タグ:星空写真 ( 184 ) タグの人気記事

冬の星座と春の星座を同時に

 昨晩、寝る前にふと窓の外を観たら、きれいに晴れていました。爆弾低気圧が去った後の、澄んだ冬の星空。しばし星見。

 南の空にはオリオンが堂々と。
f0079085_2223097.jpg

 屋根の上にはシリウスも。煌びやかですね。

 東の空を見ると、春の星座のしし座が。
f0079085_222458.jpg

 ひときわ明るいのは木星。「獅子の大鎌」をたどってみてね。
・参考過去記事:大雪の合間の星空

 北の空には北斗七星。秋から冬にかけては、よほど北の地域でなければ、地平線下で見えない、もしくは低過ぎて見えません。北斗七星が見えると、春を感じます。冬至もまだ、冬はまだまだこれからですが。
f0079085_2228569.jpg

 柄の一番端っこの星が切れてしまった…。その隣の星は、肉眼でも確認できる二重星、ミザールとアルコル。上記過去記事で二重星のことを書きましたが、ミザールとアルコルは忘れちゃいけない。ミザールを口径5cm程度の望遠鏡で観ると、もうひとつ星を確認できます。ミザールBと呼ばれ、ミザールAとBはさらにそれぞれ連星を持っていることがわかっています(残念ながら普通の望遠鏡では観測できません)。さらにアルコルも二重星。複雑な連星系であることがわかっています。

 冬の星座と春の星座を同時に楽しむ。お得な気分です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-19 22:40 | 宇宙・天文

寒波で惨敗ふたご座流星群…と久々の星見

 ふたご座流星群の季節がやって来ました。しかし、寒波の影響でずっと雪、雪、雪…。極大の14日も雪。惨敗でした。仕方ない。お天気には勝てません。

 しかし、昨晩は晴れました。夕方には、久々に国際宇宙ステーション(ISS)も見られました。まだ空の明るい時間帯でしたが、ISSは明るくはっきりと見えました。本当に久しぶりです。
 その夜も晴れて、久々に星見出来ました。ふたご群、まだ見られるかな…?と見ていたのですが、流星らしきものを一瞬見ただけで終わってしまいました。鳥のような広い視野があればなぁ…と心から思いました。この時、探し物をしていて、ゆっくり観測できなかったのが残念。

f0079085_22392713.jpg

 オリオンとシリウスの雄姿を拝める季節になりました。ずっと見ていても飽きません。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-16 22:41 | 宇宙・天文

大雪の合間の星空

 突然の大雪で、雪かきに追われています。今日は小康状態でしたが、昨日は酷かった。止む間も無く、どんどん降る、どんどん積もる。当然空は一面の雪雲。昨日は満月でしたが、これは無理だ…と思っていました。

 寝る前に、窓の外を観たら晴れ間が。満月は空高く、天頂近くで真ん丸く、明るく輝いていました。冬の月は高い。その月明かりに照らされた真っ白な雪で外が明るい。そして空気は澄んで凍るよう。この空気の中で、星見をするのは格別です。寒いけど。防寒対策を徹底して。

 東の空を観ると、ひときわ明るい星が輝いていました。木星です。
f0079085_2243537.jpg
f0079085_2244458.jpg

 わかりやすいように、解説文字入り版もつくりました。
 今、木星はしし座に位置しています。しし座は春の星座。冬が始まったばかりだけど、夜も更けてくると春の星座が東の空から昇ってきているのです。わかってはいるけど、実際に見ると驚きます。雲間からしし座の一等星・レグルスもはっきりと。2等星のアルギエバは、二重星。小口径の天体望遠鏡で観ると、2つの星が寄り添っています。二重星というと、はくちょう座のアルビレオが有名ですが、しし座のアルギエバもいいですよ。あと、うしかい座のプリケルマ。
 しし座の目印は、「獅子の大鎌」と呼ばれる、?マークを裏返しにした、獅子の頭の部分。この解説文字を入れるのに調べたのですが、「Lion's Sickle」と書かなくても、「The Sickle」で「獅子の大鎌」の意味になるそうです。なるほど。これで外国の方にも星空案内できる…かな(英会話不安)

 雪雲の晴れ間は短いですが、そこも冬の星見の楽しみです。そろそろふたご座流星群の季節ですね。12月14日が極大ですが、その前後でも流れていると思うので、晴れていたら観測してみてくださいね。流星群観測は月明かりが問題ですが、これからは夜遅くに月が昇ってきます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-07 22:32 | 宇宙・天文

ISS撮影は奥が深い… +太陽黒点が見ごろです

 昨日に引き続き、今日も国際宇宙ステーション・ISSが見ごろです。お天気もよく、今日も星見日和。

 西の空から昇ってきたISS。今日は高くまで昇ったので、長い時間観られました。観ながら、いつものようにコンパクトデジカメで撮影。はっきりと明るいISSの輝きに魅入っていました。そして、東の空に沈みながら減光し見えなくなりました。

 さて、撮れたかな…と確認したら…あれ、うまく撮れてない。最初の西の空から昇ってきたあたりは途中で切れている。何とかまともなのが、東の空に向かい減光していくこれ。
f0079085_224316100.jpg

 最後が切れてしまっている…。しかも、減光しているいいところで!ISS撮影は難しいなぁ。
 このISSは、ペガススの四辺形を抜け、減光しながら下に向かっています。画像右には、「三ツ矢サイダー」のマークに似ているみずがめ座の4つの星も写っています。
 昨日は春の星座とともに撮れましたが、今日は秋の星座とともに撮れました。残念構図ですが…。ISSは何度観ても、何度撮っても、同じものにならないのが面白く、奥が深いです。

*****

 さて、今、太陽には地球の直径の10倍という大きな黒点が出ています。日食グラス(日食メガネ)でも観られるということで、観てみました。太陽に黒いほくろのような点がはっきりと見えました。残念ながら画像は今日は撮れず。明日チャレンジできたらチャレンジしてみます。
アストロアーツ:太陽に巨大黒点が出現中
宇宙天気情報センター(NICT):黒点情報

 2009年、2012年の日食の時、使った日食グラスは保存してありますか?こんな黒点観察でも使えます。観測する際は、日食観測と同じように、必ず日食グラス越しで観ること絶対に、肉眼や双眼鏡・望遠鏡で直接見ないでください。日食グラスを使っても、長時間連続の観測は眼を傷める危険性があります。短時間、休み休み観察しましょう。もし、疲れや何らかの異変を感じたら、すぐにやめましょう。お子さんが観察する際は、必ず太陽観察の注意を理解した大人の人と一緒に。お子さんにも注意を説明しましょう。
 黒点を観測する時は、安全第一で!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-25 23:06 | 宇宙・天文

秋に、春の星座を渡るISS

 久しぶりに国際宇宙ステーション・ISS観望です。きれいに晴れていて、ISS観望にも、星見にも絶好の空です。

f0079085_22464384.jpg

 西の空から昇ってきたISS.ISSが向かう先にはかんむり座が。7つの星が半円状に並んでいる、小さいけれども見つけやすい星座です。かんむり座は春の星座。日没後には、まだ春の星座も見られます。

f0079085_2247408.jpg

 更に昇り、ヘルクレス座のあたりですーっと消えるように減光し、見えなくなりました。この減光する様を撮影できてよかった!

 これから、ISSにはアメリカ・オービタル・サイエンシズ社の「シグナス」補給船と、ロシアのプログレス補給船が向かいます。シグナスは28日打ち上げ、プログレスは29日打ち上げです。シグナス補給船は、日本の補給船「こうのとり(HTV)」と同じように、ロボットアームで一度把持されて、ISSに取り付けられる方式です。ISSの宇宙飛行士たちは、これから忙しくなります。

 明日も、東日本でISSがよく見えます。27日は全国で。シグナスやプログレスも見られたらいいな。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-24 22:55 | 宇宙・天文

【2014.10.8 皆既月食】報告編 赤銅色の淡い満月

 昨日の皆既月食から一夜。昨日の報告を書こうと思います。

・準備記事:【2014.10.8 皆既月食】準備編 皆既月食をもっと楽しく観るために
・昨日のとりあえず報告記事:【2014.10.8 皆既月食】とりあえず報告、赤銅色の月

 昼間。空は曇り、雨まで降ってきた。おいおい、大丈夫か。夜は晴れる予報だが、本当に晴れるのか…雲の動きの予報と空とにらめっこ。夕方になると、雲が消え、夜になったら晴れました。おお、やった。
 一昨日打ち上げられた気象衛星「ひまわり8号」が運用されれば、もっと詳細なデータで詳しい予報も出来るようになりますね(運用開始は来年夏)。天体観測でも心強い存在になりそうです。
・ひまわり8号に関して:心強い存在に H2Aロケット25号機&「ひまわり8号」打ち上げ


 夕飯を食べ、片付けて、せっかくなので外で、天体望遠鏡を使って観測することに決めました。家の窓からでも十分観望出来るのですが、時間帯、皆既食の長さ、どれをとってもこんな好条件の皆既月食は無い。一人で外で望遠鏡を持ち出して、安全面は大丈夫だろうか…と思ったのですが、思い切って行くことに。場所は、住宅街の公園。広場があって、ウォーキングや犬の散歩をしている人も多いので安全面も大丈夫。車に望遠鏡を積み込んで移動。この時、既に部分食は始まっていました。

 移動の途中、ISSの可視パスの時間に。スーパーの駐車場に車を止め、空を見上げます。買い物帰りの人が部分食の月を観て、携帯で画像を撮っていました。これからもっと面白くなるよ!と思いつつ、私はISS.カメラを用意して待ちます。
 最初のほうは見えたのですが、仰角最大の時は雲の中…。画像も撮れませんでした。残念。でも、今日のメインは皆既月食。観望場所へ向かいます。

 着いて、手早く望遠鏡を組み立てます。同じ広場には、大きな口径の望遠鏡を複数台用意して、既に観測している人も。凄い機材だ。…後で見せてもらえないかな…。また、一眼レフカメラを三脚にセットして、撮影している人もいました。

 これまで皆既月食は何度か観てきましたが、望遠鏡で、しかも自分の望遠鏡で観るのは初めて。どんな風に見えるんだろう…?セットして、月を導入、観て、驚きました。普段は明るい満月が、暗い。クレーターの見え方も何かいつもと違う。皆既になりつつある月を、望遠鏡越しに、時々肉眼で、更にコンパクトデジカメで撮影もして観ていました。

f0079085_2046733.jpg

皆既食前の月をコンパクトデジカメで。

 せっかく望遠鏡を持ってきているのだから、望遠鏡越しの画像も撮りたい。スマートフォンのカメラを望遠鏡の接眼レンズに当てて撮れないか…あれ、うまくいかない。苦戦しました。
f0079085_20485274.jpg

 何とか撮れた皆既食前。

 そして19時24分、皆既食のはじまり。赤銅色の月はどんな色…とても淡い、暗い赤黒い月でした。
f0079085_20493729.jpg

 皆既前半。

f0079085_2050452.jpg

 皆既食最大の頃。上の画像と色を比べてみてください。ちなみに、昨日の画像は明るさを補正しましたが、この記事の画像は補正なしです。

 今回の皆既月食では、天王星もそばに見えるチャンス。私も挑戦してみました。望遠鏡のファインダーでそれらしき星を探し、望遠鏡で導入。多分、天王星だったと思います。画像も撮れなかったので確認しようがない。他の星と同じように、光の点でした。

 そんな月に魅入っていたら、ウォーキング中の方に話しかけられました。「見せてもらっていいですか?」勿論!!どうぞどうぞ、観てください!!(自分から声はかけなくても、声かけてくれたら喜んで見せるのにな…と人が通りかかる度に思っていましたw)その方、観て「凄い…!!」つい嬉しくなって、皆既月食の仕組みやら、今回の月食の見どころ、秋の星座とエチオピア王家の星座物語などを熱弁してしまいましたwああ…マニアの性…w喜んで聞いてくださってありがとうございます。翌日(今日)もISSがよく見える、可視パスの条件がいいことを思い出して、「国際宇宙ステーションを肉眼で観たこと、あります?」と聞いてみました。えっ?見えるんですか?見えます見えます!どんな風に見えるかを説明し、携帯でJAXAのサイトを表示して説明しようと思ったら…あれ、繋がらない?何回やっても繋がらない。あれ?アクセス過多でパンクしてる?いや、皆既月食にISSは関係ないでしょ。あれ…何故だ…仕方なく、JAXAのサイトでどう進むかを口頭で説明。その方、今日、ISS観てくれたかな…観ててくれてたらいいな…。

 普段は星猛者の天文仲間さんたちと観望会を開いているので、説明で困った時はサポートしてもらえる。でも、今回は一人。皆既月食の仕組みはようやく理解できたのに、人にわかりやすく説明できたのか…。何とかがんばりました。何事も経験です。私も準資格だけど「星空案内人」の講座は受けた、観望会での解説もこなしてきた。これからも、自分でもっと楽しく観るためにも、誰かと一緒に観るためにも、勉強を続けようと実感しました。望遠鏡ももっと使えるようになろう。

 その後で、気になっていた凄い機材で観測中の方ともお話して、見せていただきました。動画を撮影中。ずっと月を追尾して(追尾するためには、赤道儀や電動式の追尾用モーターなどを望遠鏡に取り付けます)、最初から最後まで記録するのも面白いな。晴れてよかったですよね、などと雑談も。本当に晴れてよかった!

 そろそろ皆既食も終わる頃。
f0079085_21121874.jpg

 前の2枚と色、光の当たり方が違いますよね。

 そして、皆既食終了。
f0079085_21134067.jpg

f0079085_21165437.jpg

 徐々に明るさが戻りつつある月もきれいでした。

 途中、月が雲に隠れてしまったので、はくちょう座の二重星アルビレオを観てみることに。一発で導入できました!青とオレンジの星が寄り添っている。美しい。先日感想を書いた天文漫画「星の案内人」2巻でも登場します。きれいです。
f0079085_21225894.jpg

 夏の大三角も撮影しました。秋ですが、まだまだきれいに観られます。

・「星の案内人」2巻感想。星見の魅力の詰まった、天文入門にいい漫画ですよ:星の案内人 2


 部分食の途中で撤去して、帰宅。安全に観望を終えることが出来ました。途中月が雲に隠されるも、すぐに雲は流れ、たっぷり観察できました。望遠鏡を持っていってよかった。皆既食の時間は1時間、ゆっくりできるなと思っていましたが、望遠鏡で観て、肉眼で観て、撮影して…あっという間でした。途中、通りがかりの人と話できたのもよかった。もっと人通りの多いところで観望会でもよかったのですが、一人でさばける自信がなく、今回はゆっくりとできました。観望会は、またの機会に。

 さて、月食を観た人も、お天気がいまいちで観られなかった人も、国立天文台の報告サイトで報告してください。
国立天文台:皆既月食を観察しよう2014 キャンペーン

 次の日本で観られる皆既月食は来年4月4日。全国で観られます。が、皆既の時間がたったの4分。それは忙しい。
アストロアーツ:8日の皆既月食 秋空に浮かんだ赤い月
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-09 21:35 | 宇宙・天文

夜明けの月と木星

 早朝、夜が明ける頃に目が覚めることが時々あります。外を見ると、澄んだ明けゆく空に星や月が輝いています。これまでも何度もあったのですが、窓を開けてカメラをセットするところまで行かなかった。朝は寒くて。今日は窓を開けてカメラをセットできました。

f0079085_2254789.jpg

 東の空に細い月。月齢26.逆の三日月です。画像の上には小さい光の点。木星です。

 夜に観る星もいいですが、夜が明ける頃の星空もいいものです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-09-21 22:58 | 宇宙・天文

明けと宵の惑星たち

 夜明け前、目が覚めたので外を観たら快晴、満天の星空。眠かったのですが、こんないい星空はないと星見開始。
f0079085_2155430.jpg

 まずはオリオン座。晩夏のオリオン…いいですね。これを撮影している間、プレアデス星団(すばる)の方を観ていたら、短い明るい流星が。散在かな?人工衛星も見えるかなと思ったのですが、何も見えませんでした。

f0079085_2157344.jpg

 そのプレアデス星団と、ヒヤデス星団。星の数がすごい。月並みな表現ですが、宝石を散りばめたよう。

f0079085_2158359.jpg

 もう一度オリオン座。シリウスも。空が徐々に明るくなってきました。

f0079085_21592396.jpg

 夜明けの空の木星と金星。先日よりもまた離れたような。
 そのまま夜が明けました。きれいな、清々しい夜明けでした。

 そして、日没。日没もきれいに晴れています!今度は南西の空、土星と火星と月。あまりきれいに撮れなかった。
f0079085_221113.jpg

 土星と火星に、月が昨日よりも近づいています。毎日観察することで、こんな星の動きを比べることが出来るのが楽しい。
・昨日:ようやく撮れた土星・火星+月
 この時間、夏の大三角は天頂に。東の空からは秋の星座たち。明日から9月。壮大な神話が夜空に描かれる季節です。

 朝から晩まで、星見堪能の一日でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-08-31 22:05 | 宇宙・天文

ようやく撮れた土星・火星+月

 まだまだ見ごろの日没後の南西の空の土星・火星の共演。今日、また観られました。そしてようやく撮影もできました。
・以前の記事:土星と火星の共演が観たい

f0079085_22114777.jpg

 上が土星、下が火星。色の違いははっきりとは出ていませんが、下の火星の方が赤っぽいのが少しわかります。西の空には三日月(月齢4.5)も。明日はもっと近づきます。
 今日はじっくり観られる、と撮影しながらしばらくの間観ていました。

f0079085_22133536.jpg

 月だけ。電線に引っかかってます。地球照もわかりますね。太陽の光を地球が反射して、38万km先の月に届き、陰の部分を照らしている。何度思い起こしても、凄いなぁ、面白いなぁと思います。

 この後、月は雲に隠れてしまいました。隠れる前に撮れてよかった!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-08-30 22:18 | 宇宙・天文

夜明けの木星と金星

 先日書いた日没後の火星と土星は、観れたけれども画像は撮れないまま。画像が撮れなくても、自分の眼で見ているからいいか。一方の夜明けの木星と金星ですが、今朝、4時に目が覚めたので観ることが出来ました。
・先日の記事:土星と火星の共演が観たい

 まだ空は少し暗い。北東の空、木星は見えていますが金星はまだ空低い位置にありました。南東の空を観ると…
f0079085_22190215.jpg
 オリオン座が見えていました。画像下の明るい星は、おおいぬ座のシリウス。晩夏に冬の星座が見える。あと何ヶ月かすると、日没後にこの星座が見える季節がやってきます。

 徐々に空は明るくなり、金星も徐々に昇ってきました。
f0079085_22222900.jpg
 上が木星、下が金星です。金星の方が明るいのがわかります。そして、徐々に木星もオリオン座も空の明るさに消えていきました。早朝の少しの間の時間の星見でした。


[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-08-28 22:28 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49
Im ~イム~ 6・7
at 2017-06-12 22:43
カリグラフィニブが楽しい
at 2017-06-10 22:49
お久しぶりISS
at 2017-06-06 22:23
まだ間に合う!?「GCOM-..
at 2017-05-30 23:26
ライラックの季節も過ぎて
at 2017-05-29 21:55
メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索