タグ:人工衛星 ( 64 ) タグの人気記事

夜明け前の金星・木星・火星、その他星見

 夜明け前の東の空はまだまだ賑やか、見ごろです。今朝早く目が覚めて、外を確認したら晴れている。東の空に3つの惑星がきれいに見えていました。星見せずにはいられません。

f0079085_21551158.jpg

(※「Venus」のスペルを間違えていました…a要らない…)
 しし座に金星、木星、火星が集まっています。木星と火星はとても近い。肉眼で確認できる二重星(北斗七星のミザールとアルコルみたいな)のように寄り添っています。後で気がついたのですが、これを望遠鏡で見たらきれいだっただろうなぁ。木星のガリレオ衛星のそばに火星が見えたはず。望遠鏡を組み立てる、という発想がなかった…。金星は相変わらずとても明るく輝いています。

f0079085_2159943.jpg

 その金星・木星・火星を観望中のこと。南東方向から光の点が。人工衛星だ。急いでカメラを人工衛星の方向に向けました。徐々に光度も増してゆく。何とか撮影できました。徐々に光度が減少し、見えなくなるまでを撮影できました。ISSやイリジウムフレアのように狙って見る人工衛星もいいですが、こうやって偶然見えた人工衛星もいいものです。ちなみに、調べてみたら「SKYMED 2」という人工衛星らしいです、多分。
 この画像では、かに座と球状星団M44・プレセペ星団も割りとはっきりと写っていました。有名だけれども、淡くて見つけにくいプレセペ星団。私のカメラでも撮影できたのは初めてです。空の条件もよかったのかもしれない。

f0079085_2273789.jpg

(※「Venus」のスペルをここでも間違えていました…a要らない…要りません…)
 空がだんだん明るくなってきました。それでも、しし座と3つの惑星ははっきりと見えていました。しし座は「ししの大鎌」が目印の見つけやすい、星の並びもわかりやすく、明るめの星も多い星座。この画像では星座線は入れていないので、しし座をたどって見てくださいね。
 それにしても木星と火星が寄り添っている様がとてもきれいです。

 日が進むにつれ、今度は金星と木星が接近していきます。しばらく、明け方の東の空はまだまだ楽しく見られます。早起きして、晴れていたら是非東の空を見てみてくださいね。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-10-19 22:36 | 宇宙・天文

完全図解 人工衛星のしくみ事典

 まだまだ「はやぶさ2」関連本を消化中です。

 昨日のニュースで、日本とヨーロッパが共同で打ち上げる水星探査計画「ベピ・コロンボ」の日本が担当する探査機「MMO」の機体公開がありました。
NHK:水星観測へ 日本の探査機「MMO」公開
sorae.jp:JAXA、「水星磁気圏探査機(MMO)」を公開 日欧共同計画の一翼担う
 水星は地球以外に磁場がある唯一の地球型惑星。太陽に一番近いため、探査しづらく、わからないことも多い。「MMO」はその磁場がどうやって出来たのかを探ります。
 「MMO」とヨーロッパが担当する「水星表面探査機(MPO)」、MMOとMPOを水星まで送り届けるための「水星遷移モジュール(MTM)」は、2016年度にヨーロッパ宇宙機関(ESA)のフランス・ギアナ領・ギアナ宇宙センターから「アリアンⅤ」ロケットで打ち上げ。イオンエンジンを用いて航行。地球よりも内側の惑星に行くには、減速しなければならない。そして、地球フライバイ1回、金星フライバイ2回、水星フライバイ5回で、2024年に到着予定です。長い旅です。

 その、「MMO」含む「ベピ・コロンボ」についてもこの本に描いてあります。(前置き長い)

完全図解 人工衛星のしくみ事典 「はやぶさ2」「ひまわり」「だいち」etc…の仕事がわかる!(ロケットコレクション vol.2)
大貫剛、秋山文野、大塚実:著/マイナビ/2014

 以前出た「日の丸ロケット進化論」の続編の本です。ロケットの次はペイロードの人工衛星・探査機。気象衛星「ひまわり」シリーズや、「だいち」「だいち2号」「いぶき」などの地球観測衛星、測位衛星「みちびき」やGPS、放送衛星、「きく8号」や「こだま」などの通信衛星などの実用衛星。「はやぶさ2」や「あかつき」などの探査機、「あかり」「すざく」「ひので」などの天文観測衛星といった科学衛星。衛星・探査機は大きくこの2種類に分けられます。

 日本では、科学衛星は糸川英夫博士がペンシルロケットを開発、国産ロケットの研究開発を進め、日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げた宇宙科学研究所(ISAS)が科学衛星を。一方、旧宇宙開発事業団(NASDA)が実用衛星を打ち上げていました。今はJAXAに統合されています。その実用衛星の旧NASDA、科学衛星のISASの歴史も振り返ります。どちらも過酷な道だった。旧NASDAはアメリカから技術を導入し、日本独自のロケットと衛星を開発、打ち上げを目指すも、コスト面などでアメリカのを買わざるを得なかった…。せっかく純国産ロケットH2を開発したのに、価格の面でNTTもNHKはアメリカ製の通信衛星・放送衛星を選んだ…。
 それでも、「きく8号」や「きずな」は活躍している。地球観測衛星も「みどり」「みどり2」の悔しい失敗もありましたが、乗り越えて「だいち」「だいち2号」「いぶき」「しずく」と繋がっていっている。特に「だいち」は災害援助から森林伐採監視まで、幅広く活躍。そして、最後のミッションが東日本大震災の観測…。普通の文章で書かれているのに、故郷の被災状況を観測している途中で運用停止になってしまった話は、読むと目頭が…。

 また、人工衛星ビジネスの話も。どの衛星でも基本・共通の設計となる「衛星バス」の話は、初めてじっくりと読みました。現在、H2Aが海外の人工衛星打ち上げを受注して、商業打ち上げする機会が増えてきていますが、衛星も優れた衛星バスで世界市場に参入していっています。

 一方の科学衛星。冒頭で「はやぶさ2」を徹底解説。カラーの図で、「はやぶさ2」の設計や仕組みがよくわかります。プロジェクトエンジニアの津田雄一さんのインタビューも。初代「はやぶさ」の経験を活かすところ、新しく挑戦する部分のバランスが難しかった、と。2号機、初代「はやぶさ」は技術試験機、「はやぶさ2」は本番の小惑星科学探査機だからこその難しい点ですね。そして今回も、小惑星1999 JU3は行って見てみなければどんな形の小惑星かわからない。到着してからでないと、どう観測して、いつどこにタッチダウンするかも決められない。「はやぶさ2」は小惑星1999 JU3での滞在期間が長めにとってありますが、画像が届くのが楽しみであり、届いたらプロジェクトチームは大忙しなんだろうな…。最後の「はやぶさ2」で注目して欲しいところについて、「ひとつひとつのハードルをクリアしていくところを見守っていただけたら」と。はい、ずっと見守ります!

 それぞれの科学衛星解説も詳しく、すっきりとまとまっています。過去のもの、これから打ち上げ予定のもの、失敗してしまったもの(火星探査機「のぞみ」)、残念ながら計画中止になってしまったもの(LUNAR-A、ASTRO-G)も。「のぞみ」や「LUNAR-A」「ASTRO-G」については読んでいると切なく、悔しくなります。「ASTRO-G」は「はるか」の後継機だったから特に。「ASTRO-G」とアルマ望遠鏡の最強電波観測、観たかったなぁ…(これ何度も言っている気がする…)。この解説で、気になる衛星、お気に入りの衛星を探すもよし。是非、お気に入りを見つけてください。

 最後に人工衛星の仕組みを。打ち上げ、軌道、エンジンとスラスタ、姿勢制御、通信、断熱材などなど。これ一冊で、人工衛星の基礎基本を学べます。

・過去記事:日の丸ロケット進化論と合わせてどうぞ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-03-16 21:32 | 本・読書

2月12日は「はるか」記念日

 今日は何の日~?1997年、2月12日、M-Vロケット初号機で、電波天文衛星「はるか(MUSES-B)」打ち上げ。18年前のことでした。
 「はるか」はとりわけ好きな衛星。好き過ぎて、ハンドルネームの由来でもあります。

 というわけで、打ち上げ記念日にイラスト描きました。
f0079085_2311133.jpg

 やっつけ気味ですみません…。「ロゼッタ」「フィラエ」のキャラデザが可愛くて気に入っているので、そんな雰囲気で描きました。「はるか」のチャームポイント、大きなお花のようなアンテナはデフォルメしつつも簡略化しすぎず…。難しい。

 「はるか」は「スペースVLBI」計画を担った衛星。「スペースVLBI」、略して「VSOP」。はい、「はるか」にVSOPブランデーのビンを持たせてしまいましたw宇宙空間ではコップは使えないなどのツッコミは勘弁してください…。擬人化するなら「はるか」はきっとお酒好きだと思う…wお酒好きな天文学者の先生たちとニコニコしてぐいぐい飲んでそう…w

 「はるか」は運用を終えましたが、アンテナを広げたまま地球を周り続けています。現実的じゃないと言われるかも知れませんが、いつか、日本でまたスペースVLBI計画を担う衛星が出てきて欲しいなぁと思います。既に数々の驚くべき観測をしている電波望遠鏡群・アルマ望遠鏡と組んで、最強の電波天文観測をしてほしい。可視光や他の波長では見えない、遠い遠い宇宙を、高い解像度で「はるか」の後継機と地球の電波望遠鏡で見たいなぁと思います。「ASTRO-G」が計画中止になってしまい、日本ではスペースVLBI計画はどうなっちゃうのかな、と。今、どうなっているのかな、と心配になります。「はるか」はMUSESシリーズ、初代「はやぶさ」と同じ技術試験衛星。「はるか」で得た技術が、いつか活かされることを願っています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-02-12 23:17 | 宇宙・天文

心強い存在に H2Aロケット25号機&「ひまわり8号」打ち上げ

 夜のニュースはH2Aロケット&「ひまわり8号」で決まり!と思ったら…ノーベル賞もいいですが、「ひまわり8号」のことも報道してください…。
・予告記事:ロケット打ち上げの秋 「ひまわり8号」&「はやぶさ2」

JAXA:H-IIAロケット25号機による静止気象衛星「ひまわり8号」(Himawari-8)の打上げ結果について
 今回も予定時刻通りのオンタイム打ち上げ。おめでとうございます!打ち上げシーケンスの実測値も、予測値とほぼ一緒。H2A、安定していますね。

朝日新聞:「ひまわり8号」打ち上げ成功 H2A、予定軌道に投入
 毎回恒例の空撮動画が、今回はいつも以上にきれいです!!快晴のせい?台風の後で、大気が澄んでいたせい?まっすぐに伸びるロケットロードが、とても美しい。「プラネテス」のアニメでこんなシーンがあったような、そんなことを思いました。

NHK:ひまわり8号 打ち上げ成功
NHK:ひまわり8号 何に役立つのか
 ↑タイトルが残念な表現ですが…、パワーアップした「ひまわり8号」の観測技術についての説明です。

 打ち上げは、中継を観ていたのですが、色々あって…楽しめきれなかった…。でも、快晴の種子島、「世界一美しいロケット発射場」の、その中でも特に美しい打ち上げだったと思います。

 「ひまわり8号」は今後、36000km上空の静止軌道に入り、試験を続けます。運用開始は、現在運用中の「ひまわり7号」が運用停止になる来年の夏ごろ。「ひまわり7号」はバックアップにまわります。また、2016年には「ひまわり9号」も打ち上げ予定です。

 毎日見ている天気予報。「ひまわり」シリーズは、私たちの生活に最も身近な人工衛星。精度や技術の向上した「ひまわり8号」からの観測データで、もっと詳しい予報が実現すると思います。

 一方、気象衛星の無かった時代も…
Togetter:正しい気象情報があれば……60年前の洞爺丸の悲劇
 「洞爺丸台風」のことは、体験した家族からその時のことを教えてもらったことがあります。相当な台風だったそう。でも、観測技術が十分でなく、悲劇に繋がってしまった。「ひまわり」が打ち上げられたのは1977年。打ち上げはアメリカ・ケネディ宇宙センターからでした。2号機からは種子島からの打ち上げになりました。
 1999年11月、H2ロケット8号機が打ち上げに失敗、「MTSAT-1」は失われ、「ひまわり5号」が寿命をこえて運用するも、2003年5月に運用停止。「ひまわり」シリーズは途絶え、アメリカの「GOES-9」を代用。そして2005年2月「ひまわり6号」が打ち上げられ、6月から運用開始、「ひまわり」シリーズが復活。

 そんな悲劇や、空白期間を思うと、「ひまわり」シリーズの存在が心強く感じられます。パワーアップした8号で、更に心強く。8号の運用開始が楽しみです。無事に静止軌道に到着できますように。

 記念に書いた(描いた)。
f0079085_2253241.jpg

 「ひまわり8号」はこれまでの「ひまわり」シリーズと随分形が違います。そして色もほとんど黒。描きやすいといえは描きやすい…?

 さて、明日は皆既月食。明日夜、日本全国天気になーれ!!
・月食準備記事:【2014.10.8 皆既月食】準備編 皆既月食をもっと楽しく観るために
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-07 22:56 | 宇宙・天文

ロケット打ち上げの秋 「ひまわり8号」&「はやぶさ2」

 10月になりました。6日は十三夜、8日は皆既月食。こちらも楽しみですが、この秋はロケット打ち上げも楽しみです。


 まず、天気予報でお馴染み「ひまわり」シリーズ最新機「ひまわり8号」。
JAXA:H-IIAロケット25号機の打上げについて
ファン!ファン!JAXA!:ひまわり8号/H-IIA25号機 打ち上げ応援サイト

sorae.jp:H-IIAロケット25号機の打ち上げは10月7日に 気象衛星「ひまわり8号」を搭載
産経ニュース:最新鋭気象衛星「ひまわり」8号、10月7日に打ち上げ 解像度2倍、カラー画像も

 現在運用されているのは「ひまわり7号」。6号も予備として運用されています。7号の寿命は来年の予定。今度打ち上げる8号では、大幅にグレードアップしました。観測画像の解像度も7号の4倍、これまでは白黒だった画像がカラーに。観測頻度も増え、台風や積乱雲もいち早く、詳しく観測できるようになります。
 打ち上げは7日14時16分~18時16分
 台風の進路が心配です。気象衛星の打ち上げに、台風が影響するかもしれないとは…。


 次は、お待ちかねのあの探査機!!
JAXA:H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)の打上げについて
ファン!ファン!JAXA!:はやぶさ2特設サイト

NHK:「はやぶさ」後継機 11月打ち上げへ
sorae.jp:H-IIAロケット26号機、11月30日打ち上げ 「はやぶさ2」を搭載
ITmediaニュース:「はやぶさ2」11月30日に打ち上げへ

 ついに、ついに小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げです!!思ったよりも早く来ました。今年夏に機体が完成しお披露目。現在、既に種子島入りしています。
マイナビニュース:小惑星探査機「はやぶさ2」の機体が完成 - JAXAが機体を公開(写真104枚)
 ↑その機体公開の様子。怒涛の画像104枚!!

 思えば、長い道程でした。初代「はやぶさ(MUSES-C)」がトラブルに見舞われつつも地球への帰路の間、後継機は予算削減などで開発の危機に。私も何かしようと、文部科学省・宇宙開発委員会にメールしました。
・その時の過去記事:「はやぶさ」&「はやぶさ2」を応援します!(2007.11.8)
 その後、無事に予算もつき、初代「はやぶさ」も帰還。小惑星イトカワのサンプルリターンにも成功。現在も、イトカワの微粒子は世界中の研究者によって分析、研究されています。
 この苦労を思うと、機体が出来上がり、打ち上げが決まったことが感慨深くて仕方ありません。初代「はやぶさ」は技術試験機、小惑星探査のために必要な技術の試験のための予行演習です。試験機でサンプルリターンまで成し遂げてしまったわけですが、それでも「はやぶさ2」が本番です。イトカワとは異なるタイプの小惑星へ、「はやぶさ」よりも長い旅になります。小惑星「1999JU3」も詳しく探査し、ローバーは2機、勿論サンプルリターンもやります。「はやぶさ2」が、太陽系の起源の謎にさらに迫る。再び始まる大冒険に、ワクワクが止まりません。

 初代「はやぶさ」は試練続きのドラマティックな旅路で注目されましたが、「はやぶさ2」にはドラマティックな展開はいりません。淡々とミッションをこなして、順調な運用を願うばかりです。ちなみに、「はやぶさ2」本体は大気圏再突入はしません。カプセルを地球に投下した後、再び宇宙の旅に出ます。初代「はやぶさ」も当初はその予定でしたが、トラブルで軌道変更のための燃料が無くなってしまったため、大気圏再突入になってしまいました。

 「はやぶさ2」の打ち上げは11月30日(日)13時24分48秒。日曜日の午後、旅立ちを見守りたいと思います。

 「ひまわり8号」、「はやぶさ2」、素晴らしい打ち上げ、無事の旅立ちを願うとともに、応援しています!打ち上げるH2Aロケットも、もう25・26号機。予定時刻通り、打ち上げシークエンスも軌道も予定通りの安定した打ち上げを続けています。今度の打ち上げも、どうぞ安定した、順調な打ち上げになりますように!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-01 22:31 | 宇宙・天文

七夕、衛星(ほし)に願いを 「きずな」×「星たべよ」「ばかうけ」七夕お願い企画

 少し前から、気になっていたものがあって、スーパーに行く度に探していたのですがなく…ようやく見つけました。
ファン!ファン!JAXA!:あなたの「願い」宇宙に届けます! 衛星「きずな」を使った七夕メールキャンペーン実施中です。
株式会社 栗山米菓:2014年七夕企画
株式会社 栗山米菓:七夕お願い特設サイト

 おせんべい「星たべよ」「ばかうけ」が、JAXAの超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」とコラボ企画。七夕に、専用サイトに送られたお願いを宇宙の「きずな」に送信する、というイベントです。「きずな」はこれまで、クリスマスや七夕、バレンタインに宇宙の「きずな」経由メール送信イベントを行ってきました。しかし、昨年は無く残念。と思ったら、今年は一般企業とともにお願い事を「きずな」に送信するという企画。これも面白そうです。

f0079085_20443845.jpg

 「きずな」仕様「星たべよ」。残念ながら「ばかうけ」は置いてなかった。ばかうけ好きなんだけどな。
f0079085_20444663.jpg

 パッケージ裏面に、「きずな」についての説明も。

 これまでは誰かに「きずな」を経由したメールを送る、という形でしたが、今回は「きずな」に送信する(その後、メールフォームにメールアドレスを入力しておくと送信完了メールが届くそうです)。これまでとは少し違った形。お願いも1件だけでなく、同一メールアドレスから5件まで送信可能。家族や友人の分も送るもよし、自分で何件でも送るもよし。「きずな」のデータ処理能力は最大1.2Gbpsと超高速。大量のデータも一気に処理出来るので、たくさん送ってもきっと「きずな」は受け止めてくれます!

 お願い事は上記特設サイトから。「星たべよ」「ばかうけ」を買わなくても送れます。私の場合、パッケージが見たかったので買いました。さて、何をお願いしようかな。

 締め切りは7月6日まで!!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-06-27 20:53 | 宇宙・天文

目を覚ました「だいち2号」と「IKAROS」

 先日打ち上げられた陸域観測技術衛星(地球観測衛星)「だいち2号(ALOS-2)」、その後です。人工衛星は打ち上げられ、軌道に載ってからが本番です!

JAXA:陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)のLバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)アンテナ展開結果について
ファン!ファン!JAXA!:「だいち2号」から届いた! Lバンド合成開口レーダ展開画像
 「だいち2号」が"自分撮り"した、アンテナの画像。とてもわかりやすいです。

時事ドットコム:だいち2号のアンテナ展開=予定より半日遅れ-宇宙機構
sorae.jp:「だいち2号」、合成開口レーダーのアンテナを展開 不具合乗り越え成功

 「だいち2号」の”眼””瞳”である「Lバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)」アンテナが展開されました。上記リンクの「だいち2号」から送られてきた展開画像を見ると分かりますが、衛星の下にある長方形の板のような部分、これがPALSAR-2アンテナです。これで地上を、昼夜、天候問わず、高精度で観測することが出来ます。
 このアンテナの展開の際、ちょっと不具合が。何らかの原因で展開がうまくいかず、予備の駆動回路で展開完了。何かあった時のために用意しておく(いわゆる「こんなこともあろうかと」)冗長系。用意しておいてよかった予備系統!よかった…。

ファン!ファン!JAXA!:「だいち2号」、機能確認に向けて準備完了!
JAXA:陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)のクリティカル運用期間の終了について
 打ち上げられた人工衛星が実際に観測を始めるまでは、数ヶ月かかります。太陽電池パドルやアンテナを開き、観測機器をひとつずつチェックしてから、観測を始めます。
 アンテナも無事に開き、通信用のアンテナも展開。衛星の姿勢も予定した通りにする。ここまでを「クリティカル運用」期間と呼びます。クリティカル運用も無事クリアしました。「だいち2号」はこれから2ヵ月半かけて、観測機器をチェックし、本格的な観測に備えます。
 さあ、これからです。がんばれ、だいち2号!


 さて、「だいち2号」の一方で…この子が目を覚ましました!
JAXA:ISAS・宇宙科学研究所:IKAROS:3回目の冬眠モード明けについて
ITmedia ニュース:宇宙ヨット「IKAROS」、3度目の冬眠から目覚める
 ソーラーセイル実証機「IKAROS(イカロス)」。昨年9月に3度目に冬眠モードに入っていました。4月あたりからそろそろ冬眠明けするのではないかと予想されていたそうですが、先日5月22日、IKAROSからの電波を受信したそうです!3度目の冬眠明け。世界初のソーラーセイルだというのに次々と予定されていたミッションをクリアし、エクストラミッションも難なくこなし、ミッションコンプリートしても冬眠明けしてくる…なんと恐ろしい子!wしかも、5月21日が「IKAROS」、そして金星探査機「あかつき(PLANET-C)」が打ち上げられて4周年だったのですが、それに合わせたかのように。
 今後、冬眠中のデータを降ろす予定だそうです。「IKAROS」はどんな夢を見ていたのか…なんてね。


 こんなおめでたい報せの一方で、気がかりなことも。
JAXA:第一衛星利用ミッション本部:温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測停止と再開について
 二酸化炭素などの温室効果ガスを宇宙から観測する「いぶき」。その太陽電池パドルの片方が、動かなくなってしまったそうです。先ほどのIKAROSは太陽との位置関係・姿勢によって電力が低下し冬眠モードに入りますが、「いぶき」等の衛星は姿勢や太陽との位置関係に合わせて太陽電池パドルを動かし、常に電力を得ることが出来るようになっています。その太陽電池パドルが動かなくなった…電力が低下し、観測を停止しているとのこと。しかし、電力が半分でも観測は可能なため、原因を解析・究明しつつ、30日には再開するとのこと。
 「いぶき」の設計寿命は5年。2009年1月に打ち上げられ、5年過ぎました。まだ大丈夫だと思うのですが…ちょっと心配です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-05-27 22:07 | 宇宙・天文

地球を見守る新たな眼 「だいち2号」打ち上げ

 この日を待っていました。陸域観測技術衛星「だいち2号(ALOS-2)」打ち上げです。

JAXA:H-IIAロケット24号機による陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)の打上げ結果について
 今回も時間通りの打ち上げ(オンタイム打ち上げ)、かつ、予測値と実測値がほぼ同じ。見事な打ち上げでした!

JAXA:陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)の衛星状態および軌道計算結果について
 太陽電池パドルも無事展開しました。

NHK:「だいち2号」載せて 打ち上げ成功
 メディアでは、「地球観測衛星」と呼ばれています。そのほうが分かりやすい?
朝日新聞:H2Aロケット打ち上げ成功 観測衛星だいち2号搭載
 毎回恒例となりました、朝日新聞の打ち上げ空撮。今回もきれいに撮れてます。更に、見学している人々の歓声やロケットを見つめる表情、ロケットが飛んだ後白い煙が残る「ロケットロード」もいい絵です。拍手!!
 今回の24号機だけでなく、過去の空撮動画も観られるようになってます。

JAXA:だいち2号特設サイト

 打ち上げは、家で、いつものようにネット中継を観ていました。打ち上げの時間、お昼12時5分はちょうどNHKのニュースの時間。生中継してくれました。ありがとうございます!各地のパブリックビューイング会場も盛り上がったようです。現地で生で観てみたいのもあるけど、パブリックビューイングに参加したいのもあるな。皆で一緒にカウントダウンして、盛り上がって打ち上げを見守りたいです。

 今日の種子島はとてもよいお天気、ロケット打ち上げ日和でした。打ち上げ後、固体補助ロケット(SRB-A)分離も、分離後もきれいに見えていました。リフトオフ後、各段分離も順調。「だいち2号」が分離、軌道に投入されたアナウンスを聞いて、私もPCの前で拍手していました。おめでとうございます!!

 以前、初代「だいち」が運用停止になった時、「だいち」シリーズは気象衛星「ひまわり」シリーズのように私たちの身近な衛星、無くてはならない衛星になっていると思います。「だいち」が運用停止し、そして今日までの期間の長かったこと。この間にも、いくつもの災害がありました。「だいち」がいてくれたら、後継機が上がっていれば、と思ったことは少なくありません。これからは、「だいち2号」がいます。初代よりもパワーアップして、いつでも地球を見守ってくれる衛星となるでしょう。本格的運用開始はもう少し先。無事運用開始しますように!!

 そして、「だいち」と一緒に、「だいち2号」の可視パスも見たいです。「だいち2号」は「だいち」とは形がかなり違います。それが見え方に違いが出てくるのだろうか。

 打ち上げ成功を祈念(打ち上げ前)して、以前「だいち2号」ミッションマーク選定キャンペーンに応募してもらったペーパークラフトをようやく作りました。
「だいち2号」ミッションマークキャンペーンその後

f0079085_2151852.jpg

 ペーパークラフトを作りなれていないせいか、Lバンド地表可視化レーダ「PALSAR-2」の向きを反対に貼り付けてしまったり、脚の組み立て方がしばらく理解できなかったり…ちょっと苦戦しました。シンプルだけど、なかなかうまく出来てます。

 プラス、イラストも描いてました。
f0079085_21555198.jpg

 シンプルな形ですが、レーダーがシンプルだからこそ難しい。宇宙機を描くのは楽しい、けど難しい。デッサン力の無さがこれでわかります…。

【「だいち」「だいち2号」関連過去記事】
「だいち」への祈りと感謝と(2011.4.23)
ありがとう、お疲れ様、「だいち」(2011.5.12)
 東日本大震災後、最後の最後まで観測を続けた「だいち」。無事に弟が宇宙へ飛び立ちましたよ…。

陸域観測技術衛星「だいち」を観たい!(2012.7.12)
陸域観測技術衛星「だいち」 ようやく観れた(2012.7.17)
「だいち」後継機は「だいち2号」 ミッションマーク選定キャンペーン(2013.2.26)
観たら、撮影もしたい「だいち」(2013.5.17)
「だいち」を観て、撮影も…できた!(2013.5.24)
夜明けの月と金星、夜は「だいち」(2014.4.26)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-05-24 22:13 | 宇宙・天文

来い!イリジウムフレア

 今日は晴れ。朝からとても気持ちよく、清々しい一日でした。そんな一日の星空。月のそばに、赤い火星が輝いています。そして今日は土星の「衝」。真夜中には南中し、一晩中観ることが出来ます。

 さて、今日はイリジウムフレアもいい条件のが来ました。予報だとかなり明るい。これは期待していいかもしれない。カメラをセットして、時間を待ちます。

 小さな光の点が、一気に増光。かなり明るめのフレアでした。「来い、来い、来たー!明るいの来たー!!」と心の中で叫びつつ見ていましたwその位テンションが上がるほどの明るさでした。そして、何事も無かったかのように、すーっと減光。見えなくなってしまいました。イリジウムフレアはこの一瞬の煌めきがたまらないんです(イリジウムフレア萌え/燃えポイント?w)。

f0079085_21174494.jpg

 画像右端のうしかい座の一等星アルクトゥールスよりも余裕で明るい。画像で観るよりも、目視の方が明るく感じました。今日のフレアはいいフレアでした。
 今日もヘルクレス座、かんむり座あたりでのフレアでした。この辺りでのフレアが最近多い気がする。イリジウム衛星はいくつもあります。たくさんあります。それが、ほぼ同じ位置でフレアを起こす。どういう理由・原理なんだろう?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-05-11 21:36 | 宇宙・天文

フレアらしいイリジウムフレア

 少し前に、最近観るイリジウムフレアは地味、あまり明るくないものばかり…と書きました。いつものように調べたら、今日のイリジウムフレアは明るめらしい。天気も晴れている。よし、観よう。

 可視パスの時間。すーっと小さな光の点・イリジウム衛星が現れて、一気に増光してゆく。おお、今日のは明るい!フレアだ、フレアらしいフレアだ!その増光後、また減光してゆくのですがその減光の様も今日はじっくりと観られました。ああ、イリジウム衛星が行ってしまう。ISSのように人が乗っていなくても、見送る気持ちでいました。
f0079085_2183941.jpg

 画像もばっちり撮れました。ヘルクレス座のあたり。イリジウムフレアの先に、かんむり座もあります。

 今の時間の東~南の空が、少しにぎやかです。
f0079085_21125957.jpg

 先日、火星とスピカとアルクトゥールスに触れましたが、その下には土星が。てんびん座に位置しています。口径5cm以上の望遠鏡を向ければ、輪も観られますよ。
アストロアーツ:【特集】土星を見よう(2014年)
 5月11日、太陽・地球・土星がまっすぐに並ぶ「衝」の位置になり、一晩中観られます。

*****

 先日、久しぶりに天文仲間さんたちと星空観望会をしてきました。通りがかりの人を巻き込んでの街頭観望会。人前で星の話をするのも、望遠鏡を操作するのも久しぶり。人前で星の導入(天体望遠鏡の視野に観たい天体を入れる)するのは、少し緊張、焦りました。観たのは月と木星。あと、火星も説明。家族連れから、友達と遊んで帰る途中の学生さん・若い人たち、老夫婦…様々な人に観てもらいました。月のクレーターに地球照、木星の縞模様にガリレオ衛星と観て、驚いたり歓声をあげたり喜んだり。特に子どもや学生さんたちの反応はストレートで、ニヤニヤしてしまいます。子どもたちには、月のクレーターがどうやって出来たのか、学生さんや大人には地球照の話を中心にしました。木星はガリレオ衛星について。興味深く聴いてくださって、本当に楽しかったです。あと、月を観ていて、屈折望遠鏡だと像がさかさまになって見えることに気付いた人も多かった。そんな不思議に思ったことを尋ねてもらえるのも嬉しいです。屈折望遠鏡の仕組みを、要点を押さえてわかりやすく説明…できたかな。反射望遠鏡もあれば見比べも出来たのですが屈折だけだったので、すばる望遠鏡を例にして反射望遠鏡という鏡とレンズを使った望遠鏡もあるんだよ、という話もしました。ALMA望遠鏡についても話せばよかったかなと今思ったのですが、ALMAは電波なのでまた別か…話がややこしくなる…。

 観望会でISSも観られればよかったのですが、可視パスが無く残念。若田光一宇宙飛行士の帰還5月14日。あと1週間程度となりました。ラストスパートの若田さんに皆で手を触れればよかったなぁ。

 観望会はやっぱり楽しいです。晴れていれば、夜空には星が、天体が見える。それをよく観てみれば、面白いことがたくさんある。そんなひとときになって、本当によかったです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-05-06 21:45 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索