「ほっ」と。キャンペーン

タグ:天文 ( 262 ) タグの人気記事

「星の物語」切手第4集 押印機特印

 先日記事にした切手「星の物語」第4集の、押印機での特印が届きました。
・先日の記事:惑星と秋の星座 「星の物語」切手第4集&特印

f0079085_21443628.jpg

 押印機の特印は、設置されている郵便局が限られます。私の地域にはないので、郵便でお願いする「郵頼」をしています。毎回、各切手の特印のページに郵頼の方法が書かれています。
 押印機の特印のデザインは土星。切手シートの一番上の大きな一枚の切手と同じ図案です。土星はとても大きな惑星。環も特徴。今年の夏には火星、さそり座のアンタレスと三角形を作っていました。
 押印機の特印は、手押し印と違ってパリッと、はっきりくっきりとしています。機械でがちゃんと押すので、ムラがありません。2種類、並べて眼福です。

 「星の物語」切手シリーズ第5集は来年3月の発行予定です。

 昨日は大西卓哉宇宙飛行士の帰還、明日は気象衛星「ひまわり9号」搭載のH2Aロケットの打ち上げと、宇宙の話題が続きます。大西さんの宇宙・国際宇宙ステーションでのお話をこれから聞くのも楽しみです。明日の種子島はいいお天気になりますように。

【過去記事】
星座切手新シリーズ「星の物語」第1集&特印 その1
星座切手新シリーズ「星の物語」第1集&特印 その2・機械印編
星座と名月を切手で 「星の物語」第2集&特印
冬の星座と明星、進化する切手 「星の物語」第3集&特印
星型切手 「星の物語」第3集 続編:押印機特印

星座切手シリーズの秘密
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-11-01 21:55 | 宇宙・天文

惑星と秋の星座 「星の物語」切手第4集&特印

 毎度お楽しみの星座切手が出ましたよ。
日本郵便:特殊切手「星の物語シリーズ 第4集」の発行

 今回は、秋の黄道12星座から3つ。やぎ座、みずがめ座、うお座です。切手シートのテーマは惑星。1枚の大きな切手は土星。木星や火星が描かれています。今回もホログラムがきれいです。

f0079085_21501332.jpg

手押し印の特印です。3つの星座がデザインされています。みずがめ座の下の方に、大きな星があります。これは、みなみのうお座(南の魚座)の一等星「フォーマルハウト」だと思います。みずがめ座と隣接していて、秋の星空では唯一の一等星なので図案に入れたのだと思います。でも、みなみのうお座の星です。みずがめ座の星座物語に出てくる少年(ガニメデ)の持っている水瓶から流れた水が、みなみのうお座に流れ込んでいる。水つながりで覚えると覚えやすいです。

 今回も、切手シートのホログラムの部分に隠し文字がありました。2つあります。最初見つけられず、今回はないのかと思ったら、見つけた方がいらっしゃって、何度も見直してようやく見つけました。難易度高いです。見難いです。虫眼鏡が必要かもしれません。

 今回も、押印機の特印を郵頼しています。届いたらまた記事にします。

【過去記事】
星座切手新シリーズ「星の物語」第1集&特印 その1
星座切手新シリーズ「星の物語」第1集&特印 その2・機械印編
星座と名月を切手で 「星の物語」第2集&特印
冬の星座と明星、進化する切手 「星の物語」第3集&特印
星型切手 「星の物語」第3集 続編:押印機特印

星座切手シリーズの秘密
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-10-28 22:05 | 宇宙・天文

行ってらっしゃい、「オシリス・レックス(OSIRIS-REx)」

 昨日書くつもりが書けなかった。NASAの初めての小惑星探査機「オシリス・レックス(OSIRIS-REx)」(英語読みだと、「オサイリス・レックス」「オサイレス・レックス」)が昨日日本時間午前8時5分に打ち上げられました。探査機は打ち上げ約1時間後、分離、予定の軌道に入りました。順調に飛行中です。おめでとうございます!

アストロアーツ:探査機「オシリス・レックス」打ち上げ、小惑星ベンヌからのサンプルリターン目指す
NHK:米初の小惑星探査機打ち上げ 生命の起源に迫れるか

 「オシリス・レックス」は、言わばアメリカ版「はやぶさ」「はやぶさ2」。現在飛行中の「はやぶさ2」の計画が本決定しなかった頃、NASAも小惑星サンプルリターン探査機の計画がある、それに対抗せねば…という話もありました。「はやぶさ2」のよきライバルです。

 「オシリス・レックス」が目指すのは、小惑星「ベンヌ(Bennu)」探査機の名前に合わせて、古代エジプト神話から取られています。ESAの「ロゼッタ/フィラエ」といい、古代エジプトから名前を取る探査機が多いですね。2018年にベンヌに到着、2年間ベンヌを観測し、2020年7月に地表にタッチダウンしてサンプルを採取します。サンプルが地球に届くのは2023年の予定です。

 「オシリス・レックス」の重量は打ち上げ時で2トン。「はやぶさ」「はやぶさ2」は500~600kg。随分と大きいです(日本の探査機が小型なだけ?)。サンプル採取は、アームを伸ばし、その先端についている装置を小惑星の表面に押し付け、窒素ガスで表面物質を吹き飛ばしてサンプルを採取する方式です。60g以上のサンプル採取を目指します。サンプルは、「はやぶさ2」と「オシリス・レックス」で提供し合うことが決まっています。よきライバルですが、パートナーでもあります。

sorae.jp:アメリカ版はやぶさ「オシリス・レックス」打ち上げ ~アメリカが描く「小惑星探査構想」第1弾の出発~
毎日新聞: オシリス・レックス打ち上げ「小惑星野郎」の交流進展と成果に期待−−津田雄一・はや2プロマネがエール
 運用チーム同士の意見交換、交流も深まっている模様。リュウグウとベンヌの比較も興味深いですし、タッチダウン、サンプル採取の方法が違うのも興味深い。「はやぶさ2」と「オシリス・レックス」、無事の航海とミッション完遂を祈ります。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-09-10 23:39 | 宇宙・天文

土星・火星・アンタレス 一直線

 昨日書いた土星、火星、さそり座のアンタレスの並びが三角形ではなく一直線になってきている話の続きです。今日が一直線の日でした。これは是非とも観測したい。夜は晴れ。星見日和です。
・昨日:三角形じゃなくなった土星・火星・アンタレス

f0079085_227399.jpg

 19時前のまだ空が明るい時間から、この3つの星は目立っていました。夜になるとより分かりやすく。画像では火星があまり赤く見えなくなっていますが、火星は赤いです。アンタレスも赤く、「火星に対抗するもの」「アンチ・アーレス(anti Ares)」という名前の由来であるのがよくわかります。

 明日もまだ縦に3つ並んで見えるので、今日を逃がした方は明日どうぞ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-24 22:15 | 宇宙・天文

三角形じゃなくなった土星・火星・アンタレス

 今日は台風が通り過ぎた澄んだ空で、昼間は太陽が出るとジリジリと暑さを感じますが、夜は夜風が肌寒くなってきました。

 今日のNHKラジオ第1・夏休みこども科学電話相談で、「さそり座を見たいけど探せない」という相談がありました。学校の宿題とのこと。その回答では、勿論火星と土星のことも話していました。

 ということで、私もさそり座、土星・火星・アンタレスの三角形を見よう…と思ったのですが、三角形じゃなくなってました!火星が大きく西に動き、ほとんど一直線になっていました。屋根が邪魔で画像が撮れず残念…。

 シュミレーション画像を用意しました。
f0079085_2131618.png

Stella Theater Webより
 この通り、上から土星・火星・アンタレスの順で並んでいます。25日になると、さらに一直線になります。その後、また火星が西に動き、三角形に戻るでしょう。
 明日か25日には画像付きで追記できればいいな…
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-23 21:36 | 宇宙・天文

ペルセウス座流星群を見よう 2016

 お盆の季節は、ペルセウス座流星群の季節です。昨晩観測しました。

国立天文台:夏の夜、流れ星を数えよう 2016 ~ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう
アストロアーツ:【特集】ペルセウス座流星群 2016

 今年のペルセウス座流星群は、半月が沈んだ深夜から好条件。この時間には、放射点のペルセウス座も北東の空に昇ってきます。昨日は晴れていて、よく星が見えました。
 0時過ぎ窓から東の空を見ていました。空の高いところにペガススの四辺形。秋の星座が見えます。まだまだ暑い日が続きますが、星空は秋に近づいています。なかなか流れないなぁ…と見ていたら、とても明るい火球がパァッ!!と流れました。明るい、大きい。びっくりしました。びっくりし過ぎて、声をあげていました。夜中、窓も開けてたのにwそれから30分ほどの間に、4個流れ星を見ました。明るめでした。しかしその後はぱたりと流れなくなってしまいました。西の空を見ても見えない。ちょっと少ないな…。空の高い位置には、こと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブの夏の大三角も見えました。

 流れないので寝ようと思ったのですが、蚊に刺されてあちこち痒い。顔まで刺されましたwかゆみ止めを塗って、寝よう…寝付けない。もう一度観測することに。散在流星(ペルセウス座方向からではない、普通の流れ星)を1つ見ました。今度こそ寝よう。

 明るい流星を見られて満足です。あの火球はすごかった。今回は見ることに集中したので画像はありません。でも、あの火球は私のカメラでもよく写っただろうなぁ。

 今日もまだまだチャンスがあります。晴れていたら是非どうぞ。虫刺され対策を忘れずに。観測をしたら、国立天文台のページで報告をどうぞ。曇っていて見えなくても、報告できます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-13 22:59 | 宇宙・天文

今日のISS & 火星・土星・アンタレスの三角はどうなった?

 今夜は晴天。ちょうど国際宇宙ステーション(ISS)もいい可視パスがありました。大西卓哉宇宙飛行士が滞在中のISS.滞在中は何度でも見ます。
f0079085_22350287.jpg

西の空、低いところから上昇してきました。上昇して、途中で地球の影の部分に入り、見えなくなりました。すーっと消えていく様子を撮影できました。画像右側の星の並びは北斗七星です。この北斗七星の柄を南に伸ばしていくと、うしかい座のアルクトゥールスにぶつかります。うしかい座は春の星座。真夏の今、9時ごろでもうしかい座は西の空の見えていたんだなぁと思いながら、ISSを見て、大西さんに手を振りました。
 
10月1日に日本の補給船「こうのとり(HTV)」6号機が打ち上げられる予定でしたが、「こうのとり」の配管の不具合のため、延期になりました。安全第一。
JAXA:H-IIBロケット6号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の打上げ延期について

 南の空には、半月が明るく輝いています。2016年限定夏の三角形:火星・土星・アンタレスの並びはどうなった?最近見てませんでした。
f0079085_22421979.jpg

 こうなりました。以前は細長い三角形だったのですが、正三角形(横倒しの二等辺三角形?)に近づいています。久々に確認できてよかったです。

 さて、ペルセウス座流星群の季節もやって来ました。もう流れ始めているようです。月があるので、月が沈む深夜から未明にかけての観測が条件がよいとのこと。その前の時間でも、月明かりを視界に入れないようにして観測もできます。夏の夜、流れ星がたくさんながれますように。

◇毎年恒例報告企画、やってます:国立天文台:夏の夜、流れ星を数えよう 2016 ~ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう
アストロアーツ:【特集】ペルセウス座流星群 2016
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-11 22:54 | 宇宙・天文

今日の火星・土星・アンタレス&望遠鏡越しの土星

 今夜はきれいに晴れています。6月になったのに寒く、低い気温のせいか、空がいつもより澄んでいます。今日は天体望遠鏡を出しても大丈夫。星見です!

 まず、今日の2016年限定夏の三角。火星・土星・アンタレス。
f0079085_22544673.jpg

 火星がさそり座から遠ざかって、三角形が細くなっている感じです。最接近を過ぎても、火星は南東の空にひときわ明るく赤く輝いています。街中でも目立つと思います。

 では、望遠鏡を出して見てみよう。今日こそ出番です。まず火星。私の口径8cmの屈折望遠鏡では、小さな火星は倍率を上げてもほぼ赤い点にしか見えません。極にある氷の白は確認できません。黒いところがうっすらとわかる…かも…?ぐらいの程度。隣の惑星でも、小さな火星はこれだけしか見えないのだなぁ。

 次、土星へ。土星は離れていますが、大きな惑星なので火星よりもはっきり見えます。土星といえば環。はっきり見えました。低倍率でもよくわかります。
 天体望遠鏡の接眼レンズにコンパクトデジカメを近づけて、撮ってみました。
f0079085_2313317.jpg

 ぼやけてますが、環っかがわかりますよね?私の機材ではこれが限界です。こんな感じに見えてます。環の傾きは毎年変わりますが、今年の傾き具合が一番好きです。お近くで天文観望会があったら、是非見てみてくださいね。私もまた見ます。

 南東の空だけ書きましたが、西の空、しし座には木星も位置しています。望遠鏡を向けると縞模様が確認できますよ。この夏は惑星観望にぴったりです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-06-02 23:06 | 宇宙・天文

雨上がりの空に再接近の火星

 今日は地球と火星の距離が近くなる日。火星まで7528万kmです。巷では変な造語が出来てしまっているらしく…無視します。
 今日は雨の予報で、日没後も雨が降っていたので見られないだろうと思っていたのですが、火星が南東の空に見える時間には雨は上がり、雲間に火星を見られました!
f0079085_22574865.jpg

 赤く、ひときわ明るく輝いています。2016年限定夏の大三角、土星、アンタレスは雲の中です。

 せっかくなので、天体望遠鏡で見てみようと思い、組み立て、火星を視野に導入しようとしていたのですが…ここで火星は雲に隠れてしまいました…。残念。前にも書きましたが、火星はこの夏、さそり座に位置して赤く輝いているので、今日だけではありません。晴れた日にまた挑戦しよう。火星は地球のお隣の惑星ですが、小さいので、口径5~8cm程度の望遠鏡では、図鑑などで見る模様を見るのはなかなか難しいです。遠いのに、木星は縞模様を確認できる、土星は環がわかるのに。それだけこの2つの惑星は大きいのだなと思います。

火星最接近 - 本番は2年後?
 国立天文台の縣秀彦先生による記事です。火星最接近の際、かつては様々なパニックも起こった歴史や、火星探査についても書かれています。火星では探査ローバー「キュリオシティ」が探査を続けています。金星を見て金星探査機「あかつき」を思うように、火星を見て「キュリオシティ」他の探査機を思うのもいいですね。

 そんな今日はホルストの組曲「惑星」の第1曲「火星」を手当たり次第聴いています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-31 23:09 | 宇宙・天文

久々のISS&今日の火星・土星

 国際宇宙ステーション(ISS)の可視パスの時期がやって来ました。今日は快晴。コースも日本縦断コース。期待できます。

 南西の空から昇ってきたISS。しし座の獅子の大鎌、木星の間を通り抜けます。
f0079085_22215860.jpg

 この後、天頂に近いところを通っていきました。とても明るい、ぴっかぴかでした。

 北東の空へ。
f0079085_2223598.jpg

 北東の空には、こと座とその一等星・ベガ(織姫星)が既に見え始めています。夏の大三角の星ですが、今の時期からもう見え始めています。

 今日は長い可視パスでした。このISSに、来月、いよいよ大西卓也宇宙飛行士が向かいます。
NHK:大西卓哉さんが最終試験に合格 宇宙長期滞在へ
 名物(?)ソユーズの最終試験にも合格しました。まもなくです。

 南東の空には、火星、土星、さそり座のアンタレスが見えています。2016年限定の夏の小三角、と天文ファンの間では呼ばれているようです。
f0079085_2227260.jpg

 今日はこんな位置関係です。火星、土星は毎日位置が変わるので、この三角形は毎日形が変わります。
・先日の記事と見比べると:接近中の火星と土星&満月(5月22日)
 満月があるので他の星が見えないのですが、三角が伸びているような。これからでも、31日の最接近後も観察可能です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-28 22:34 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51
Im ~イム~ 5
at 2016-11-08 22:08
ラハティ シベリウス音楽祭2..
at 2016-11-07 22:46
「星の物語」切手第4集 押印..
at 2016-11-01 21:55

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

検索