タグ:彗星 ( 21 ) タグの人気記事

「フィラエ」を見つけたよ!

 2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸、史上初の彗星への着陸となった、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の彗星探査機「ロゼッタ」のローバー「フィラエ」。その後、フィラエは冬眠状態に入ってしまい、フィラエも行方不明になっていました。そのフィラエが、見つかりました!

sorae.jp:喪失した着陸船「フィラエ」、彗星の岩陰で奇跡的に発見 ロゼッタ探査機が撮影成功
ITmediaニュース:彗星探査機「フィラエ」ついに発見 探査終了直前に 「長く苦しい探索」の末
アストロアーツ:行方不明だった「フィラエ」が見つかった
AFPBB News:彗星着陸のフィラエ、ついに発見 ESAが画像公開
NHK:すい星着陸後に行方不明の小型探査機を発見

 フィラエはチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸後、バウンドしたおかげで彗星の影にはいってしまい、姿勢も不安定。太陽光発電ができなくなり、3日後に冬眠モードに。その後、太陽に最接近した際に一時通信は回復したものの、彗星は太陽から遠ざかり、また通信途絶、冬眠状態に。今年夏、ロゼッタとフィラエの通信スイッチはオフにされ、フィラエとの通信はできなくなりました。ロゼッタも、9月30日に彗星に衝突してミッションを終える予定です。その直前に、ロゼッタが撮影した彗星の画像に、フィラエが写っているのを確認しました!!

 宇宙開発でこんな話を聞くと、日本の小惑星探査機「はやぶさ」を思い出します。ESAもなかなかの諦めの悪さです。
 画像から、フィラエの姿勢の様子もわかってきました。岩の隙間の影の部分に入ってしまっていました。これでは太陽光発電は難しい。フィラエが彗星に着陸してから、フィラエの姿を捉えたのは初めてのこと。最後の最後で…!また、これらの画像で彗星の表面についてもわかります。ロゼッタも最後までけなげに仕事しています。

 ロゼッタとフィラエといえば、twitterでのゆるきゃらアニメ・イラストが可愛いと評判です。今回もイラストが登場しました。
So happy to have seen @Philae2014 again before my mission ends later this month...more about my #CometLanding soon!
pic.twitter.com/ErB0ROrgP6

ESA Rosetta Mission (@ESA_Rosetta) 2016年9月5日


 フィラエを探すロゼッタ。彗星の上で寝ているフィラエ。いつもこの2機は仲良く描かれるのですが、本当に仲良くて可愛いです。

 ロゼッタも最後までご安全に。

【過去記事】
彗星に降り立った日
おやすみ、フィラエ
観られる時は観ようISS +おはよう、フィラエ!

 明日朝、今度はNASAの小惑星探査機「オシリス・レックス(OSIRIS REx)」(英語読みだとオサイリス・レックス、オサイレス・レックスと表記されますが、この探査機も古代エジプトのオシリス神に由来しているので、それに合わせて「オシリス・レックス」で呼びます)が打ち上げられます。小惑星「ベンヌ」にタッチダウンし、サンプルと取って来る、NASA版「はやぶさ」。こちらもご安全に!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-09-08 22:46 | 宇宙・天文

観られる時は観ようISS +おはよう、フィラエ!

 なかなか入梅しない当地。今日も清々しい快晴でした。そして、今日も国際宇宙ステーション(ISS)が見ごろです。

f0079085_222075.jpg

 ISSは西から南の空へ飛んでいきました。この画像ではおとめ座を縦断しています。おとめ座は星座線が複雑(といっても、星座線は必ずしも「これ」と決まっているわけではない)なので、引く際に混乱します。ISSの軌跡が徐々に消えていっていますが、これがISSが地球の影に入り、徐々に見えなくなったから。このすーっと消える、もしくはすーっと見えてくる瞬間をとらえると格別に嬉しいです。
 前にも書いたことがありますが、γ(ガンマ)星「ポリマ」は二重星。望遠鏡を向けると、2つの星が寄り添ってきれいです。


 宇宙開発関係では、嬉しいニュースが。
sorae.jp:彗星着陸機「フィラエ」、再起動に成功 7か月の眠りから覚める
アストロアーツ:史上初の彗星着陸から7か月 「フィラエ」からの信号を受信
すい星探査機「フィラエ」7か月ぶり復旧

 ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機「ロゼッタ」。昨年11月、「ロゼッタ」は着陸機「フィラエ」を探査天体の「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」に着陸。着陸の際機体がバウンドして、予定の地点よりも外れたところに着陸。信号や画像も受信し、世界初の彗星着陸に成功しました。が、日陰になりやすい位置に着陸してしまったため、バッテリーが尽きて「フィラエ」は冬眠状態に。しかし、ESAは彗星が太陽に近づいて「フィラエ」の太陽電池が充電されれば目覚めるだろうと予測していました。それから7ヶ月。日本時間14日に「フィラエ」からの信号を受信、「フィラエ」が目覚めていることがわかりました!

 「フィラエ」には、冬眠に入る前に観測したが地球に送信していないデータがあり、次に通信可能になった時に受信するそう。更に、信号を受信する前から目覚めていたことも判明。何故交信できなかったのかも調査中です。

 アストロアーツのサイトには、「ロゼッタ」公式ツイッターで投稿された、目覚めた「フィラエ」のイラストも掲載されています。相変わらず「ロゼッタ」と「フィラエ」のイラストは可愛い。
【過去記事】
彗星に降り立った日
おやすみ、フィラエ
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-06-16 22:46 | 宇宙・天文

明るい宵の明星、雲間の水星、うっすらラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)

 今日は朝は猛吹雪でしたが、夕方になって晴れました。今日こそ行けるか、見えるか、金星と水星。

 日没後の西の空。金星が明るく輝いていました!とても明るい。すぐわかります。しかし、水星はどこだ?スマートフォンの天体観測アプリで位置を確認するも、見当たらない。低空には雲が。あの中か?時々、雲間にちらりと星のような光が。あれかなぁ…?と思いながらカメラを向けました。
f0079085_23221683.jpg

 やっぱりそうでした。ようやく観られた!夕暮れの空もきれいでした。

 金星と言えば、金星探査機「あかつき」。今年12月、金星周回軌道投入再挑戦が決まりました。「あかつき」の再挑戦。今度こそ!うまくいくように。あの金星の画像をがんがん撮影して送ってきて欲しいです。がんばれ。めげるな「あかつき」!

 夜になって、今度はラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)。こちらも天体観測アプリで位置を確認。うーん、あれかなぁ?空を見上げる。わからん。写真判定しないとわからない。スポーツみたいです。
f0079085_23245324.jpg

・大きな画像はこちら::はてなフォトライフ:halca-kaukana:ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)

 やはりうっすらと。でも、エメラルド色はかすかにわかります。昨日の画像と比較してみてね。位置は結構変わっているなぁ。

 満天の星空を、しばし観ていました。凍てつく澄んだ空気に、冬の煌びやかな星々。そこに彗星もあるとは、豪華です。朝はあんなに吹雪いていたのに。寒いけど、楽しい時間です。星空に見惚れていました。

f0079085_2331699.jpg

 今日もオリオン。観られるうちは観ます!冬の晴れ間は貴重です!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-01-20 23:33 | 宇宙・天文

彗星観測入門中 ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)を観たい!

 久々に星見記事です。今の季節は星見に全く向きません。雪、雪、雪雲。晴れた日もあるのですが、夕方になると曇り始めて、夜になると完全に曇ってしまいます。
 今は夕方、西の空に金星と水星が見ごろです。どちらもまだ観られていません。

 今、もうひとつ注目の天体。ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)。あれ、前にも同じ名前の彗星がありましたね。
若田さんのISSを見よう +2つの彗星はどこだ!?
見えてる?わかる?ここにある? ラブジョイ彗星&アイソン彗星を観たい!第2夜
今度こそラブジョイ彗星を観たい! 第3夜+星空を見渡せば
 一昨年、2013年11月、12月に観測したラヴジョイ彗星(C/2013 R1)。これとは違う彗星です(番号に注意)。名前の通り、ラヴジョイさんが見つけた彗星です。ラヴジョイさん凄い。

アストロアーツ:まだまだ見ごろのラヴジョイ彗星
 現在はおうし座とおひつじ座の間に位置しています。これからどんどん西に動きます。

 今夜、晴れ間が。おうし座あたりも晴れている。よし。双眼鏡とカメラ、いつものコンパクトデジカメを用意。まず肉眼で…よくわからない。目印はプレアデス星団(すばる:M45)。肉眼でもすぐに見つけられない…薄雲がかかってる?これは、以前と同じようにカメラにがんばってもらおう。
 30秒間の撮影です。
f0079085_22132937.jpg

・もっと大きな画像:はてなフォトライフ:halca-kaukana:ぼんやりうっすらラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)
↑画面下の「オリジナルサイズを表示」をクリックすると、大きな画像で観られます。

 星図と画像をにらめっこして、ぼんやりしているこの星が怪しい…。twitterで天文クラスタさんに確認していただいたところ、確認できました。ありがとうございます。以前もだったが、今回もぼんやりと、薄っすらとしか撮影できてないなぁ。これは肉眼、双眼鏡で確認するのは難しそう。画像で確認した後、もう一度空を見て確認しようと思ったら、見事に全天曇ってました。つかの間の晴れ間の星見でした。また晴れないかな。もう一度観たいな。

 彗星観測には慣れが必要。一目でわかる大彗星で無い限り、初心者がパッと見て「彗星だ」とわかるものではないのだそう。よほど暗い、澄んだ空でないと難しい。私も画像では確認できるようにはなってきましたが、まだ自分の眼では確認できていない。彗星観測への道は長いです。ああ、百武彗星やヘールボップ彗星みたいな大彗星カモン!一昨年のアイソン彗星も思い出します…。

 南東の空にはオリオン座が堂々と。
f0079085_22232145.jpg

 この雄姿、たまりません。冬の王者です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-01-19 22:25 | 宇宙・天文

おやすみ、フィラエ

 史上初の彗星の核に着陸を果たした、彗星探査機「ロゼッタ」の着陸機「フィラエ」。着陸後の詳しいことがわかってきました。

sorae.jp:着陸機フィラエ、彗星への着陸を確認 地表からの写真も
 前の記事でも紹介しましたが、もう一度。
アストロアーツ:彗星表面からフィラエが見た初めての景色
東京新聞:彗星 クレーター縁に着陸 欧州探査機充電に影響?

 まず、「フィラエ」は着陸したものの、2回バウンドし、着陸予定地点よりも1km離れたクレーターの縁で静止。「フィラエ」には3本の脚がありますが、そのうちの1本が浮いている不安定な状態でもある模様。「フィラエ」はドリルで彗星を掘り、その成分を分析することも出来るのですが、不安定な姿勢でドリルを使えるか…「フィラエ」はがんばりました。ドリルで25cm掘ったそうです。「ロゼッタ」との通信状況も良好で、画像を80枚以上も送信。予定していたデータ収集はほとんどこなしました。「フィラエ」、偉い!よくがんばった!

 ただ、「フィラエ」にはバッテリーの問題が。「フィラエ」には2つのバッテリーがあります。メインバッテリーは、駆動させると寿命は2日半。サブバッテリーは太陽電池で充電して、3ヶ月稼動できる予定でした。しかし、バウンドした後の着陸した地点は、陰になりやすく太陽光が当たりにくい。そのため、十分な充電が出来ず、「フィラエ」は"冬眠モード"に入りました。

So much hard work.. getting tired... my battery voltage is approaching the limit soon now pic.twitter.com/GHl4B8NPzm
Philae Lander (@Philae2014):2014年11月15日8:37

 「疲れちゃったよ…」「フィラエ」のツイートです。画像は、低下するバッテリー。
@ESA_Rosetta I'm feeling a bit tired, did you get all my data? I might take a nap… #CometLanding

Philae Lander (@Philae2014):2014年11月15日9:40

@Philae2014 You’ve done a great job Philae, something no spacecraft has ever done before. #CometLanding ESA Rosetta Mission (@ESA_Rosetta):2014年11月15日9:42

Thank you, @ESA_Rosetta! I did it! I became the first spacecraft to land on a comet & study it! But it’s not over yet… #CometLandingPhilae Lander (@Philae2014):2014年11月15日9:46

 「データは全部受け取ってもらえたかな。疲れちゃったよ…眠いなぁ…」
 「フィラエ、君はどの探査機もやり遂げたことがないことをやったんだ。よくやったよ!」
 「ありがとう、ロゼッタ!僕はやったんだね!」
 2機のけなげな会話の後…

My #lifeonacomet has just begun @ESA_Rosetta. I'll tell you more about my new home, comet #67P soon… zzzzz #CometLanding
Philae Lander (@Philae2014):2014年11月15日9:57

 眠ってしまいました。おやすみ…。

ITmediaニュース:彗星着陸機フィラエ、バッテリー切れで休眠モードに
NHK:すい星探査機 電源切れ探査中断
 「フィラエ」は電力不足を補おうと、35度機体を回転させていたことも判明。なんと頑張り屋さんの「フィラエ」。「フィラエ」が"冬眠モード"から復旧するには、2ヶ月はかかるとのこと。それまで、たっぷり充電して、ゆっくりおやすみなさい。また目覚めて動き出すことを信じています。

 しかし、たった2日半の活動で、不安定な姿勢にも関わらず、予定されていたミッションをしっかりこなした「フィラエ」。彗星の見たこともない姿を見せてくれました。2回もバウンドしたのに、よく彗星の上にとどまることが出来たなぁ…。本当によくがんばった。

 そんなけなげな「フィラエ」のイラストを描きたいのだが、ちょっと忙しくて、時間が無いのでまた後日。

 あと、「フィラエ(Philae)」の呼び方、カナ表記ですが、英語読みだと「フィレ」「フィーリィー」という発音になり、ESAでもそう呼んでいます。しかし、「フィラエ」はナイル川の島の名前が由来。「ロゼッタ」はロゼッタストーンに由来していることに関連しています。日本では元々「フィラエ」と表記され、エジプト大使館でも「フィラエ」と表記しています。なので、私は「フィラエ」で呼んでいます。先日紹介した「星のかけらを採りにいく」でも「フィラエ」の表記でした。日本の研究者は日本では「フィラエ」、ヨーロッパに行ったら英語読み…大変です。

【過去記事】
彗星に降り立った日
星のかけらを採りにいく 宇宙塵と小惑星探査
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-11-15 22:03 | 宇宙・天文

彗星に降り立った日

 昨日の記事で書いた、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機「ロゼッタ」と、着陸機「フィラエ」。目標天体のチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に「フィラエ」を着陸させる一大ミッションに挑みました。報道の通り、「フィラエ」は彗星に着陸しました!おめでとうございます!!

ITmediaニュース:着陸直前の彗星表面、写真公開 フィラエが撮影
 「フィラエ」が降下中に撮影。彗星まで3kmの地点です。

NHK:欧州探査機すい星に着陸 世界初
 パリではパブリックビューイングも開催。集まった市民は興奮。オランド大統領も駆けつけたとか。日本でいえば、「はやぶさ」を思い出させます。

sorae.jp:フィラエ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星へ着陸 成否は不明
 着陸はしましたが、機体を固定する「錨」が発射されず、固定できてない、と。
sorae.jp:着陸機フィラエ、彗星への着陸を確認 地表からの写真も
 しかし、その後、着陸後の彗星の画像も送られてきました。彗星に「フィラエ」の脚がついているのが写っています。無事成功です!おめでとうございます!!
Twitter:
Philae Lander ‏@Philae2014

 「フィラエ」公式アカウントの着陸後の画像付きツイート。
ESA: Space in Images:Welcome to a comet
 もっと大きな画像もあります。

 画像を見ると、随分とゴツゴツ、デコボコしている(当初の着陸予定地点からずれてしまったようです)。これが彗星の核の部分なのか。彗星は氷と岩石などが固まった「汚れた雪だるま」などと呼ばれています。でも、色は岩石に近い感じ。内部に氷があるのだろうか。それは、これから「フィラエ」が観測してくれると思います。楽しみにしています。

 彗星といえば、昨年のアイソン彗星を思い出します。ちょうど今頃だった。大彗星になるか…と思ったら、核が崩壊して、消滅してしまった。ヘール・ボップ彗星や百武彗星を観たように、アイソン彗星も観るぞ、と思っていたら…。天体望遠鏡での観測も難しく、結局観られずに終わってしまった。同時期に観られたラブジョイ彗星も、画像でしか確認できなかったなぁ。

 遠くから観ると、尾を引いて神秘的な彗星ですが、核に降りて、間近で観るとこうも違うのか。凄いなぁ。まさか、無人であれ、彗星に降り立つ日が来るなんて。「ロゼッタ」と「フィラエ」は、彗星探査の新しい可能性を切り拓き、示してくれた。本当に凄いよ。

 また、続報が次々と来ると思います。今後も気をつけて、がんばるんだよ。見守る視線で応援したくなります。というのは、これのせいだ。
NAVERまとめ:【ようこそ彗星へ】彗星探査機ロゼッタと着陸機フィラエのツイートがかわいい!
 ロゼッタとフィラエはそれぞれ公式アカウントを持っています。そして、ニュースでも積極的に紹介されていますが、可愛いアニメキャラクタになったロゼッタとフィラエの動画や、ツイートにつけられるイラストが可愛い。2機で会話しているツイートも可愛らしい。
 日本の宇宙機「あかつき」や「イカロス」、「みちびき」などのアカウントも、キャラクタ化されて会話するようにツイートしています。ESAの担当の人は、日本のこれらのツイートも参考にしたそう。日本お得意の擬人化、ゆるキャラが海外…宇宙進出?この可愛さに、ヨーロッパらしい洗練されたデザインや演出がついて、解説アニメ動画はとてもわかりやすい。お手本にしたという日本の広報よりもうまいんじゃないか?とも思ってしまいました。

 記念に、イラストを描いてしまった。
f0079085_2373699.jpg

 公式の雰囲気と何かが違うんだよなぁ…。また自分キャラデザになってしまったのかw簡単なようで難しかったロゼッタとフィラエ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-11-13 23:09 | 宇宙・天文

今度こそラブジョイ彗星を観たい! 第3夜+星空を見渡せば

 11月に観測した以来、月明かりや天候で再挑戦できずにいた彗星観測。しかも、その間にアイソン彗星は宇宙に消えてしまいました。さよならアイソン彗星…。でも、まだラブジョイ彗星(C/2013 R1)は観測できます。今日未明、月明かりも無く、天気が良かったので早起きして、再びラブジョイ彗星探しにチャレンジです。♪始めようか天体観測 ほうき星を探して~(BUMP OF CHICKEN「天体観測」定番です)

【これまでの彗星観測・彗星関連記事】
・探してみた第1回:若田さんのISSを見よう +2つの彗星はどこだ!?
・探してみた第2回:見えてる?わかる?ここにある? ラブジョイ彗星&アイソン彗星を観たい!第2夜
アイソンの消えた空に
 
アストロアーツ:2013年12月 ラブジョイ彗星が明け方の空に見える
国立天文台:ほしぞら情報2013年12月
Togetter:ラブジョイ彗星は見逃したくない人のために
 ↑アイソン彗星の探し方・見方のポイントも解説してくださった倉敷科学センターの学芸員さんが、ラブジョイ彗星の探し方も解説してくださってます。

 ちなみに、寝る前も星空がきれいだったので、しばし星見。
f0079085_20573022.jpg

 オリオン、おおいぬ・シリウス、こいぬ・プロキオンの冬の大三角と、ふたご座と木星。
f0079085_20582663.jpg

 五角形のぎょしゃ座と、プレアデス星団(すばる)とヒヤデス星団のおうし座。昨日の「星座シリーズ切手」第4集・冬の星座を買った方は、切手と見比べてみてね。


 さて、ラブジョイ彗星は、現在うしかい座に位置しています。上記サイトで位置を確認。空を見たら、満天の星。とてもきれいな星空でした。うしかい座も確認。このあたり…と目印となる星を確認して、双眼鏡、そして天体望遠鏡で見て探します。
 が…、その目印となる星を、望遠鏡の視野に導入できない…orz どれだ、どの星だ?わからない…。上記探し方まとめに書いてあるように、根気強く、じっくりとそれらしき星を探しますが…全然わからない。
 ダメもとで画像を撮ってみました。コンパクトデジカメの星空モードで、30秒間の撮影です。
f0079085_2044998.jpg

 丸の中、淡い星がうっすらと写っています。他の星は拡大してもはっきりしているのに、この星は淡くぼんやりしている。もしかして、これ?twitterで天文クラスタさんに聞いてみたところ、これでした!!やった!!
 自分の目で見ることは出来ませんでしたが、ラブジョイ彗星撮ったどー!!核も尾もはっきりと撮影した、まさに彗星の姿の画像ではありませんが、それでもこの画像でも他の星と雰囲気が違うのがわかる。撮影できたのも嬉しい。一歩前進です!

 この時は彗星探しも諦めモード。もういいやと星空を眺め始めました。
f0079085_20493413.jpg

 しし座。獅子の足元には火星がいます。
 このしし座を見ていた時、明るめの流星が。流れ星!今の明るかった!と思ったらまたすぐにしし座に流れ星がもうひとつ。おお、2つも。と思ったら、空のあちらこちらでひゅんひゅん流れている。あっちにも、こっちにも。30~40分程度の間に、10個程度流れていました。明るめの、流星痕もあるものも2個。流星群…ふたご座流星群にはまだちょっと早いはず。でも、ふたご座方向のものもあったり、そうでないものもあった…。はて、これは一体なんだろう…?と思ってしまいました。既に、ふたご群は流れ始めているようです。月明かりも無く、澄んだ空だったので見つけやすかったのかも。久々に多めに流れ星を見られました。嬉しい。

f0079085_205304.jpg

 更に、人工衛星もよく見えました。5個ほど。うしかい座アルクトゥールスのそばを通過してゆく人工衛星。暗めです。時刻をよく覚えていないので、何の衛星か調べられず。

f0079085_2053635.jpg

 西の空のふたご座。木星がとても明るいです。この画像にも、右上方向に人工衛星の軌跡がうっすらと写っています。

 雲が出てきたので撤収。
f0079085_20593281.jpg

 星見の夜が明けました。きれいな夜明け。

 結局、今回もラブジョイ彗星を自分の目では見られませんでしたが、流星と人工衛星も多めに見られたし、冬の冷たく澄んだ空気の中の星空を堪能できたので、これはこれで楽しかったです。後から、ラブジョイ彗星も撮影できていたことも判明したので、尚更楽しかったです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-12-05 21:06 | 宇宙・天文

アイソンの消えた空に

 11月29日のアイソン彗星近日点通過について、記事にしようと思っていたのですが情報が錯綜して追いきれず、更に私も昨日は出かけていてチェックできず、今ごろになってようやく状況をつかめてきました。

SOHO Hotshots
 NASAとESAの太陽観測衛星「SOHO」の最新情報サイト。「Latest images from LASCO C3 and C2」をそれぞれクリックすると、最新の観測画像が見られます。
Astronomy Picture of the Day (APOD):2013 November 30:Surprising Comet ISON
 観測画像を繋げて動画にしてあります。

 現在の画像を見ると、もう彗星のダストも無くなってしまっています。近日点も無事通過して、大彗星に大化けして、見事な尾の姿を今度こそ見る!と思っていたのですが…。残念です。

国立天文台:アイソン彗星
 日本語での最新情報はここで。

 しかし、彗星が近日点通過で崩壊してゆく様を観測できるのも、珍しいこと。彗星の研究をしている天文学者にとっては、絶好の機会でもあります。自分の眼で見るチャンスは無くなっちゃったけど、アイソン彗星が残してくれた貴重な観測データで、彗星や太陽系の謎に迫り、また新たな謎が生まれる。そんなチャンスが出てきた。もう見えないけど、確かにそこにあったであろうアイソン彗星に、ありがとうとさよならを伝えたい…なんてちょっと感傷的なことを思ってしまいました。

f0079085_173225.jpg

 そのアイソン彗星が近日点通過をした11月29日の夜に撮影した、オリオン座とシリウスです。雪が降っていたのですが、この時は晴れて、見事な姿を見せてくれました。
 ふたご座には木星もいて、望遠鏡で見れば4つのガリレオ衛星や縞模様も楽しめます。明るいので、ただでさえ明るく煌びやかな冬の星空がますます賑やかになりました。
 12月に入り、もうそろそろふたご座流星群の季節です。流星群の中でも、私はふたご群が好きです。冬の凍りついた空、煌びやかな冬の星座の中を流れる流星。まさにキーンと高い音が聞こえそうな(実際は聞こえませんよ)。
 アイソン彗星はもう観測できなくなっちゃったけど、宇宙にはまだまだ見るものがたくさんあります。彗星も、ラブジョイ彗星は観測できます。初心者も肉眼ですぐわかる(慣れた人ならわかるらしい)ほどではないけれど、明るい彗星です。
アストロアーツ:ラブジョイ彗星が肉眼等級に
アストロアーツ:2013年12月 ラブジョイ彗星が明け方の空に見える
Togetter:倉敷科学センターの中の人によるアイソン彗星の観察のポイント
Togetter:@C6H5NH2 さんの「アイソン彗星・明るさの読み解き方」
togetter:アイソン彗星を見るための心得
 アイソン彗星と書いてますが、ラブジョイ彗星や他の彗星の観測でも通じるところがあるので、参考資料にどうぞ。「肉眼彗星」って何?「彗星ってどう見えるの?」「どうやって見つけたらいいの?」そんな疑問の答えが書いてます。

 さぁ、晴れた夜は寒さ対策をバッチリして、星空を見上げましょうか。宇宙は、いつも、頭の上に。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-12-01 17:44 | 宇宙・天文

アイソン彗星を見られないので

 太陽にどんどん近づき、明るさも増してきているというアイソン彗星(C/2012 S1)。前回の観望後はずっと天候が悪く、雲が切れません。しかも、東の低空は家から見えず、地形も開けていない…。

【観望の様子】
若田さんのISSを見よう +2つの彗星はどこだ!?
見えてる?わかる?ここにある? ラブジョイ彗星&アイソン彗星を観たい!第2夜

 図書館に行ったら、アイソン彗星特設コーナーがあって、ちらしも置いてあったので、悔しいので貰ってきました。
f0079085_2204489.jpg

f0079085_2205636.jpg

 このチラシは、キャンペーンサイトでDL出来ます。
アイソン彗星を見つけようキャンペーン
 彗星を探したら報告してね。見えても見えなくても報告できます。

Togetter:倉敷科学センターの中の人によるアイソン彗星の観察のポイント
 彗星を探す時、見る時はこれを是非参考にしてください。ぼんやりと、淡いので、根気よく。
(粘って粘って探したんだけどなぁ…それでも見られなかった私は一体…。)

 今後も悪天候が続きます。11月29日に最も太陽に近づき、地球から見て太陽の裏側を通過し、そのまま彗星が残っていれば12月にまた観望チャンスがあります。太陽の熱で彗星が崩壊せず、残っていればの話ですが…。あと、天気も、12月に入ると雪が…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-11-21 22:11 | 宇宙・天文

見えてる?わかる?ここにある? ラブジョイ彗星&アイソン彗星を観たい!第2夜

 今見ごろのラブジョイ彗星(C/2013 R1)と、だんだん明るくなってきたという話のアイソン彗星(C/2012 S1)。昨日は観ようとしたが、どれが彗星なのかわからず、観られないまま終わってしまった。
・昨日の様子:若田さんのISSを見よう +2つの彗星はどこだ!?
 今日未明も晴れたので、再挑戦。リベンジです。今度は観る。

 まずはラブジョイ彗星。
アストロアーツ:2013年11月 ラブジョイ彗星が肉眼等級に
 しし座の上の「こしじ座」(小獅子)にあるのですが…まずそのこしじ座がわかりにくい。1960年、ヘベリウスが創設した新しい星座。おおぐま座としし座の間にあるのですが…。
 星図を確認して、外を見た…明るい。月で明るい!明日は満月。満月前の月が、夜空を明るく照らしています。明るいしし座ですら、辿るのが難しい。月の無い空なら、しし座は楽に全体を辿れる。こしじ座も夜空に目が慣れれば、見つけられるのに。
 これは厳しい…と思いつつ、星をひとつひとつ双眼鏡で観て、確認する。どれが彗星だろう?やっぱりわからない。これか?これかな?と思いながら見つめるも、彗星らしきものがどれなのか、「わからない」。彗星がどんなものなのか、自分が「認識できてない」。ツイッターで検索すると、ラブジョイ彗星は見えた、明るく見えた、とある。…何故私にはわからないのだろう。何が足りなくて、「わからない」のだろう。悔しい。
f0079085_154139100.jpg

 この、しし座とおおぐま座の間のどこかに…。


 寒いので一旦撤収して、アイソン彗星が昇ってくるのを待ちます。

アストロアーツ:アイソン彗星特設サイト
国立天文台:アイソン彗星
アイソン彗星を見つけようキャンペーン

アストロアーツ:アイソン彗星が肉眼等級まで急増光! 18日の明け方、スピカが目印

 おとめ座のスピカを目印に探します。
f0079085_15432242.jpg

 今度は望遠鏡も出してきて探します。もうこうなったら本気出す。自分が持ってる最高の道具出す。望遠鏡のファインダーは天体観測向きの双眼鏡と同じぐらいの口径・倍率・視野なので、ファンダーも使えます。

 スピカを目印に探したのですが…やはり、どの星がアイソン彗星なのか、「わからない」。確かに、このあたりにあるはず。見えない?でも、ここにあるのに…。「わからない」。ツイッター検索をすると、アイソン彗星は見えない、見づらい、ようやく見えた…と。厳しいですね。もっと明るくならないかなぁ…。

 そして、夜が明けました。
f0079085_15484975.jpg


 「見える」「見えている」とは別に、その「見える」もの、「見えているもの」が何なのか「わかる」か「わからない」か。そんなことを考えながらの彗星探索でした。とにかく月が明るかった。ふたご座にある木星や、月を観ているほうがよかったかもしれない。
 ちなみに、流れ星を2つ見たような気がしました。彗星探しに集中していたので、あれ?今流れた?という感じでしたが。今はしし座流星群の時期。月明かりで見づらいですね…。
 あと、国際宇宙ステーション(ISS)の可視パスもあったのですが、彗星探しに一生懸命で忘れてました。若田さんのISSが…。それほど高度の高い、よい条件の可視パスではなかったのですが、明るいISSなら見えたはず…。

 彗星も、ISSも、見えるものを見落とす、「わからない」…悔しい星見の夜でした。
 ラブジョイ彗星はまだまだ見ごろが続くと思います。アイソン彗星は、これからどんどん太陽に近づいていって、明るさも増しますが高度は低く見つけ難くなります。どこまで明るくなるか。
 今後はまたお天気が崩れる予報。晴れた夜、また挑戦したいです。このままだと、春のパンスターズ彗星の二の舞だ。きっと今度は見よう。見たい。

【追記 2013/11/18】
 天体観測初心者・彗星観望初心者向けの、彗星を観るポイントがまとめられてました。
Togetter:倉敷科学センターの中の人によるアイソン彗星の観察のポイント
 双眼鏡で観た時どう見えるか、画像を再現したものの説明がわかりやすかった。これをもっと先に知っていれば…。
 これを思うと、1996年の百武彗星、翌1997年のヘール・ボップ彗星は一体なんだったのかと思います。この2つの彗星を、私は確かに観ました。こんなぼんやりとした光の玉ではない、彗星の姿をしていました。とんでもない大彗星だったのだなと思います。
 この2つの彗星レベルの大彗星、来ないかな…これからアイソン彗星は大彗星になるのかならないのか…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-11-17 16:01 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索