タグ:人工衛星 ( 68 ) タグの人気記事

宇宙からメリークリスマス!

 クリスマスも近づいてきました。特にクリスマスだからといってパーティーなどをするつもりはないのですが、今年はちょっと面白いイベントが。今年打ち上げられた超高速インターネット衛星「きずな」を経由したクリスマスメールを送ろうという企画があるのです。

JAXA きずな(WINDS)実験推進ページ:超高速インターネット衛星「きずな」を使ったE-Mail伝送実験

 「きずな」は現在、高度36000kmの静止軌道に。そこを経由して、クリスマスメールが届きます。「きずな」を経由した後直接PCや携帯に届くわけではないですが、宇宙からやってきたEメールと考えるとワクワク。ということで、私も自分と友人宛てに申し込みました。24日が楽しみです。友人たちから、「何このメール?!」と返信が届く意味でもw

 申し込み締め切りは明日22日17時。まだの方はお急ぎを!


 一方NASAでは、ISSに長期滞在中のクルーにグリーティングカードを送ろうという企画を開催中。画像を選んで、メッセージも送れます。選べる画像をよく見ると、船外活動服を着ている宇宙飛行士の左肩に日の丸が。STS-114・野口さんの画像かな?
NASA:Postcards to the International Space Station


 ISSと言えば、2011年に古川聡飛行士のフライトも決定しました。

JAXA:古川聡宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について

 これで4期生も全員フライト決定です。しかも、初飛行で半年の長期滞在。めでたいめでたい。来年は「きぼう」も完成予定。楽しみです。



【追記12/25】
 無事、きずなサンタからのクリスマスメールが届きました。
f0079085_21342925.jpg

 24日の朝に届いていました。随分早かったです。自分で申し込んでわかっていても、実際に届くととても嬉しい。友人からも、驚きの返信が。サプライズを仕掛けるのは楽しいですwお疲れさま、ありがとう、きずなちゃん。

JAXA:超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)によるE-Mail伝送実験「宇宙から、メリークリスマス」 実施結果について
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-12-21 22:18 | 宇宙・天文

続々・人工衛星の名前 「いぶき」認定証が届く編

 「人工衛星の名前 結果発表」の記事で書いたとおり、温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」の愛称「いぶき」の名づけ親のひとりになれた私。名付け親認定証が届きました。待ってました!

f0079085_7274837.jpg

JAXAさんからお手紙です

f0079085_728414.jpg

入っていたのは赤いカバーの認定証、記念品の丸い缶、あと送付に寄せた文章。

f0079085_7303470.jpg

認定証の中身。「いぶき」のイメージ画がカッコイイ!しっかりとしたカバーが付いているので、間違って折ってしまった…なんてことなく保存できます。嬉しい。

f0079085_7333973.jpg

もうひとつ、記念品の缶。「いぶき」がデザインされていてかわいい。

f0079085_7342268.jpg

ハーブ栽培セットでした。地球温暖化を探る衛星ということで、地球に緑を増やして温暖化を防ぎましょうということか。種はペパーミント。皆同じなのかな?検索してみるか。

 ペパーミント栽培は来年の春からやってみよう(今週は雪の予報なので…)。蛇足ですが、昔ハーブ栽培にハマったことがありまして、庭にはラベンダーやらメリッサやらが育っています。ペパーミントはやったことがなかった。うまく育つといいな。

 「いぶき」の打ち上げ(H2Aロケット15号機)も、来年1月21日に決まりました。
JAXA:H-IIAロケット15号機の打上げについて
 あとは打ち上げ成功と無事の運用開始を祈るばかりです。応援してます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-11-17 22:24 | 宇宙・天文

人工衛星の名前 結果発表

 以前「人工衛星の名前」の記事で取り上げた、温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」の愛称が決まりました。

JAXA:温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称募集結果について

 「いぶき」だそうです。初めての応募でしたが、当たりました。自分の応募した愛称が、人工衛星の名前になるのは嬉しいです。名付け親には、その内認定書などが届く予定だとか。楽しみです。届いたら追記します(もしくは別記事に)。

 ところで、「いぶき」は次点だったらしい。
読売新聞:日本の温室効果ガス観測衛星、愛称は「いぶき」
名称公募で、応募者数1位の名前(非公表)が商標登録されていたので、2位が選ばれた。いぶきの応募者数は630人で、「地球の息づかい(息吹)である二酸化炭素を観測する衛星」という、GOSATの働きを正確に表す点が評価された。


 1位の名前は商標登録されていて使用できず、2位の「いぶき」になったらしい。1位の名前は何だったんだろう?

 あと、「いぶき」の名前を提案した応募者から1名様に、ペアで種子島宇宙センターでの打ち上げ見学ご招待という素晴らしい特典もあったのですが、見事はずれました。自腹切っても、ロケットの打ち上げはいつか観に行きたい。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-10-16 22:36 | 宇宙・天文

人工衛星の名前

 JAXAが今年度打ち上げる予定の温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」の愛称を募集中です。

JAXA:温室効果ガス観測技術衛星 GOSAT 愛称募集キャンペーン

 これまで、「かぐや」や「きずな」など、人工衛星・探査機の愛称を公募で決めることはよくありましたが、なぜかこれまで応募したことはなかった。どれもいいのが思い浮かばず、そのまま諦めてしまっていた。今度は応募してみようかなぁ…とただいま考え中。しかし、温室効果ガス観測衛星の愛称って、難しい。「かぐや」なら月から連想できたし、「きずな」も人をつなぐインターネットという意味でわかりやすい。しかし、この「GOSAT」はいまいち連想できない。温室効果ガス→温暖化→地球環境と連想してもあまり出てこない。「みどり」は過去に既に出ているし(しかも2機とも失敗)、「ちきゅう」とか「みらい」とか、その他色々考えてみたが意味が曖昧でわかりにくい。うーん…。どんな愛称になるんだろう?締め切りは9月1日。しばらくの間、考えます。

 ちなみに、これまでの人工衛星・探査機リストはこちら(現在運用中・これから打ち上げ予定のものは除く)。GOSATについて詳しくはこちら
 愛称は「ひらがなかカタカナ」と書いてあるが、ひらがなの方が響きが柔らかくなるので好きです。


 しかし、今愛称を募集しているということは、打ち上げは来年2月ごろ予定?衛星の状態はどうなってるんだろう?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-07-18 22:55 | 宇宙・天文

衛星「きずな」折り紙完成

 「大人の科学」ガリレオの望遠鏡を作ってみたの記事の最後に書いた、超高速インターネット衛星「きずな」の折り紙(PDFファイル)がようやく完成しました。

 これは試行錯誤中のもの。本体の失敗作が2つ。
f0079085_21474136.jpg


 こっちが完成版。
f0079085_21452093.jpg
f0079085_21452982.jpg


 折り目がとても汚いです。何度も折り返したり、うまく折れなくて無理につぶしたせいでいびつです。でも、ネズミ耳みたいなアンテナの部分は、つぶしたおかげで丸みが出て、アンテナっぽくなったような、なっていないような…。

 せっかく折ったので、遊んでみた。
f0079085_2147248.jpg

宇宙人の折り紙の折り方があったので、隣に置いてみた。きずな、未知との遭遇。



【追記】
 特に難しい部分、本体の23以降の画像を撮ってみた。
ここがその問題の部分。
f0079085_1874935.jpg

f0079085_1892298.jpg

23では、白い部分の大きな三角形の内側、下の方に、小さな三角形が破線で描かれています。そこを、谷折りにします。すると、こうなります。
f0079085_1810746.jpg


 そのまま、衛星の先っぽの部分とアンテナになる部分を折って…
f0079085_18105698.jpg


 一旦横に折っておきます。これが24の状態です。
f0079085_18114031.jpg

あとはアンテナの部分を裏返します。ここは破れないように気をつけて。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-05-05 22:01 | 宇宙・天文

「きずな」は宇宙から

 本日17時55分、種子島宇宙センターからH2Aロケット14号機が無事打ち上げられました。打ち上げ成功おめでとうございます!!

JAXA:きずな・H-2Aロケット打ち上げ特設サイト

 今日も前回の13号機&「かぐや」の時と同じように仕事でした…。しかし、打ち上げ時刻までには帰ってくることが出来、ネット中継で見守っていました。当初の打ち上げ日であった15日も、姿勢制御のための燃料のタンクの故障が見つかり延期。さらに今日も強風と、打ち上げ直前に危険立ち入り禁止区域内に漁船が進入しカウントダウン中断が続き、今日は無理か?と何度も思いました。仕事中もあの風なら延期だろ…と思っていたのですが。しかし、諦めないJAXAと三菱重工打ち上げスタッフ。ランチウィンドウ(衛星を所定の軌道に載せるために、打ち上げ可能な時間帯)ギリギリまで粘り、見事打ち上げ成功。素晴らしいと思います。打ち上げに携わった三菱重工とJAXAの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 今回ロケットに載ったのが超高速インターネット衛星「きずな(WINDS)」。宇宙からインターネットという、壮大にも聞こえる技術を実現するための人工衛星です。

JAXA:宇宙利用推進本部・サテライトナビゲーター|きずな(WINDS)

 何とパラボラアンテナひとつあれば、光通信以上の超高速インターネットを実現できる人工衛星。一般に開放されるかどうかはまだ分かりませんが、光通信・ADSLなどがひかれていない離島・山間部などでの遠隔医療・教育に役立つ予定。一番その力を発揮できると思われるのが災害時。地震などで回線がストップしても、「きずな」ならアンテナさえあればネットに繋げる。災害時に欲しい情報や、また災害の状況を動画などで詳しく配信できるはず。さらに「きずな」はアジア諸国でも利用可能。アジア諸国とのネット会議も「きずな」でますます便利に。ただ、この「きずな」プロジェクトがスタートしたのは、光通信・ADSLが開始される前。そのため、それらとどう共存するかが問題となりますが、いざという時、困っている時に役に立ち、人々を結ぶ"絆"であって欲しいと願います。これから衛星を高度3万6000キロの静止軌道に載せ、衛星の状態をチェックして運用が開始されるのはまだ先(7月ごろ)。無事に運用開始されることを願っています。応援してます!

 こうダラダラと書きましたが、もっとわかりやすい資料…ありますあります。
ニコニコ動画:【日本はじまた】超高速インターネット衛星「きずな」
YouTube版はこちら
打ち上げ前かなり早い時期にアップされてた。その頃はまだ「きずな」の愛称も付いてなかった。衛星プロジェクトを分かりやすく解説されてます。ちなみに、BGMはangelaの「gravitation」。アニメソングを中心に歌っている方です。
これは非公式の動画なので、公式なのを見たい方はこっち↓
JAXA:きずな ビデオアーカイブ

 それと、この「きずな」ではオモシロイ企画をやってました。
お絵描きコミュニケーションサイト・うごうごブログ きずな応援イベント
 動くイラストを投稿できるサイト「うごうごブログ」で「きずな」のマスコットキャラクター「きずなちゃん」をテーマにイラストを描き、「きずな」を応援しようというこの企画。この「きずなちゃん」が何とも言えないキャラクターデザインで…ちょっと心配していたのですが、沢山の応募作品が。そしてグランプリも決まりました。
うごうごブログ・きずな応援プロジェクト 結果発表
 背景に凝っている作品、「きずな」のプロジェクトを分かりやすくしている作品など力作ぞろい。賞にもれた作品でも、「これいいな!」と思うものも結構ありました。何事もやってみるもんだ…。何だかんだ言って「きずなちゃん」もカワイイじゃないか。しかし、「きずなちゃん」賞の景品の「きずな」メモクリップ、いいなこれ…。

 さて、次回のH2A打ち上げは今年夏ごろ。温室効果ガス観測技術衛星GOSAT。地球温暖化の原因となる二酸化炭素を監視する衛星。活躍が期待されます。
 そして、来月3月11日には国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の第一便打ち上げが。これもワクワクしつつ待ちます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-02-23 22:04 | 宇宙・天文

電波天文観測衛星「はるか」に想う

 先日のTRMMゲーム記事の最後にちょっと予告した、電波天文観測衛星「はるか」について今日は書こうと思います。結論を先に言ってしまいますと、既に運用の終了した過去の衛星ですが、とても強い思い入れのある衛星のため、思う存分語らせていただきます。なお、プロフィールにも書いておりますが、私のハンドルネーム・遼(はるか)は、この衛星「はるか」に由来しています。その「はるか」のアルファベット表記は「HARUKA」ではなく、「HALCA("Highly Advanced Laboratory for Communications and Astronomy"の頭文字をとった略)」になっているので、同じように「HALCA」のアルファベット表記を使わせていただいております。蛇足でした。

これが「はるか」。
f0079085_21425912.jpg

(C)JAXA/ISAS

■「はるか」とは何ぞや?
 "電波天文観測衛星"と呼ばれるように、電波を使って天体観測をすることを目的とした衛星です。簡単に言うと、宇宙にパラボラアンテナの電波望遠鏡を打ち上げてしまったのです。ただ、「はるか」は同時に"工学試験衛星(MUSESシリーズ)"の衛星でもあります。この"工学試験衛星"は、新しい技術の実験のために開発され、打ち上げられます。「はるか」は2番目の工学実験衛星。だから、"MUSES-B"とも呼ばれます。ちなみに、MUSES-Aは月でスイングバイの実験をした「ひてん」、MUSES-Cはあの小惑星探査機「はやぶさ」。「はるか」にどんな新技術が積まれ、実験したのか。以下続きます。


■「はるか」ここがすごい!
◇ここがすごい!その1:折り紙のアンテナ?
 まず、長方形の紙をご用意ください。メモ帳でもチラシでも何でもいいです。その紙を、まず縦方向に蛇腹のように折ります(折り目は偶数になるように)。
↓こんな感じ
f0079085_2118188.jpg

次に、横方向に同じように、蛇腹のように折ります。この時も折り目は偶数になるようにしてください。
f0079085_21184376.jpg

折れたら、折った紙の隅の2点を持ち、横にパッと引っ張ってください。
f0079085_21185841.jpg

f0079085_21191847.jpg

――2点しか引っ張っていないのに、一瞬で紙を広げることが出来ました!はい、拍手!
*見にくい画像でごめんなさい。詳しくは「ミウラ折り」考案者の三浦公亮先生のインタビューに載っていますので、リンク先をごらんください。

 これが「ミウラ折り」と呼ばれる折り方です。人工衛星には電源を得るための、太陽電池パネルが欠かせませんが、開いたままではロケットに載せることができません。かといって、適当な折り方では宇宙でうまく開かない。この「ミウラ折り」なら、スムーズに広げることが出来ます。また、この「ミウラ折り」はものの強度も上げることが出来ます。簡単に折りたたみ出来、スムーズに広げることが出来る。その上強度も増す。苛酷な環境の宇宙空間を飛ぶ人工衛星にはうってつけの技術です。
 「はるか」の特徴と言えば、花びらのように開いた金色のアンテナ。電波望遠鏡に必須の、パラボラアンテナとなる部分。ここに、「ミウラ折り」が採用されています。「はるか」がアンテナを開くと8メートルにもなります。このアンテナで、宇宙からやってくる電波をとらえているのです。
 「ミウラ折り」の技術は「はるか」だけでなく、身近なところでは缶コーヒーやチューハイの缶にも使われています。


【追記080111】
 「はるか」のアンテナには、「ミウラ折り」とは別物だということに今頃気がつきました。三浦公亮先生が考案したことに変わりはありませんが、「ミウラ折り」ではありません。記事内に間違いがあったことをお詫び申し上げます。
 詳しくは、「はるか」プロマネである平林久先生の著書星と生き物たちの宇宙―電波天文学/宇宙生物学の世界 (集英社新書)(平林久・黒谷明美/集英社/2000)にありますのでそちらをお読みください。



◇ここがすごい!その2:口径3万キロ、地球より大きな望遠鏡?!
 「はるか」は宇宙に打ち上げられた電波望遠鏡。…電波望遠鏡なら地球にもいっぱいあるのに、何故宇宙に打ち上げる必要があるのか。それは、電波望遠鏡の仕組みに関係があります。
 電波望遠鏡は、パラボラアンテナのお皿が大きければ大きいほど性能(分解能:細かいものもはっきりと見ることが出来る精度)が良くなります。しかし、パラボラアンテナの大きさにも限界があり、あまりにも大きなものは作れません。
 そこで、いくつかのパラボラアンテナを組み合わせると、その大きさ分の仮想のアンテナを作ることが出来ます。この仕組みを「干渉計」と言います。よく同じ大きさのパラボラアンテナが幾つも並んでいる光景を目にしますが、並んでいるのはこのためです。

 でも、パラボラアンテナを並べるにも場所の限界があります。ならばアンテナを宇宙に打ち上げて、地球のアンテナを連動させればいいじゃないか!そうやってできたのが「スペースVLBI」、略して「VSOP」です。
(この「VSOP」という略称は、どうしてもブランデーのVSOPにかけたいと考えた酒好きの科学者たちによるものだったりします。実話です)

 「はるか」は地球から一番遠いところで、21600キロ離れます。その離れた分と地球の大きさだけの口径の望遠鏡になるので、なんとその口径は3万キロ!!超巨大望遠鏡が実現してしまったのです。こうなると遠くの宇宙も観放題。普通の望遠鏡では観ることの出来ない、ブラックホールから飛び出すジェットも詳しく観測しました。

 「はるか」は予想されていたよりも長く観測を続け、2005年に運用を終了しました。高度が高いため地球に落ちることは半永久的に無く、今も地球の周りを回り続けています。


■「はるか」に続け、「ASTRO-G」
 大きな成果を残した「はるか」。そして、その「はるか」の後継機、「ASTRO-G」が現在開発されています。「はるか」で見えてきたブラックホールの謎をさらに詳しく観測することなどを目的としています。アンテナは「はるか」のものとはちょっと異なり、「きく8号」のアンテナを採用しています。打ち上げ予定は2012年。ただ…、打ち上げるロケットが決まっていないという話も…。H2Aじゃダメなの?開発中のH2Bに、M-V後継機の新型固体燃料ロケットは?行く末がとても心配です。「はやぶさ2」の現在の状況と似ているような…。応援します!


■で、「はるか」のどこが面白いのよ?
 長々と説明してきましたが、何が面白いのか。やはりVSOPの発想がすごい。遠くの宇宙を、もっと細かく詳しく観たい。地球上の望遠鏡じゃもの足りない!そんな天文学者たちの声を、スケール大きく実現してしまった「はるか」。「はるか」の成果は日本だけではなく、世界中の天文学者たちの研究にいかされています。人の声から生まれる新技術と、そこから新しい発見が生まれて研究や学問に還元される。さらにその成果を天文学者ではない私たちも知ることが出来る。ひとつの人工衛星からこんな風に学問が、人の輪が広がっていくって面白い。私はそう感じます。これは勿論「はるか」だけではなく、全ての科学衛星に言えること。すごいなぁ。ただ衛星を作って飛ばすだけが宇宙開発じゃない。奇抜な発想と技術で人の願いを叶えていくところに、面白みを感じます。


■「はるか」のことをもっと知りたいあなたにリンク集
ISAS:電波天文観測衛星「はるか」
 JAXA宇宙科学研究本部の公式サイト。
国立天文台 スペースVLBI推進室ホームページ
 天文衛星と言うからには国立天文台もプロジェクトに関わっています。
「はるか」の成果と運用終了について
 まとめPDFあります。
「はるか」で覗く宇宙の果て―電波天文衛星の試み
 プロジェクトマネージャー・平林久先生のインタビュー。
ISASメールマガジン 2005年12月20日号 「はるか」の最終運用
 その平林プロマネによる、「はるか」最期の日の手記。胸にじんわりと来ます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-12-16 22:39 | 宇宙・天文

TRMMゲームで私も宇宙管制官!

 私はゲームをほとんどやらない。ファミコンは子どもの頃やったけど、そんなにハマらなかった。高校時代、テトリスなどのミニゲーム(小さい携帯型ゲーム機)も流行ったが全く興味を持たず。今もゲームとは無縁。携帯でもやらない。そんな私が、ついにゲームにハマってしまった。何に?人工衛星の軌道コントロールゲームに!

 JAXAが先日発表した「宇宙管制官になって軌道コントロール! β版」(リンク先に飛んだら、スタート画像か文字のリンクをクリック)。熱帯降雨観測衛星「TRMM(トリム)」の運用10周年を記念して作られたゲームです。衛星をコントロールして、雨の観測をする。観測できた範囲、残っている衛星の燃料から得点や運用可能年数も計算してくれます。

f0079085_21464730.jpg

ミッションオペレーターの若井さんが案内してくれます。イラストが可愛い。

f0079085_21475174.jpg

結果発表はこんな感じ。

f0079085_21481525.jpg

レベルは4段階あるみたい。三輪車→自動車→ジェット機パイロット→宇宙飛行士、らしい。

 軌道を調節するのが本当に難しい。すぐに落ちるし、傾くし。実際はこんなのではないと思うが、正確な観測をするには軌道を調節することがとても大切なんだなぁと思う。衛星の運用って、とても地味な仕事だと私は思っていた。「はやぶさ」のようなドラマティックな展開がどの衛星にもあるとは限らない。TRMMのような地球観測衛星や天文観測衛星は、どんな運用を運用をしているのかわからない。衛星の中でも特に地味で、注目されにくい存在だと思っていた。それがこんなゲームになり、衛星運用のイメージがつかめてきた。そして得られたデータからわかること。そのデータを見てドキドキするのは科学者だけ…というのはもったいない!一般民間人にもわかるようにしてくれたこのゲームの意義は大きいと思います。

 と言うわけで、ぜひ皆さんもチャレンジを!コツは衛星を中心よりちょっと高めにしておくと、「BEST SCAN」を狙えるかも。私もこれまで何回かやってきて、ようやく宇宙飛行士レベルを出せるようになって来た。あとは運用可能年数の記録をどれだけ延ばせるか。がんばってみる。どう燃料を節約しようか…。



 ちなみに、地球観測衛星や天文観測衛星は一般的には地味で目立たない…と書きましたが、私はそれぞれの衛星のミッション内容は個性的で面白いと思っています。特に電波天文衛星「はるか」。とても魅力的なんですけど!(私にとっては)「はやぶさ」「かぐや」だけじゃなくて、近いうちに「はるか」も大々的にアピールする記事を書こうと思ってます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-12-04 22:05 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-13 22:16
映画「ドリーム(Hidde..
at 2017-12-10 22:30
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-08 22:14
物語 フィンランドの歴史 ..
at 2017-12-06 23:17
Suomi Finland ..
at 2017-12-06 22:26
マッティ、旅に出る。 やっぱ..
at 2017-12-05 22:01
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-04 22:40
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-03 14:59
冬のグリーティング切手&特印..
at 2017-12-01 22:19
Im ~イム~ 8
at 2017-11-28 22:39

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

検索