タグ:漫画 ( 166 ) タグの人気記事

ヴィンランド・サガ2


「ヴィンランド・サガ 2」(幸村誠、講談社・少年マガジンコミックス)

 やっと2巻を読みました。

 イングランド北部で、ヴァイキング・デーン人がイングランド人の襲撃に遭う。その後、アイスランドのトルフィンたちの村に大きな軍船がやってくる。北海最強の軍団・ヨーム戦士団とフローキは戦士団首領の命令で、かつて大隊長だったトルフィンの父・トールズにイングランドとの戦争に加わるようにと伝えに来たのだ。トールズは戦の最中に脱走し、このアイスランドに逃げ隠れ暮らしていた。村の男たちは戦に興奮するが、トールズは村を巻き込んでしまったと落ち込んでしまう。再び逃げれば村が襲われる。逃げられないと覚悟し、トールズは戦に行くことを決心する。
 一方トルフィンは父の過去を知ってか、強くなろうと思いつめていた。子供同士の戦ごっこでも力いっぱい“戦い”、年上の子を骨折させるほどだった。そんな中トルフィンは家の中で短剣を見つける。おもちゃではない本物の刃に見とれるトルフィン。しかし、父トールズは「お前に敵などいない。傷つけてよい者などどこにもいない」と言い諭す。だがトルファンは父が人を殺しに行くことを知っていた。複雑な思いのトールズ。そして、トールズと村の男何人か、そして忍び込んだトルフィンも乗せ船は戦場へ出発した。トールズは途中で村の男たちは降ろし、ひとりで戦場に向かうつもりでいたが。
 そのトールズたちの船が一度立ち寄る予定の島にはフローキとヨーム戦士団、そしてアシェラッドの一味がいた。フローキはアシェラッドにトールズを暗殺するよう頼んでいたのだ。裏があると読みながら了承するアシェラッド。そしてトールズたちの船がその島に到着した。


 この巻でトールズの過去と死の謎、トルフィンとアシェラッドとの出会いが明かされる。とにかく、トールズが強い!!普段は穏やかなトールズの強さに圧倒された。しかし、そのトールズの「精神的な強さ」にさらに圧倒された。相手を殺すことで自分の強さを見せ付けるのではなく、それとは別な次元の「強さ」。戦士としての礼儀や磨かれた戦略、そして人間性。奥底には戦から逃げた過去の「弱さ」もあり、それがアシェラッドにチャンスを与えてしまう。それでも威厳あるトールズの死。…言うことなし。

 それにしても、幸村さんの「人間のドラマ」の巧さがたまらない。「プラネテス」にも通じるのだけど、近未来の宇宙であれ11世紀の北欧であれ、人間の生活やその中での想いが伝わってくる。舞台はフィクションでも、人間はノンフィクションに近い現実感。「ヴィンランド・サガ」は「プラネテス」よりも難しいんじゃないかと思う。「プラネテス」の方が現代に近いし、人の考え方も近未来とは言えそれほど変わってはいない。だが今回はずっと時代をさかのぼり、さらに北欧のヴァイキングと民族も違う。それなのにキャラクターの感情や考え方に説得力がある。生きている、現実感のある人間らしさがある。物語の舞台の設定や背景に「負けて」いない。中身もしっかりと充実している。そこが幸村さんの物語のよさだと思う。

 最後に個人的な見所。冒頭のトルフィンたち子供同士の戦ごっこが可愛い。死んだふりをするトルファンが「あーあ 戦場があっち行っちゃった」(8ページより)と言うところが特に。それから、ヴァイキングの人々が北欧神話の神々を信仰しているとわかるところ。先ほどの8ページでトルフィンの友達・ファクシの「天国にある戦士の館(ヴァルハラ:北欧神話の主神・オーディンの居城)では毎日お肉が食べ放題なんだってさ~~~」の台詞や、トールズがアシェラッドに決闘を申し込む時「全能のオーディンの名において貴様に決闘を申し込む」(174ページ)の台詞。ヴァイキングの人々にとって北欧神話はれっきとした宗教であったんだ。北欧神話はドロドロしていて怖いんだよなぁ…。巻末にある地図も北欧を知る手がかりになって興味深い。北欧の一つの側面としてこの漫画を読むのも面白い。


<追記>
 最初「少年マガジン」で連載されていたこの漫画、後に「アフタヌーン」に移籍したわけですが「アフタヌーン」と「少年マガジン」の単行本はサイズが違う。今後「アフタヌーン」のサイズの単行本で出したら1・2巻とサイズが合わないじゃないか…。ということで、「アフタヌーン」の単行本サイズで新装された1・2巻が8・9月に出るそうです。表紙も一新、さらにトルフィンの姉・ユルヴァがメインの4コマ「がんばれユルヴァちゃん」付き。…4コマ目当てで買います、マジで。あと、3巻は10月。楽しみ。

 もう一つ、この「ヴィンランド」というのは調べてみたらアメリカ大陸のことらしい。アイスランドの「サガ」の中にレイフおじさんのヴィンランド探検に関する記述があるそうだ。史実をもとにした漫画だったのね。面白そうだから調べてみる。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-06-27 20:48 | 本・読書

「ふたつのスピカ」イラストブック

「ふたつのスピカ」イラストブック(柳沼行、メディアファクトリー)

ふたつのスピカ イラストブック
柳沼行/メディアファクトリー/2006

 漫画「ふたつのスピカ」のカラーイラストを集めたイラスト集です。「コミックフラッパー」ではカラーでも、単行本では白黒になってしまった表紙イラストをカラーのまま収録。単行本派には嬉しい。さらに柳沼さんのインタビューにオリジナル星図、カレンダーまで付いている。柳沼さんの絵がとにかく好きなので、是非保存版に買いました。

 まずイラストから。アニメのエンディングで使用されたイラストや、コミックフラッパーの表紙、さらには限定で単行本に封入されていた、宇宙学校の学生証のコピーも付いているとは驚き。アニメはあまり観ていなかったのでかなり嬉しい。特にアスミ・ケイ・マリカの3人で笑っている絵がいい。ほとんど笑わないマリカの笑顔を見られる。最高。しかもマリカの目の色が緑であることもこれでしっかりと分かった。

 個人的に、宇宙学校の制服が好きなのでその色やデザインをカラーで堪能できるところに満足。女子の制服で、ブレザーなのに袖口にセーラー服みたいにラインが入っているのが面白いなぁとずっと思っていたのです。鉄道会社や飛行機のパイロットの制服っぽくて。リボンも細い方でなく、第5話あたりの太いスカーフのようなリボンが好き。当然夏服より冬服。(…これでは制服フェチであることがバレるではないか!)

 イラストのお気に入りは5話、34話、それから2005年7月号フラッパー表紙。表紙を開いて最初のページ・扉のイラストも良い。普段はCGで描いているそうなのですが、水彩色鉛筆のような感じが出ている。その柔らかさが好き。見ていて和む。心が殺伐としたら見たい本です。

 柳沼さんのインタビューも興味深い。どこかで読んだ話で、アシスタント無しで描いていると知ったのだが、やっぱり今でもアシスタントは無し。一人であれだけのものを毎月描くとは。むしろ一人で描いているからこそ、自分の表現したいものを追及できるのかも。掲載誌の「性格」も考慮して少し変わってしまっているらしいけど…。エンディングももう決まっている、か。ああ、どうなっちまうんだ。

 カレンダーと星図は使うと言うより観賞用。本にくっついていて、取るのが難しいのでそのままにしています。カレンダーにはキャラクターに関するちょっとした情報も。ファンには嬉しい。

 ところで、初期のアスミと現在のアスミを見比べると、初期の方が大人っぽかった…?と思う。髪の長さ、ヘアピンのせい?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-04-28 21:06 | 本・読書

ふたつのスピカ 10

 「ふたつのスピカ 10」(柳沼行、メディアファクトリー)

 スピカももう10巻。アスミたちは3年生になり、新年度が始まった。宇宙飛行士選抜試験を受けた秋を目当てにマスコミが入学式にやってくる。秋を一目見ようとする新入生もいる中、ケイはそのことが気に食わない。一方、喫茶店でアルバイトを始めたマリカ。慣れない接客業に困惑しつつも、少しずつ自分の可能性を広げていこうとする。また、かもめ寮にも新入生がやってきた。先輩としてしっかりしようとするアスミだが、その体型のせいかなかなか先輩としてみてもらえず悩んでいた。
 そんな中、宇宙学校に再び佐野がやって来る。


 まず、3年になって新たな展開が。ケイ→秋への想いはますますはっきりと。帰り道で秋のことを悪く噂する見知らぬ男子に向かって反論、ケンカになるあたり想いのまっすぐさが伝わってくる。ケイにとって秋は恋愛対象としてだけでなく尊敬の的でもある。ただの甘ったるい恋愛ものにさせない。そこが好きだ。

 そして、マリカ→府中野???ケイのマネをして「ふっちー」と呼ぶマリカ…。何だか面白くなってきました。府中野のアスミへの想いはどうなるんだ?いや、あれは恋心と言って良いのか???

 そして今巻一番の読みどころは佐野とアスミ父・トモロウの思い出話かと。先のケイと同じように、その想いがまっすぐ過ぎるからこそ起こしてしまった事件。なんとも切ない。そして明らかになっていく獅子号の闇…。出典を忘れてしまった上ににうろ覚えで申し訳ないのだが、こんな言葉を言った人がいた。「ロマンだけでは宇宙には行けないが、ロマン無しでは宇宙には行けない」 宇宙開発の現実と必要な技術と、その裏にうごめく様々な打算。それは一筋縄で解決できるものではない。でも、その基盤にあるのは宇宙を夢見る人々のまっすぐな思い。その思いがあるからこそ、その一筋縄でいかない現実を打破できるのだろうと感じた。


 最後に、最近どうも出番が少なくなってしまったライオンさんが、幼いアスミとの会話を回想するシーンの台詞を引用します。
「妥協っていうのはいつも夢の手前に置いてあってね
わりと手に入れやすいものなんだ
多くの人は生きていくために少しずつ少しずつ妥協を手にして
そして気づいた時には本当の夢からどんどん遠ざかってしまう」(146ページ)


 自分にとって妥協とは何だろう。自分の夢って何だったんだろう。自然と自問自答してしまった。


 で、同時発売のイラストブック。単行本を買った本屋には見当たらず、アマゾンでも在庫切れ。他を当たるか。それから、スピカには関係ないのだが宇宙飛行士関係の話題として、野口聡一さんの本がいつの間にか出版されたのだそうだ。しかもすでに3冊。自叙伝に飛行中の日記など。この出版の勢いは毛利さんや向井さんの旦那さん以上の勢いのはず。本屋で「スィート・スィート・ホーム」(木楽舎)は見かけて手にとって見たが、写真がもうたまらん。図書館に早く入らないかなぁ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-03-25 21:46 | 本・読書

注目の漫画2選

 今日は最近注目している漫画の話。立ち読みで前から気になっていた作品の単行本を、先日古本で買って読みました。どちらも面白かったので感想を。


「IS-男でも女でもない性」(六花チヨ、講談社kiss連載)


「IS」とは、“インターセクシャル”のこと。つまり、男性でも女性でもない性の事を指します。この作品はフィクションですが、実際にISの方に取材してその話を基に作られているそうなのでノンフィクションといってもいいかもしれない。IS当事者とその家族、友人、恋人が差別や無理解、ISをとりまく現実に向き合い、悩み、葛藤しつつ理解を得ようと奮闘する姿を描いています。

 ISとして生まれる確率は2000人に一人。生まれてISだと分かると、社会的偏見等を恐れて手術でどちらかに振り分けてしまう。でも、それでいいのか。ISはこの社会では生きてゆけないのか。ISとして生まれた意味があるはず。主人公たちの性に対する問いの鋭さにはっとします。特に2巻からの主人公・春の強さと優しさには胸を打たれます。




 もうひとつ。「ヴィンランド・サガ」(幸村誠、講談社アフタヌーン連載:以前は少年マガジン連載)


 「プラネテス」の作者の連載第2作。てっきりSF漫画家だと思っていたのですが、今作はヴァイキングの物語。
 世界各地で大暴れした男たち、後にヴァイキングと呼ばれる民族の中にトルフィンという少年がいた。彼は幼い頃耳にした伝説の大陸・ヴィンランドに思いを馳せる一方で、その男たちの中でも最強の戦士・アシェラッドに父の仇を討つことを誓う。

 1巻を読んだだけではちょっと分かりにくいかもしれない。でも、トルフィンの幼少時代の話で何となく方向が分かってきた。装備は短剣だけで俊敏に戦う勇ましさの裏で、亡き父への細やかな想いを持つトルフィンの心理に注目。戦闘シーンも細かいところまで迫力満点。普段こういう作品は読まないのですが、人間くさいところがいい。ヴァイキングの歴史として読むのも面白い。世界史は好きなので。


 どちらも堅い、重い内容だけれども深くて面白い。今後にも期待です。のんびりと単行本を追って読むことにします。特に「ヴィンランド~」は「プラネテス」と同じく、ゆっくり進むだろうからなぁ。じっくり作品を練っているから、展開が遅くても気になりません。むしろ急かさないで欲しい…。

 ちなみに、「のだめ」の最新刊が出たらしいですが買っていません。何と言ったらいいか…私の考える方向と、これからこの作品が向かうであろう方向が一致しないのです。要するに好みの問題。大ブームで冷めてしまったのもある。読めば面白いのですが、読んだ後に残るものがない。そのうちまた読みたくなるのかもしれませんが。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-01-28 22:26 | 本・読書

ふたつのスピカ9

「ふたつのスピカ 9」(柳沼行、メディアファクトリー)

 スピカの9巻が出ましたよ。自分のやりたいことをようやく見つけた桐生君は、アスミに別れを告げる。動揺するアスミ。その姿を見てやりきれない思いになった府中野は、テスト中にも関わらず会って来いと怒鳴りつける。それでようやく決心のついたアスミは桐生君を見送るために教室を飛び出した。
 一方、父の承諾が出て、宇宙飛行士選抜試験を受けることになった秋。一足早く夢への第一歩を踏み出した秋を見て、“仲間”でいられる時間が限られていることを知り戸惑うケイ。かけがえのない仲間である実感を抱きつつ、秋の試験が始まった。


 府中野がアスミに対して怒鳴るシーンは本当に見物。幼馴染として、迷惑がりながらもアスミをずっと側で支えてきた府中野だからこその行動だと思う。桐生君との回想シーンも切ない…。今まであまり語られてこなかったけど、府中野の今後が気になります。

 秋君の幼年時代も今まで語られることはありませんでした。秋君の存在自体がマリカ以上に謎だったりするのだが…。そんな秋君の内面が語られるのも嬉しい。

 何だかんだ言ってケイは本当にいい事を言うなぁと思う。実際に宇宙に行くことができるのは、ほんの限られた人数。本来ならライバルで勝ち負けがある世界のはずなのに、それを痛切に感じることがなかった。それを知っていてもやはり「運命共同体」とケイが言うように仲間であることには変わりないこの5人の友情に、本当に心が温かくなる。スピカのこういうところが好きですわ。

 読みきりの「コノハナ桜」もいい!そしていつも本編以上に?楽しみな「もうひとつのスピカ」も印象に強く残る。柳沼さんは切なさ、いとおしさを書くのが本当にうまい。一般受けはしないかもしれないけど(アニメ化はしたけれど)、読めば読むほど味が出る。こんなふうに人の内面を大切にしている漫画家がいるということがとても嬉しい。43話と44話の間にある小さなイラストも気に入った。



 続きが楽しみなのだが、その前に2月23日にイラストブックが出るのだと。今まで単行本では白黒にされてしまったカラーイラストが全てカラーで収録!柳沼さんのインタビューに、付録が特製星図にオリジナルカレンダー付ですって!!…これは買う…。カラーイラストが見たい。白黒じゃ悲しいもの。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-12-23 20:05 | 本・読書

ふたつのスピカ 8

「ふたつのスピカ 8」(柳沼行、メディアファクトリー)


 私の大好きな漫画です。1巻が出たとき「ダ・ヴィンチ」で紹介されていて、ちょっと興味を持ったので読んでみたら、まさにツボにはまりました。一言でいうなら、「純情SFファンタジー」といったところでしょうか。NHK教育でアニメも放送されています。(まさかアニメ化されるとは思わなかった。)

 2010年、日本初の有人宇宙ロケット「獅子号」が打ち上げられるが、打ち上げ後に爆発、市街地に墜落して大惨事となる。その事故に巻き込まれ、母を亡くした少女・アスミは、ある日神社の境内でライオンの被り物をかぶった青年と出会う。彼は「獅子号」の乗組員で死亡した幽霊。「ライオンさん」と名乗り、アスミ以外には見えない。ライオンさんから宇宙の話を聞くうちに、アスミは宇宙飛行士になりたいという夢を持つ。
 中学を卒業したアスミは、宇宙飛行士の夢をかなえるために、厳しい試験を突破し東京宇宙学校に入学する。そこで出会った友達との友情、恋愛、そして宇宙への夢。訓練は厳しいが、アスミたちは助け合い、成長し、宇宙への道を歩んでいく。

 大体のあらすじはこんな感じ。この8巻では、突然の脱獄訓練や、アスミが気になっている高校生・桐生との関係、アスミの友達・ケイの恋心が中心。桐生君との関係にやきもきする幼なじみ・府中野や、宇宙飛行への推薦を受けたにもかかわらず困っている秋君も見逃せません。

 SFとはいっても、心が温まりやさしくなれるファンタジーの要素のほうが強いです。絵もほんわかしていて、本当に男性が描いたのかと思うほど。その一方で人間関係も巧妙に入り組んでいます。

 読んで損はない。本当にお勧め。ちなみに、スピカが好きなら「プラネテス」も好きなはず。もちろん私もその一人。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-05-24 22:35 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45
クリスマスの再会 クインテッ..
at 2016-12-24 21:50
【予告】「クインテット」のク..
at 2016-12-17 22:09
一緒に音楽を楽しもう Pro..
at 2016-12-17 16:43
指揮者特印! 冬のグリーティ..
at 2016-12-08 20:58
師走の一息のISS&月&金星観望
at 2016-12-03 21:53
冬のヒトコマの切手 冬のグリ..
at 2016-12-02 20:51

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索