タグ:北欧 ( 40 ) タグの人気記事

ヴィンランド・サガ 18

 読んだ漫画は早めに感想を書こう…でも1ヶ月ぐらい経ってしまいました。


ヴィンランド・サガ 18
幸村誠/講談社・アフタヌーンKC/2016

 ヒルドに弩で撃たれ負傷したトルフィン。鍋に毒は盛られておらず、皆無事だった。トルフィンの怪我が治るまで、一行はノルウェー・ベルゲンで冬を越すことにする。そして春。ヒルドも加わり、ギリシアへ向けて再び出航する一行。
 一方、デンマーク。フローキらヨーム騎士団のところへ、イングランドからトルケルがやって来た。そして、市場で、トルフィンはヨーム騎士団の一行と再会してしまう。トルケルと再会、そしてフローキとも会う。そして、ヨーム騎士団の現在の状況と、トルフィンの血縁について話をする…。



 ヒルドさんも仲間(トルフィンの監視役)に加わり、旅の再開です。ノルウェーを出て、バルト海を渡りデンマークへ。久々の北欧、嬉しくなります。が、18巻の展開は全く嬉しい、楽しいものではありません。

 久々にトルケルが登場します。8巻でアシェラッドが死んで以来ですね。再登場時は、ちょっとノイローゼ気味になっていた。その理由がなんともトルケルらしいです。ヨーム騎士団とフローキも再登場。そういえば、フローキがトルフィンに会うのは初めてでしたっけ…?トールズが殺された時、子どもの頃には少し会っていたかもしれない。成長してからは初めてですね。
 ヨーム騎士団が抱える問題…後継者探し。ヨーム騎士団の団長には、血統を重視する。かつて「ヨームの戦鬼(トロル)」と呼ばれたトールズが父、母のヘルガは2代目団長の娘。そしてイングランドでは小柄ながら、大柄のトルケルを負傷させるほどの強さで一目置かれていた「侠気のトルフィン」トルフィン・カルルセヴニ。団長にふさわしい、と言われてしまう。トルフィンは、ヴァイキングの過去を捨てたのに…。

 捨てたい過去、自分は変わろうとしているのに、周りがそうさせてくれないことがある。過去を掘り起こしたり、引きずり込んだり、変わらないものとして扱おうとしたり。ただ駒にされているような気にもなる。トルフィンはヴァイキングだった過去を捨て、ヴィンランドで新しい国をつくり、新しい人生を歩もうとしているのに、トルケルやフローキは過去へ引きずり込んだ。何故人生はこうもうまくいかないのだろう。

 団長のことは勿論断ったが、ただではおかないフローキとヨーム騎士団。トルフィンたちを追ってくる。トルフィンはエイナルやグズリーズたちを逃がし、ヨーム騎士団の追っ手に立ち向かう(ヒルドさんは監視でついて来た)。殺気に満ち、相手を力で素早く射止めるかつてのトルフィンです。穏やかだったトルフィンが、また…。ヨーム騎士団の追っ手との対決で、蛇さんのことを思い出すトルフィン。蛇さんの方が強かったって…。トルフィンもずっと戦場から離れているのに、この動き。トルフィンは暴力と過去を捨て、その生き方を応援しているのに、戦うトルフィンもかっこよく見えてしまう。多分、以前とは戦う理由が異なるからだと思う。でも、理由は何であれ、トルフィンは暴力を捨てたのに…。

 そんなトルフィンの前に現れた2人のヨーム騎士団の戦士たち。彼らはちょっと違うようで…。そして、現実を突きつけられるトルフィン。なんとも辛い。ヴィンランドどころか、ギリシアにもたどり着けるのか…かなり不安になってきました。19巻を待ちます。月刊連載でもう20巻目前なんだな。どうなるんだろう。

 あと、シグルドたちはどうなっちゃうんでしょう…。

・前巻:ヴィンランド・サガ 17
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-09-25 22:09 | 本・読書

[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その5 N.ヤルヴィ盤

 忘れてませんよこのシリーズ。シベリウス「クレルヴォ交響曲」聴き比べシリーズ。ゆっくりゆっくりですが進めます。来月、シベリウスの命日の9月20日には一区切りできればいいなぁ(その後は2017年になれば今度は没後60年)

 先月、Eテレ「クラシック音楽館」で、ネーメ・ヤルヴィ指揮N響の演奏会が放送されていました。以前このシリーズで、ご長男のパーヴォ・ヤルヴィ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィル盤を取り上げましたが、ネーメパパも「クレルヴォ交響曲」を録音しています。今回はネーメパパ(ムーミンパパみたいな…w)の演奏です。

 ネーメ・ヤルヴィ:指揮、エーテボリ交響楽団
 カリタ・マッティラ(ソプラノ)、ヨルマ・ヒュンニネン(バリトン)
 ラウル・イスタヴァ男声合唱団


 1985年の録音。古めの分類に入ってきました。
 まず、この演奏のいいところは、シベリウス:交響曲全集の中に入っていること。ネーメさんは、エーテボリ響と2回シベリウス交響曲全集を出していますが、これは1回目のBISからのもの。交響曲全集の中に「クレルヴォ」も入ってるのは嬉しいなと。最近のシベ全は、純粋に交響曲だけで、「フィンランディア」も「タピオラ」も「悲しきワルツ」も「トゥオネラの白鳥」も入ってないのが多い…別に管弦楽曲集を出していればいいのだが、交響曲だけでちょっと寂しいなと思います。せめて「フィンランディア」と、最後の大き目の規模の管弦楽曲(第8交響曲と呼ばれることもある)「タピオラ」は入れてほしいです。ちなみにこの全集には、「クレルヴォ」の他に管弦楽曲は入ってません。後にグラモフォンから管弦楽曲集を出しています。

 演奏は、一言で言うと「爆演」です。この演奏を聴いてから、他の演奏を聴くと大人しく聴こえてしまいます。テンポも速い、1・2楽章は特に速いです。全体で67分。前回取り上げたヴァンスカ&ラハティ響の演奏は遅めでしたが、対照的。

 荒っぽいところはあります。でも、その荒っぽさが、クレルヴォの荒々しい面…第1楽章の序章:クレルヴォの悲劇の始まり、第2楽章「クレルヴォの青春」恵まれず苦渋を味わい続けた少年~青年時代の乱暴な面や胸に秘めた敵討ちが表現されているように聴こえます。第4楽章「クレルヴォの出征」も速め、荒々しさが出ています。
 第3楽章、冒頭の男声合唱は速めで、ピッチも高めです。あれ?と思います。でも、クレルヴォの妹のソロ、続くクレルヴォのソロはたっぷり重々しく。第5楽章も、ゆっくりめでところどころ弱音に落としたり、死に向かうクレルヴォの悲痛さを歌う男声合唱を、じわじわと聴かせてくれます。ただ「爆演」「豪快」なだけでなく、テンポを落すところは落として、迫力は維持したままじっくり聴かせるネーメさん、うまいなぁと思います。オケも気迫があっていいなと思います。


 ちなみに、現在のエーテボリ響ですが、首席指揮者が不在でした。が、2017-18年シーズンからの新首席指揮者が決まりました。フィンランドの若手・サンットゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)さん。今年で31歳。トゥルク・フィルハーモニーの首席指揮者でもあります(来年5月、来日決定してます)。以前、YLEでトゥルクフィルとのシベリウス4番を聴いたが、とてもよかった。エーテボリ響というと、このシベリウス全集だけでなく、他にもネーメさんとの録音がとても多いです。ロウヴァリさんとのこれからも楽しみです。落ち着いたら「クレルヴォ」演奏、録音してほしいなぁ。
 ネーメパパもどこかでまた「クレルヴォ」演奏しないかなぁ。

【これまでの記事】
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その1
 パーヴォ・ベルグルンド:指揮、ボーンマス響盤
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その2 P.ヤルヴィ盤
 パーヴォ・ヤルヴィ:指揮、ロイヤル・ストックホルム・フィル盤
もうひとつの「クレルヴォ」
 番外編:レーヴィ・マデトヤの交響詩、アウリス・サッリネンのオペラ
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その3 バレエのクレルヴォ?
 ユッカ=ペッカ・サラステ:指揮、フィンランド国立歌劇場管弦楽団、バレエ付き。(動画はもう観られなくなりました)
[シベリウス生誕150年記念]クレルヴォ交響曲を聴こう その4 ヴァンスカ盤
 オスモ・ヴァンスカ:指揮、ラハティ交響楽団

シベリウス誕生日記念、管弦楽曲特集
 ネーメ・ヤルヴィ:指揮、エーテボリ響のシベリウス管弦楽曲集(グラモフォン)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-03 22:26 | 音楽

北欧の夏至の音楽 スウェーデン編

 今日は夏至。当地は朝は曇っていましたが、昼間から晴れ、珍しく爽やかな初夏の陽の光がふりそそぐ夏至でした。
 夏至と言えば、北欧の夏至祭。フィンランドのユハンヌス(Juhannus)は夏至当日ではなく、6月19日の直後の週末にお祝いするとのこと。今年は、24日(金)が前夜祭、25日(土)が夏至祭なのだそう。きっと今の時間でも明るいのでしょうね。

 ということで北欧クラシック音楽で夏至をお祝い、日本で夏至祭気分!今年はスウェーデンでやってみたいと思います。(フィンランドは何曲か候補はあるものの、間に合わず)

スウェーデン管弦楽名曲集

オッコ・カム:指揮/ヘルシンボリ交響楽団/ Naxos


 以前ペッテション=ベリエルのピアノ曲集「フーレスエーの花々」の記事で紹介したアルバムです。「フーレスエーの花々」第1巻にも「夏の歌」という夏至祭っぽい曲がありますね。

 このアルバムの最後に収められている、ヒューゴ・アルヴェーンのスウェーデン狂詩曲第1番「夏の徹夜祭(Midsummer Vigil)」op.19.
 シベリウスやニールセンと同世代のステーンハンマルと同世代のアルヴェーンもスウェーデンを代表する作曲家。夏至祭を描いた作品です。冒頭、フルートが牧歌的なメロディーを奏でるのですが…某料理番組のテーマ曲に似ているw
Hugo Alfvén: Swedish Rhapsody Nr.1, op.19 "Midsommarvaka"

 次第に楽器が増え、踊りの輪が広がっていくように音楽のスケールも増し、賑やかに。どんちゃんお祭り騒ぎな箇所や静かに牧歌的な箇所を繰り返す、とても楽しい曲です。北欧の短い夏、夜遅くても明るい、この限られた時間を楽しもうとするスウェーデンの人々の楽しい気持ちが伝わってくるよう。
 中間部、音楽は一転します。楽しげなメロディーはどこかへ。弦が静かにささやき、オーボエが静かに歌います。徐々に暮れゆく陽を惜しむような。そして日が暮れたのか、ホルンがゆったりとした歌を歌い、弦は暗い。この暗い弦とハープが美しくて、切なくて。夏至でお祭りをしていても、どこか陰りがある。この季節が儚いものであることをわかっているような…そんな北欧の明るさの中にある陰りが好きです。
 音楽は終盤、再び賑やかさを取り戻します。ただの夏至祭じゃない。夏至の徹夜祭。夜も歌い踊り明かす。最後は威勢よく終わります。ああ楽しい。

 この週末は、フィンランドもスウェーデンも、北欧諸国のあちらこちらで人々が短い夏を謳歌するのでしょうね。楽しいんだろうなぁ。

・以前の夏至の北欧音楽の記事:夏至の夜にメリカント
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-06-21 23:07 | 音楽

ニールセンの描いた風景

 昨日はシューマンの誕生日でしたが、今日はデンマークの作曲家・カール・ニールセン(ニルセン)の誕生日。昨年、シベリウスと同い年で生誕150年。その生誕150年が終わってしまいました。でも、昨年の今頃はそんなにニールセンを聴いていなかった。今は手持ちの交響曲全集も少し増えました。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ響と、ミハエル・シェンヴァント指揮デンマーク国立放送響。ブロムシュテット&サンフランシスコ響は以前から評判は聴いていたので聴いてみた。管弦楽曲、オペラ「仮面舞踏会」全幕も入っていてお徳でした。シェンヴァント&デンマーク国立放送響は、ナクソスで安かったのですが、よかった!引き締まったいい演奏です。あと、パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響の演奏会で5番を取り上げてましたが、これもよかった。テレビ放送もされ、ニールセンの魅力が多くの人に伝わったようで嬉しいです。まだまだ交響曲全集は聴きたいのがあるので、ちまちまと聴いていきます。

 今日は管弦楽曲を中心に聴いています。特に好きなのが、序曲「ヘリオス」op.17。ニールセンの作品は、和音のぶつけ方やメロディーが独特です。以前も書きましたが、ショスタコーヴィチに繋がっていくよう。近現代の響きが苦手でちょっと…という方もいるかと思います。この「ヘリオス」はそんな方に是非。交響曲4・5番のような響きはそんなに出てきません。ギリシャ旅行中にエーゲ海の日の出に感動して作曲したという作品。エーゲ海の日の出から日の入りまでが音楽で描かれます。静かな弦のざわめきの中、ホルンや木管楽器などで日の出が描かれ、ゆったりとした朝の風景。日が昇るように、雄大に、徐々に盛り上がっていく様がとても美しい。そして、日の入りへ。また静かになり、夕暮れ、日の入り、宵の情景に。12分程度の作品です。とにかく美しい。

 もうひとつ、好きでおすすめなのが「フェロー諸島への幻想の旅」。フェロー諸島は、イギリス、ノルウェー、アイスランドの間の北大西洋に浮かぶ島々のこと。そのフェロー諸島へ向かう船、海や波、海鳥の鳴き声が最初は静かに、靄がかかるように、徐々にはっきりと聴こえてきます。中盤に出てくるメロディーは、フェロー諸島が起源の古い歌、後半は、フェロー諸島の民族舞曲で賑やかに。ひんやりとした空気と、海の情景のスケールが大きな作品です。

 ニールセンは交響曲を先に聴いて、独特の和音に病みつきになってしまったのですが、この2作品の情景描写もまた魅力的です。今日から生誕151年。まだまだニールセン、聴いていきたいです。

・前回の記事:生誕150年 ニールセンの交響曲を聴こう
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-06-09 22:50 | 音楽

色とりどりの島の景色 ペッテション=ベリエル:フレースエーの花々

 5月の連休恒例、3~5日に東京で開催されていた『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭』。その開催に合わせて、クラシック音楽配信サービス・ナクソス・ミュージック・ライブラリーを期間限定で無料公開するイベントが開催されていました。その時、聴いてみて気に入ったのがこの曲。

ペッテション=ベリエル:組曲「フレースエーの花々」
小川典子/BIS








ニクラス・シーヴェレフ/NAXOS


 スウェーデンの作曲家、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(Wilhelm Peterson-Berger)。1867年生まれ。フィンランドのシベリウス、デンマークのニールセン、同じスウェーデンのステーンハンマルと同年代の作曲家です。名前は聞いたことはあったけど、曲を聴いたことがなかった。5曲の交響曲や歌曲などを残していますが、有名なのがこのピアノ曲集「フレースエーの花々」なのだそうだ。

 フレースエー(Frösö)は、スウェーデン中部の山岳地イェムトランド(Jamtland)のストゥーシェン(Storsjon)湖に浮かぶ島の名前。ペッテション=ベリエルはイェムトランドに魅せられ、フレースエー島に別荘を建て住むようになった。

 「花々」とタイトルにあるけれども、それぞれのタイトルに花の名前があるのは少ない。フレースエー島の景色を彷彿させるようなものが多い。曲はどれも愛らしくて美しい小曲。フレースエーでの情景そのものが、花々のように色とりどりで愛らしいという意味なのだろうか。ウィキペディアにある通り、グリーグの「抒情小曲集」の雰囲気。シベリウスのピアノ曲のような愛らしさにも似ている。でも、ペッテション=ベリエルは全体的に明るめで朗らか、おおらかに感じました。「花々」の明るめだけれども派手とは違うやさしい色鮮やかさ。

 第1巻第2曲「夏の歌」は北欧の爽やかな夏をイメージします。心地よい風が吹いてくるよう。第3曲「ローンテニス(Lawn Tennis)」何のことだろう?と思って調べてみたら、テニスのこと。試合ではなく、ゆったりとラリーを楽しんでいるのだろうか。第2巻第3曲「森の奥深く」は薄暗い森の中を歩いているよう。中盤で曲調ががらりと変わって、愛らしい雰囲気になるのはグリーグやシベリウスとは違う点だなと思う。スウェーデンの森とフィンランドの森、隣同士だけど違うのだなと感じます。
 第3集第7曲、曲集の最後のタイトルは「何年も過ぎ」。フレースエーでの年月をいとおしむよう。感慨深い締めです。

 ピアノ曲ですが、抜粋で管弦楽編曲もあります。

スウェーデン管弦楽名曲集

オッコ・カム:指揮、ヘルシンボリ交響楽団/ Naxos


 オッコ・カムがスウェーデンのヘルシンボリ響を指揮しているスウェーデン管弦楽曲集です。
 第3巻第2曲「夏の隠れ家に入居して」、第1巻第2曲「夏の歌」、第5曲「お祝い」、第6曲「フレースエーの教会で」の4曲を収録しています。オーケストラで演奏されると、また情景が鮮やかに浮かぶようです。

 ペッテション=ベリエルの他の作品、交響曲なども聴いてみたくなりました。北欧クラシックは探せば色々な作曲家や作品が出てきて興味深いです。

第1巻


 体調もよくなってきたので、止まってしまっているシベリウス:クレルヴォ交響曲シリーズをまた再開したいです。体調がよくない時に「クレルヴォ~」は重い、ヘヴィーです…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-17 22:12 | 音楽

ヴィンランド・サガ 17

 この漫画を買ったのはいつだろう…またしても遅れに遅れて感想書きます。

ヴィンランド・サガ 17
幸村誠/講談社・アフタヌーンKC/2016

 ギリシアを目指すトルフィン一行。ノルウェー、ベルゲン近郊の「凪の入り江」で女猟師のヒルドに出会う。ヒルドはトルフィンたちに熊の鍋をふるまうが、トルフィンを弩(いしゆみ)で狙い撃とうとする。ヒルドは子どもの頃、村がアシェラッドたちに襲われ、父はかつてのトルフィンに殺された。トルフィンに復讐するチャンスと考えたヒルドは、トルフィンに熊の鍋に入れた毒の解毒剤が欲しければ一人で森に来い、と言う。トルフィンは言われるとおり、武器も持たず一人で森へ行く。ヒルドに過去を詫び生きて罪を償いたいと訴えるトルフィンを、ヒルドはじっと見つめていた…。

 16巻で登場した女狩人のヒルド。表紙はヒルドさんです。金髪碧眼、弩を持ってカッコイイですが、心の中はトルフィンへの復讐で燃えています。
 父は大工で、ヒルドの村は船を造っていた。ヒルドも大工・設計の才能があり、水車を動力源とした自動のこぎりも設計するほどの腕前。ヒルドも子どもの頃から普通の女の子とはちょっと違う子だった。その辺り、そのうちグズリーズと分かり合えそうな気がする。父はヒルドの才能を認め、好きなように生きろと言い、幸せな生活を送っていたのだが…アシェラッドたちの襲来で全て壊された。アシェラッドの標的はヒルドの父。そのヒルドの父を、かつてのトルフィンが殺した。「オレが狩る側で、お前らが狩られる側だ」(91ページ)という言葉を残して。かつてのトルフィンが言いそうな言葉です。その一方で、ヒルドの父は、恨みと憎しみに押しつぶされそうになったら、「人を赦しなさい。赦す心だけがお前を救ってくれる」(77ページ)とも。

 その後、ヒルドは何とか生き残り、狩人の「師匠」に助けられ、狩人になろうと狩りを学ぶ。しかし、女の力では弓を引くのは困難。破壊力のある弩も、装填するのにやはり力が要る。女の腕力でも扱いやすく、装填も素早くできる弩を設計し、造り、実用化する。ヒルドさん凄い。師匠も、ヒルドの怒りや憎しみを読み取り、それを捨てろと言っていた。その師匠も、熊に襲われてしまう…。
 このヒルドさんの回想シーンは読んでて辛かった。

 そして現在。森の中でトルフィンを「狩ろう」とするヒルド。かつてトルフィンに言われた言葉を、そっくりトルフィンに返している。これも辛い。一方で、トルフィンは武器も持たず、ヒルドに今の自分を伝えようと必死に駆け回る。トルフィンが心を入れかえたことをずっと理解しているエイナルや、トルフィンに助けられたグズリーズたちも、今のトルフィンは違うと訴える。この物語…「プラネテス」でも幸村先生の物語には「愛」がテーマとして出てきますが、トルフィンも「愛」(キリスト教においての)を持っているし、エイナルやグズリーズ、レイフのおじさんたちからも「愛」を受け取っている。かつてのトルフィンも、今のヒルドと同じように、父・トールズをアシェラッドに殺され、復讐に燃え、怒りと憎しみだけで生きていた。それだけで生きるのは苦しい。人を苦しめ、自分も苦しむ。それがヒルドに伝わればよいのだが…。ヒルドさん強いです。改良した弩が凄い。トルフィンの想像以上。それでも無抵抗で立ち向かってゆくトルフィンも強いです。

 でも、ヒルドさんも「愛」を受け取っていた。父、師匠から。ラストのシーンがよかった。奴隷をしている間、憎しみや怒りから解放されていった(それでも、今でも多くの人々を殺したことでうなされている)トルフィンのように、ヒルドさんもその怒りや憎しみが和らいでいけば…と思う。復讐相手を目の前に…ってやっぱりかつてのトルフィンと同じだ。今後のヒルドさんに注目です。

・16巻:ヴィンランド・サガ 16
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-05 21:57 | 本・読書

ポホヨラの調べ 指揮者がいざなう北欧音楽の森

 昨年のシベリウス&ニールセン生誕150年メモリアルイヤーには、この2人に関する著書もいくつか出版されました。そのひとつがこの本。


ポホヨラの調べ 指揮者がいざなう北欧音楽の森
新田ユリ/五月書房/2015

 書名の「ポホヨラ(pohjola)」は、フィンランド語で「北、北国、北の方」という意味。シベリウスの管弦楽曲に「ポホヨラ(ポヒョラ)の娘」op.49がありますね。フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」で、老賢者ワイナモイネンが出会った北の方に住む娘に求婚する物語をモチーフにした作品。この本の場合は、北欧、シベリウスのフィンランド、ニルセンのデンマーク、さらに、ノルウェー、スウェーデン、アイスランドも含みます。

 著者の新田ユリさんは、フィンランド人指揮者・オスモ・ヴァンスカ氏に師事、フィンランドでシベリウス、ニルセンをはじめとする北欧音楽に接し、研鑽を積んでこられた方。日本人指揮者の中では北欧音楽のエキスパートのひとり。シベリウス専門アマチュアオーケストラ・アイノラ響でシベリウス作品を指揮するほか、あちこちのオーケストラで北欧作曲家作品を指揮されています。

 そんな新田さんが読み解く、シベリウスとニルセンの作品。各作品の作曲経緯、その頃のシベリウスとニルセンはどんな生活をしていたか、スコアの読解…などは他の本にも書かれています。この本の読みどころは、指揮者視点、フィンランドで学び、北欧作品に深く接してきた新田さんの視点。オーケストラのスコアにほとんど馴染みのない私には難しいところもありますが、指揮者はこうスコアを読み解いて、どう振るかを考え決めているのかと思うと面白い。各パートの演奏家がどう感じるか、についても。この本は、実際にCDなどで演奏を聴きながら読むのがいいと思う。2回ぐらい読みましたが、演奏を聴いたほうが「こういうことか!」とわかりやすい、より作品を楽しめると思う。

 内向的なシベリウス、パワーのあるニルセン。ニルセンに関してはまだまだ入門レベルなので、作曲背景やニルセンに影響を与えた人々についてなども興味深い。ただ、残念なのが、ニルセンは交響曲1,2,4番のみ。3,5,6番や協奏曲、管弦楽曲はない…。

 そのニルセンの前に、ニルス・ゲーゼも出てくる。デンマークの作曲家で、北欧音楽の父とも言われる。シューマン「こどものためのアルバム」op.68の第41曲北欧の歌「ガーデへの挨拶」は、ゲーゼの友人であったシューマンがゲーゼを意識して書いた作品。ゲーゼの名前の綴りGADE:ソ・ラ・レ・ミの音をモチーフにしている。また、グリーグ「抒情小品集」第6集op.57、第2曲に「ガーデ」という曲があり、これはゲーゼがなくなった後、その回想として書かれている。ゲーゼというと、この2曲を思い出した。が、ゲーゼの作品そのものは聴いたことがなかった。デンマークの音楽はドイツの流れを汲んでいること、そこから「北欧らしさ」がどう生まれてくるのか。聴いてみたい。ちなみにニルセンも、ブラームスの流れを汲んでいる。

 さらに、シベリウスとニルセンの後の作曲家も。フィンランドのクラミ、エングルンド、ラウタヴァーラ、ノルドグレン。ノルドグレンは、フィンランドと縁の深いピアニスト・舘野泉さんのために、左手のためのピアノ協奏曲を書いている。
 そして巻末には、北欧5カ国の作曲家200人のリストと楽曲紹介。シベリウスとニルセンの前の時代、同じ頃の作曲家たち、その後の、現在も現役の作曲家まで。少し前から、シベリウス、ニルセン、グリーグ以外の北欧の作曲家とその作品にも興味を持って聴き始めているので、このリストはありがたい。まさに北欧の深い森。現代作品も以前は身構えて馴染めなかったが、今は臆せず聴いてみている。聴こうと思って聴くと、響きやリズムがすっと入ってくることもあって面白い。フィンランドの現代音楽の振興を目的とした作曲家のグループ「korvat auki!(耳を開け!)」のことを思う。耳を開いて、自分から近づいていく姿勢が大事なんだな、と。

 マイナーな北欧音楽にどうやって接するかについても書かれていますが、私がひとつ付け足すとすれば、フィンランド国営放送YLEのクラシック専門ラジオ「YLE Klassinen」.ラジオなので番組表をチェックする必要がありますが、フィンランドのシベリウス以外の作曲家の作品も頻繁に放送されます。フィンランド国営放送なので、そのオーケストラであるフィンランド放送響(&フィンランド指揮者)の演奏が多いですが、CD化されていない音源も続々放送してくれます。こんな演奏あったのか!と思うものも。北欧ものだけでなく、ちょっとクラシック音楽を聴きたいなと思った時にもおすすめします。
YLE Klassinen※サイトに飛ぶと再生が始まるので注意!※
 スマートフォンからは、「YLE Areena」、もしくは「YLE Klassinen」のアプリでどうぞ。「YLE Areena」サイドバーのメニュー「Radio-opas」をタップすると番組表を表示することができ、再生できます。フィンランド語は、翻訳サイトを使って英語に翻訳してください。

 残念ながら、この本の出版社が倒産してしまい、この本も絶版に。北欧音楽に関するいい本が出たと思ったのに…
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-02 23:04 | 本・読書

生誕150年 ニールセンの交響曲を聴こう

 今年はシベリウス生誕150年でもありますが、もうひとり、生誕150年・1865年生まれの作曲家が。デンマークのカール・ニールセン。「ニルセン」と表記されているのも多く、一体どっちがデンマーク語の発音に近いんだ?一応「ニールセン」の表記で書くことにします。ということで、シベリウスばっかり聴いてないでニールセンも聴こう、と以前から交響曲全集を聴いていました。ニールセンは6曲書いています。
 ちなみに、シベリウスとニールセン、フィンランドとデンマーク、会ったこともあるし、お互いの作品について言及したこともあるそうな。

 聴いたのは、パーヴォ・ベルグルンド指揮デンマーク王立管弦楽団の全集。シベリウスもベルグルンドから入りましたが、ニールセンもベルグルンドからになりました。間を置きながらちょこちょこと聴いてきましたが、ようやく全部聴き終わりました。

 聴いてみて、ニールセンもいい!
 シベリウスのように、聴いていて北欧の自然を思う…ということはあまりありません。フィンランドとデンマーク、「北欧」とひとくくりにされますが結構違う。ことばも全然違う、民族も国民性も文化も歴史も違う。ただ、ニールセンの音楽そのものが面白くて聴き入ります。

 どの交響曲も勢いがあって、リズミカル。弦も管も打楽器も独特で面白い。特に気に入ったのが、2番、3番、4番、5番。
 2番「四つの気質」…短気で怒りっぽい胆汁質の第1楽章、鋭く冷静、知的な粘液質の第2楽章、陰気でメランコリックな憂鬱質の第3楽章、陽気で活発な性格の多血質の第4楽章という意味で「四つの気質」(表題音楽ではないらしい)。それぞれ個性的で、特に第3楽章はきれいだなと感じました。

 第3番「ひろがりの交響曲(大らかな交響曲)」は第2楽章でソプラノとバリトンのヴォカリーズが入ります。舞台裏で歌っているらしい。何とも不思議な感じ。第1楽章の最初、金管の和音連打もかっこいい。そこから壮大なテーマ、さらに木管と弦のささやくようなメロディーが。かと思うとまた盛り上がる。この変化が気に入りました。第2楽章は木管がゆるやか、美しい。そこにヴォカリーズが入ってきて、やっぱり不思議な魅力のある曲です。第3楽章の溌剌、第4楽章は荘厳。第4楽章の弦の響きがじわりと来ます。

 第4番は「不滅(滅ぼし得ざるもの)」、ニールセンの交響曲の中では一番有名。作曲当時、世は第一次世界大戦真っ只中。ニールセンの戦争交響曲とも分析も。聴きどころは何と言っても第4部(単一楽章の曲ですが、4つの部分に分かれてCDには収められている模様)のティンパニバトル。2対のティンパニが激しい連打を繰り広げます。とてもかっこいい。第4楽章以外でもティンパニは大活躍。第3楽章の暗い弦にティンパニが映える部分が印象的です。何か不吉なものを予感させます。
 
 第5番は2楽章の交響曲。第一次世界大戦の後の暗さ、第二次世界大戦への予感などを表現している…との分析も。他の交響曲が速いテンポとフォルテの強い音で始まるのに対して、5番は静かに始まります。聴きどころは第1楽章の小太鼓(スネア)のアドリブ。これは演奏するのが大変だろうな…いや、打楽器奏者の腕のみせどころ?第2楽章のメロディーの暗いうねりも印象的。

 メロディーや響きがどこかしらショスタコーヴィチに似たところもあるとも感じました。ショスタコの方が後か。
 まだ聴き込んでいないので、これからもっと聴けば更に面白さを見つけられると思う。今回はベルグルンド盤を聴きましたが、ブロムシュテット指揮サンフランシスコ響のがいいらしい。新しい録音も出てきている。なかなか実演が聴けないけれども、もっと聴いてみたいなぁと思っています。
 実演といえば、今年4月にストックホルムで「シベリウス/ニールセンフェスティバル」なるものがあったそうで…シベリウスとニールセン、更に2人に関係する作曲家の作品を組み合わせて、北欧オーケストラ・北欧指揮者が勢ぞろい…というもの凄い企画。オンデマンドはもう聴けなくなってしまっていました…。日本でまだラジオ放送されてないよね?聴きたい…!
Sibelius-Nielsen Festival 2015 | Stockholm Concert Hall

 ニールセンの作品は、協奏曲はヴァイオリン、クラリネット、フルートの3作品。管弦楽曲も「ヘリオス」「アラディン」など。室内楽やピアノ曲もある。色々と聴いてみたいところです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-11-18 23:02 | 音楽

ヴィンランド・サガ 16

 読んだ漫画の感想が全然進まない…溜まる一方…そんなに多くは読んで無いのに…。ひとつひとつ。まずは「ヴィンランド・サガ」16巻。表紙、トルフィンが赤ん坊にごはんを食べさせている…!?真剣だけど優しそうなトルフィンの表情に成長と心境の変化を感じるとともに、一体何があったのか…!?と思ってしまいました。


ヴィンランド・サガ 16
幸村誠/講談社・アフタヌーンKC/2015

 結婚式の夜、花嫁のグズリーズは花婿のシグルドを無意識に刺し、逃げた。一方、ギリシアに向けて出航の準備をしていたトルフィンたち。グズリーズに気付き、話を聞く。やっぱり船乗りになりたい、生き方を自分で選びたい。そう言うグズリーズを、トルフィンは一緒に行こうと誘う。レイフたちの了承も得て、すぐに出航。シグルドはトルフィンたちがギリシアに向かったことを知り、船を出し追う。海を渡り数日後、北海のシェトランド諸島の島に立ち寄ると、人々が襲われていた。トルフィンは島の家の中で、赤ん坊を抱いた母親に出会う…


 15巻のラストが大変なことで終わってしまい、続きが気になっていました。
みんなが……当たり前にできることが できなきゃいけないことが……っ できない……
(15ページ)

このグズリーズの言葉に、とても共感しました。私も皆が当たり前に出来るようなことが出来ない…と悩み、悔しい思いをすることがよくあります。グズリーズが普通にお嫁に行って、妻となり母となり家庭におさまることができないと涙する…11世紀なら尚更です。でも、21世紀も変わらない…「普通」から外れれば、変に見られる。トルフィンみたいな人がいたら、どんなに気が楽になるだろう。トルフィンも苦しんで、「普通」から外れて、ようやくここまでたどり着いたのですが…。

 トルフィンは、ノルドの戦士の生き方から外れ、剣や戦のない社会を望んでいる。それは、父・トールズも同じだった。しかし、トルフィンが幼い頃に見たトールズの最期、トールズも結局最期まで剣は持っていた、捨てられなかったという話にドキリとした。アシェラッドを相手に、剣を抜いた…。ギリシアまでの旅路で、人を傷つけるかもしれない。そんな心配をしているトルフィンと、話を聞くエイナル。エイナルがとても頼もしい。トルフィンも強いけど、エイナルも精神的に強くなった。2人の友情にじんわり。

 その後立ち寄った島で、一族同士の争いに巻き込まれ、息絶える間際の母親から赤ん坊・カルリを託されたトルフィン。旅に新しい仲間が増えましたが…赤ちゃんの世話の仕方を誰一人知らない…。11世紀は育児は女性・母親の仕事。レイフおじさんも知らない。勿論トルフィンも知らない。グズリーズも…。悪戦苦闘しつつもお世話する様はユーモラスです。
 その一方で、家族を殺されてしまったカルリが、大きくなってからそのことを知ったら、その対立していた一族に復讐する義務がノルドの男にはある…という話は辛い。復讐をしなければ臆病者として社会から外される。人を殺したら復讐されるというルールがあるから社会は保たれている…ノルドの現実を語るトルフィンの表情が、とても重いです…。しかも、これが結構重要な話で…。

 しかし、トルフィンたちはただギリシア目指して旅をしているのではない。シグルドから逃げなければいけないという使命もある。本当に大変な旅です。

 海を渡り、ノルウェーのベルゲンに到着した一行。ベルゲンと聞いて、作曲家・グリーグの故郷だ!と反応してしまったw(勿論、時代は全然違います)グリーンランドやアイスランドでは少ない森林に驚くグズリーズ…そうだなぁ…確かに…。
 そこで出会ったもの…まずは熊。久々にトルフィンの戦闘シーンを見ました。やっぱり強い…。そしてもうひとり、女性の狩人・ヒルド。物静かな女性ですが…過去を語り始め…なんてこった!!ラストシーン、一体これはどうなるの!?17巻、17巻早く読みたいです!!気になります!!

・前巻感想:ヴィンランド・サガ 15
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-09-10 22:07 | 本・読書

ヴィンランド・サガ 15

 今年読んだ本は今年のうちに感想を書く…漫画2冊目。「ヴィンランド・サガ」15巻です。


ヴィンランド・サガ 15
幸村誠/講談社・アフタヌーンKC/2014

 アイスランドに16年ぶりに帰って来たトルフィン。父・トールズの死から、その間のことを、母・ヘルガや姉・ユルヴァたち家族に語る。そして、戦争や奴隷制から逃げてきた人々が暮らせる国を、レイフがかつて語ってくれた"ヴィンランド"に築く、という志も。しかし、問題はトルフィンやエイナルたちは一文無しであること。国をつくるのには金が要る。どうするか…。トルフィンの生家の村から少し離れたところの農場主・ハーフダンなら貸してくれるかもしれない…が、トルフィンは幼い頃ハーフダンと会っていた。亡き父トールズとも面識がある。悪党として有名なハーフダンだが、トルフィンは会いに行くことにする。
 そのハーフダンの息子・シグルドは、結婚を控えていた。花嫁はグリーンランドの、レイフの親戚でもあるグズリーズ。しかし、グズリーズはこの結婚に気が向かなかった…。


 表紙のおさげの女の子…この子がグズリーズです。15巻はこのグズリーズが実質的なヒロインです。勿論トルフィンのヴィンランド行きの話も進みます。

 16年ぶりのアイスランド。登場人物たちは皆成長し、老い、時間の流れを感じさせる。ユルヴァの本格的な再登場が嬉しい。前巻14巻のユルヴァの登場はとてもインパクトがありました。お母さんになっても変わってないwユルヴァちゃん最強wと思ってしまいましたが、15巻では大人の女性として、家族を持つ母親としてのユルヴァの一面が。トルフィンを散髪するシーンの姉弟の会話は、お互い成長してはいますが、"姉弟(きょうだい)"なんだな、と感じます。そして、16年間、アイスランドを離れている間に起こったことを語り、"ヴィンランド"を目指すと告げる。16年も経っていたのか…。その間に起こったこと、トルフィンが経験したこと。本編では詳しく語ると紙面が足りなくなるので割愛されますが、これまでトルフィンが経験したことを回想しながら読むと、その話を聞いている家族たちの気持ちになれます。

 "ヴィンランド"を目指し、国をつくると決めたものの、現実問題が…資金。お金はいつの時代も大きな問題ですね。その資金を借りるために、目星をつけたのが、あのハーフダン。1巻で、奴隷を酷使し、逃げた奴隷を探してトールズ、トルフィンの家にやってきた、あの男です。金と暴力で全て解決しようとした、あの悪党。トールズはひるみませんでしたが。1巻を引っ張り出して読み返しました。絵柄も1巻と15巻では随分と変わったなぁ。何かと因縁をつけてくる。そのハーフダンも、16年後、年齢を重ねていました。相変わらず大農場を経営していますが、以前の奴隷の扱いと、今(15巻)での金を貸して返せなくなった農民への扱いは、ちょっと違います。ハーフダンにも変化が。そして、息子・ジグルドが結婚を控えている。ジグルドはかつての若い頃のハーフダン…というよりは、以前トルフィンとエイナルが奴隷として働いていたデンマークのケティル農場の次男坊・ノルマルを思い出します。強がりなワル。そのジグルドを言い諭す父・ハーフダン。ハーフダン、変わりました…。でも、"ヴィンランド"行きの資金を借りるのは、一筋縄ではいきません。

 1巻を読み返していて、ハーフダンの農場から逃げてきた奴隷を埋葬するシーンで、トルフィンがトールズに「ここからも逃げたい人は…どこに行くの?」(1巻、193ページ)と尋ねていた。トルフィンは、小さな頃から「逃げ場所」を意識してきたのか。

 15巻のヒロイン・グズリーズ。小さい頃からレイフの話を聞いて、船乗りになりたいと思ってきた。でも、女は船乗りになれない。結婚し、子どもを産み育て、家庭を守る。そんなこの時代の(いや、今でも変わっていない)典型的な女性の生き方に馴染めない。性格も男勝りで、思い切りがいい。親戚関係であるレイフには女は船乗りになれない!と反対されても言い返す。子どもの頃のグズリーズが、レイフからグリーンランドの外の世界について話を聞くシーンが印象的です。「世界」は広いのに…、"狭い"家庭におさまらなければならないこれからの自分。
あーあ
「世界は広い」なんて知らなきゃよかった
(158ページ)

 ふてくされるグズリーズのこの言葉、気持ち、わかります。世界は広いのに、可能性は無限に広がっているはずなのに、自分は狭いところから抜け出せない。できることだって少ない。何やっているんだろう…よく思います。「繋がれたアジサシ」がこの15巻の副題ですが、まさに「繋がれた」状態。

 ちなみに、ユルヴァもトールズ譲りの男勝りで力の強い女性ですが、今はその強さは家庭を守ることに使っている。母・ヘルガさん譲りですね。

 そのグズリーズと、ジグルドが結婚する意味。ハーフダンとレイフが親戚関係になるようにして、ハーフダンは何を考えているのか。ジグルドとグズリーズの結婚式の後、2人だけになった時に語られます。船乗りになることを諦め、「それぞれに与えられた役割を果たす」ことをやろう、と決心しますが…ラストシーン、言葉を失いました。何が起こったかわからなかった。グズリーズ…一体…!?

 一方、トルフィンたちは新たな冒険へ。"ヴィンランド"へ行くための資金稼ぎの大冒険です。命懸けではありますが、レイフのおじさん、冒険家の血が騒いでますねwトルフィンもエイナルもやる気十分。"ヴィンランド"へは大きな回り道に見えますが、どうなるのだろう。この大冒険、私も楽しみです。レイフさんは若くないので、どうかご無事で!

・14巻:ヴィンランド・サガ 14
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-12 22:33 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索