDが待ち遠しいです。ああ、そう言えば関係ないがはやぶさもおめでとう。私の名前もイトカワに残った。あとは帰還を待つだけ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-11-28 20:48 | Eテレ・NHK教育テレビ

クラシックブームの疑問

 図書館でぼーっと「音楽の友」を読んでいたら、のだめが特集されていた。こんなところにまで…。留まるところ知らずといったところか。で、ふと疑問に思ったのは同じクラシック関連ものでも、何故「クインテット」は特集されないのか。いや、新聞では取り上げられていたけれど、のだめはそんなレベルじゃない。子ども向けだから?編曲されていて原曲そのままじゃないから?CDだってもうすぐ第2弾が出るのに?

 納得がいかないクインテットファン約1名。「どーして!どーしてっ!」byフラット

 でも、周りの評価なんてどうでもいいや。自分で好きならそれでいいんだ。ブームなんてすぐに冷める。…と開き直ることにする。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-11-24 21:51 | 日常/考えたこと

ブラームスはお好き?

 タイトルは同じですが小説の方ではありません。今まで、色々な作曲家の作品を聴いてきているのですが、よくわからなかったりいまいちと思ったりした曲も色々あります。その中で、ブラームスは苦手だと感じていた。交響曲1・3・4番、ピアノ曲と聴いたのだけれども、よくわからなかった。「うーん…?」と考え込んでしまうか、「ふーん」と印象に残らないか。でも、クラリネット五重奏はいいなと思った。だから、決して全て苦手と言うわけではなく、苦手でも好きになれる曲はあると思っている。

 そのブラームスで最近聴いたのが「ヴァイオリン・ソナタ1~3番」(パールマン&アシュケナージ盤)。これはすーっと耳に入ってきた。しっとりしていていいなと思う。苦手だと付きはねてしまわないでよかった。好きな曲は探せばあるじゃないか。宝探しのようで楽しく、嬉しい。

 よくわからなかった曲はそのうちまた聴き直せばいい。指揮&オケの好みもあったのかもしれない。ブラームスは…きっと好き。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-11-21 21:45 | 音楽

コンサート新ヴァージョン

 クインテットの、「セレナード」と「エリーゼのために」が新バージョンになっていました。どちらもカメラワークがとても凝っている。手元をアップしたり、各楽器を流れるように移動して写したり…。さすがクラシックコンサートの中継でこの手のものには長けているNHK。そのうち「N響アワー」とかクラシック番組の担当者がクインテットの映像もプロデュースしてくれないだろうか。もっととんでもないことになりそう。しかし、あのアキラさんの指。特にエリーゼ。回る回る速い速い。

 昨日水曜日の新曲「練習だいきらい」、聴きながら「分かる~!」と思ってしまった。上手に出来ない、手本どおりに行かない。だから練習は嫌い。今はそうでもないですけどね。昔は嫌いだった。ピアノも、部活も。今は練習も好きですよ。ゴルフをしているフラットさんがとても可愛かった…。

f0079085_15354867.jpg


 上の絵は、アリアさんをイメージして描いたもの。あくまで私のイメージです。イメージが違うとおっしゃる方…申し訳ございません。ちなみに、今度発売されるCDの曲目が決まったらしい。

 コンサート
 アラカルト

 3年目の曲も入ってるみたい。「新世界より」が入っていて嬉しいのだが…、「英雄ポロネーズ」と「バラード」が無い…。この2曲は入れてほしかったなぁ。まぁ、そのうちいつか入れてもらえれば…お願いします、製作者の方々(こんな所を見ているとは思わないが)。ブルグミュラーのこのアレンジはクインテットの専売特許なのに。「アラカルト」の「テーマ曲オーケストラバージョン」って何ですか!?つまり、「ゆうがたクインテット」をオケで演奏するのですか?これは聴く、聴く!「へんしんするぞ」が入っていて嬉しい。

 ピアノ楽譜も出たそうだが(「ゆうがたクインテット・ピアノアルバム」)、弾けるかどうか分からない上にお金も無いのでそのうち。以前「弾けなくても買う!」とかここで言っていたけど、現実問題を考えると切ないものです…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-11-03 19:34 | Eテレ・NHK教育テレビ

晩鐘って知ってますか?

f0079085_15381582.jpg


それは「腕章」!

 かなり前の落書きから引っ張ってきました。落書きなのでヘボ絵で申し訳ありません。クインテットのコンサート前のひとコマが好きです。シャープ&フラットデコボココンビの漫才のように思えてくる。一番気に入っているのはフラットさんがゴキブリに悲鳴を上げるあれ。初見大爆笑。フラットさんのコンセントレーションシリーズも好きだ。お茶をたててるのも。

 その他、アキラさんVS鏡の向こうのパペットアキラも面白い!アリアさんだったら、掃除機シリーズか。あのゴミを吸い取る動きもただものじゃないなと思う。スコアさんならちょっと古いが、でたらめ川柳。「演奏会 日本のお金は 円、そうかい」…。


 今、ラヴェルの「ボレロ」を聴きながらこれを書いているのですが、歌ってしまいますよ。ボーボレボレボッレボレー♪
 ちなみに、コンサートで「亡き王女のためのパヴァーヌ」を演奏してほしいと思います。いくら何でもこれだけじゃラヴェルに失礼だ…。シューマンだってあの「トロイメライ」だけじゃあんまりだから、「見知らぬ国々」とかどうですか。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-10-19 22:00 | Eテレ・NHK教育テレビ

はじめてのクラシック

 「はじめてのクラシック」(黒田恭一、講談社現代新書、1987)

 また古い本ですが、なるほどと思ったので。これからクラシックを聴き始めようとする人に向けて、クラシックとはどういうものか、どう向き合っていったらいいのかについて著者の経験から言えることが書かれています。クラシック入門書というと、この曲のこの指揮者・オケのどのCDが良くて…、と名曲・名盤を薦める本が多いのですが、この本にはそんなことはほとんど書かれてありません。人によって名曲・名盤は違う。自分が聴きたいと思った曲から聴くのがいいと言うのです。そのとおりだと思います。

 この本の中で一番印象に残ったのが「尋ねる耳」をもって聴くということ。クラシックは確かに「芸術」作品ではあるけれども、それを意識しすぎるとかえって聴きづらくなってしまう。それが「芸術」であるという知識が、素直に聴こうとするのを邪魔してしまう。音楽についていささかの知識を杖に「裁く耳」で聴くのではなく、対象への愛情・興味・関心を持って聞こえてくる音に神経を集中させることで、音楽をもっと楽しむことが出来る。

 これは、クラシックに限ったことではないと思います。さまざまな音楽が洪水のようにメディアから流れてくる。さーっと聞き流しているだけでは何もわからない。真剣に聴いてみて、その歌の歌詞の良さを深く味わうことが出来たり、音色やリズムの面白さに気づくことが出来たりする。

 私も、クラシック、いや音楽全般に関してアマチュアであるし全くの初心者。人生を彩る音楽を生かすも殺すも自分次第。そう思った本でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-10-16 20:14 | 本・読書

幻の協奏曲

フィンランドの指揮者とオケのコンビ、ヴァンスカ&ラハティ交響楽団のシベリウス・ヴァイオリン協奏曲のCD(BIS、1991)を聴きました。ずっと欲しいと思っていたのです。

 というのは、このCDには現在一般に演奏されている版と、初演後に書き換えられる前の初稿版の演奏が収録されているのです。その初稿版のスコアは門外不出、演奏禁止とされていたのですが、この録音のときだけ使われることが許されたのです。

 もともと難曲といわれている(弦楽器が全くわからない私にはどこがどう難しいのかわからないが)この曲ですが、初稿版にはカデンツァが2つも入っていてかなり難しいとのこと。その2つ目のカデンツァ(第1楽章15分ぐらいで出てくる)がものすごくきれいでした。こんなきれいな曲が聴けるなんて本当に幸せ。いいCDだと実感。オケの演奏にも臨場感があって、音は空を伝わって聞こえるものだということがよくわかりました。小さな音から大きな音まで迫力があります。録音状態がいいんだろうなぁ、きっと。

 このヴァンスカ氏とラハティ交響楽団。シベリウスの他の作品の初稿版も録音しているというからすごい。いい買い物をしました。


trackback for:
「憩いの森:シベリウスの音楽 その10『ヴァイオリン協奏曲』」
フィンランド旅行で偶然知り合ったご婦人が話していたのが、このラハティ響とカヴァコスのことだった。フィンランドの人々も一目置く演奏なのだろう。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-09-26 20:40 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

ヴィンランド・サガ 20
at 2018-02-18 15:53
天体シリーズ切手第1集 手押..
at 2018-02-10 22:22
野尻抱影 星は周る
at 2018-02-03 22:32
【2018.1.31】 吹雪..
at 2018-02-01 22:30
【2018.1.31】 皆既..
at 2018-01-30 22:48
オンネリとアンネリのふゆ
at 2018-01-22 22:35
ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-17 22:01
カリスマ解説員の楽しい星空入門
at 2018-01-16 22:18
イギリスだより カレル・チャ..
at 2018-01-10 22:26
ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-10 21:16

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索