タグ:ピアノ ( 164 ) タグの人気記事

私とピアノとブルグミュラー

 そう言えば私のピアノに関する記事も書いていなかった。ちょっと自分の考えをまとめるために書いてみようと思う。


 私は子どもの頃ピアノを習っていた。子どもの習い事の範疇で、某大手Y音楽教室に通っていた。しかし、大の練習嫌いであまり練習せず小学1年から中学まで習ったのにバイエル程度しか弾けなかった。その後高校受験を理由に止め、その後は時々ピアノに触っても熱心に練習しようとは思わなかった。

 大学に入って、資格の取得のためにピアノ実技の授業をとることになった。久々のピアノ。その授業ではバイエルを進んだ。習っていた頃は教室オリジナルのテキストを使っていたからバイエルは知らなかった。その時、友達が弾いていたのを聴いてブルグミュラー(ブルクミュラー、ブルクミューラーとも表記されるのでややこしい)に出会った。バイエルから見ればかなり楽しそうだ。いいなぁと思いつつその授業の単位は取れた。ブルグミュラーには進めずに。

 大学卒業後、ブルグミュラーに再会した。NHK教育「クインテット」の中で演奏されていたのだ(番組内では「ブルクミュラー」と表記。ああめんどくさい)。ただ、室内楽にアレンジされているので原曲とはちょっと違う。でも、あの楽しそうなブルグミュラーそのものだった。番組の音楽を担当しているアキラさん・宮川彬良さんもブルグミュラーが大好きなんだそうだ。子ども向けの練習曲なんて思わせない、れっきとした芸術。そして私は決心した。独学で「ブルグミュラー25の練習曲」を弾いてみよう。ピアノ教室に通うお金も時間もない。でも、ひとりでも弾いてみたい。

 そして全音の青い楽譜を買ってきて練習を始めた。…結構難しい。「アラベスク」の左手の16部音符はすべるわ外すわひどい状態。ネットで弾くコツを探し、指の訓練にハノンも始めた。楽譜があっても実際の曲を聴かないと弾けないので、ブルグミュラーのCDも見つけて聴いてみた。そして、少しずつ弾けるようになる気持ちよさ。「無邪気」の最後の下降スケールとか、「こんな風にしたらどうだろう」と表現にも気を配ってみる。さらに面白くなる。侮れぬブルグミュラー!

 ブルグミュラーを進んでいった一方で、ちょっと長めの曲にも挑戦する。余裕が出てきたのか。「人形の夢と目覚め」に「エリーゼのために」。「エリーゼ~」が弾けるようになったのは嬉しかった。楽譜で見ると「うわ、難しそう」と思ったけどひたすら練習。ただ弾けるようになるのではなく、自分なりの表現を考え、試してみるのが楽しい。子どもの頃はただその曲を「弾けるようになる=合格する」ことしか考えていなかった。練習嫌いになるのも無理もないわ。

 現在、ブルグミュラーは「スティリアの女(シュタイヤー舞曲)」。「バラード」は「クインテット」で聴いてカッコイイと思い先にやってしまった。高音に突然飛ぶのに苦戦。とはいえ…、少し前から色々あったせいかあまり練習に熱が入らない。おかげで指が回らない→ヘタクソ→ますます練習したくない→さらに指が回らなくなる→さらにヘタクソ…と無限スパイラル状態になる前に練習しなければと思う今日この頃。

 ブルクミュラーの他にも「楽しき農夫」(シューマン「ユーゲントアルバム」より)に挑戦中。これも子ども向けのはずなのに奥が深いと思う。「金婚式」(マリー)も弾きたい。「クインテット」で惚れた。ああ、弾きたいという思いだけが空回りしている。いかんなぁ。

 なかなか巧くならないのも、練習から遠ざかっている原因かも。簡単には巧くなれない。でも、その奥深さが面白い。そう思って長く続けたい。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-06-10 21:14 | 奏でること・うたうこと

ブラームス…その後

 以前ブラームスの曲がよくわからないと書いた。(以前の記事:「ブラームスはお好き?」) ヴァイオリン・ソナタが気に入ったので、少しずつ聴いていこうと思い私なりに色々手を出してみたり聴きなおしてみたり。するとだんだん好きな曲が増えてきた。うん、嬉しい。


 その中でもとにかく気に入っているのが「間奏曲op.117」。前回の記事でピアノ曲もよくわからないと書いたけど、そんなこと無かった申し訳ない! 「私の苦悩の子守唄」とブラームスが表現した通り、穏やかでしんみりとした私好みの曲。特に1曲目の変ホ長調のじんわりとした情景がたまらない。

ちなみにお気に入りの演奏はノルウェーのピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネス。公式サイトはこちら。ゆったりとしていて丁寧、落ち着いていて好印象。カップリング(こっちの方がメイン)のピアノ協奏曲第1番ニ短調(サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団、EMI)はもう少し聴き込んでみる。アンスネスの他のディスクも聴いてみたら本当に気に入ってしまった。そのうちグリーグについても感想を載せる予定。関係ないけどこの頃「書く予定」って多いな、自分。どんどん溜まる…。

 この間奏曲だけでなく、交響曲第2番、第4番、ヴィオラ・ソナタも好き。じっくり聴いていこう。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-06-09 20:41 | 音楽

モーツァルトの協奏曲

 モーツァルトは結構好きだ。しかし、ピアノソナタや室内楽ばっかりでオペラや交響曲などオーケストラものはほとんど聴いていない。相変わらず偏った聴き方をしているなぁ…。それじゃあんまりだと思って、協奏曲から聴いてみることした。でも、数が多い。どれから聴いたらいいか分からない…。ええい、何となく目に付いたものを聴いてしまえと図書館から借りてきた。

 まずピアノ協奏曲。



「20世紀の偉大なるピアニストたち~ヴィルヘルム・ケンプ2」の中から「ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488」(フェルディナント・ライトナー指揮バンベルク交響楽団)

 ケンプは結構お気に入りのピアニスト。素朴な演奏が和むんだよなぁ。このCDに入っているバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」と「目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ」がいい。モノラル録音はあまり聴き慣れていないのだけど、それが素朴さをさらに高めている感じがして気にならない。この曲も和む。第3楽章のはつらつとした感じもいい。買うならこっちの27番とのカップリングでどうぞ。私も欲しい。





今度は木管楽器の協奏曲。

「クラリネット協奏曲イ長調K.622」(クラリネット:ジャック・ブライマー)、「オーボエ協奏曲ハ長調K.314」(オーボエ:ニール・ブラック)、「バズーン協奏曲変ロ長調K.191」(バズーン:マイケル・チャップマン)(サー・ネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ、Philips)

 木管楽器ののんびりとした音とメロディーが合う合う。クラリネット協奏曲は結構はまりやすい曲らしいが私もはまった。これは聴き込んだら楽しいぞ。元々はバセットクラリネットという普通のクラリネットとは違うクラリネットで演奏されていたため、現在のクラリネットで演奏すると結構大変らしい。バセットクラリネットでの録音もあるそうなので是非聴き比べてみたい。

 漫画「のだめカンタービレ」でも演奏されたオーボエ協奏曲。のだめは「ピンク色のモーツァルト」と言っていたけれども私にはよくわからなかった…。これも聴きこむ必要あり。そのうち「ピンク色」の演奏にめぐり会えるか?

 どちらかと言うとバズーン協奏曲の方が私の好み。普段はあまり表舞台に出てこないバズーン(ファゴット)のソロ演奏を堪能できる。とはいえファゴットの音色が元々好きというだけの理由なのだが。

 図書館で借りた程度なので今日はこの辺で。ピアノソナタでもそうなんだが、モーツァルトははまるとどこまでもずるずる引き込まれてしまう。聴き易いのもある。モーツァルトイヤーで皆騒いでいるのはそのせいなんだろうか…?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-06-05 21:52 | 音楽

個人的バッハ3選

 聴いて気に入ったのに、感想をあげずにいたCDがかなりあるのです。その中からバッハのCDを3枚挙げてみます。

「無伴奏チェロ組曲」(今井信子)
 まずはヴィオラ奏者・今井信子さんのCD。図書館で偶然見つけたものなのだが、それでもとても気に入っています。チェロのための曲をヴィオラで弾いてしまったのです。もし、オーケストラの楽器を弾けるとしたら、私はきっとヴィオラを選びます。地味だけど、太く柔らかな音色が好き。そんなヴィオラの魅力を100%発揮した演奏だと思います。

*****

「バッハ名曲集」(アンドラーシュ・シフ)
 バッハを聴きたいと思って図書館で適当に選んできたのが、ハンガリーのピアニスト・シフのCDでした。見事大当たり。気に入って色々入っているこのCDを買ってしまったという経緯。「クインテット」でも演奏された「イタリア協奏曲」も入っていて大満足。軽やかな上にきれいな演奏で、すでにお気に入りのピアニストです。

*****

「平均律クラヴィーア曲集(抜粋)」(グレン・グールド)
 クラシック関連の本を読んでいると、あちらこちらで「グールドはすごい」という言葉を目にする。あまりにも多すぎるので、「グールドってそんなにすごいの?何がどうすごいんだ?」と思わずにはいられない。もともと、平均律を聴いてみたいとは思っていたけれど、全集は結構高いので手ごろな抜粋版を買ってみた。楽譜がないので何とも言えないけれど、スタッカートで軽くなったかと思いきや、深く落ち着いた様にも聴こえる。おもしろい。ちなみに、かすかに鼻歌のような声が聞こえる。初め、幻聴かと思ってしまったがどうも違うようだ。つまり、これってグールドが鼻歌を歌いながら弾いてるってこと?…なんじゃそりゃと思ったけど、それはそれですごい。鼻歌歌いながらバッハなんて。グールド恐るべし。

*****
以上。バッハは奥が深くて聴き応えがあります。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-11-16 21:24 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索