タグ:自然 ( 110 ) タグの人気記事

6月はばらの季節

 南の方は梅雨入りで、アジサイの季節ですが、こちらは6月なのに寒い日が続くこともあります。アジサイはまだ。こちらはばらの季節です。

f0079085_22461522.jpg

f0079085_22461918.jpg

f0079085_22462116.jpg

f0079085_22462421.jpg

 この日、朝寒かったので、朝露がついています。とてもきれいでした。まだこれから咲くバラもあって、まだまだ楽しめそうです。

f0079085_22475750.jpg

 こちらはバラの仲間のハマナス。ハマナスも今が季節です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-06-12 22:49 | 日常/考えたこと

ライラックの季節も過ぎて

 写真は撮っているのですが、アップするのをよく忘れます。
f0079085_21492912.jpg

f0079085_21492725.jpg

先日咲いていたライラック(リラ)です。今はもう枯れてしまいました。同じ頃、ナナカマドの白い花も咲いていましたが、撮影できず。そう言えば、春の菜の花も撮れずに終わりました。

 春から生活が変わって、まだ慣れません。今は、この生活のリズムに慣れることを優先したいです。読んだ本のこともブログに書きたい…「書きたい」のか…?変化で、色々と不安定です。
 ばたばたしがちな毎日ですが、、自然の移り変わりには目を向けていきたいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-05-29 21:55 | 日常/考えたこと

北国の春 2017

 ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか。当地も20度越えの暑い連休です。もう南の方は初夏ですが…当地の春をお届けします。

 まずはソメイヨシノから。
f0079085_21966.jpg

f0079085_219973.jpg

f0079085_2191128.jpg

春は何故か晴れると風が強い。下の2枚は、風で花びらが散り始めていた頃でした。

 もうソメイヨシノは終わり。でも、しだれ桜や八重桜はこれからです。
f0079085_21105844.jpg

f0079085_2111025.jpg

 しだれ桜は満開でした。青空に濃いめのピンクの花はとてもきれいです。

 昨年秋からこの春まで、大変なことが次々と起こってバタバタとしていました。ストレスフルな状況が続き、疲労困憊していました。ようやく落ち着き始めて、春の桜を愛でる余裕も出てきました。桜だけでなく、菜の花も咲いています。樹木の若葉も鮮やかです。
 これから、初夏に向けての季節が一番好きです。初夏に向けてのこの季節を楽しもうと思います。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-05-04 21:21 | 日常/考えたこと

イギリス四季暦 春夏篇/秋冬篇

 図書館でシャーロック・ホームズやシェイクスピアについて調べていたら、イギリスの文化や自然・風習のことも調べ始めて、この本を読んでいました。

イギリス四季暦 春夏篇
出口保夫:文、出口雄大:イラスト/中央公論社・中公文庫/1997

 3月から8月が春夏篇、9月から2月が秋冬篇と2冊に分かれています。優しい色遣いのイラストと、イギリスの四季の自然やイギリスの人々の生活風景が書かれています。

 北欧、特にフィンランドに興味を持って、その自然や人々の暮らし、文化などに惹かれてきましたが、イギリスも惹かれる。イギリスも北欧とはまた違う(同じ北欧でも緯度の範囲は広いので、国・地域によって違いはあります)。日本よりも北にあり、北国に属するイギリス。北国生まれ北国育ちの私が惹かれないわけがなかった。日本の北国とは違いはありますが、季節の変わり方や植物などに共通点もあるなと感じました。

 ロンドンらしいのは、雨と霧。傘よりもレインコート。紅茶の話がよく出てきますが、雨が多く涼しいので、あたたかい紅茶文化が浸透しているのかなと思いました。あくまで予想です。北欧もコーヒー消費量が多い。読んでいると、あたたかいミルクティを飲みたくなります。ちゃんと淹れたものを(うまく淹れられない…)

 イギリスの文化や暮らし、季節の風習はキリスト教に基づいている。ここはやはりヨーロッパなんだなと感じた。クリスマスだけでなく、イースター(復活祭)や11月のハロウィンも。クリスマスとイースターは期間と規模が違います。

 自然では鳥のこともよく書かれています。ロンドンは大都市ですが、ハイド・パークなどの大きな公園もあり、緑も多い。人々の暮らしは主にロンドンのことが書かれていますが、スコットランドのことも。冷涼な荒野にヒースが茂る様を想像してしまいました。印象的だったのが、春夏篇では「ちいさな紳士の贈り物」、秋冬篇では「フォート・ウィリアムの宿」やはり人との触れ合いは心に残ります。

 薄めの文庫本なのでさらっと読めます。もう少しイギリスの文化についても書いてあったらいいのになと思いましたが、9月のところにプロムナード・コンサート、つまりBBCプロムスのラストナイトコンサートのことも書いてありました。今とは雰囲気や構成が違うような…?過去の映像を観ても今とそんなに変わらないと思うのだが、文章でしかないので何とも。

 イギリス文化入門書という感じです。やっぱり淹れたてのミルクティが飲みたいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-09-28 23:08 | 本・読書

山の日制定記念切手&特印

 今日は新しい祝日「山の日」。記念切手も昨日出ましたよ。
日本郵便:特殊切手「山の日制定」の発行

 この暑い夏は涼しいところに行きたくなりますね。山の朝のひんやりとした空気を思うと爽やかになれます。切手には、大雪山(旭岳)、岩手山、槍ヶ岳、大山、くじゅう連山がデザインされています。さらに、高山の植物や動物も。これも、夏のお便りに合う切手のように感じます。

 特印です。
f0079085_22295860.jpg

 今回の特印は16日までやってます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-08-11 22:31 | 興味を持ったものいろいろ

ばらの季節 2016

 今年もバラの季節がやって来ました。数日前から寒くて、咲いているかなぁ…と思いましたが、咲いていました。
f0079085_21581635.jpg

f0079085_21581874.jpg

f0079085_2159361.jpg

雨上がり、雨粒がついています。雨粒つきのばらはさらにきれいと感じます。雨の後でラッキーでした。

 写真は撮れませんでしたが、バラの仲間のハマナスも咲いていました。初夏、梅雨の前(当地はまだです)の色鮮やかな季節です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-06-05 22:03 | 日常/考えたこと

海とドリトル 4 [最終巻]

 これまた何月に買って読んだんだっけ…という漫画の感想を…。


海とドリトル 4 <完>
磯谷友紀/講談社・KC KISS/2016

 大学4年の夏。烏丸研は毎年恒例のフィールドワークへ。その前に、七海はクジラにロガーを付ける時の捧を改良したいと考えていた。ロガーを付ける際に過って海へ落ちてしまった経験から、安全に確実にロガーをつけられるようにしたいと棒や吸盤を研究室に入りびたりで試していた。そんな七海を研究者向きだと見ていた烏丸。そして、卒論前の小笠原でのフィールドワークが始まった。七海はあのマッコウクジラに出会いたいと願っていた…。


 いよいよクライマックスです。七海の大学生としての研究もクライマックス。卒論へ向けて、フィールドワークが始まります。ロガーを安全に効率よくクジラにつける方法・仕組みを考え、試していた七海。研究者は調べるための道具も作らなければなりません。でも、それも楽しいと取り組む七海。烏丸先生が研究者向きだと思うのも頷けます。改良ロガー付け捧も見事完成。大活躍です。

 一方、七海と戌飼の関係…こうなりましたか…。離れてしまっては、恋よりも研究。2人にとってはこれでよかったのかもしれません。その後の七海ですが、ネタバレになるので書けません。そう来るか!そう来たか!?驚きでした。4巻はそれが大きな柱となってくるのですが、ネタバレになるので書けません。

 烏丸先生の子どもの頃の回想が興味深かった。研究の第一歩は、相手を知りたい、それが何なのか知りたいという気持ちから始まるのだろう。

 海洋生物研究の道に進んだ七海。烏丸先生や陸男さん、戌飼さんも。海洋生物研究は「観察すること」が第一。普段は見えないものを見たい。より詳しく観察するために、クジラや海鳥にロガーをつけ、ウミガメを飼育する。じっくりと見て、その生物が何をしているのか、何のためにそのような行動をとっているのか、観察するうちにその生物に思い入れも出てくる。七海が出会ったあの大きなマッコウクジラのように。観察することに感情は必要か。必要かもしれないし、余計な思い入れは必要ないのかもしれない。でも、長く見ていくうちに思い入れも出てくる。その生物の行動がよりわかった時、愛着も沸くかもしれない。その生物を面白いと思って見ている時点で既に、何らかの感情を持っているのかもしれない。例えば、研究対象のクジラが恋人というように。

 その観察したい、よく見たい、よく知りたいという感情は、人間が相手でも当てはまるのだろう。面白いヤツだと興味を持って、その人の行動を見ているうちに、どんどん気になり、「好き」になっている。恋愛感情に繋がることもある。恋愛感情も、相手をよく知りたい、ずっと見ていたいという感情が働く。そして、その人の新たな面や、好きだと思っている面を見て、より愛しいと思う。行動生物学と恋愛感情は似ているのかもしれない。

 卒論も無事に提出し卒業、そして更なる研究者への道へ進んだ七海。1巻で落ち込んで、行き場を見失っていた七海が、自分の道を見出した。物語は終わってしまうが、七海や陸男さんのように研究者の道を進んでいる学生さんは沢山いる。彼らの学問の道が喜びあふれるものであればと思う。

 番外編は川名さんと陸男さんのお話。川名さんの父は厳しい研究者の道をあきらめてしまった。川名さんはそんな父のことを見ているので、七海たちとは立ち位置が違う。でも、親子で新しい道を見出したよう。陸男さんは烏丸研のお母さん的存在だと思っていたら、そんな面があったのですか…。これも面白い。

 海洋生物研究を舞台にした、面白い漫画でした。ありがとうございました!

・3巻:海とドリトル 3
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-10 22:05 | 本・読書

近況報告&北国の春 2016

 4月はブログをお休みしました。体調も少しずつ回復しているので、5月はぼちぼちとブログを更新していけたらいいなと思っています。体調が悪いと精神面にも影響する。これ本当ですね。

 連休ですが、まだ体調がパッとしないのでのんびりと過ごしています。お供は音楽。イギリスBBCやフィンランドYLEのクラシックネットラジオ、オンデマンド配信を聴いたり、5日まではナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)が聴き放題なので、これまで聴きたかった曲を聴いています。聴きたいと思ってもCDを買えずにいたシベリウスや、フィンランド・北欧作曲家作品も聴き放題。廃盤も聴き放題。以前からNMLは入会を考えていたので、お試しのように使えるのが嬉しいです。これは本気で入会しようかな。

 北国にも春が来ました。春の花をどうぞ。
f0079085_2284129.jpg

f0079085_2210538.jpg

 満開の頃に撮影した桜。今は5割程度散っています。桜が散るのは寂しいですが、桜吹雪は美しいです。これから、八重桜も咲きます(今日はまだ咲いてなかった)。

f0079085_22114080.jpg
f0079085_22114830.jpg

 道端に咲いている菜の花。黄色が鮮やかでまばゆいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-05-03 22:13 | 日常/考えたこと

海とドリトル 3

 また発売からしばらく経っての感想になってしまった…。


海とドリトル 3
磯谷友紀/講談社・KC KISS/2015

 戌飼と付き合い始めた七海。それでも烏丸研での研究の日々は続いていく。新しい事務員の川名、インドからの留学生サティシュ(通称:王子)を迎え、七海も卒論に向けて動き出す。戌飼が七海と付き合っていることを知った万里子は、ショックを受けつつも、密かにある行動に出る。
 そんな烏丸研も学祭で出店することになる。七海の提案でイカの姿焼きを売ることに。川名の厳しい予算制限を何とか乗り越え、出店は無事成功。その打ち上げの席で、七海は川名と話し、川名と烏丸の過去を知る…。


 戌飼さんと付き合い始めた七海が初々しい。でも、恋愛と研究は別。七海は七海の、戌飼は戌飼の研究を続ける。そんな2人を見る万里子…
「わたしは戌飼さんの将来を思うからこそ立ち止まってたのに」(24ページ)
「でもよく考えれば大体あんな2人が続くわけないじゃんか ばからし」(25ページ)
「あの子が戌飼さんの将来をダメにしようとするのなら わたしは―」(34ページ)

 怖いです。万里子さん怖いです。やっぱり戌飼さんのことが好きで、未練持ってたんじゃないですか。でも、万里子さんは、「研究と恋愛は両立しない」と考えるタイプ。戌飼さんが将来有望な研究者だからこそ、研究者としての成功を願っている。そのためには自分の恋心は隠し打ち明けず、他の誰か…七海のことですが、恋愛という研究者にとって縛り付けるものを持ち込む人は邪魔者でしかない。排除させようとする。好きだからこそ、自分は手を引く万里子の気持ちはわからないでもない。でもやっぱり怖い。このシーンの後に、七海の烏丸研での初めてのゼミのプレゼンに対して、容赦なくダメ出し、批判をする万里子さん…七海の発表が未熟、不十分であるのは確かなのですが、それ以上の何かも感じずにはいられませんでした。深読みですかね?

 研究者の世界の厳しさは、これまでも何度も出てきました。その厳しさを新たに語る人…事務員の川名さん。2巻のラストで出てきた眼鏡の女の子です。事務員なので研究には直接は関わっては来ないのですが、烏丸先生と関係のある人物でした。烏丸先生は川名さんのお父様の研究室の後輩。川名さんのお父様はポスドクのまま、研究者を辞めてしまった。一方の烏丸先生は、川名さんのお父様よりも先に准教授になり…。川名さんのお父様と烏丸先生のやりとりの回想がとても辛い。そして、同じ研究者だった烏丸先生の元奥様も…。川名さんの言葉が七海に突き刺さります。やはり、研究と恋愛・結婚は両立できないものなのか。研究者の世界はこんなにも厳しいものなのか。七海自身も研究者を続けていけるのか。そう思い詰める七海への、戌飼さんの言葉も、現実をしっかりと捉えている、頼もしい言葉に感じられました。まずは目の前の研究。

 七海の実家の金沢へ戌飼と帰省し、動物園でイヌワシを見る犬飼さんはやはり研究者です。そして、ついに…。万里子の手回しで、戌飼さんにイギリスの研究室行きの話が。戌飼にとっては願ってもない機会。しかし、七海のことが…。戌飼さんに打ち明けられ、研究室に座り込んでいた七海にウミガメの例えで研究者としての成長を語る烏丸先生は、優しくも強い。川名さんのお父様のことを思うと苦しくなるが、烏丸先生が厳しい研究者の世界を生き抜いてここまで来ることのできた理由がわかる気がします。

 犬飼も旅立ち、万里子は以前から言っていた研究者としての情熱がなくなったと研究を辞め(この次の行動が何とも…何のつもりだ…?万里子さんの言ってた「計画」の全容って何なんだ…!?やっぱり万里子さん怖い)、七海は研究者としてどうありたいのか。ふとしたきっかけでクジラのバイオロギングと烏丸研に出会い、途中で編入し、七海は他の人よりも研究者としての月日は短い。それでも、七海は海洋生物に魅了されている。161ページ、3巻ラストで烏丸先生が七海にかけた言葉に、私も少し光が見えた気がしました。
 14話「死に至る病」、15話「深く潜ったペンギンは光を見たか?」この2話のタイトルがとても好きです。厳しい自然の中で生きる生物たちに、何かを教えられているような、何かを考えずにはいられないような、そんな気持ちになる3巻でした。

 4巻で完結とのこと。どうなるのだろう。

・前巻2巻:海とドリトル 2
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-11-12 22:42 | 本・読書

冬の使者来たる

 11月。朝夕の寒さが身に沁みます。冬タイヤへの交換も済ませ、冬物も用意して…冬支度もしています。

 冬と言えば、彼らがやってきます。
f0079085_22132151.jpg

 白鳥。田んぼのそばを運転していたところ、落穂をついばむハクチョウの群れの遭遇しました。もう来ていたんだ。嬉しくなり、時間もあったので車を停めて、近くまで寄ってみました。驚かせないようにゆっくりゆっくり、静かに近づく…ちょっと写真撮らせてね、あやしい人間じゃないよ…。あまり近づき過ぎないところで観察。

f0079085_2216295.jpg
f0079085_22163732.jpg

 美しい白。飛んでいる姿も美しいですが、こうやってのんびりと落ちた米をついばんでる姿も気品があり、可愛らしくもあります。灰色の幼鳥もいますね。
 コンパクトデジカメで、ズーム撮影したのですが、それなりに撮れますね。

f0079085_22185394.jpg

 幼鳥と親鳥?いっぱい食べて、春には大きくなるんだよ。

f0079085_22193750.jpg

 ハクチョウを見ると、毎年、遠いところよく来たね、という気持ちになります。長旅疲れただろうね。この群れはここで冬を越すのかな?春までゆっくり休んで、よく食べていってね。

 白鳥と言えば、シベリウスの交響曲第5番。シベリウスが住んだ家・アイノラの上を飛んでいった16羽の白鳥に感銘を受け、作曲を始めた。第3楽章の白鳥の飛翔のテーマは何度聴いてもじわりと来ます。初演されたのはシベリウス50歳の誕生日、1905年12月8日。100年前です(ただその後、改訂し1919年に現在通常演奏されている版が出ます)。この白鳥たちを見ている時も、頭の中ではシベリウス5番が鳴り響いていました。または2番交響曲。今日は5番ほど冷たくなかった、暖かかった。

 この冬は何度飛んでいるハクチョウたちに遭遇できるだろう?
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-11-05 22:27 | イラスト・落描き


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07
四人の交差点
at 2017-07-01 22:43
マッティは今日も憂鬱 フィン..
at 2017-06-23 22:49
イリジウムフレアを見たくて
at 2017-06-20 22:21
6月はばらの季節
at 2017-06-12 22:49

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索